電子レンジのオーブン機能でアルミホイルを使っても大丈夫?危険?

電子レンジのオーブン機能アルミホイルは使えるのでしょうか?使用できるか出来ないかにより、利用の仕方がが変わってくるのですがどうなのでしょうか。オーブン機能がついていることで、その電子レンジはオーブンレンジであるのです。アルミホイルは使用可なのか調べてみました。

電子レンジのオーブン機能でアルミホイルを使っても大丈夫?危険?

目次

  1. 電子レンジのオーブンにアルミホイルは使える?
  2. 電子レンジ以外のアルミホイル使用について
  3. オーブン機能にアルミホイル使用は便利!注意点は?
  4. アルミホイルも無い時は何が代用できる?
  5. アルミホイルは電子レンジのオーブン機能で使用できた!

電子レンジのオーブンにアルミホイルは使える?

選最近の電子レンジでは中の食べ物の様子を見て温度を自動で調整し、適度な状態に設定しなおしてくれるという新しい設定になっていましたさて、料理の時には便利です。このオーブン機能、アルミホイルは使えるのでしょうか?使用できるか、できないかで、かなり利用の仕方が変わってくるのですが一体どうなのでしょうか。

電子レンジのオーブン機能ではアルミホイルは使用可能で大丈夫です。というより、元来オーブン機能がついているということで、その電子レンジはオーブンレンジとして使用できるようになっているのです。

オーブンレンジは、中にあるヒーターから発生する熱そのものにより食べ物を温めます。熱を使って直接の過熱をやっているため、電子レンジのように電磁波はいっさい出ておらず、結果電流による火災の心配もないので、大丈夫です。従って、オーブンレンジつまり、電子レンジのオーブン機能ではアルミホイルの使用は安全出し大丈夫と言うわけです。

電子レンジでのアルミホイル使用は危険

電子レンジの場合、マイクロ波という電磁波を使い、食べ物を温める機能があるのですが、この電磁波が金属の部分に当たってしまうと電気が発生、結果的には火花が飛び散って危険なのです。

アルミホイルの原料はアルミ、つまり金属で出来ています。そうすると電磁波が当たってその結果火花が発生、最悪の場合発火することさえあります。料理の時は電子レンジ機能とアルミホイルは使わないようにしましょう。

レンジのオーブン機能でアルミホイルは大丈夫?

「オーブンレンジ」つまり、電子レンジの「オーブン機能」ではアルミホイルの使用は大丈夫です。「電子レンジ」という機能になっている場合は、電磁波により発生した電流が火災発生の原因になる恐れがあるので、料理の時、決してアルミホイルは使わないでください。しかし、「オーブンレン」ジの機能になっていれば大丈夫だということです。

他にもややこしいものは多い…?

ほかにも色んなものがあり、ガスを燃焼させた熱風を庫内に循環させて加熱するのがガスオーブンガスオーブン、庫内にファンを備えたオーブントースターで、ファンが熱風を循環させて食材を均一に加熱。コンベクションオーブンそして、電子レンジ機能を備えたオーブンなど、ややこしいものがあります。料理の時注意しましょう。

電子レンジ以外のアルミホイル使用について

電子レンジが電波が出ているので、アルミはだめならば、それ以外の機器はどうなんでしょうか。オーブンレンジそうですが、通常のオーブンも電波の出てないものはほぼ大丈夫です。電熱線やガスの火などを使うので、料理の時、直接当たらないように注意してください。

電子レンジとオーブンレンジの違いは?

電子レンジは高周波エネルギーで食物加熱を行うもので、「単機能レンジ」(つまり電子レンジ)とよばれ、電波で熱します。オーブンレンジは、電子レンジの機能とオーブン機能を有するもので、ヒーターの露出があるものをいいます。

オーブンレンジのレンジ機能でアルミホイルは使える?

電子レンジはアルミホイルは電波が出てるのでだめですが、オーブンレンジはオーブン機能を使ってるので、電波は出ていません。つまり安全であるのです。よく間違える人がいますが、そこをしっかりと押さえておきましょう。

オーブントースターでアルミホイルは使える?

オーブントースターならどうでしょうか?こちらは、たいていの方がアルミホイルを使っての過熱を行っています。一応基本的に問題はありませんが、一つだけ注意することがあります。それは、オーブントースターの電熱部分つまり熱い部分にアルミホイルがあたらないようにするという事です。アルミホイルは意外と、燃えやすいです。そこに注意すれば大丈夫です。料理の時は注意しましょう。

熱い電熱の部分に長い時間アルミホイルがふれてしまうと、燃焼してしまう恐れがあります。ホイルの一部分が折れ曲がって、熱い電熱の部分に当たってないか等注意して確認してください。また、加熱した食品から溶け出た油が電熱部分に触れないようにするなど注意も必要です。

油が高温に熱せられた電熱部分に触れてしまった場合、突然燃え上がり、出火することも考えられます。魚やお肉など、油が溶け出るを加熱する際にはアルミホイルのみだけでなく、専用のオーブン皿を下の上にのせるようにしましょう。

クッキングシートでも代用出来、火の通りも大丈夫です。また、今、使っているオーブントースターの電熱部分の位置も普段から、点検しておきましょう。電熱部分は昔は上部分にしかついていなかったのですが、最近では上下両方についているものが多数販売されています。こういったことを点検することで、火災を防ぎ、安全に料理ができるのです。

本格派!オーブンの場合は大丈夫?

