四白眼は凶相って本当?四白眼の芸能人や性格・特徴に人相学の信憑性は?

四白眼は目の特徴の中でも非常に珍しく凶相とも言われています。四白眼は本当に凶相なのでしょうか?四白眼の人相学、四白眼の人の性格や特徴、四白眼の芸能人を画像付きで小買うすると共に、四白眼の人の性格や特徴、人相学における四白眼について紹介しています。

四白眼は凶相って本当?四白眼の芸能人や性格・特徴に人相学の信憑性は?

目次

  1. 四白眼とは?凶相なのか
  2. 四白眼の特徴と性格
  3. 四白眼の人相学は?
  4. 四白眼を買えるメイクやカラコンを紹介!
  5. 四白眼は整形手術で治せる?
  6. 四白眼の芸能人・有名人を画像付きで紹介!
  7. 四白眼をもつ人は魅力的だった!

四白眼とは?凶相なのか

三白眼という目を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?その三白眼よりももっと白目の割合が多い目が「四白眼」と呼ばれる目です。四白眼は珍しいのと同時に、冷徹・残忍な性格などマイナスなイメージも持っている人が多いようです。

人相学で「四白眼」が「鬼の目」と言われる所以は、お寺にある仁王像のイメージからついていると考えられています。仁王像は大きな目をしていますが、黒目は人と同じ大きさであることから、四白眼になっています。そこから、四白眼は「鬼の目」と言われているのです。

さらに「四白眼」が凶相であるというイメージもついて回ります。人相学において、「鬼の目」と呼ばれる四白眼は本当にイメージの通り凶相なのでしょうか?四白眼の意味や読み方と共に、人相学における四白眼の診断を見てみましょう。

四白眼の意味と読み方

四白眼は「しはくがん」と読みます。四白眼とは、黒目が小さく上下左右に白い部分が4箇所見える目に付けられた名前となります。また、漫画やアニメの驚いた演出や怒りの演出のために、黒目を小さく描くことから、漫画・アニメの作画手法として認識されているようです。

四白眼の印象は?

「目は口ほどにものを言う」のことわざにもある通り、目は相手に強い印象を与えます。四白眼の人に対する一般的なイメージは、凶相というものがついて回るようです。また、人相学では、四白眼のことを「鬼の目」とすることから、冷徹・残忍といったイメージも定着しているようです。

さらに、人相学では、「鬼の目」のイメージ通り、残忍な行いをいともも簡単にやってのける、最終的には必ずと言っていい程人を裏切る性格の持ち主とされています。そうしたイメージからも四白眼に良い印象を持っている人が少ないと考えられます。

四白眼は凶相なの?

四白眼は人相学で「鬼の目」と呼ばれるように、あまり良い印象がありません。人相占いにおいても凶相とされることが多く、四白眼の人は最後に人を裏切るとも言われています。四白眼の中でも黒目が動いて、一定の位置に定まらない人は喧嘩っ早く、争い事を好む傾向があるとも言われています。

中年までは運気がよく、そこから先は運気が下降していく人相でもあります。運気が下がる中年からは病気がちになるなど、運気が一生の間に一定ではない四白眼の相は凶相と呼ぶにふさわしい目と言えるでしょう。やはり、四白眼は凶相なのかもしれません。

四白眼の特徴と性格

中年~晩年にかけのて運気が下降し、病気がちになる、「鬼の目」、冷徹・残忍などマイナスイメージの多い四白眼の持ち主はどのような性格や特徴があるのでしょうか?ここからは、四白眼の人に多く見られる性格や特徴を紹介していきましょう。

特徴①楽観的

四白眼の人は、若年~中年までの運気が非常に高く、大体のことは運で乗り切ってしまえる相でもあります。そのためか、四白眼の人は楽観的な性格の人が多い特徴があります。また、運で万事を乗り切るために、努力を怠るのも、四白眼の人によくみられる特徴と言えるでしょう。

特徴②モテる

常に誰かと競っているということは、常に自分を磨く努力を惜しまないということでもあります。さらに、自分を多く語らない性格の持ち主である四白眼の人は、周りから見ると非常にミステリアスに映り、人を引き寄せる魅力があります。

特徴③ひがみっぽい

四白眼は人相占いで、競争心が強く、争い事を好む傾向があります。そのため、常に自分と他人を比較し、相手との優劣を図ります。自分が勝っていた場合はいいのですが、自分が劣っていると感じた場合は、悔しいと感じてしまうようです。そのため、ひがみやすい性格とされているのでしょう。

