酒乱な人の特徴や原因15選!酒乱の意味や症状から治し方・対処法まで紹介

飲み会などで感情的になっている人を見ることがあると思います。その中でも暴力を振るっている人には注意が必要です。怒りを制御できなくなっている人は酒乱の可能性が高いからです。酒乱の人の特徴や、酒乱になる原因・症状・酒乱の人の治し方や対処法をご紹介します。

酒乱な人の特徴や原因15選!酒乱の意味や症状から治し方・対処法まで紹介

目次

  1. 酒乱とは?
  2. 酒乱な人の特徴や症状
  3. 酒乱になる原因
  4. 酒乱な女性の特徴や原因
  5. 酒乱にならないための予防法
  6. 酒乱の治し方
  7. 酒乱の人への対処法
  8. 酒乱で周りに迷惑をかけないようにしよう!

酒乱とは?

酒乱の意味

酒乱とは、お酒を飲んで酔ってくると性格が変わったり暴れて手が付けられなくなる人の事を言います。お酒を飲んでいないときは、真面目で大人しく暴力をふるうといったようには見えないのですが、お酒が入り酔ってしまうと徐々に雰囲気も変わり、暴言を言ったり人に絡んでいったりします。

人に絡むまではなんとか対処法がありますが、酒乱の人はそれを超えると手や足がでて相手に喧嘩を売り殴ったり蹴ったりと暴力も振るうようになってしまいます。そうなると酒乱の人を止めようとしても難しく対処法が効かなくなってしまいます。

酒乱は病気?

酒乱は、異常酩酊といわれる症状に該当し、お酒を飲んで酔っている時にいきなり興奮したり、幻覚を見たりといった精神的な症状になる酔い方のことを言います。異常酩酊にも二種類あり、周りの状況で興奮している理由がわかるものを「複雑酩酊」といいます。

そして、周りの状況などに何も興奮材料がないにもかかわらずいきなり興奮し、異常な行動や発言をしたりする場合は、「病的酩酊」と言います。酒乱の人はどちらもなりやすい症状ですがアルコール依存症ではないので病気には当てはまりません。酒乱になってしまう人は、男性・女性関係なくお酒が好きな人が多いので飲みすぎてしまうと症状が悪化し病気になってしまいます。

酒乱な人の特徴や症状

特徴1:お酒を飲むと態度が変わる

酒乱の人の特徴は、普段大人しくて話し方も丁寧な人が多いです。そういった人が、お酒を飲んだらいきなり行動や言動が粗暴になったり、酔ってくるにつれて気持ちが高まり、普段言えないような暴言を吐いたりすることもあります。

最初は、お酒が入って少しハメを外している程度で済みますが、これがどんどんお酒が入り悪化してくると周りの人からも嫌がられるほどの態度の急変が酒乱の人に見られる特徴です。

特徴2:自制が効かない

酒乱の人は意思が弱いことも特徴になります。お酒をたくさん飲んでしまうことが酒乱になる一番の原因になりますが、自制が効かない人はさらにお酒をたくさん飲んでしまいます。お酒をたくさん飲んでしまうことで、理性が効かなくなってしまいます。

そして、酒乱の人にありがちなのは、自分が酒乱だとわかっていてお酒を止められず飲み続けてしまいます。周りの人からお酒を飲んだ時の酒癖の悪さを指摘されていたり、自分でもお酒を少なめにしないといけないとわかっていても、自制の効かない人はどんどんお酒を飲んでしまい周りの人に迷惑をかけてしまいます。

普段のストレスのはけ口もなく、現実逃避をしたいと考えてお酒の力でストレスを発散している人は特に注意が必要になります。自分の欲望のままにお酒を飲んでしまうので、酒乱になる上にアルコールが原因の色々な病気になってしまう可能性もあります。