あまりおられないとは思いますが、少数のご家庭で本格派のオーブンを持っている方もいるでしょう。

当然オーブンですので、電磁波は出ておりませんんで大丈夫です。アルミホイルの使用は出来ますが、オーブントースターと同じく、出火などには慎重に注意して使用してください。オーブントースターより火力は大きいので、絶対に使用方法を間違えないようにしましょう。この場合も、オーブン専用のお皿の利用を忘れないようにします。

オーブン機能にアルミホイル使用は便利!注意点は?

オーブン機能にアルミホイル使用は便利ですが、焼き上がったクッキーがアルミホイルにひっついていてうまく剥がせないと苦労した方もいるはず。そんな悩みを手軽に」解決する方法があるのです。

それはアルミホイルにあらかじめ少し油を塗っておくことです!こうしておくとクッキーが剥がれやすくなり、アルミホイルの『くっつく』という欠点を解消できます。オーブンレンジの場合ついつい普段の癖で電子レンジ機能のまま使用してしまう方も多いので、アルミホイル使用の前には必ずオーブン機能になっているのかを確認してください。

クッキングシートが無い時に活用しよう

クッキングシートは意外と便利です。アルミホイルほど、くっつかないし柔らかく熱で包んでくれます。しかしクッキングシートがない時は逆にアルミで代用できます。試してください。しかしくっつきやすいことにご注意してください。

クッキーを焼くなどのオーブンでの調理であるなら、天板や型に油脂を塗って代用、落し蓋であればクッキングシートアルミホイルまたは厚手のキッチンペーパーで代用が可能です。シュウマイを蒸すなどの蒸し器での調理の時はレタスやキャベツを敷いてクッキングシートのように代用することが可能です。

注意点①クッキングシートよりくっつく

電子レンジのオーブン機能でお菓子を作る方もいらっしゃいます。クッキーなどをオーブン機能を使い焼くと、焦げてしまって台無しにした経験は無いでしょうか?また、出来上がったクッキーがアルミホイルにひっついてしまい、綺麗に取れないと苦労した方もおられます。

さて、そんな問題をいとも要領よく解決する方法があるのです。それは、アルミホイルにまえもって油を少量塗っておくだけです。こうしておくとクッキーがとれやすくなり、アルミホイルの『くっつく』というデメリットを解消できます。クッキングシートよりくっつくからです。

注意点②自動でモードが切り替わらないタイプか確認

オーブンレンジで電子レンジに切り替わるオートモードというのがあります。アルミホイルを使っている最中に自動で電子レンジに切り替わると危険なのでよく確かめましょう。ごくまれにありますから注意が必要です。

注意点③製品ごとに癖がある

オーブンレンジをでの料理は、レシピ通り作った地しても何故か焦げてしまう場合も少なくないです。実はこれ、オーブンレンジでも、ひとつひとつの個体差に原因があるのです。

同じ出力数であっても、実際は火力が微妙に異なっていることがあります。従って、持っているオーブンレンジの機能の状態を確認しがら、焼き時間、焼き方、生地の厚さなどを調整してみて下さい。クッキングシートはアルミホイルの代用になります。クッキングシートは破れにくいので、代用可能なのです。

アルミホイルも無い時は何が代用できる?

アルミホイルがない時、何かで代用できないかねと考えたことあります。無いならないで何とか目的を達しようとするのが人情ですが、使い方次第で代用できるものがありますので紹介していきます。

代用品①天板+バター

天板に直接バターを塗って使うという離れ業!くっつき防止にバターやオイルを塗って使用しましょう。油だからよく剥がれます。ほかのものがない時に代用してみましょう。以外と簡単に使えます。オイルはオリーブオイルなども使用可能です。

代用品②ホーロー容器

ホーローと言うのは、鉄やアルミなどの金属にガラス質を吹き付けて仕上げたもののことです。つるんとした輝きが特徴で、見た目もオシャレでかわいいですよね。

このホーロー素材の容器なら、オーブンの熱でも大丈夫です。底が浅型で、面積の広いホーロー容器があると便利ですね。グラタンならホーロー容器で直接温めが出来ますし、クッキーなどを焼きたいときにもホーロー容器に並べて焼けばOKです。

アルミホイルは電子レンジのオーブン機能で使用できた!

電子レンジのオーブン機能ではアルミホイルは使用可能で大丈夫です。というより、元来オーブン機能がついているということで、その電子レンジはオーブンレンジとして使用できるようになっているのです。

電子レンジの場合、マイクロ波という電磁波を使い、食べ物を温める機能があるのですが、この電磁波が金属の部分に当たってしまうと電気が発生、結果的には火花が飛び散って危険なのです。

アルミホイルの原料はアルミ、つまり金属で出来ています。そうすると電磁波が当たってその結果火花が発生、最悪の場合発火することさえあります。しかし、オーブンレンジの場合は異なっています。

オーブンレンジは、中にあるヒーターから発生する熱そのものにより食べ物を温めます。熱を使って直接の過熱をやっているため、電子レンジのように電磁波はいっさい出ておらず、結果電流による火災の心配もないので、大丈夫です。従って、オーブンレンジつまり、電子レンジのオーブン機能ではアルミホイルの使用は安全出し大丈夫と言うわけです。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-11-18 時点

新着一覧