離れ乳の原因と改善方法は?自分に合ったブラやケア方法を紹介

自分の胸が離れ乳になっていることに悩んでいる女性は多いです。ここでは、離れ乳の原因や改善方法にスポットを当ててみました。離れ乳の改善方法には、自分に合ったブラやケアが重要です。自分の胸にあった改善方法を参考にしてみましょう。

離れ乳の原因と改善方法は?自分に合ったブラやケア方法を紹介

目次

  1. 離れ乳とはどんな状態?
  2. 離れ乳の原因は!?
  3. 離れ乳を予防するには
  4. 補正ブラを使った改善方法!オススメは?
  5. 離れ乳にならないための日々の心がけ
  6. 離れ乳のケア
  7. 離れ乳を改善して魅力的なバストに

離れ乳とはどんな状態?

「離れ乳」に悩まされている女性は多いですが、離れ乳とは実際にどのような状態のことを表しているのでしょうか?ここでは、離れ乳の状態について紹介します。自分の胸が離れ乳かどうか悩んでいる方は、離れ乳をチェックする際の参考にしてみましょう。

両胸が離れている

離れ乳の状態の一つ目は、左右のバストが平均よりも離れてしまっていることです。女性のバストは、鎖骨の中心と左右のバストトップを結んだ時に、正三角形になっていることが理想と言われています。

しかし、離れ乳の場合は三角形の底辺が長くなった二等辺三角形になってしまいます。自分のバストの状態をチェックして、底辺の長い二等辺三角形になってしまう方は、離れ乳になっている状態です。

重力に負けて下がり気味

離れ乳の状態の二つ目は、重力に負けてバストが下がり気味になっていることです。綺麗なバストと聞くと、バストトップが上向きになっているイメージです。しかし、離れ乳はその逆で、バストが下がり気味になっています。

女性のバストには筋肉がほとんどなく、脂肪でできています。そのため、バストは重力の影響を受けやすく、下がり気味になってしまいがちです。どのような姿勢でも重力がかかっているため、寝る向きなどによっても離れ乳になってしまうことがあります。

ハリがない

離れ乳の状態の三つ目は、ハリがなくバストがたるんでいることです。バストにハリを持たせているのは、クーパー靭帯と呼ばれるコラーゲン繊維です。クーパー靭帯が緩んでしまうことで、バストのハリがなくなり、離れ乳になってしまいます。

クーパー靭帯は、運動をしたりすることによってバストが揺れるだけでも少しのことで、伸びてしまいます。強度の弱いクーパー靭帯を伸ばさないようにすることが、離れ乳の改善方法の一つです。

垂れている

離れ乳の状態の四つ目は、垂れていることです。年齢を重ねたり、授乳が終わったりするとバストは垂れやすくなります。バストが上向きではなく、垂れてしまっていると離れ乳になりやすいです。

また、垂れている状態をそのままにしておくと、離れ乳が悪化してしまうこともあります。離れ乳をどうにかしたいと考えている場合は、バストが垂れないようにブラジャーを変えたり、ケアをしたりする必要があります。

離れ乳の原因は!?

バストの形は生まれ持ったものと考えられていますが、体や生活の変化によって離れ乳になってしまうことがあります。ここでは、離れ乳になってしまう原因について紹介します。離れ乳になる原因が分かると、解決方法を見いだすことができます。

離れ乳からきれいな形のバストに変えたいと考えている方は、離れ乳の原因のどれに当てはまるのかを確認することをおすすめします。また、離れ乳の解決方法については、後から詳しく紹介します。

ノーブラ

離れ乳になる原因の一つ目は、ブラジャーを付けずにノーブラで過ごすことです。ブラジャーを付けると、締め付けられているように感じてしまい、ブラジャーを付けずに生活をしている女性もいます。

しかし、ブラジャーを付けないと、離れ乳になってしまう可能性が高まります。ブラジャーを付けないと、バストを支える物がないため、バストが垂れ下がってしまう原因になります。離れ乳にしたくない方は、必ずブラジャーを付けるようにしましょう。