特徴3:感情や理性のコントロールができない

酒乱の特徴で自制が効かないというものもありましたが、感情や理性のコントロールが難しくなることも酒乱の人に見られる特徴になります。お酒を飲んでいない素面の時の仕事中や友達と一緒に麻んでいる時などは、していてもいい事や悪い事、言っていいことや言ってはいけないことなどの判断ができています。

ですが、酒乱の人はこの普段できていることがお酒が入ることによってできなくなってしまいます。お酒を飲んで酔ってしまうと、感情的になり思っていることをそのままストレートに言ったり、暴言を吐いてしまったりしてしまいます。周りの人を傷つけるような言葉や行動をしてしまい最悪の場合、職場の人や友達からは、表裏のある人だと思われてしまいます。

特徴4:自分の行動を覚えていない

酒乱の人の特徴の一番厄介な部分は、自分がお酒を飲むことで酒乱になると思ってもいないことです。飲み会などで自分がどんな話をしてどんな行動をとったのかが全く記憶に残ってなく、次の日にはいつの間にか家にいたり、人の家に泊まっていたりすることもあります。

自分では酒乱という自覚がないので、一緒に飲んでいた仕事仲間や友達がどういった行動をとっていたかなどを教えてくれると自分は酒乱なのかもといった自覚も出来ますが、そうでない場合が多く、酒乱だから次は誘うのをやめようと距離を置かれてしまいます。そうしたことで自分が酒乱だと気付くことが遅れてしまいます。

もし、飲み会の後などに職場の仲間の雰囲気がいつもと違っていたり、友達との付き合いが減った時などは、飲み会でのことをよく思い返してみましょう。それでも、記憶が曖昧だったり思い出せないときは、信頼できる上司や仲間・友達に聞いてみるのもいいでしょう。酒乱にならないための対処法もあるので、早めに気付くことが先決です。

特徴5:人の悪口が増える

お酒を飲んで酔ってくると人の悪口を言ってしまうことも酒乱の症状の内の一つになります。普段は人の悪口は言わず人を誉めてばかりで、人の悪口を言っている人を諫める人でもお酒が入ると口を開けば悪口ばかりが出てくる人もいます。

こういった症状も、自制が効かず感情のコントロールができなくなっていることの当てはまり、心にため込んでいる部分が溢れてきて止まらなくなっている状態です。人間関係での我慢は少なからず誰でもしていることですが、心にため込みすぎてしまうとお酒の席で我慢できずに本音が駄々洩れになってしまいます。

特徴6:説教を始める

お酒の席になると急に説教を始める人も酒乱の軽い症状の一つと言ってもいいでしょう。いつもは説教などしないのにお酒の席になると、急に説教をし始め過去の間違いをほじくり返し、あの時はこうしていればよかったなどと日ごろ思っていても口に出さないことが次々と出てきて止まらなくなります。

普段は、自分の出る幕ではない・言ってはいけないと心がけていて制御できていますが、お酒の力によってコントロールができなくなり、思っていたことや心にためていたことを言ってしまい説教になってしまいます。飲み会の次の日などに、周りの人の感じがいつもと違っていたら、自分の心を少しでも開き言いたいことを言えるようにしてみましょう。

特徴7:露出やセクハラ行為をする

お酒の席であからさまにボディタッチが増えたり、下ネタを連呼したりすることも酒乱の一つになります。男性だと、普段から軽い冗談のつもりでセクハラに近い発言をしていて、それがお酒の席になると、勢いでセクハラ行為をしてしまうこともあります。

セクハラと聞くと、男性が女性に対して行う行為に思いますが、女性が男性にするセクハラもあります。例えば、男性に対してべたべたと引っ付き止めてくれとお願いしても離れてくれなかったりすることもあります。お酒の席でも女性が男性に性的発言をしたりとセクハラ言動を起こすこともあります。

その他にもお酒を飲んで酔ってしまうとキス魔になる人もいます。これも歴としたセクハラ行為になります。いくら相手が嫌がっていても、キス魔の本人は感情や自制のコントロールができなくなっているのでやめてくれません。酒乱の症状の一つになります。

