いきものがかりが紅白出場内定?再始動後初のステージになるか?

いきものがかりといえば、女子高生を中心としてたくさんの人から愛されていたアーティストでしたが急な放牧宣言にファンたちは戸惑っていました。しかし今年の紅白は内定したということで安心された方も多いでしょう。なぜいきものがかりが紅白に出場することになったのでしょう?

いきものがかりが紅白出場内定?再始動後初のステージになるか?

目次

  1. いきものがかりプロフィール
  2. いきものがかりが紅白内定で完全復帰?!
  3. なぜいきものがかりは活動停止したのか?
  4. 充電したいきものがかりの今後の予定は?
  5. まとめ:いきものがかりが再始動!これからの活動に期待しよう!

いきものがかりプロフィール

・グループ名:いきものがかり
・結成日:2003年~
・グループメンバー:吉岡聖恵、水野良樹、山下穂尊
・主な活動:バンド活動
・所属事務所:キューブ
・所属レコード事務所:EPIC Records

いきものがかりといえば、同級生である水野良樹と山下穂尊が結成したグループでしたが、周りにも同じような男二人組が多かったため、ボーカルに吉岡聖恵を迎えていきものがかりが完成しました。名前の由来は、小学生の頃にやっていた係が生き物係だったのでそのまま名付けたそうです。

いきものがかりの代表曲といえば?

いきものがかりといえば、たくさんの楽曲を発表されていますが、特に知られているのは下記の歌ではないでしょうか?とくにじょいふるはボーカルの吉岡聖恵の歌声で元気になれる方も多かったでしょう。

このじょいふるはYELLと両A面で発売されました。じょいふるは、タイアップにCM曲にも起用されていて、そのキャッチーな音にカラオケでも気軽に歌う人たちの間で流行していました。

ありがとうは、NHKの連続ドラマ「ゲゲゲの女房」の主題歌でした。いきものがかり最大のヒット曲にもなったのです。今でも大切な人へこの曲を贈る方も多いようです。いきものがかりといえばこの歌をあげる人が多いでしょう。

いきものがかりが紅白内定で完全復帰?!

11月に入ってくると、紅白歌合戦にだれが出場するのか話題になることも多い季節です。今年の総合司会者は、2年連続で内村光良に決まりました。紅白それぞれの司会者も決まりましたが、いきものがかりはどのような扱いになるのでしょう?

2017年1月に活動を休止したいきものがかり

2017年の1月に放牧宣言ということで、活動を停止することを発表されました。この年の紅白歌合戦には出場されていましたが、紅白を最後に活動停止になってしまったのです。なぜいきものがかりは活動を停止されたのでしょうか?

この活動停止されたときの話では、復帰については特に何も語られてはいませんでした。充電期間という言葉も使っていなかったですし、ファンの間では解散してしまうのでは?と不安になっていたようです。

紅白で復帰?出場することが内定したいきものがかり

放牧宣言から集牧宣言をし、11月から活動を再開されています。時期的には紅白を意識して再始動されたのかもしれません。状況的には、紅白に出場することは内定されているようですが、まだ正式な発表があったわけではないのでひっくり返る可能性もなくはありません。

復帰宣言されたのは、オフィシャルサイトで告知がありました。その後は、3人でラジオに出演されたのをきっかけに活動の場を広げているようです。当面は、テレビなどで露出せずラジオで活動していくようです。

紅白まではテレビ出演の予定はない

紅白歌合戦まではとくにテレビ出演も決まっていないようで、オフィシャルサイトの情報を見てみてもライブには参加する予定のようですが、テレビ出演などの情報は書いてありませんでした。年末に再始動するということは、音楽番組を掛け持ちで出演される可能性も残されています。

NHKの方でもソロじゃなくいきものがかりでやると宣言?

現在では、誰が紅白に出場するなどの予想が立てられているサイトがあります。その中にはいきものがかりの名前はありませんでした。しかし、特別枠などで出演される可能性もあります。上記のツイッターのように本当はソロで紅白出演予定だったのが、いきものがかりとして紅白に出場されるようです。

なぜいきものがかりは活動停止したのか?