特徴④ストレスを抱えやすい

常に誰かと競争している四白眼の人は、休まることがありません。常に、誰かと競っており、自分が優位であろうとする傾向があります。何事も勝敗を決めずにはおれない性格の持ち主なので、楽観的な反面ストレスを抱えやすい性格と言えるでしょう。

特徴⑤繊細で神経質

勝負事が好きな四白眼の人は、自分が勝つことに重きを置いて生きています。敗北と同時に強いストレスを抱えてしまうため、自分が敗北することを嫌う特徴があります。そのため、いざ勝負事となると繊細で神経質となってしまう傾向があります。

特徴⑥愛情に薄い

四白眼の人は、人と親密になるほど憶病になると言われています。一度懐に入れてしまえば、良好な関係が続くか裏切る・裏切られるのどちらかしかないために、対人関係は不得手とする人が多いのです。恋人となると、友人よりも軽薄な態度を取ってしまうようです。そのため、四白眼の人は愛情に薄いと言われていると考えられます。

特徴⑦感情的で情緒不安定

いつ裏切るか、裏切られるかで対人関係を図る四白眼の人は、常に対人関係において憶病と言えます。他にも、常に誰かと競っており、ストレスを抱えやすいことから、感情的になりやすく、情緒不安定な性格の持ち主が多いようです。

特徴⑧対人下手

人と争うことに重きを置く四白眼の人は、他人との距離感がいまいちつかめない傾向があります。そのため、他人との付き合い方が下手で、相手から与えあられる愛情にどう返せばいいかが分からない人が多いようです。結果、対人が下手と言う印象があるのでしょう。

特徴⑨孤独を好む

他人との距離感や恋人からの愛情の受け答えが満足にできない四白眼の人は、最終的に孤独を好む特徴があるようです。常に何事か競っている四白眼の人が、対人関係にまで精神を削るよりも、独りでいる方が気楽だと感じてしまうのは、必定と言えるでしょう。

特徴⑩適応能力が低い

常に何事か競っている四白眼の人は、自分の価値観に凝り固まっている特徴があります。そのため、回りの環境が変わっても、なかなか適応できずにいる特徴があります。また、勝負事を好むあまり、他人を信用していない特徴もあることから、新しい環境にはなかなかなじめないようです。

特徴⑪考えがわかりにくい

勝負事を好む四白眼の人は、人にプライベートをひけらかさない性格をしています。そのため、他人からはやや考えが分かりづらい人と思われているようです。自分をひけらかす=相手に弱みを見せる行為と考えている可能性があり、いざと言う場面で弱みを握られないようにしているのかもしれません。

特徴⑫頭の回転が早く理解力が高い

勝負事を好む傾向がある四白眼の人は、常に頭を働かせて勝負に勝とうとしています。結果、人よりも頭の回転が速く、理解力が高い特徴があります。特に優先順位をつけるのが得意で、物事の処理能力が非常に早いのも特徴と言われています。

特徴⑬頭がいい

頭の回転が速く、理解力が高い四白眼の人は、非常に頭がいいということになります。勝負事において、勝つためにはそれなりの努力と、計算高さが必要になってきます。何が自分に必要で、どうすれば勝てるのか計算できる四白眼の人は非常に頭が良いといえるでしょう。

四白眼の人相学は?

四白眼は人相学では凶相と言われており、その実、中年以降の運気の低迷や病気をわずらう確率の高さなどが目立ちます。しかし、若年の頃は運気が強いことから、早期成熟型とも言えます。そんな四白眼の人相学を詳しく紹介していきましょう。

人相学とは?

そもそも、人相学とは、人の体型・動作・顔面の特徴から、その人の性格・能力・運勢などを判断する占いの一種とされています。出所は中国で病気の診察を目的に発展した知識の一種で、そこから派生したのが人相占いとされる、主に運気などを診断する方に発展していったとされています。

現在では、その人が辿るであろう人生や運命を判断する方法を学問めかして言ったものが「人相学」とされており、人相占い・眼相占いと同一のものと認識したので問題ありません。つまり、人相学は人相占い・顔相占いと同一のものと考えて構いません。

人相のいい顔と悪い顔

人相のいい・悪いの別れ道は、笑顔か陰気くさい表情かの違いが大きいと言われています。「笑う門には福来る」のことわざにもあるように、笑顔には運気を引き寄せる力があると考えられています。なので、人相がいい顔とは、常に笑顔を絶やさない顔と言えます。