ブラジャーのサイズが合っていない

離れ乳の原因の二つ目は、ブラジャーのサイズが自分に合っていないことです。女性のほとんどがブラジャーを付けて生活をしていますが、ブラジャーのサイズがきちんと合っていないと、離れ乳になってしまいます。

そもそもブラジャーは、重力などの影響によって型崩れしやすいバストを支えるために、とても重要な役割を果たしています。特にバストを支えているクーパー靭帯は、バストが揺れることによって伸びてしまいます。

サイズの合っているブラジャーは、クーバー靭帯が伸びてしまわないようにバストを支えています。ブラジャーの正しいサイズは、下着屋さんなどで測ってもらうことができます。自分にぴったりフィットするブラジャーを見つけたい方は、一度採寸してもらうことをおすすめします。

寝ている時に流れてしまう

離れ乳の原因の三つ目は、寝ている時にバストが左右に流れてしまうことです。日中はブラジャーを付けていても、夜寝る時にはブラジャーを付けない女性は多いです。ブラジャーを付けずに寝ると、寝ている間に重力でバストが流れてしまいます。

上向きで寝ても、横向きで寝ても重力はかかってくるため、バストの脂肪が背中や脇に流れていきます。寝ている間に離れ乳になってしまうのが嫌な方は、ナイトブラを上手に活用してバストが流れないように気をつけましょう。

離れ乳は20代から始まっている!

離れ乳の原因の四つ目は、バストが年齢に応じて形が変化するということです。そもそもバストは、年齢と共に形が変化していくものですが、実は20代から離れ乳になってしまうこともあります。

女性のバストは、はじめは上向きで丸みのあるバストですが、次第にデコルテ部分のボリュームがなくなっていきます。次第にバストのボリュームが下の方に集まるようになり、最終的には左右のバストが外側に流れて離れ乳になります。

若いからといってバストの形を整えることに対して注意していないと、20代であってもバストが離れ乳になってしまう可能性があります。離れ乳にしないためには、年齢に関係なくバストのケアを行う必要があります。

重力と老化

離れ乳の原因の五つ目は、重力と老化です。女性のバストは脂肪でできており、クーパー靭帯が支えているだけなので、重力によって垂れ下がってきます。しかし、離れ乳の原因はそれだけではなく、老化によってホルモンバランスの乱れも関係しています。女性のバストの形に影響しているのは、もちろん女性ホルモンです。

女性ホルモンの分泌は、20代の頃がピークで後は下降傾向にあります。女性ホルモンの分泌が少なくなると、バストのハリがなくなってしまい、形が崩れてしまいます。さらに、女性ホルモンの分泌量は40~50代の頃に急激に減ります。急激に女性ホルモンが減ってしまうと、離れ乳が進んでしまい、見た目の悪いバストになってしまいます。

離れ乳を予防するには

年齢を重ねていくと離れ乳の改善方法はないと諦めてしまう方も多いです。しかし、離れ乳を予防する方法はあります。ここでは、離れ乳を予防する方法を紹介するので、自分のバストケアの参考にしてみてください。

ナイトブラで定位置をキープ

離れ乳を予防・改善方法の一つ目は、ナイトブラを着用してバストの位置をキープすることです。夜寝ている間にバストが流れてしまうことが、離れ乳の原因の一つだと紹介しました。寝ている際にバストが流れてしまうのを防止するのが「ナイトブラ」です。

ナイトブラは、一般的なブラジャーよりも締め付けられている感じが少なく、寝ている間でも付けやすいブラジャーです。また、寝ている姿勢を想定して作られているため、寝返りをして寝ている向きが変わっても、バストが流れてしまうことを防いでくれます。

また、ナイトブラはバストを寄せた状態のままキープさせることができるため、離れ乳を予防するだけでなく、形の整ったバストにすることもできます。さらに、背中や脇の脂肪を集めることで、バストアップも期待できます。離れ乳の改善方法としてナイトブラを取り入れることも良いです。

女性ホルモン補う

離れ乳を予防・改善方法の二つ目は、女性ホルモンを補うことです。女性ホルモンが減少すると、バストのハリがなくなり離れ乳になってしまいます。女性ホルモンを補うためには、サプリメントを活用することをおすすめします。

女性ホルモンを補うと言っても、足りない女性ホルモンを注射などによって増やすのではなく、サプリメントを摂取して女性ホルモンの分泌を促します。最近では、女性ホルモンの分泌を促したり、ホルモンのバランスを整えたりする効果のあるサプリメントも増えています。

サプリメントの中から、女性ホルモンのバランスを整えてくれるもので、自分に合っているものを選びましょう。安全性にこだわるなら、品質保証のされているサプリメントや無添加のものを選ぶことをおすすめします。

出産後のケアも離れ乳防止に!

