金足農の吉田輝星がプロ入りを決断!名前の読み方や由来・中学高校の成績まとめ

記念すべき第100回夏の甲子園大会の決勝で、観客を感動の渦に巻き込んだ金足農業高校。特に大阪桐蔭に対し果敢に攻め込む投手・吉田の活躍は素晴らしいものでした。その金足農・吉田がプロ入りを決断し世間を騒がせています。プロ入りを決めた吉田について徹底解説します!

金足農の吉田輝星がプロ入りを決断!名前の読み方や由来・中学高校の成績まとめ

目次

  1. 秋田の輝く星!金足農・吉田がプロ入りを表明
  2. 金足農のスター・吉田が甲子園で輝くまでの軌跡
  3. 金足農甲子園出場はまるで漫画のような展開!
  4. プロ入り確定?金足農・吉田はどのチームへ
  5. 金足農の期待の星!プロ入りを決めた吉田輝星を応援しよう

秋田の輝く星!金足農・吉田がプロ入りを表明

吉田輝星のプロフィール

・愛称:ヨッシー
・本名:吉田輝星
・生年月日:2001年1月12日
・現在年齢:17歳
・出身地:秋田県潟上市
・血液型:???
・身長:176cm
・体重:81kg
・活動内容:高校球児
・所属グループ:金足農業高校
・所属事務所:なし
・家族構成:父、母、弟

『輝星』の読み方は?

まずは吉田輝星のプロフィールを紹介しましたが、ふと疑問に思った方もいるかも知れません。『輝星』ってどんな読み方をするのでしょう。正解は『こうせい』という読み方をします。これは吉田輝星の父親が、光り輝く星のような息子になって欲しいと願い付けた名前だそうです。

他にも、当時、柔道で大活躍を見せた井上康生のファンだったという理由もあるようです。当て字なので読み方がわからないのは当然ですが、とても素敵な名前ですね。まさに今年の甲子園で光り輝いていた吉田輝星。名前通りの子供に育ち、父親も喜んでいることでしょう。

知名度が急上昇!『金足農業高校』の読み方は?

吉田輝星の読み方がわかったところで、もうひとつ確認しておきたいのが吉田輝星が現在通っている高校の名前です。金足農業高校と言いますが、電光掲示板や新聞の見出しなどでは『金足農』と略されることが多いこの高校の名前は『かなあし』と読みます。

『金足』とは秋田県にある地名なのですが、珍しい地名なので知らない人には読み方がわからないこともあるでしょう。金足農業高校は『金足農』の他に『かなのう』と呼ばれることもあります。今までは読み方が分からなかった人も多数いましたが、今年の甲子園で一気に知名度が上がったのではないでしょうか。

甲子園での金足農・吉田の投球を見てみよう!

ストレートなら150km/h出る力のあるピッチングは、今すぐにでもプロで通用するのではと囁かれているほどです。もちろんスライダーやカーブなどの変化球もお手の物!夏の甲子園で多くの人が衝撃を受け感動した金足農業高校の投手・吉田輝星のピッチングを見てみましょう。

金足農のスター・吉田が甲子園で輝くまでの軌跡

プロ入りを決めた吉田が野球を始めたのはいつ?

吉田輝星が野球経験者の父親とキャッチボールを始めたのは小学校1年生のときでした。運動が得意だった吉田輝星はメキメキと上達していったそうです。小学校3年生で地元の野球チームに入り、本格的に野球を始めました。4年生ではすでに投手として育てられ活躍していたそうです。

中学では軟式野球部に所属

中学では、地元の鴻上市立天王中学校の軟式野球部に入りました。甲子園で名の通った選手やプロを目指す選手の多くは、中学から硬式のクラブチームに入部することが多い中で、吉田輝星は珍しいパターンの選手ではないでしょうか。中学時代もエースとして大活躍した吉田輝星。高校こそ強豪校に行くのかと思いきや吉田輝星が選んだ高校は、公立である秋田県立金足農業高校でした。

高校では1年生からレギュラー

吉田輝星は金足農業高校に入学し1年生からベンチ入りしています。さらに秋からエースとなりチームを引っ張っていく存在でした。秋田県大会では5試合すべて一人で投げ抜き、合計で57の三振を奪いました。歯が白いのが話題になりましたが、歯を食いしばって折れたことがあるので、2年生からマウスピースを入れているそうです。

金足農・吉田が大注目された甲子園での成績

吉田輝星は甲子園でも素晴らしい成績を残しています。まず初戦の対鹿児島実業戦を、9回完投で157球を投げ14奪三振という成績でチームを勝利に導きました。その後も順調に勝ち進み、準決勝まで1人で投げぬきました。

快進撃は続かず、今大会一番の注目となった大阪桐蔭との決勝戦では、疲れが出たのか5回で無念の降板。しかし再びマウンドに上がった吉田輝星は、11点取られながらも果敢に立ち向かい多くの人に感動を与えました。準決勝まで全試合10奪三振を超える成績で甲子園のヒーローとなりました。

金足農甲子園出場はまるで漫画のような展開!