逆に、常に陰気くさい表情や、思いつめたような表情では、「福」も人も寄ってきません。運気が下降するのも当然と言えるでしょう。なので、陰気くさい表情や思いつめたような表情の人は人相が悪いと言われてもしかたありません。

四白眼の人相学と信憑性

まず、四白眼の人相学は「競争心が強く、最終的に裏切る人」と言われています。「鬼の目」とも言われるとおり、冷徹で残忍な性格とされています。運気は若年~中年にかけて高くなっており、中年以降が下降続きとなることから、中年以降は病気にもかかりやすい特徴があります。

人相学の信憑性には賛否両論ありますが、例えば、ダウン症の人が赤の他人にもかかわらず似た顔をしているように、人相は生活によって変化するものと考えられています。つまり、人相にはその人の人生そのものを映す鏡と言えます。なので、人相からある程度の人となり、かかりやすい病気などを診断できるのもうなづけます。

四白眼を買えるメイクやカラコンを紹介!

凶相や悪い印象の多い四白眼をどうにかしたいと考えている人も多いのではないでしょうか?顔相は生まれ持ったもので変えようがないと思われがちですが、化粧や工夫次第で顔相を変えられると言われています。しかし、四白眼をどうにかする方法はあるのでしょうか?四白眼を変える方法を紹介していきましょう。

カラコンを使用しよう!

カラーコンタクトレンズ、通称カラコンを使用すれば、誰でも簡単に黒目を大きく見せられます。特に、黒目を大きく見せるコンタクトレンズであれば、目の色を自分の色のままに黒目を大きく見せられます。「四白眼って黒目が小さいのだから黒目の周りだけのコンタクトでは隙間ができるのでは?」と疑問に思う人もいるかもしれません。

が、人間の黒目の大きさは、ほぼ同じという実験結果があります。黒目に老若男女の差はなく、誰も直径11~12ミリメートルとされています。つまり、四白眼の人も黒めの大きさは人と同じで、ただ、常に目を見開いている状態の人のことを表しているのです。なので、カラコンなどのだいそれたものでなくとも、黒目を大きく見せるコンタクトレンズで十分黒目を大きく見せられます。

カラコンは近年通販で気軽に購入できる用品なので、非常に入手しやすくなっているのも、おすすめのポイントです。ただし、コンタクトレンズの取り扱いを間違うと、最悪失明する恐れもあるので、コンタクトを使用した経験のない人は一度眼科に行き、コンタクトレンズ着用の相談をしてみることをおすすめします。

透明コンタクトでも印象は変わる!

既にコンタクトレンズを使用していて、カラコンを入れるのが難しい人であっても、普通のコンタクトレンズで四白眼の印象は変わります。コンタクトレンズを入れると瞳が潤んで見えるため、残忍・冷徹な性格など負のイメージをやわらげられます。普段めがねを着用している四白眼の人は、これを機にコンタクトレンズに変えるのもいいかもしれません。

四白眼におすすめのメイク

コンタクトレンズで四白眼を和らげたり、改善できたりしますが、やはりコンタクトレンズは取り扱いが難しく、レンズケアも手間がかかってしまいます。それに、内まつげなどの症状でコンタクトが使用できない目の場合もあります。そんな人におすすめなのが、メイクで四白眼のイメージを美人に摩り替える方法がいいでしょう。

四白眼は目線の鋭さがどうしても目立ってしまう目ですが、それをメイクによってよりクールに見せることで「美人」というイメージを刷り込ませられます。そのメイクのやり方は、眉山をはっきり形作るような眉毛にし、アイラインもつり目がちに見えるよう眉尻を持ち上げるように引きます。一重ならまぶたを立体的に見せるようにしましょう。

アイホール中央に明るい色やラメなどを配色するようにメイクしましょう。二重の場合はより怖い性格のイメージになりがちなので、複数の色でグラデーションを作るようにまぶたに乗せるといいでしょう。続いて、目尻にボリュームを出すようにマスカラを施して、鼻筋をすっきり見せるために、鼻筋にハイライトでラインを入れると切れ長美人に見える目に仕上がります。

四白眼は整形手術で治せる?

ここまで、自力でできる凶相と言われてしまう四白眼を四白眼に見せない方法や、四白眼のイメージを変えるメイクなどを紹介してきました。しかし、四白眼を四白眼でなくす外科手術・美容整形があります。四白眼を克服する手術について紹介していきましょう。

眼瞼挙筋延長術と下眼瞼切開術で治せる!