お酒を飲むと服を脱いでしまうことも酒乱の特徴です。暑いから薄着になるといった行為とは全く違い、周りが止めようとしても全く聞かず全裸になってしまう人もいます。また、服を脱ぐことを止めようとする人たちに暴言を浴びせることもあるので厄介です。男性だけではなく女性も服を脱いでしまう人もいます。

特徴8:急に泣きだす

お酒の席で急に泣き出すというのは、「泣き上戸」と言われています。仕事の事からプライベートの事まで今の現状の不満や不服に思っていることを言いながら泣き出してしまいます。こういった人は、普段は踏ん張って乗り切ろうという精神で頑張っていることがあります。それがお酒のせいで自制心が効かずに全て吐き出してしまいます。

ちなみに、男性の泣き上戸と女性の泣き上戸では、少し意味合いが変わってきます。男性は人前ではめったに泣かないのですが、お酒が入って泣いてしまうのは、仕事で行き詰っていたりプライベートでの事柄がうまくいっていない時や性的な欲求不満から泣き上戸になると言われています。

そして、女性の泣き上戸は寂しさを感じていることが多く、ロマンチストな人に泣き上戸が多く見られます。女性は誰かに構って欲しかったり、誰かに甘えたいという欲求で泣き上戸になることが多いです。

特徴9:人の秘密を暴露する

普段の生活で、たまたま人の秘密を聞いてしまうことが稀にあります。そういったときに人に話さないようにしなくてはいけない・見なかったことにしないといけないと考える人が多いと思います。ですが、お酒を飲んで酔ってしまうと、自制が効かなくなり人に話してはいけないと思っていたことを話のネタにしてしまう人もいます。

お酒が入ると普段押さえていたことが溢れて、この秘密をみんなが知ったらどんな反応をするのか楽しみだという自分勝手な考えになってしまい、面白おかしく人の秘密を話してしまいます。それが、仕事のことであったりプライベートなことでも本人はお酒で自制心がなくなっているのでみんなを楽しませようと話すといった立ちの悪い人もいます。

特徴10:暴力を振るう

酒乱の症状と聞いてまず連想するのが暴力という行為になります。ドラマなどでも酒乱の人がお酒を飲んで暴言を吐いたり暴れまわって人を殴ったり、蹴ったりと手が付けられなくなるシーンもあります。現実にも酒乱の人は、暴力をふるう人がいます。

周りの人が止めようとすればするほど暴力が悪化していきます。止めに入った人にまで殴りかかったり、ただ通りがかった人にも手を挙げます。酒乱の人の症状の暴力は、だれかれ構わず暴力をするってしまうのです。酒乱の人が家で飲んで暴力をふるった場合は家族が被害をうけます。

酒乱になる原因

原因1:遺伝が原因

酒乱になる原因には、遺伝が考えられます。本人が酒乱の場合、親も酒乱のことが多いというデータもあります。ですが、親が酒乱でも必ずしも自分が酒乱になるとは限りません。親が酒乱なのであれば自分も酒乱になる可能性も高いと知っていると酒乱にならないようにするために対処法が出来ます。

日本人の6人に1人は、「酒乱遺伝子」という遺伝子が埋め込まれています。酒乱遺伝子がある人には、アルコールを分解する機能が遅いためにお酒を飲んだ時にアルコール濃度が一気に上がってしまい脳に影響が出てしまうと言われています。

胃や腸から吸収されるアルコールは、肝臓にいきわたり酒乱遺伝子の働きによってアセトアルデヒドという物質に分解されて2型アルデヒド脱水素酵素という下戸遺伝子などが働きアルコールを無害なものにしてくれます。更に、水や二酸化炭素に分解されて体の外へと排出されます。

