付き合うとは?年代別の付き合うの意味や遊びと本気の違い・定義を解説

付き合うとは、一般的には彼氏と彼女の関係になることですが、年代によって付き合い方はそれぞれです。こちらでは、付き合うとはどんな意味かを学生や社会人など年代別にご紹介します。付き合うことの定義や男性が思う恋愛の遊びと本気の違いもチェックしましょう。

付き合うとは?年代別の付き合うの意味や遊びと本気の違い・定義を解説

目次

  1. 付き合うとは?年代で意味が変わる?
  2. 付き合うとは何か?その定義と基準
  3. 付き合うとは何?付き合ったらすること
  4. 付き合う意味がわからなくなった時に考えるべきこと
  5. 付き合うことのメリットとは
  6. 男性が思う遊びと本気の違い
  7. 付き合うとは人によって意味が異なるものだった

付き合うとは?年代で意味が変わる?

付き合うとは年代によって意味や定義が違うようです。若い子は恋愛に対してフットワークが軽く、気持ちも移ろいやすいです。大人の恋愛は本気度が高く、冷静で腰が重いです。こちらでは、年代別の付き合うことの意味や定義をご紹介します。

付き合うとは【中学生・高校生】

付き合うとは、彼氏と彼女という関係になることです。中学生や高校生が付き合ってカップルになるまでは、スピードが速いです。恋愛に発展する理由も「人気者でイケメンだから」「顔が可愛いから」「部活動が一緒だから」など可愛らしい理由です。相手に責任を持つなどの重い気持ちがなく、今一緒に過ごせることが楽しいという気持ちが優先されます。

将来的な約束はなく、現在を楽しむ恋愛です。「好き」という気持ちだけで恋愛を楽しめる年代なので、社会人からすると羨ましくもあります。ただし、中学生・高校生の恋愛は通過点になることが多く、大人になる前に恋愛が終わってしまうこともあるようです。

付き合うとは【大学生】

大学生の付き合うとは、中学生や高校生のように恋愛を楽しみたいという気持ちが強いですが、年齢的にデートの幅も広がり、社会人に近い付き合いになってきます。そして、将来についても少し考える時期です。就職などでずっと同じ付き合い方ができなくなることもあります。地元に帰る学生や、就職先が今いる場所と違う場合は遠恋になることもあるでしょう。

大学生の付き合うとは、この先も2人でいるために自分たちがどうすべきかを考えながら一緒に過ごす恋愛です。場合によっては、好きでもお互いを想って別れることもあります。大学生の恋愛は、将来のことが見え隠れする微妙な時期の恋愛です。

付き合うとは【社会人】

社会人の付き合うとは、結婚や将来のことを考えながらの付き合いになります。特に女性は結婚を意識していて、男性の気持ちを探ることも多いです。男性は学生の時の気持ちがまだ残っていて気軽に恋愛を楽しみたいと感じ、結婚をプレッシャーに思う人もいます。こういったプレッシャーから恋愛に対して消極的になる場合もあるようです。

Thumb大学生カップルの恋愛事情を調査!お泊まりやキスなど長続きの注意点は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

付き合うとは何か?その定義と基準

年代別の付き合うとは何かが分かりましたが、こちらでは付き合うことの定義についてご紹介します。付き合うとはお互いを恋人と認識し合うことですが、決定的なことがないと本当に付き合っているのか不安になることもあるはずです。付き合うことの定義をチェックしてみましょう。

付き合おうという告白があった

付き合うとは、どちらかから告白されて始まることが多いです。「付き合おう」という告白に「はい」と答えて始まった恋愛なのであれば、付き合うことの定義にきちんとあてはまっています。カップルになっても今までとあまり関係が変わらずに不安になることもありますが、告白して返事をしたのであれば付き合っていると安心していいでしょう。

お互い好き同士である

付き合うとは、必ずしも告白から始まるわけではありません。お互いに好き同士であり、共に過ごす時間が当たり前になっているのであれば、2人は付き合っている定義にあてはまっています。言葉がなくても、お互いの信頼関係が結ばれていれば問題ないです。

