Fカップのサイズや大きさ・重さ!Fカップ女性のイメージとは【画像あり】

Fカップは一般的に大きな胸として認識されています。こちらではFカップ女性へのイメージや、Fカップのサイズや大きさ・重さについてご紹介します。Fカップの女性の悩みや美乳づくりやバストケアの方法についてもチェックしましょう。

Fカップのサイズや大きさ・重さ!Fカップ女性のイメージとは【画像あり】

目次

  1. Fカップのイメージと本音
  2. Fカップのサイズや大きさ・重さは?
  3. Fカップ女子の悩み
  4. Fカップ女子にオススメの美乳作り!
  5. Fカップを綺麗に保ちたいあなたに[PR]
  6. Fカップは大きいぶんバストケアを怠らずに!

Fカップのイメージと本音

Fカップのバストは大きなバストの部類に入り、重さもあるバストというイメージがあります。Fカップには羨ましいという声やデメリットに対する意見など様々な声があります。こちらでは、Fカップに対するイメージと本音を男女別にご紹介します。

Fカップってどんなイメージ?【男性編】

Fカップの女性に憧れている男性も多いようです。Fカップと言えば、大きさもある魅力的なバストです。大きなバストが好きな男性も多いため、Fカップの彼女が欲しいという声もあります。男性同士の会話では女性の胸に対する批評も多く、胸の大きさに注目しています。

男性には胸がないので、大きなバストを見ると重そうだなと思うこともあるようです。大きなバストの場合は、両胸の重さが1㎏を超えることもあります。自分にはないものだからこそ、大きなバストを見ると冷静に重さのことを考えてしまうようです。

Fカップの女性に会ってみたいと考える男性もいます。男性の中では、Fカップは珍しいというイメージがあるからです。実際にFカップの女性が周囲にいても、気づかないというパターンもあるようです。男性は女性のバストに対して、実際のバストよりも2カップくらい大きなイメージを持っているため、気づかないのかもしれません。

現実的な男性はFカップが必ずしもスレンダーで大きなバストの持ち主ではないことを知っています。太めな女性は脂肪が多いためにトップバストが大きくなり、Fカップになることもあります。そういった現実から、Fカップの女性に会えることになっても、実際は太めの女性なのかもしれないと考えるようです。Fカップ女性にはぬか喜びしてはいけないというイメージがあるようです。

Fカップってどんなイメージ?【女性編】

EカップやFカップは女性の憧れのカップのようです。Gカップ以上は大きすぎるイメージがあるようですが、EカップやFカップは大きさ的にも自慢できるバストのようです。谷間があるバストになりたいと考える女性はEカップやFカップを目指して、バストアップに励むようです。

Fカップに対する女性のイメージは必ずしもプラスなイメージではありません。大きなバストは男性の視線を集めたり、心無いことを言われることがあるからです。大きなバストは男女共に触りたいと思うような魅力的なバストです。そういった人たちへの対応が面倒そうと考える女性もいるようです。

実際にFカップの女性は、自分のイメージするFカップの大きさとは異なっていると感じることもあるようです。Fカップというとイメージが先行して、グラビアアイドルのような大きなバストを想像します。ですが、アンダーバストの大きさによっては、Fカップであってもあまりボリュームがないこともあります。Fカップは思っていたより小さいというイメージがあるようです。

女性はFカップはデブに見えてしまうというイメージもあるようです。確かにバストの大きさがあると、どうしても上半身が大きく見えてしまいます。Fカップには収まりが悪く、胸ばかりが強調されるデメリットがあります。

Fカップは大きなバストのために、垂れるというイメージがあるようです。同じ女性だからこそ、バストがあることのデメリットが分かるのかもしれません。実際に、Fカップは重さがある分、重力で胸が下がりやすいです。また、重さがあるからこそ、肩が凝りやすいというイメージもあるようです。

Fカップのサイズや大きさ・重さは?