しかし、この働きで処理しきれないアルコールが体に流れる血液の中に流れ出て脳を麻痺させてしまいます。この症状が、お酒に酔うという状態を示します。そして、酒乱遺伝子を持つ人は体の中の血液のアルコール濃度が一気に上がるので、飲みすぎて記憶をなくすといった症状が出てきます。

原因2:ストレスが多い

酒乱の原因で一番多いのは、ストレスによるものです。お酒を飲むことによって感情のコントロールができなくなっている状態で、普段ストレスになっている人の悪口を言ってしまったり、説教をし始めてしまうことがあげられます。

普段の生活の中での人間関係や、職場で出来た不満や不服・自分の考えを相手に言わずに、相手の意見を尊重した行動をしていたり、人間関係を良好にしようと気を使っていたりといったストレスが原因になります。相手の人に対しての気遣いはとてもいい事ですが、相手の気持ちばかりを優先しているとお酒を飲むことで爆発してしまいます。

原因3:元々気性が荒い

一般的には、酒乱の人はお酒を飲んでいないときは性格のいい人が多いです。しかし、もともとの性格が暴力的な人や攻撃性の強い人は元々の性格の気性が荒いので酒乱になりやすくなります。お酒が入ると、気持ちが大きくなり、更に感情のコントロールができなくなるので暴力性のある酒乱になりやすいです。

原因4:趣味がない

誰でもストレスがない人はいないと思います。生きているとなにかしらのストレスは溜まります。このストレスをどんな風に発散するかによっても酒乱になるのかに影響してきます。自分が夢中になれる趣味があればその趣味でイライラやストレスを発散できます。

しかし、趣味の無い人はストレスの原因を常に考え込んでしまい、更にネガティブな思考に陥りまたストレスがたまるといった悪循環に陥ってしまいます。酒乱の治し方にも趣味を作るといった対処法もあります。

原因5:真面目で気が小さい

酒乱の人は、普段は真面目で気が小さい人が多い傾向にあります。自分の意見を抑え込んで言わずに心にストレスが溜まりやすくなります。そして、お酒を飲んで自制心が効かなくなり今までため込んでいたことが爆発し言いたいことを何でも言ってしまいます。

すでに終わった出来ことを今になって文句を言ったり、ああすればよかったこうすればよかったと意見したりします。ですが、周りの人たちからするともう終わったことなのにいまさら言われてもどうにもならないと困ってしまいます。

こういった風に、普段から気が弱いと自分の意見をその場で言えないのでお酒の席でいってしまいみんなを困らせる状況になってしまいます。意見が通らないかもしれない・人間関係を崩したくないといった気持ちを我慢しているせいでストレスになり酒乱になりやすくなります。

酒乱と脳の働きの関係

酒乱の原因には、脳の働きもとても関係してきます。お酒を飲むことで脳が麻痺してしまいます。まず、脳の前頭葉が麻痺してしまい認識・理性・我慢するといった働きがアルコールにより失われます。自制心が効かない・感情のコントロールができなくなるといった事は前頭葉が麻痺していることで起ることです。

さらにお酒を飲むことで、体の中の血のめぐりがよくなり血圧の上昇が見られます。お酒により交感神経が活動的になります。この交感神経の働きは、緊張時のストレスを感じるときに働いてアドレナリンやノルアドレナリンというホルモンの分泌を促します。

このアドレナリンやノルアドレナリンというホルモンが分泌されると、恐怖心や不安・イライラ感・怒りといった感情が感じやすくなってしまうのでお酒を飲むと感情的になるといった症状が現れます。前頭葉の働きが弱くなっているので感情を抑えることができずすべての感情がむき出しになってしまうことで酒乱になってしまいます。

酒乱な女性の特徴や原因

ホルモンバランスが乱れている

男性だけではなく女性でも酒乱になる人はいます。女性の場合は、ホルモンのバランスが崩れる生理前や生理中などの体の調子が悪い時に酒乱になる可能性が高くなります。なので、お酒を飲むことにより普段よりも感情のコントロールができなくなることがあります。そして、お酒の回りも早く感じ酔いやすくもなっています。