パートナーとして認識する

付き合っているという定義は、お互いにパートナーとして認識し合っている関係であることです。パートナーとして相手を認識しているということは、他の人に目を向けずにパートナーを大切にするということです。どちらか一方がパートナーと思っているだけでは、付き合っているということにはなりません。

周りも付き合っていると認識している

付き合っている定義を確認したいのであれば、周囲の意見を聞いてみるといいかもしれません。周りも自分たちが付き合っているという認識を持っているのであれば、間違いないはずです。周りの人たちに認識されているということは、相手が自分のことを恋人として話をしているはずです。友人や両親などに紹介する時に、恋人と紹介されているのであれば間違いありません。

相手を独占できる

付き合うとは、相手を独占できることです。付き合うことになったのであれば、他の異性と恋愛をすることは一般的に許されません。恋人になると優先されることも多いです。恋人同士として信頼関係ができていれば、甘えることもできます。「今日は一緒にいたい」と言えば、一緒にいてくれることもあるはずです。こういった関係性ならば、付き合うことの定義にあてはまるでしょう。

他の人と恋愛してはいけない

付き合うとは、相手をひとりに絞ることです。お互いに付き合っていると認識し合っているのであれば、他の人に目を向けることはありません。もし、違う人と恋愛をしたいと考えたのであれば、恋人関係を解消する必要があります。付き合うとは、お互いを結びつける約束なのです。

カップルイベントを一緒に過ごす

付き合うとは、カップルのイベントを一緒に過ごすような関係のことです。例えば、クリスマスデートや誕生日、1年記念日などを共に過ごすのであれば、付き合っていると言えるでしょう。こういったイベントに全く興味がない人もいますが、カップルのイベントに違う予定ばかりいれられるのであれば、相手は他に本気の相手がいるのかもしれません。

2人で多くの時間を過ごす

付き合うことの定義は、2人で多くの時間を過ごすことです。週末は毎週デートをするようなカップルであれば、お互いをパートナーと認め合っているはずです。フリーの時間のほとんどを一緒に過ごしているのなら、浮気や他に本命がいる可能性は低いです。共に過ごす時間が長い人は、付き合っていると安心していいでしょう。

体だけではなく精神的にも繋がる

カップルによっては「付き合おう」という告白をする前に、体の関係を持ってしまうこともあります。体の関係から始まったとしても、精神面できちんと繋がりを持てていれば問題はありません。ですが、会えば体の関係ばかりで心がつながる感覚がないような付き合いの場合は、一般的なカップルの付き合うという定義から外れている可能性もあります。

飾らないありのままの自分でいられる

付き合うとは、お互いに嘘がなく飾らないありのままの姿を見せ合える関係です。例えば、寝起きの姿やスッピンを見せられたり、お互いの欠点をさらけ出せるような関係です。恋人には可愛い、カッコいいと思われたいものですが、自分の全てを知ってもらいたいとも思うものです。自分の欠点も見せられるというのは、お互いの信頼関係ができているカップルだからでしょう。

どこにでも一緒に行ける

付き合うとは、お互いの関係を周囲に隠すことなく、どこにでも一緒にいけるような関係です。旅行やカップルのイベントで手を繋いで堂々と2人で歩けるなら、2人は付き合っているという定義にあてはまります。お互いの実家に行くことができるのであれば、2人の関係はさらに深いものでしょう。相手のプライベートにも入っていけるようなカップルであれば安心です。

結婚を見据えた関係を築く

社会人の付き合うとは、お互いに結婚を見据えた関係を築くことです。社会人になれば、結婚適齢期も近くなってきます。そうすると、自然とお互いの将来のことにも目を向けるものです。結婚の話をしたり、両親や友人に紹介されているのであれば、間違いなく付き合っていると言えるでしょう。

付き合うとは何?付き合ったらすること

晴れて付き合うことになっても、付き合うとは何かよく分からない方もいるかもしれません。こちらでは、付き合うことの意味や、付き合った時にすることについてご紹介します。付き合いたてのカップルや、付き合う意味がよく分からない方はチェックしましょう。

しんどい時に助け合う

付き合うとは、しんどいと感じる時に助けあえる関係になることです。付き合うという意味がよく分からなくても、辛い時にそばにいてくれたり、支えてくれる相手がいることで心が軽くなっているはずです。今現在、2人の間に問題や辛いことが起こっていなくても、今後そういった場面があるかもしれません。そういう時はお互いに支え合える関係になりましょう。