離れ乳を予防・改善方法の三つ目は、出産後にバストケアを行うことです。子どもを妊娠・出産すると女性のバストは母乳を出すために大きくなります。しかし、授乳が終わると母乳を作らなくなるため、バストは元のサイズに戻ります。

授乳のために大きくなったバストは脇の方に膨らむことが多いため、元のサイズに戻っても形が変わってしまい、離れ乳になることもあります。卒乳後に離れ乳にならないためには、しっかりとバストケアを行う必要があります。

授乳中はバストを締め付けない下着を着けることが多いですが、卒乳を終えた後は自分にぴったり合うブラジャーやナイトブラを付けて、形が崩れないようにケアすることが大切です。また、バストケアアイテムを活用するのもおすすめです。

目指せ!ゴールデントライアングル

離れ乳を予防・改善方法の四つ目は、ブラジャーを正しく着けることです。ブラジャーをきちんと着用することで、理想のバストの形であるゴールデントライアングルを目指すことができます。ブラジャーの正しい付け方は、4ステップです。ステップの一つ目は、ホックを留めることです。

ホックをする前にストラップを肩にかけておくことが大切です。ホックを留める時は前かがみになると留めやすいです。ステップの二つ目は、バストをカップに収めることです。バストをカップに収める時は、前かがみになってストラップの付け根あたりから胸全体を手で包むようにして、カップの中心に引き寄せます。

ステップの三つ目は、背中や脇の脂肪をカップに入れることです。背中や脇の脂肪を集めることで、離れ乳を防ぎ、バストアップ効果が期待できます。ステップの四つ目は、ストラップの調整です。

自分に合ったストラップの長さに調節しましょう。ブラジャーは毎日着けるものなので、正しい付け方をしないと離れ乳になってしまいます。ここで紹介した4ステップに気をつけて、ブラジャーを着けるように心がけましょう。

補正ブラを使った改善方法!オススメは?

離れ乳の改善方法には、補正ブラジャーを使う方法があります。一言で補正ブラと言っても種類は様々です。ここでは、補正ブラを使った離れ乳の改善方法だけでなく、オススメの補正ブラを紹介します。

補正ブラで胸を正しい位置に戻す

離れ乳の改善方法の中で一番重要なのは、補正ブラで胸を正しい位置に戻すことです。離れ乳の原因は、バストが左右に流れてしまうことにあります。補正ブラは、バストが流れないようにするだけでなく、正しい位置で綺麗な形のまま形状記憶させることができます。

一般的なブラジャーと違い、補正ブラは立体構造になっていることが特徴です。立体構造になっていることで、バストを押しつぶすことがなく、正しい位置に戻すことができます。バストが正しい位置に戻ることで、離れ乳が改善されてバストの形も整っていきます。

もう離れ垂れへんブラ

離れ乳を改善させるためにオススメな補正ブラの一つ目は、「もう離れ垂れへんブラ」です。「もう離れ垂れへんブラ」は、ノンワイヤーとなっておりワイヤーの締め付けがなく、締め付け感が苦手な方でも使いやすい補正ブラです。

バストの広がりを抑えながら、バストアップをさせることができるため、離れ乳で悩んでいる方におすすめです。補正ブラはデザインがかわいくないものが多いですが、「もう離れ垂れへんブラ」はデザインもかわいらしいので、普段使いしやすいのも特徴です。

脇肉キャッチャー

オススメの補正ブラの二つ目は、「脇肉キャッチャー」です。「脇肉キャッチャー」は名前の通り、脇肉をバストに持ってくることができる補正ブラです。脇肉をしっかりと胸元にとどめることができるため、バストがサイドに流れてしまうことを防ぐことができます。