Fカップは大きなバストのイメージが強いですが、実際の大きさがどれくらいかチェックしましょう。こちらでは、Fカップのサイズや大きさ・重さについてご紹介します。Fカップを目指している女性は、どれくらいの大きさかチェックすることでバストアップへのモチベーションが上がるかもしれません。

トップとアンダーの差が約22.5cm

バストのカップ数を決めるのはトップバストとアンダーバストの差です。Fカップのトップバストとアンダーバストの差は22.5㎝です。トップバストが93㎝でアンダーバストが70㎝だった場合は、F70のブラを着用することになります。ちなみに、Aカップのトップバストとアンダーバストの差は10㎝、Bカップは12.5cm、Cカップは15㎝、Dカップは17.5cm、Eカップは20㎝です。

大きな胸に見えても、トップバストとアンダーバストの差があまりない場合は、カップ数が小さい場合もあります。自分のバストの見た目の大きさでカップ数を勘違いしないように、正しいトップバストとアンダーバストを知りましょう。自分で測るのが難しい場合は、下着売り場のプロにトップバストとアンダーバストを測ってもらい、正しいカップ数を教えてもらいましょう。

Fカップの大きさはどのくらい?

Fカップはアンダーバストによって見た目の大きさは変わってきますが、服の上からでも胸があることが分かるバストです。特にぴったりとしたニットを着た時には、胸のふくらみが目立ちます。Fカップの実際の大きさがどれくらいなのかイメージするには、ものに例えると分かりやすいかもしれません。例えば、大きめのグレープフルーツです。手から少しあまるようなイメージです。

Fカップの重さはどのくらい?

Fカップの女性は胸が大きく、重さもあります。こちらでは、胸の重さをフルーツに例えてご紹介します。この例えによると、Fカップは小玉メロンで片胸810gあるようです。ちなみに、Aカップはみかんで片胸71g、Bカップは柿で片胸140g、Cカップはりんごで片胸240g、Dカップはグレープフルーツで片胸380g、Eカップは梨で片胸570gです。

Fカップは両胸で1.6㎏程になるので、かなり重さがあります。大きな1.5リットルのペットボトルよりも重さがあるため、Fカップの女性が肩が凝るのも納得の重さです。このようにフルーツに例えると、カップ数のイメージがしやすく、重さについても分かりやすいです。

Fカップ女子の悩み

Fカップの女性はバストのサイズが大きいからこその悩みがあるようです。こちらでは、Fカップの女性が持つ悩みについてご紹介します。同じFカップの女性であれば、共感できる内容なのでチェックしてみましょう。

①肩がこる

Fカップの女性には肩がこるという悩みが多いです。バストはカップ数が大きくなればなるほど、重さは重くなります。Fカップの場合は両胸で1.6㎏近い重さになるので、どうしても肩が凝りやすいようです。また、バストのサイズが大きい女性は胸が目立つのを嫌がり、猫背になってしまうことが多いようです。姿勢の悪さからも肩はこります。

②かわいい下着がない

Fカップの女性のように大きなサイズのバストの女性はブラ選びに悩むこともあるようです。サイズの大きなブラは種類も少なく、気に入ったデザインのブラが見つからないことも多いようです。可愛いと手に取ったブラがA~Dカップまでしかサイズがないという声もあります。

ブラは女性にとってはファッション同様にこだわりがあるものです。それなのに、可愛いデザインのブラが見つからないとなるとショックなはずです。また、サイズが大きなブラは少し金額が高いものもあるようで、損をした気分になる女性もいるようです。

③太ってたりエロく見える

Fカップの女性は胸が大きいことによって太って見えたり、エロく見えることを悩んでいるようです。胸が大きいと、上半身が大きくみえがちです。アンダーバストが大きい女性は太って見えても仕方ありませんが、実際は太っていないのにバストのせいで太って見えてしまうのは辛いものがあります。