カップルのイベントを2人で共有する

付き合うとは、楽しい時間を一緒に共有できるということです。クリスマス、年越し、誕生日、バレンタイン、ホワイトデー、1年記念日などカップルにはイベントがたくさんあります。こういった特別な日を2人で共有することができるのも、付き合うことの意味のひとつです。

お互いの本音をぶつけ合う

付き合うとは、お互いを深く知ることです。友人の時には見えなかった顔や本音などが、付き合ってからは見えるようになります。付き合いが慣れることで、喧嘩に発展してしまうこともあります。そんな時は、気持ちを抑えずに本音をぶつけ合うことも大切です。本音をぶつけ合うことで、お互いのことをより深く理解できます。これはカップルだからこそできることです。

親密なスキンシップをとる

付き合うとは、お互いにスキンシップを取り合える仲のことです。キスやハグ、それ以上のことも付き合っているからこそできます。人によっては付き合ってなくても、こういった行為ができる場合もありますが、カップルのスキンシップとは異なります。カップルのスキンシップはお互いの愛情を伝えるための行為で、幸せな行為なのです。

お互いを尊敬して助け合う

付き合うとはお互いを大切に思い、尊敬することです。相手のことをきちんと認め合っています。尊敬しあえるカップルというのは長続きしやすく、幸せなカップルです。相手がピンチの時は助けることもでき、よき友人のような顔もあります。

たくさんの時間を一緒に過ごす

付き合う意味がピンとこない場合は、今まで一人で過ごしていた時間が2人の時間に変わると考えるとわかりやすいです。週末ひとりで映画を見ていたのであれば、恋人ができたことによって一緒に映画を見て感想を言い合える相手ができるということです。ひとりの時間も楽しいですが、恋人がいるともっと楽しい時間になります。たくさんの時間を共有するということです。

弱みを見せ合う

付き合うとは、お互いの弱みを見せ合える関係になることです。友人には見せられない顔も、恋人であれば見せられることもあります。お互いに甘えたり、相談し合うような仲です。恋人をつくる意味は、あなたの味方をつくるということです。

付き合う意味がわからなくなった時に考えるべきこと

長く一緒にいる恋人とはマンネリ化して、付き合うことの意味がわからなくなってしまうこともあります。時には別れを考えることもあるかもしれません。こちらでは、付き合うことの意味が分からなくなった時に、考えるべきことをご紹介します。

恋人がいなくなった時のことを考える

付き合うことの意味がわからなくなった人は、恋人がいなくなった時のことを考えてみましょう。週末の予定がなくなる、用がないのに連絡できる相手がいなくなる、自分の味方を失うなど、ひとりになった時の自分を想像します。その時に自分がどんな気持ちになるか考えます。付き合うことには意味があると感じるのであれば、恋人はあなたの大切な人ということです。

今後の自分の人生を考える

付き合うことの意味が分からなくなった時は、今後の自分の人生を考えてみるのもおすすめです。現実的に自分の年齢も考えて想像するといいでしょう。社会人だった場合、今後新たに恋愛を始めようという気持ちになれるか、今よりも素晴らしい恋人に出会えるのかなどを考えます。自分が将来どんな風になりたいかを考えた時に、恋人の存在がどれくらい大きいのかも考えましょう。

自分にとって相手が必要か考える

自分にとって相手が必要な存在か考えるのもおすすめです。恋人と過ごすことで自分がどんなものを得られているか考えてみましょう。例えば、癒しややすらぎです。恋人といることで自分らしくいられる、心強いと感じるのであれば、恋人はあなたにとって必要な存在ということです。恋人がいてもいなくても、自分は変わらないというのであれば、そこまでの相手なのかもしれません。

メリットとデメリットを考える

付き合うことの意味が分からない、このまま一緒にいるべきなのか悩むという方は、恋人と付き合うことのメリット・デメリットを考えてみるといいでしょう。メリット・デメリットを比べた時に、デメリットがあまりにも多い相手なのであれば、今後付き合っていくかどうかを見直しましょう。