父のリベンジのために金足農へ入学

金足農業高校の快進撃はまるで漫画のようだと話題になっています。特に吉田輝星は、金足農業高校のOBである自分の父親のために、強豪校の推薦を断ってまで金足農業高校に入学したそうです。同じく投手だった吉田輝星の父親は3年間試合に出ることはありませんでした。そんな父親の夢を叶えるべく、吉田輝星は金足農業高校に入り野球に打ち込んだのです。

金足農は公立高校!全員地元秋田出身

全国の強豪校を次々と倒し、常勝と言われる大阪桐蔭に対して果敢に立ち向かっていった金足農業高校は、実は公立の学校なのです。全国から成績の良い選手や実力のある選手をスカウトする私立高校と違い、選手は全員秋田県が地元の生徒ばかりです。

公立高校なので、ボールやバットなどの道具も古いものが多く立派な設備も整ってはいません。寒い秋田は3月になってもまだグラウンドは使えず、練習するのにベストな環境とは言えないのです。私立高校に比べると条件が悪い中で、素晴らしい成績を残した金足農業高校は本当に強いチームと言えるでしょう。

秋田県勢の甲子園決勝進出は103年ぶり!

金足農業高校含む秋田県勢の決勝進出は、高校野球始まって以来103年ぶりの快挙でした。1915年に始まり戦争で一時中断、第100回目の記念すべき甲子園で金足農業高校は伝説を生んだのです。寒い地域でなかなか思うように練習できない東北の公立高校がもぎ取った準決勝出場に、地元には活気が溢れました。

優勝チームより目立った準優勝・金足農業

2018年春夏連覇という成績で圧倒的な強さを見せる大阪桐蔭の存在かかすんでしまうほど、金足農業高校の準優勝には多くの人が感動しました。エリートと言われる私立強豪校と『雑草軍団』とまで言われた公立の金足農業高校。この2校の対決で最終的に多くの味方をつけたのは金足農業高校でした。大阪桐蔭の選手も一切手を抜かず、スポーツマンシップ溢れる試合でした。

「9人中6人が野球未経験者」はデマだった!

世間に流れる金足農業高校の噂の中にはデマもあります。たとえば、「今年甲子園でプレーした9人中6人は野球未経験だ」という噂です。さらに吉田輝星がメンバーを集め野球部を作ったという都市伝説ですが、こちらもまったくの嘘で、金足農業高校野球部は歴史のあるチームです。

確かに、中学時代軟式野球部に入っており、硬式は初めてだという選手はいたようです。しかし、全くの未経験者ではありません。今年大活躍の吉田輝星や金足農業高校の選手のシンデレラストーリーを、もっと面白いものにしようと尾ひれがついてしまったのでしょう。

プロ入り確定?金足農・吉田はどのチームへ

プロ入りを表明!希望のチームは巨人

今年の甲子園で一躍有名になった金足農・吉田輝星がいよいよプロ入りを決めたと話題になっています。以前は進学希望だとコメントしていた吉田輝星ですが「後悔したくない」と悩みぬいた結果、プロに行くという選択が有力となりました。今までサポートしてくれた父親も承諾し、数日間のうちにプロ志望届を提出する予定とのことです。吉田輝星の希望は巨人のようです。

「巨人に入りたい」にガッカリする楽天ファン

東北出身ということで、プロ入りの場合は当然楽天に来てくれるだろうと期待していたファンは、吉田輝星のコメントにガッカリしているようです。そのコメントとは「巨人が好きです」「巨人に行きたいです!」といったものです。自分の希望のチームに行くのが当然の権利なのですが、あまりの吉田輝星の活躍ぶりにファンは欲が出てしまったのでしょう!

プロ入りを決意!進学先の八戸学院大を断った吉田

プロ入りを決意した吉田輝星は、すでに進学予定だった八戸学院大学に断りの連絡を入れたようです。吉田輝星の父親は、「プロ野球の選手生命は短いので、大学で学んでからでもよいのでは」と進学を勧めていましたが、最終的に吉田輝星が決定したそうです。侍ジャパンなどで活躍し、さらに野球に対する熱が入ったのかもしれませんね。

ドラフト会議での争奪戦は確実!

プロ志望届を出せば、各球団がこぞって吉田輝星の獲得に乗り出すことは確実でしょう。もちろん、吉田輝星の希望である巨人も例外ではありません。逆指名制度がなくなった今、吉田輝星獲得には各球団のクジ運勝負になるでしょう。吉田輝星の笑顔が輝くのは、巨人もしくは吉田輝星が尊敬する則本昂大が所属する楽天のクジ運にかかっています!

金足農・吉田を応援するファンのツイート

プレースタイルのカッコよさと、イケメンっぷりで、野球ファン以外の女性のハートまでも鷲づかみにしてしまった吉田輝星。甲子園をきっかけに女性の野球ファンが急増するかも知れません。高校で見せたシンデレラストーリーを、プロになっても見せてくれるでしょうか。

突然進路を変えた吉田輝星に、驚きの声も多数挙がっています。大学へ進む可能性が高かったのですが、すぐにでもユニフォーム姿の吉田輝星が見られることになり喜ぶファンも多いでしょう。ナイター中継の視聴率がグンと上がるかも知れません!

金足農の期待の星!プロ入りを決めた吉田輝星を応援しよう

夏の甲子園でヒーローとなった秋田の期待の星・吉田輝星についてまとめました。進学をやめ、プロ入りへの闘志を燃やす吉田輝星はどのような活躍を見せてくれるのでしょうか。爽やかな吉田輝星のプロ入りで、女性ファンがますます増えるでしょう。今後のプロ野球から目が離せません!

あわせて読みたい『高校野球』の記事はこちら!

Thumb高校野球・甲子園で見つけた話題のイケメン球児たちを画像で紹介! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb2016高校野球の優勝候補一覧!甲子園を沸かす注目選手は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb【名勝負・名シーン】高校野球の決勝戦動画ベスト20!伝説となったあの試合をもう一度! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-12-10 時点

新着一覧