そもそも、四白眼の原因は「眼瞼後退」という目を見開いた状態で、一般人よりも上まぶたが後退しているために起こっていると考えられています。眼瞼後退の原因は交感神経の緊張による「ミューラー筋」の緊張、もしくは「上眼瞼挙筋」と呼ばれるまぶたの炎症とされています。

ミューラー筋の緊張が甲状腺によるホルモン分泌異常であれば、甲状腺の手術をおこなえば四白眼を治せる可能性があります。まぶたの筋肉が炎症を起こして動かなくなっている場合はブナジシン点眼薬での治療となります。点眼薬での症状の改善が見られない場合は、手術となります。

その手術は、ゴアテックスを上眼瞼挙筋の間に挿入して上眼瞼挙筋を延長するものです。ゴアテックスとは、主に心膜補填として用いられる医療器具で、心膜の他には血管組織の補填や、脳膜と皮膚の癒着防止に使われるシートです。この手術により、四白眼の要因となる黒目上部の白目を隠せます。

続いて、「下眼瞼切開術」とは、美容整形に分類される手術で、本来は目元のシワを改善する手術です。下まぶたの皮膚を切開し、持ち上げて縫合した後、持ち上げた分余った皮膚を切り取って目の形状を整える手術です。これにより、黒目下部の白目を隠して四白眼を緩和できます。

費用は?

手術と言えば一番気になるのが、その金額です。美容整形に分類される下眼瞼切開術は保険適用外になるため、432,000円の自己負担になります。上まぶたの手術は、「眼瞼後退」と診断され、それにより目に障害が出る危険性があると判断されれば、保険が適用されます。点眼薬の治療であれば、1ミリリットルあたり257.7円となります。

また、「眼瞼後退」の原因が甲状腺のホルモン分泌異常となった場合は、入院費と併せて130万円の手術費となります。甲状腺の改善でも治らなかった場合の眼瞼挙筋延長術は、明確な費用は不明ですが、真逆の手術にあたる「眼瞼下垂」の手術の費用で22万円となります。ゴアテックスを用いる事から22万円より高くなる可能性があります。

四白眼の芸能人・有名人を画像付きで紹介!

ここまで、凶相や負のイメージがつきまとう四白眼の改善や、四白眼の凶相の詳細について紹介してきましたが、ここからは、四白眼の芸能人を紹介していきましょう。一般的に語られるイメージよりもより明確な四白眼の人の性格や特徴を各芸能人の画像と共に探っていきましょう。

綾野剛

こちらの画像の人物「綾野剛」と言えば、数々の作品で俳優として華々しく活躍している方ですが、その性格は「静かな雰囲気ながらサービス精神に溢れた気配り上手」とスタッフから賞賛されています。他にも「忙しい俳優とは思えない謙虚な姿勢と、監督に従順な様子」が広く知られているようです。

普段は天然っぽく、ふんわりとした印象を持つ方で、自身のことを「憶病」と評していますが、心理学者からは「好奇心旺盛な勇者タイプ」と真逆の分析がなされる、とても不思議で魅力に溢れた奇才と言えます。

日村勇紀

画像の人物はお笑い芸人の中でもブサイクを売りにブレイクした芸人「日村勇紀」です。ブサイクを売りにしたその容姿は海洋生物の「トド」に似ている事からとても愛嬌の感じられる容姿をしています。日村勇紀は相方の設楽より、「物忘れのひどさ」を指摘されていますが、それらのネタを笑いにかえるコンビ愛を感じさせます。

春風亭昇太

画像の人物は伝統ある焦点で活躍している「春風亭昇太」です。性格が悪いのなどと噂されていますが、結婚できない理由は過去の恋愛でひどい目にあったためとも言われており、性格が災いしたためとは考えられません。当人は料理に非常に凝っており、自宅のキッチンがすさまじいとの噂もあるほどです。

画像のお顔からは想像できない2018年現在で58歳と、非常に若く見えるのも彼の魅力のひとつではないでしょうか?笑点では司会を努めており、度々笑点メンバーからいじられるほど、メンバーから愛される存在で、笑点の他にもラジオや俳優、映画、CM、舞台など幅広い活躍を見せる、まさに奇才と言うにふさわしい人物と言えるでしょう。