自分で整理が始まる時期ということを把握し、生理前のイライラ感などがいつもより激しい場合などは、お酒をあまり飲まないようにするといった対処法をしてみましょう。酒乱で悩む女性には女性にしかわからないホルモンバランスの崩れが原因のこともあるので、自分の体とよく向き合って考えていきましょう。

酔った時の人柄が本性である場合が多い

日々の生活では、大人しく綺麗で素敵な女性が、お酒を飲むことによってびっくりするくらいの性格の急変を見たという人も少なくないはずです。お酒を飲んでいないときには、理性が働き平常心で感情のコントロールも出来ているのですが、酔った瞬間人が変わったように暴言を吐いたり暴力行為をするといった女性もいます。

周りの人たちは、こういった女性の人を見てびっくりしますが実は、このお酒を飲んだ時こそその女性の本性だということが多いです。いつもは、我慢して自分を作っていますがお酒を飲むことで気分も良くなり、普段のストレスを全面的に表に出してしまいます。

酒乱にならないための予防法

お酒をセーブする

酒乱にならないための対処法もあります。まず第一には、お酒の飲む量を減らすことです。お酒を飲んでいてふわふわとした感覚が出てきたり、気持ちがよくなってきたらここでお酒を飲むのを控えるようにしましょう。ふわっとした感覚が出てきたらお酒に酔っている証拠です。

それ以上に飲まないようにするといった努力は大変だと思いますが、あと1杯だけなら飲んでも大丈夫だろうという気持ちでいるとなかなかお酒を止められず結局は、酒乱になるまで飲み続けてしまいます。このあと1杯を頑張って阻止したら周りの人と楽しく飲めるお酒になります。お酒を飲むペースをゆっくりにすることでも酒乱にならないための対処法になります。

お酒と同じだけ水を飲む

遺伝子にも関係してくる酒乱は、アルコールの分解機能の強さに関わってきますので、お酒の弱い人はアルコールの分解の機能が遅く少し飲んだだけで酔ってしまいます。しかし、アルコールの分解機能が早い人は、酔うのが遅いのでお酒をどんどん飲んで結果的に酒乱の症状が出てきます。

水を飲むことによってアルコールの分解機能を促して酔いを回ることを防いでくれるので、お酒を飲んだら1杯の水を飲むようにすれば、トイレに行く機会も増え気分を落ち着かせたりすることも出来るので、酒乱の症状を和らげることが出来ます。その場の雰囲気に流されやすい人は、特に効果が出やすいので試してみましょう。

お酒を断る勇気をもつ

自分でのお酒のセーブはなかなか難しいものがあります。酔ってしまうと自制も聞かなくなりますし、周りから飲め飲めと言われると断りずらい時もあります。こういった人は、酒乱の特徴でもある自分の意見を言えない人に多いです。その場の空気を壊したくない・相手の気分を害したくないといった事でつい飲みすぎて酒乱になってしまいます。

ですが、結果的に酒乱になり周りに迷惑をかけるよりも、自分がこれ以上飲んだら危ないと思ったのであれば、きちんと断る勇気も大切です。これ以上飲めないことを相手に伝えることや、次の日の朝が早いからと言うのもいいでしょう。ウーロン茶を目の前に置いてウーロンハイを飲んでいる振りでもいいかもしれません。

自分の適正量を知る

自分の適正量を知ることが対処法として最も重要なことになってきます。お酒のセーブにも関わってきますが、人によって若干は違いますが、お酒の適正量はビール中瓶だと2本・日本酒になると2合くらいがお酒を楽しむ程度で飲める量になります。

この量を確実に守ることは難しいと思いますが、それ以上飲んでも飲みすぎないようにすれば大丈夫でしょう。お酒に飲まれないようにするには、食事と一緒に飲むことも大切です。お腹の空いた状態で飲んでいると酔いも早く回ります。