また、自分の意思とは関係なく、洋服から谷間やブラが見えてしまうこともあるようです。ブラウスのボタンを留めた隙間からブラが見えてしまうこともあるので、大きいサイズのブラウスを着る必要があります。自分に気はなくてもエロくみえてしまうことで、面倒な男性に絡まれてしまうという女性もいるようです。

④胸への視線が気になる

胸が大きいとそれだけで周囲の視線を集めてしまいます。特に、男性からの視線は気になってしまうようです。胸が目立って見られてしまうのがうっとうしかったり、恥ずかしいと感じる女性もいるようです。見られたくないから胸が目立たない洋服を選ぶという女性もいます。

⑤服選びが大変

Fカップの女性の悩みは服選びにもあります。胸が大きいために服を着た時に丈が短くなってしまったり、着たいと思う服が着こなせないことがあるようです。また、洋服のサイズ選びが難しいです。胸が目立たないようにしたい時に大きめのサイズの服を着ると、全体のバランスが悪くなったり、本来の体型よりも太って見えてしまうことがあるようです。

既製品は胸のサイズが合わない可能性があるため、試着が必須になります。Fカップの女性は、ネットショッピングで服を購入すると失敗することもあります。このような理由から、胸が大きい女性は、もう少し小さい胸がよかったと思うこともあるようです。

⑥垂れる・離れるのが心配

胸が大きい女性の最大の悩みは胸が垂れたり、離れてしまうことです。大きな胸は重さもあり、重力でどうしても下がりやすくなります。そのため、ブラできちんと胸を支えてあげないと胸がどんどん垂れていってしまいます。胸が垂れると左右の胸が離れてしまい、見た目のバランスも悪くなります。

また、胸が垂れるとデコルテ部分も下がってくるので、アバラが浮いて見えてしまいます。アバラが出てくると見た目も美しくなく、老けた印象になります。垂れた胸や離れた胸にならないためにも、大きなバストの女性はバストケアが必要です。普段の生活習慣を見直し、美乳を目指しましょう。

Thumb胸が大きい人に共通する特徴と悩みまとめ!太って見えてしまう!? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

Fカップ女子にオススメの美乳作り!

Fカップは大きな胸で羨ましいですが、バストの良さは大きさだけではありません。バストは見た目の美しさも重要です。引き締まったアンダーバストにふっくらとしたトップバスト、そして綺麗な形でバランスがいいバストが美乳と言えます。こちらでは、Fカップ女子におすすめの美乳づくりについてご紹介します。

おっぱいの構造とホルモンの関係

美乳づくりの前に、おっぱいの構造とホルモンの関係を簡単にご紹介します。まず、バストは脂肪と乳腺でできています。バストが大きくなるのは、思春期の成長と共に女性ホルモンが分泌されて、乳腺が発達するからです。そして、その乳腺を守るために脂肪がついていき、バストが膨らみ始めます。

①美バストの鍵!女性ホルモンを補う

美乳を目指すのであれば、女性ホルモンの分泌を促す必要があります。乱れた生活習慣や加齢とともに、女性ホルモンの分泌は低下していくものですが、女性ホルモンの分泌が低下すると乳腺が脂肪組織に変わってしまうため、胸が垂れやすくなります。ハリのある上向きな美乳を目指すなら、女性ホルモンを侮ってはいけません。

女性ホルモンが分泌されると、美乳だけでなく美肌への効果も期待できます。女性ホルモンを活性化させるためには、食事やサプリメントに気を遣いましょう。女性ホルモンを活性化させるのに効果的なのは、イソフラボンを含む大豆製品やボロンを含むリンゴやキャベツです。こういった成分の入った美乳サプリもおすすめです。

②ナイトブラの活用

美乳をつくるためには、ナイトブラをつけることをおすすめします。夜はノーブラで過ごす女性も多いかもしれません。ブラジャーを1日中つけているとアンダーも締め付けられて疲れるので、ノーブラでいたいと思うのは自然なことです。ですが、ノーブラで過ごすと、バストを支えるものが何もないので胸が垂れたり、形が崩れてしまう可能性があります。