栗山千明

画像の人物はモデル、歌手、俳優、タレントと幅広い活躍を見せている「栗山千明」です。彼女はファッションも出るとして活躍する傍ら、映画で女優デビューし、「Best Fight賞」を受賞した経緯があります。その後、アニメの主題歌を歌い歌手として活躍したのち、テレビドラマにも出演する手腕を兼ね備えた人物です。

インドア派で趣味はアニメやゲーム、読書となっており、中でも漫画「AKIRA」に至ってはフィギュアを収集しており、女優になった理由は「変身できるから」と奇抜な回答を見せる、愛嬌たっぷりな大変魅力的な人物です。

米倉涼子

画像の人物はテレビドラマに多く出演し、クールなイメージを持たれがちな「米倉涼子」です。最も印象に残っているのが「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」の作品への出演で、クールな印象を与えますが、本人曰く性格は「小心者で甘えっ子」と自評している、とてもかわいらしい女性タレントです。

鳥居みゆき

画像の人物はお笑い芸人としてデビューした「鳥居みゆき」です。デビューはお笑い芸人ですが、目指すのは「表現者」と言うように、奇抜な発言が多く、ファンも彼女のそういった面に強く惹かれるようです。資格を大量に保有しており、目標とする表現者として様々な作品にも出演、自らクレイアニメを製作するなど、天才肌と呼べる魅力的な才能溢れる人物です。

持田香織

画像はシンガーソングライターの「持田香織」です。小役時代からモデル雑誌で活躍していましたが、アイドルグループの2期生として芸能界デビューしました。テレビ出演時は穏やかな人柄ですが、ライブとなると人が変わったかのような力強いパフォーマンスを見せることで有名となっているようです。

多部未華子

画像は、数々のテレビドラマ・映画などで活躍している「多部未華子」です。子供の頃から女優に憧れて小学生になてからは数々のオーディションを受けていたといいます。性格は礼儀正しく、まじめでスタッフ受けが非常にいいとの噂もあります。

小松菜奈

画像の人物は「小松菜奈」で、「ニコ☆プチ」でモデルデビューを果たした後、映画にて女優デビューするなど、活躍の幅を広げています。ハーフのような見た目ですが、生粋の日本人であり、ファンを大事にする優しい一面を覗かせたこともあるそうです。

剛力彩芽

画像は数々のドラマで主演をつとめる「剛力彩芽」です。今でこそ数々のドラマに出演する彼女ですが、元は雑誌の専属モデルでもありました。性格は優しく・まじめでスタッフからの評判も非常に良いと言われています。謙虚な姿勢で相手のことに配慮した言動に、常に笑顔を絶やさない彼女は、周囲の目を惹き付ける存在と言えるでしょう。

アンジェリーナ・ジョリー

画像の人物は「アンジェリーナ・ジョリー」です。生後まもなく両親が離婚したものの、母親とよく映画館に行ったのが女優を目指すきっかけとなったと言われています。ロケでカンボジアに訪れたことをきっかけに人道問題に興味を持ちました。

それからは、慈善活動をおこない、親善大使に任命されからは女優としての活動の傍ら40カ所以上の人道支援の現場を訪れては人道問題について提言している、心優しい人物といっても過言ではないでしょう。

オードリー・ヘップバーン

画像はハリウッド黄金時代に活躍した「オードリー・ヘップバーン」です。アメリカのみならず、全国の人間に愛されたとても愛らしい女性で、その性格が戦争時分を生き抜いたからこそ得られる芯のある強さが元になっているともされており、知性・教養に溢れた才女たる振るまいが印象に残っています。

四白眼をもつ人は魅力的だった!

ここまで、四白眼につく負のイメージや、凶相の真相、四白眼の印象を変える方法などを紹介してきました。しかし、四白眼の芸能人や有名人は誰もかれも魅力に溢れた人物であることに間違いありません。四白眼の芸能人の多くは、スカウトや監督の目に止まったためという理由が多くありました。

このことからも四白眼の人物とは、人の目を惹く魅力的な人物であることは間違いありません。負のイメージが付きまとう四白眼ですが、その正体は才能溢れる天才なのかもしれません。

四白眼の人相学が気になるあなたにおすすめの記事

Thumb泣きぼくろの意味とは?左目右目など涙ボクロの位置別の運勢や性格を紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb耳の形で性格や運勢・気質がわかる?人相学から形状ごとに詳しく解説 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-11-14 時点

新着一覧