市毛良枝の子供は?元夫・小川敏夫との結婚・離婚理由に趣味は登山?

とあるドラマがきっかけでお嫁さんにしたいNo.1と呼ばれた市毛良枝。まずはそんな市毛良枝の生い立ちから、そして若い頃の姿や結婚について、また登山家としての一面や母親の介護についてなど様々な面から女優の市毛良枝について紹介していきます。

市毛良枝の子供は?元夫・小川敏夫との結婚・離婚理由に趣味は登山?

目次

  1. 市毛良枝のプロフィール!年齢は?
  2. 元夫との結婚・離婚理由は?子供はいる?
  3. 市毛良枝の趣味は登山?
  4. 市毛良枝の現在と昔!
  5. 市毛良枝の強さの秘密は登山にあった!

市毛良枝のプロフィール!年齢は?

とあるドラマがきっかけとなりお嫁さんにしたいNo.1の女優と呼ばれたこともある市毛良枝は一体どんな人物だったのでしょうか。では、まず市毛良枝のプロフィールについてまとめたので紹介していきます。

 愛称:不明
 本名:市毛良枝(いちげ よしえ)
 生年月日:1950年9月6日
 現在年齢:68歳
 出身地:静岡県
 血液型:O型
 身長:156㎝
 体重:不明
 活動内容:女優
 所属グループ:不明
 事務所:アミューズ
 家族構成:不明

市毛良枝の経歴

市毛良枝の生い立ちや女優になった理由について、子供の頃の市毛良枝につて紹介していきます。静岡県伊豆市で生まれた市毛良枝は裕福な家庭で育ちました。兄弟には年の離れた兄が2人いるそうです。医師でクリスチャンだったという父の影響を受けて市毛良枝は高校卒業後、文学座や俳優小劇場の養成所に入学しました。それが市毛良枝の女優人生のスタートとなったのです。

市毛良枝の主な出演ドラマ

1971年にTBS『冬の華』で初主演を果たした市毛良枝。また、1973年には映画「さえてるやつら」で映画初主演を果たしました。その後は1977年からライオンの奥様劇場で放送された市毛良枝の代表作とも言われる『小さくとも命の花は』で共演した初井琴榮との「嫁姑シリーズ」は1984年の『喜劇 女の戦争』の9作品まで続きました。

その嫁姑シリーズで人気を博した市毛良枝は清楚なイメージと初々しい奥さんとしての姿がお嫁さんにしたいNo.1の女優と呼ばれる理由となったようです。そして、その人気は男性にだけにとどまらず世の女性達をも魅了したようで、一躍お茶の間の人気者となりました。

お嫁さんにしたいNo.1として一躍お茶の間の人気者となった市毛良枝はその後も数々のドラマに出演を果たしました。続いてはそんな市毛良枝の元夫との馴れ初めや離婚理由また、子供の有無について紹介していきます。

元夫との結婚・離婚理由は?子供はいる?

1988年の6月、市毛良枝が37歳の時に元法務大臣の民進党参議院の小川敏夫と結婚しましたが、1997年に離婚。9年間の結婚生活にピリオドを打ちました。そして、現在も市毛良枝は再婚はしておらず独身です。そんな元夫である小川敏夫との馴れ初めから離婚理由についてを紹介していきます。

お嫁さんにしたいNo.1だった市毛良枝

1977年から放送されたライオンの奥様劇場『小さくとも命の花は』での「嫁姑シリーズ」がきっかけとなりお嫁さんにしたいNo.1の女優とも呼ばれた市毛良枝の結婚について、その馴れ初めなどをまとめていきます。

元夫・小川敏夫との馴れ初めは?

元夫である小川敏夫は1984年生まれの東京出身で、市毛良枝と結婚した当時は弁護士として活躍していました。そして、気になる馴れ初めですが市毛良枝と小川敏夫はお見合い結婚だったそうです。その当時、お見合いは一般的な馴れ初めでした。その後、小川敏夫は民主党公認で参議院議員通常選挙に初当選を果たし、2012年には野田第一改造内閣で法務大臣として初入閣しました。

離婚理由は夫のDV?

そして、気になる離婚理由については様々なメディアによって小川敏夫のDVが原因だったと報じられたそうです。この離婚理由について小川敏夫は完全に否定し、いくつかの報道機関へ訴えを起こしました。その結果、報道された離婚理由は事実とは全く異なるということ、またプライバシー権の侵害にあたるとしてその訴えは認められました。

二人の馴れ初めはお見合い結婚でしたが当時の世間にとってとても衝撃的なことだったようです。正式な離婚理由は発表されてないのですが、メディアによってDVが原因だと報道されてしまったために離婚後の市毛良枝は世間から大バッシングを受けたそうです。

なぜ、市毛良枝が大バッシングを受けたのかというと、その当時はまだDVという言葉も世間には浸透しておらず、市毛良枝が夫に暴力を振るわれるほど何か酷いことをしたのではないかと思われたのだそうです。その後、市毛良枝のドラマ出演は激減してしまいました。そして、続いて市毛良枝と元夫との間に子供がいたのかについて紹介します。

市毛良枝に子供はいる?