また、脇肉がすっきりして離れ乳が改善され、バストアップさせることができるだけでなく、背中もすっきりとさせることができます。「脇肉キャッチャー」は、カラーバリエーションが豊富なので、おしゃれに身につけることができるのが特徴です。

胸不二子ブラ

オススメの補正ブラの三つ目は、「峰不二子ブラ」です。人気アニメ「ルパン三世」に登場する峰不二子のような谷間を作ることができる補正ブラです。バストを脇から寄せることができるので、離れ乳を改善させながら、谷間を作っていきます。

「峰不二子ブラ」は、デザインやカラーバリエーションが豊富なことが特徴です。色々なデザインがあるため、自分の好みのものを選ぶことができます。かわいらしいデザインだけでなく、セクシーな大人っぽいデザインのものもあります。

離れ乳にならないための日々の心がけ

離れ乳の改善方法として補正ブラを紹介しましたが、改善方法はそれだけではありません。離れ乳の原因はバストの脂肪がサイドに流れてしまうことですが、日々の心がけ一つでバストが流れてしまうことを防ぐことができます。

ここでは、離れ乳にならないために日頃から取り組むことができる改善方法を紹介します。誰でも簡単にできるものばかりなので、離れ乳に悩んでいる方はできるものから取り組んでみることをおすすめします。

姿勢を良くする

離れ乳にならないために日頃からできる改善方法の一つ目は、姿勢を良くすることです。猫背や反り腰になってしまっている場合は、姿勢が悪いだけでなく、体にゆがみが生じています。体がゆがんでしまうと、バストの形が崩れる原因になります。

また、まっすぐな姿勢ではなく、左右どちらかに傾いて立っていたりすると、バストが流れやすくなってしまいます。離れ乳を防ぐためには、日頃から良い姿勢でいることを心がけることが大切です。

睡眠時間を確保する

離れ乳の改善方法の二つ目は、睡眠時間を十分に取ることです。睡眠時間が短く、生活習慣が乱れていると血行が悪くなったり、ホルモンバランスが崩れたりすることによって、バストの形が変わりやすくなってしまいます。

女性のバストの形には女性ホルモンが大きく影響しているため、ホルモンバランスが乱れてしまうことは避けたいところです。バストの形が崩れて、離れ乳になってしまわないようにするためにも、睡眠時間を確保できるように心がけましょう。

仕事や家事・育児などが忙しいと、なかなか睡眠時間が十分に取れないこともあります。毎日同じ時間に就寝することは難しいですが、できるだけまとまった睡眠時間が取れるようにすることをおすすめします。

バランスの取れた食事を摂る

離れ乳の改善方法の三つ目は、バランスの取れた食事を摂ることです。バランスの良い食事は、ホルモン分泌を促すことができます。女性ホルモンの分泌が多くなることで、乳腺が発達してバストアップや離れ乳改善に繋がります。

また、食事の中に大豆製品を取り入れることもおすすめです。大豆製品には、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが含まれています。イソフラボンの効果によって、バストアップを期待することもできます。

適度な運動

離れ乳の改善方法の四つ目は、適度な運動をすることです。睡眠と食事を改善させるだけでは、生活習慣が整っているとは言えません。生活習慣を整えるためには、適度な運動を行うことも大切です。

あまり激しい運動をして胸を揺らしてしまうと胸が小さくなってしまうため、運動内容には注意が必要です。また、急に激しい運動を行うと、体調を崩す原因になるため、運動量は徐々に増やしていきましょう。

離れ乳のケア

すでに離れ乳になってしまっている場合は、補正ブラだけではなかなか離れ乳が改善できないこともあります。離れ乳を改善させて、形の整ったバストにするためには、いくつかのケア方法があります。ここでは、離れ乳のケア方法を紹介していきます。

大胸筋を鍛える合掌ポーズ

離れ乳のケアする方法の一つ目は、大胸筋を鍛えることです。離れ乳の原因の一つに、大胸筋が弱く胸が重力に負けてしまうことがあります。大胸筋を鍛えることで、バストが垂れ下がることを防ぐことができるため、離れ乳も改善させることができます。