反対に、デメリットに目を瞑ることができるほどのメリットがあるのであれば、恋人を大切にすべきです。人にはそれぞれ長所と短所があります。どちらも受け入れて、付き合えるカップルは幸せになれます。付き合うことの意味で躓くようなら、自分が相手をどれだけ受け入れられるかをよく考えてみましょう。

Thumb彼氏が好きじゃないのに付き合ってるなら、決断すべき?別れた後はどうする? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

付き合うことのメリットとは

恋愛にあまり興味がない方や現在恋人がいるけれどしっくりこないという方にとっては、付き合うことにどんなメリットがあるのか気になるはずです。こちらでは、付き合うことで得られるメリットをご紹介します。メリットを知ることで恋愛に前向きになれるかもしれません。

責任が持てるようになる

人と付き合うということのメリットは責任を持てるということです。付き合うというのは、あなた一人に決めたという約束なので、その約束を全うしようと責任を持ちます。また、社会人同士のカップルであれば、将来のことも見据えて付き合うことになり、相手を幸せにしようという気持ちを持つことになります。フリーの時と違って、恋人のことにも責任を持てるようになるのです。

絶対的な安心感を持てる

恋人というのは恋愛対象のパートナーであると同時に、自分の一番の理解者になります。恋人がそばにいてくれるというのは、絶対的な安心感を得られます。自分のことを理解し、守り、支えてくれる存在がいるということは心強いことです。安心感を得られるということは、付き合うことのメリットでしょう。

休日が楽しくなる

恋人同士になると、お互いの時間を共有する機会が多くなります。休日はデートをするカップルも多いです。映画や食事、ショッピングなど、なんでも2人の時間になります。ひとりで過ごしていた時間よりも、もっと楽しい時間になるはずです。休日に恋人に会うのが待ち遠しくなるでしょう。また、多くの時間を一緒に過ごすことで、趣味や嗜好が似てくることもあります。

様々な感情を味わうことができる

恋人をつくることで教わることはたくさんあります。人を愛して大切に思う気持ち、喧嘩をして辛い気持ち、時には別れを選んで悲しくなることもあります。こういったたくさんの感情を味わうことになるのは、ひとりの人ときちんと向き合って、時間を共有しているからです。友人や両親とはまた違った特別な関係です。

お互いの気持ちをぶつけあったり、自分を全てさらけだすからこそ、色々な感情を味わうことができます。喧嘩をすることがあっても、ありのままの自分でいられる存在というのはとても貴重です。こういった存在をつくれることは、人と付き合うことのメリットでしょう。

男性が思う遊びと本気の違い

恋人と過ごしていて相手が自分に本気なのか、それとも遊びの恋愛なのか気になることがあるはずです。特に、社会人の恋愛の場合、女性は結婚を意識するために本気なのか遊びなのかは相手と付き合うための大事な判断基準です。こちらでは、男性の思う遊びと本気の恋愛の違いをご紹介します。

結婚を視野に入れているかどうか

男性が恋人に対して、遊びか本気かを考える時は、相手との結婚を想像できるかが重要な判断基準です。社会人のカップルの場合は、男性も女性に対して厳しい目を持っています。例えば、可愛くて、一緒に過ごしていて楽しいと思える彼女がいるとします。その彼女との結婚生活を想像した時に、自分は幸せになれないだろうと考えれば、彼女とは本気の付き合いができません。

遊びとまではいかなくても、その彼女との将来は考えず、結婚したい時になったら本気になれる相手を探すでしょう。これが社会人ではなく、学生の恋愛だったら遊びや本気のことを考えずに付き合えるかもしれませんが、社会人の恋愛は結婚を意識するために、男性もシビアな考え方をしています。

相手の全てを受け止めているか

男性が思う恋愛の遊びか本気の違いは、相手のことを全て受け止めているかで判断できます。理想通りの完璧な恋人がいればいいですが、どんな人にも欠点はあります。そういった欠点の部分も目をそらさずに、きちんと受け止めているかどうかで本気か遊びかが分かります。例えば、可愛くて性格もいいけれど、生活に関しては少しだらしない彼女がいるとします。