市毛良枝と小川敏夫との間は子供はいなかったようですが、小川敏夫は市毛良枝との離婚後、再婚相手との間に子供が生まれた事を自身の公式サイトで明かしています。そして小川敏夫は現在、民進党参議院議員会長を務めています。

市毛良枝の趣味は登山?

これまで波乱万丈な人生を歩んできた市毛良枝ですが、そんな市毛良枝も実は近年では登山家としても精力的に活動しています。ここでは市毛良枝の登山家としての一面についてを詳しく紹介していきましょう。

登山家として活動している市毛良枝

実は1993年、市毛良枝が43歳の時になんとアフリカ大陸最高峰で知られるキリマンジャロの登頂に成功しています。かなり本格的な登山家のようです。ですので、元々趣味で登山などをしていたのかと思いきや全くそういうわけではなく、最初は山に興味すら無かったようです。

キリマンジャロ登頂を果たした市毛良枝

登山を始めるきっかけとなったのは父親が亡くなった後、主治医に挨拶へ行った時に山好きの主治医に登山に誘われたからだそうです。そして、飛騨山脈の燕岳に連れて行かれた市毛良枝はその登山がよっぽど楽しかったでしょう。それ以降はキリマンジャロの他にも八々岳、槍岳、聖岳、ヒマラヤ・ヤラピークなど国内だけに止まらず海外にも積極的に足を運び登山を楽しんだそうです。

また、1999年には「山なんて嫌いだった」を出版しました。このようなことからも市毛良枝の登山に対する情熱が伝わってきます。また本以外にも講演やトークイベントなどを通して登山の魅力を人々に伝えていく活動もしています。

現在は母の介護をしている!

若い頃にはお嫁さんにしたいNo.1の女優とも呼ばれた市毛良枝ですが、最近では付きっきりで身体の不自由な母親の介護をしていると話題になっています。実は市毛良枝の母親は脳梗塞、骨折などにより寝たきり状態になり2002年頃には要介護状態になってしまったようです。

市毛良枝の現在と昔!

現在は付きっきりで母親の介護をしているために登山家としての活動も少し控えているそうで、忙しい日々を送っている市毛良枝ですが、お嫁さんにしたいNo.1の女優と呼ばれた若い頃の市毛良枝についても紹介していきます。

市毛良枝は病気?

長年に渡り母親の介護生活を続けている市毛良枝も、一時期はその生活が精神的にも肉体的も辛くてよく泣いていたそうです。その為うつ状態に陥ってしまったこともあったそうですが、現在はご近所さん達など周囲の人達の支えもあり回復しているそうです。

現在は母の介護をしている

市毛良枝にとってもその母親にとっても辛い介護でしたがそんな中、市毛良枝とその母親は「アメリカへ旅行に行く」という目標掲げたといいます。そうして、寝たきり状態だった母親もアメリカに旅行に行くために努力を重ねた結果、見事に自分で立って歩けるまでに回復しました。

母親を海外旅行に連れていく市毛良枝

そして、目標だったアメリカ旅行にも母と娘揃って行く事が出来ました。母親はアメリカ旅行中、車椅子での移動だったようですが、アメリカ旅行をとても満喫したようで「また行きたい」たいと話、より一層リハビリに励むようになりました。

市毛良枝の若い頃の画像まとめ

では、続いてお嫁さんにしたいNo.1の女優と呼ばれた市毛良枝の気になる若い頃の姿についてを紹介していきましょう。市毛良枝の若い頃の画像はこちらになります。

こちらの画像は20代~30代ぐらいの頃だと思われます。もちろん、現在も綺麗な顔立ちをしていますがお嫁さんにしたいNo.1の女優と呼ばれただけあってやはり市毛良枝の若い頃はとても美しい顔立ちをしています。

市毛良枝の強さの秘密は登山にあった!

これまで市毛良枝の元夫との馴れ初めから離婚理由についてや母の介護、そして登山家として一面に若い頃の市毛良枝など市毛良枝についていくつか紹介してきました。離婚当時はメディアからの大バッシングに耐え、精神的にも肉体的にも辛いことも多い母の介護もあり、落ち込むことも多々あった事でしょう。

ですが、そんな身体の不自由な母を海外旅行に連れていくなど何事も諦めずに前向きに取り込む姿勢は到底真似できることではありません。市毛良枝にはそんな真の強さがあるのでしょう。そしてその強さの秘訣、辛いことを乗り越えることが出来たのは登山家として市毛良枝がいたからではないでしょうか。今後の市毛良枝の活躍にも期待しましょう。

その他の芸能人の若い頃についての記事はこちら

Thumb前田吟に死亡説?生い立ちや若い頃は?結婚相手の妻や息子に現在も調査 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb池内淳子の死因は!息子や夫の情報や若い頃・現在の活動は?【画像あり】 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbウィノナ・ライダーとキアヌ・リーブスの結婚発覚?若い頃と現在の画像も! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-11-17 時点

新着一覧