Fカップの女性はバストのふくらみも大きいので、脇に流れてしまうと勿体ないです。バストが垂れてしまうのは、バストを支えるクーパー靭帯が切れたり、伸びたりすることが原因です。ノーブラで過ごすとバストが揺れて、クーパー靭帯を傷つけてしまいます。バストはきちんとホールドされている状態が好ましいです。

夜はナイトブラをつけて、バストの形が崩れないようにしましょう。ナイトブラをつけることでバストの形が保たれ、育乳や美乳の効果があります。垂れたバストや離れたバストにも効果があるようです。また、スポーツをする際は、ワイヤーのブラだとアンダーがずれたり、バストが揺れやすいです。スポーツ時はホールド力の高いスポーツブラを着用することをおすすめします。

③大胸筋を鍛える

美乳を目指すのであれば、大胸筋を鍛えるのもおすすめです。大胸筋は腕立て伏せや合掌のポーズで鍛えられます。大胸筋はバストの土台になる筋肉です。鍛えることで胸板が厚くなり、バストが綺麗に見えるので美乳効果が期待できます。大胸筋は普段の生活では中々使わない筋肉です。大胸筋を意識せず生活していくと、筋肉が衰えてバストが下がる原因になるので注意しましょう。

④リンパマッサージ

リンパマッサージも美乳に効果的です。リンパを刺激することで老廃物が流れ、バストに栄養が届きやすくなります。バストに栄養がいくと乳腺が育ち、ハリのある美乳になります。リンパマッサージは画像のように、左右それぞれバストの上にある中府を8の字を描くようにマッサージします。お風呂タイムにリンパマッサージをすれば、血行もよくなり効果的です。

⑤生活習慣を見直そう

美乳づくりには、生活習慣の見直しも大切です。バランスの良い食事、質のいい睡眠、体を温めて血行をよくする入浴を心がけましょう。22時~2時が女性ホルモンが分泌されるゴールデンタイムなので、この時間は睡眠をとるようにするといいでしょう。また、喫煙される方もいるかもしれませんが、喫煙は血行を悪くして美乳づくりの妨げになるので注意しましょう。

⑥ブラを見直すことも大切!

美乳づくりには、正しいサイズのブラを身に付けることも必要です。ブラのサイズは知らず知らずのうちに変わっていることがあります。小さすぎるブラはバストを締め付けて血行を悪くし、胸の形が崩れる原因になります。大きすぎるブラもカップの中でバストが動いてしまうのでよくありません。定期的にブラのサイズを見直すことは、美しいバストをつくる近道です。

Thumbしまむらのナイトブラは効果は?驚きの着心地や口コミ・レビューを徹底調査 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

Fカップを綺麗に保ちたいあなたに[PR]

大人気サプリ「LUNA」

胸は大きければ大きいほどいいというわけではありませんが、それでも大きくしたい人は多いもの。自分の理想のバストサイズを手に入れることができれば日々を楽しく過ごせること間違いなしですよね。そんなあなたにおすすめなのが人気バストアップサプリLUNAです。LUNAは、生理周期に合わせて2つの種類を使い分けながらバストアップを目指すサプリです!その日の体調に合わせたサプリを摂るため生理対策もバッチリ。今なら定期モニターコースの初月が8980円のところ500円に!詳しくは下をクリック↓

Fカップは大きいぶんバストケアを怠らずに!

Fカップの大きさや美乳づくりの方法をご紹介しました。Fカップは大きくて羨ましがられるバストですが、大きいからこその悩みやバストケアの必要があります。美しいバストになるためにも、バストケアを怠らないようにしましょう。

バストについての記事はこちら

Thumb垂れた胸を戻す方法!エクササイズや生活習慣の見直しで改善される? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbおっぱい体操のやり方や効果まとめ!10分でバストアップ&ふわふわ美乳? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbバストアップブラの人気おすすめ特集!育乳に効果的な商品の口コミを調査 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-12-12 時点

新着一覧