もし、自分が酒乱だと自覚があるのであれば、お酒の合間に食べ物をつまむ・水を飲む・自分のペースをなるべく崩さないといった事が酒乱防止になります。自分のお酒の飲める量をきちんと把握しましょう。

酒乱の治し方

自分が酒乱だと認めよう

酒乱は、お酒が強い人なので飲みすぎてしまうことが多いと思います。自分が酒乱だということを認めてお酒の飲む量をコントロールしていくことが酒乱にならないための治し方の一歩です。少し酔ってきたなと自分で感じた時はお水を飲むなどして気分を落ち着かせましょう。

普段はきちんと自制心が働いている人であれば少しの酔いだったらコントロールができるはずです。脳が麻痺して飲みすぎる前に酒乱の治し方を思い出し飲みすぎないように途中でノンアルコールに変えることも大切です。

自分が酒乱だと自覚することは、とても容易なことではありません。自分は絶対に酒乱にはなっていないと思ってお酒を飲みすぎる人もいます。酒乱の治し方で一番の方法は、自分が認めて治そうという意欲がないと治し方を実践してもうまくいきません。

酒乱の結末を知ろう

酒乱になってしまうと周りの人に特に迷惑が掛かってしまいます。そして、周りの人に迷惑をかけた分自分への周りの人からの信用もなくなってしまいます。仕事での職場の人との関係にも差し支えて仕事がうまくいかなくなることもあります。

酒乱の人がどうなってしまうのかを知っておくことも酒乱の治し方の大切な部分になってきます。ついつい飲みすぎてしまうのは自制心が効かなくなってしまっているので飲む前などにもこの酒乱の治し方を頭に思い浮かべて酒乱になってしまうと今後の仕事や友情などにも影響が出ることを思い出しておきましょう。

特にお酒に強いと自負していたり、お酒が大好きという方は注意が必要です。お酒を飲みだすと記憶がなくなるまで飲まないと気が済まない・どうしてもお酒がやめられないという人は酒乱の治し方を実践してもなかなか治りません。もしかしたらアルコール依存症になっていることも考えられます。アルコール依存症は病気なので病院での診察も視野に入れましょう。

酒乱の最悪の結果は、お酒を飲んで暴力に走り人を殴る蹴るなどしてケガを負わせてしまったりすることもあります。こうなった場合、友情関係はもちろん家族にも見放されますし、仕事はやめざるを得なくなることもあります。警察沙汰にもなる可能性も高くなります。酔っていて覚えていないということは通用しません。こういった事実をしっておくことも治し方の一つです。

別のストレス発散法を見つける

お酒が好きな人は、ストレスの発散もお酒でしようとします。お酒が趣味な人も少なくないはずです。ですが酒乱の治し方で必要なことはお酒以外の趣味を見つけることも酒乱にならない治し方になります。例えば、体を動かすスポーツをすることや、頭を使った将棋などの趣味もいいでしょう。

酒乱になってしまう人の大半は、ストレスが原因の事が多いのでこのストレスをお酒以外の何かで発散できるようにしましょう。趣味を見つけることでそれに没頭しお酒の量も減るかもしれません。

暴れる自分を動画撮影してもらう

酒乱の人は、お酒を飲んで暴れたりなどしたことは全く記憶にないことがあります。自分の記憶にないから周りの人に教えてもらっても信じられないと思う人もいます。そういったときは、暴れだしたら動画を撮ってほしいと頼むのもいいでしょう。

自分に自覚がない分、他の人に撮ってもらった動画を見るととても信じられないような自分の姿が映されているかもしれません。お酒を飲んでいないときに見る全く予想していなかった自分の酒乱の時の暴挙に愕然とするでしょう。そうすることで酒乱だという自覚も出て治し方にも積極的に取り組むことが出来るかもしれません。