大胸筋を鍛えるには、合掌のポーズがおすすめです。合掌のポーズとは、胸の上あたりで両手の手のひらを合わせるポーズのことです。手のひらを合わせた時に数秒間力を入れると、大胸筋を刺激することができます。力を入れることと力を抜くことを繰り返すことで、大胸筋を鍛えることができます。

手を合わせる位置を変えると、鍛えられる筋肉が変わります。離れ乳をケアするためには、胸の上あたりの他にも、デコルテあたりや顔の上など、手を合わせる位置を変えてみましょう。毎日繰り返し行うことで、離れ乳がケアできます。

両肘を合わせるバタフライポーズ

離れ乳をケアする方法の二つ目は、バタフライのポーズをすることです。バタフライのポーズは、腕を横にて挙げて肩と水平にしたら、肘を直角にして胸の前で両肘を合わせるポーズです。両肘を合わせた後は、腕を元の位置に戻します。回数を決めて何セットか行うことで胸筋を鍛えることができます。

フィットネスジムなどにあるフライマシンでも、同じように胸筋を鍛えることができます。自宅で簡単に離れ乳のケアがしたい方は、ここで紹介しているバタフライのポーズを取り組んでみることをおすすめします。

壁を使っていつでも腕立て伏せ

離れ乳をケアする方法の三つ目は、腕立て伏せです。腕立て伏せも大胸筋を鍛えることができるトレーニングの一つです。普通の腕立て伏せはキツく、毎日続けることが難しいと感じる方は多いです。ここでは、壁を使って簡単に行うことができる腕立て伏せを紹介します。

壁を使った腕立て伏せは、四つのステップで行うことができます。ステップの一つ目は、壁の前に立つことです。壁との距離は、腕の長さよりも少し離れている程度で大丈夫です。壁の前では、足を肩幅に開きつま先を壁の方にまっすぐに向けます。

ステップの二つ目は、壁に手をつくことです。手は肩幅に開いて壁につきます。指先は方の高さ、手首を胸の高さに合わせることが大切です。ステップの三つ目は、肩甲骨を寄せて胸を張り、体をまっすぐにすることです。背中からつま先までまっすぐになるように気をつけましょう。

ステップの四つ目は、息を吸いながら肘を曲げて体を壁に近づけることです。肘を少し曲げるだけではなく、体が壁に付くぎりぎりまで壁に近づくようにしましょう。その後は、息を吐きながら体を持ち上げます。呼吸も大切なポイントなので、呼吸と動きを間違えないようにしましょう。

肩甲骨を回して離れ乳防止

離れ乳をケアする方法の四つ目は、肩甲骨を回すことです。肩甲骨周りの筋肉は、バストを支える筋肉を手助けする働きがあるため、肩甲骨を回して肩甲骨周りの筋肉を鍛えることはとても重要です。また、肩甲骨を回すと血行や姿勢が良くなる効果もあるため、離れ乳改善に有効なケア方法です。

肩甲骨回しはとても簡単で、両手を肩の上にのせて、そのままゆっくりと前に100回、後ろに100回回すだけです。キツいトレーニングとは違い、いつでも気軽に行うことができるのが特徴です。離れ乳のケアのために、筋トレをするのは大変という方は、肩甲骨回しから始めてみるのもおすすめです。

離れ乳を改善して魅力的なバストに

離れ乳を改善させて、綺麗な形のバストを手に入れる方法をご紹介しました。離れ乳を改善させるためには、胸筋を鍛えたり、バストの位置を正しい位置に戻したりすることがとても大切になります。正しいケアを行えば、離れ乳を改善させることができるので、しっかりとバストのケアをして魅力的なバストを手に入れましょう。

さらに読みたいバストアップに関する記事はこちら!

Thumbバストアップに良い食べ物は?胸を大きくするおすすめレシピを紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbバストアップブラの人気おすすめ特集!育乳に効果的な商品の口コミを調査 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbバストアップにおすすめのエクササイズ!簡単なのに効果抜群のやり方は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbバストアップに筋トレは確実?大胸筋など胸を大きくする効果的な方法 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-12-12 時点

新着一覧