この彼女に本気であれば、彼女のだらしない部分をたしなめたり、自分がサポートしようと行動できるはずです。反対に、遊びの相手として彼女をみているのであれば、相手の欠点に対しては何も言わないでしょう。これは、将来も共にする相手ではないため、今を楽しく過ごせればいいという考えだからです。本気でぶつかってくれる恋人は、恋愛に対しても真摯なのです。

真面目な気持ちがあるかどうか

男性は本気の相手に対しては、真面目な態度をとります。反対に遊びの相手であれば、のらりくらりとかわしたり、本気で恋人と向き合おうとしません。分かり易いのが喧嘩をした時です。喧嘩をした時にご機嫌をとってくるような男性は、遊びの可能性が高いです。自分が譲歩して、ご機嫌をとってくれるのは優しくも見えますが、問題を解決しようという気持ちが実はないです。

本音をぶつけあって、お互いに納得できるように話し合おうとしていないということです。その場しのぎの対応をしているのであれば、遊びの対象として見られているかもしれません。社会人カップルの場合は、特に気を付ける必要があります。

相手を思い計画的なデートをする

相手を思って計画的なデートをしてくれる男性は本気の可能性が高いです。記念日やイベントに恋人が喜ぶプランを考えてくれるようなマメな男性は、恋愛に対しても本気です。プランを立てることが好きな男性もいますが、面倒なことには変わりありません。相手を思って、面倒なこともやってくれるということは、本気だからです。

ただし、社会人の男性によっては、こういった女性が喜ぶプランを立てることに慣れている人もいます。ちょっとしたプレゼントや女性が喜びそうな場所へ連れていくのに慣れている男性は遊び慣れている男性かもしれません。社会人は経験豊富な男性も多いので、相手をよく観察しましょう。

自分の家族のことを話すかどうか

自分の家族の話をしてくれるかどうかで、男性が本気か遊びかを判断することもできます。家族の話というのはプライベートな話です。こういった話を恋人にするということは、心を許しているからです。家族の話をされた時は、両親に紹介する前準備の可能性もあります。

恋愛感情があるかどうか

男性が思う遊びは本気かの違いは、恋愛感情があるかどうかです。相手を独り占めしたい、誰にも渡したくないというような気持ちを持てるのであれば、それは本気の恋愛です。恋人が他の男性の話をしても何の感情も湧かないのであれば、それは遊びの相手だからです。人によっては恋愛感情がもてなくても、割り切って女性と付き合うことができてしまうのです。

プライベートなことを話せるかどうか

男性は自分のプライベートな悩みや相談を出来る相手は、本気の相手と考えています。自分を支えてもらいたい、本当の自分を知ってもらいたいという気持ちがあるからこそ、できる行動だからです。遊びの相手であれば、一線引いて自分のプライベートな話はしないはずです。

一緒に居たいと思えるかどうか

恋人と一緒にいたいと思うことができれば、その相手に対しては本気の感情を持っています。遊びの相手であれば、来るもの拒まず去るもの追わずの精神で対応しますが、本気の相手とはずっと一緒にいたいと考えます。社会人であれば、相手としっくりきて将来も一緒にいたいと考える相手と本気の恋愛をする男性が多いです。

Thumb本命の彼女にしかしない男性の行動や特徴は?態度で遊びとの違いがわかる? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

付き合うとは人によって意味が異なるものだった

付き合うとはどういうことか、遊びと本気の恋愛の違いについてご紹介しました。恋人をつくるということは、楽しいこともあり、悲しいこともあります。ですが、ひとりの人と真剣に向き合うことで自分を成長させることができます。付き合う意味がわからない、恋愛は面倒と感じることもあるかもしれませんが、本気の恋愛をするのも自分のためになるはずです。

恋愛についての記事はこちら

Thumb恋愛のよくあるお悩みランキング!相談する相手や解決方法を徹底調査 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb保守的な人の特徴17選!男性・女性の心理や恋愛などの性格を紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb人を好きになれない心理とは?付き合いたいと思えない原因は病気? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb恋愛で不安を感じる原因!解消方法・対処法や本当は順調なサインとは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbデートの定義!どこからがデート?女性と男性ではデートの定義が違う? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-11-19 時点

新着一覧