酒乱の人への対処法

酔う前に対処する

酒乱の人と飲むことになった時の対処法は、その人が酒乱だと知っていれば何か食べるものを進めたり、途中で飲みすぎではないか気にして声をかけてあげるといいでしょう。お酒の種類も様々なものを飲んでしまうと酔いが回るのが早いので色々な種類のお酒を進めないようにすることが大切です。

一緒に飲まない

友達同士などで飲むことになり、酒乱の友達がいた場合、酒乱の人には声をかけないといった事も一つの対処法になります。もし、酒乱の人になぜ呼ばなかったと聞かれれば素直に酒乱で対処に困るということをやんわりと伝えてあげましょう。

酒乱を直してくれたら一緒に飲みたいということも同時に伝えてあげると酒乱の人も納得するかもしれません。その相手と飲むのは楽しいが酒乱だということに困るのであれば、酒乱の人にそう伝えて酒乱の治し方も教えてあげるといいかもしれません。

もし、酒乱の人と一緒に飲まないといけなくなってしまったら、席を離れて座るかその人にあまりお酒を進めないことが大切です。酒乱の人の中には自分が酒乱で記憶がなくなってしまうことを得意げに話す人もいるのでそういった人の近くでは飲まないようにして距離を開けておくと被害に遭いにくくなります。

自分が先に酔ったふりをする

どうしても酒乱の人とお酒を飲まなくてはいけなくなった場合、ある程度その人がお酒を飲んで酔ってきたなと思ったら自分が先に酔った振りをしてその人のあまり飲ませないようにするのも手です。もしくは、自分が先に酔った振りをして早めに飲み会を切り上げてしまうのもいいでしょう。

専門医を勧める

酒乱の人は暴力沙汰を起こすことが多々あるので、もし本人が酒乱だと気付いていない場合は、酒乱なのではないかと忠告してあげることも大切です。酒乱と気づいていてたくさん飲む人もいるのでお酒関係に強い専門家に行くことを進めるのもいいでしょう。酒乱の治し方をきちんと教えてもらい一緒に楽しく飲みたいということを本人に伝えることも必要です。

家族が酒乱の場合の対処法は?

もし、家庭内で酒乱の人がいればその人がお酒を飲むことによって家族みんながビクビクとおびえなくてはいけません。いつ暴れだすかわからないといった状況では家族の楽しい時間が過ごすことはできません。

本人とよく話し合い、断酒を進めてみるのもいいでしょう。本人の納得できていないままお酒を隠したり無理に断酒させてしまうと外でお酒を飲んできて家に帰って暴れることもあるので家族みんなで話し合いどうして行けばいいのか対処法を考えましょう。

子供がいる家庭であれば子供のためによくないことを重点的に話し断酒に導いてあげるのもいいでしょう。女性が酒乱であれば子供に悪影響をもたらす可能性も高くなります。それでも話し合いがうまくいかない場合は上記の専門医に見てもらうことも視野に入れましょう。酒乱を越してアルコール依存症になってしまっている可能性もあります。

酒乱で周りに迷惑をかけないようにしよう!

酒乱の人は感情のコントロールができなくなっている状態にあります。もし、自分が飲み会にでた次の日に周りの人の反応がおかしかったりしたら、信頼できる人に聞いてみましょう。もしかしたら自分が酒乱だったとわかるかもしれません。

もし、酒乱だと言われても治し方や対処法もあるので、まずは誰かに相談してみるのがいいでしょう。そして、自分が酒乱でなくても周りの誰かが酒乱であまり関わりたくないのであれば、酒乱の人への対処法を試してみてください。

いろんな人の特徴についての他の記事はこちら

Thumb仕事が嫌いな人の特徴・理由まとめ!対処法や辞めたい人に送る名言集 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb嘘をつく人の特徴や心理とは?上手に付き合う対処法・見抜く方法も解説 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb不思議ちゃんの特徴11選!不思議ちゃんが男性にモテる理由とは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb二重人格の人の特徴30個!心理や症状・原因・治し方など徹底解説 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-12-15 時点

新着一覧