ここで気になってくるのは、なぜいきものがかりが活動を休止してしまったということろではないでしょうか?順調に紅白などにも出場し、一定の知名度もあるいきものがかりが活動停止してしまった理由を探ってみましょう。

突然放牧宣言したいきものがかかり

ちょうどメジャーデビューしてから10年経ったというタイミングで、放牧宣言をしているのです。さすがにグループを解散します、といった意味ではなく、あくまでも充電期間という意味での活動休止だったそうです。しかし、中にはもういきものがかりは解散してしまうという意味で捉えてしまい、ファンは悲しみに暮れました。

放牧宣言前まで順調に活動していたいきものがかり

放牧宣言をされるまでは、3人とも順調に歌手活動をされていました。ツイッターでも仲良く画像を撮っているものも多く、明らかに3人の仲が悪くなったから、という理由で放牧したわけではないようです。

バンドなどの解散理由というと、大体がメンバーの仲が悪くなってしまったから、というのが大半だそうです。表向きには音楽性の違いという言葉を使いますが、その中にはお金に関することも揉める原因になってしまい、活動を続けられなくなる人達も多いようです。

ボーカルの吉岡聖恵はソロ活動をしていた

ボーカルの吉岡聖恵は、そのまま歌手活動に専念していました。休止期間の間もずっとCDリリースをされています。しかし、CMを見てみると必ずといっていいほど、名前の後には「いきものがかり」と書かれていて、ソロで出しているのに吉岡聖恵では知名度がないと言われているようで、ファンからすると微妙な気持ちになった人も多いのではないでしょうか。

充電期間を経て再始動しているいきものがかりですが、もしかしたら、紅白歌合戦では元々吉岡聖恵の枠を設けていたのではないでしょうか?いきものがかりで再始動した場合、すぐに紅白で出場できるように内定させていたのかもしれません。こればかりは、紅白出場決定が発表になるまではわかりませんが、内定ニュースが出るということは確実に紅白に出場するでしょう。

充電期間をおいていきものがかりが再始動したのはお金のため?

約1年ほどの充電期間を経てから再始動したいきものがかりですが、集牧した理由はなんだったのでしょう?とあるバンドマンの方が、解散するのもお金がらみが多いけど、再始動するのもお金がらみが大半を占めるのだそうです。だとしたら、充電期間をおかずにいきものがかりとして活動していたほうが、収益につながったのかもしれません。

もしかしたら、ずっとソロで吉岡聖恵は活動されていましたが、思った以上に反響がなかったからなのかもしれません。それでもアルバムを1枚出してオリコン3位にはなっているので、実力がないわけではなく、いきものがかりの吉岡聖恵が大好きな人が多いからまた再集結しようという気持ちになったのかもしれません。

充電したいきものがかりの今後の予定は?

充電期間から再始動したいきものがかりですが、今後の予定はどうなっているのでしょうか?とくに紅白を出場したあとからのスケジュールが気になる方も多いでしょう。

来春からファンクラブ限定でライブを開催

いきものがかりは、来春からファンクラブに入っている方限定でライブを開催することが決まっています。実質、12月以降のスケジュールは明かされていないので、紅白に出場する以外は、いきものがかりの姿を見ることはできません。

しかし、ファンクラブ限定とはいえ、復帰後の姿を生で見れるのは嬉しいことではないでしょうか。テレビに出演されることは紅白以外では無いかもしれませんが、ファンにとって一番嬉しいことは、3人が再始動を始めたことでしょう。

ファンクラブ限定ライブは8年ぶり

このファンクラブ限定ライブは、8年前にも開催されており、そのたびにライブはかなり盛り上がっていたようです。ツイッターでもライブの様子が投稿されていますが、お客さんが盛り上がっているのがよくわかりますね。

また、充電期間中ずっとファンクラブで待っていてくれたファンには、3人のオリジナル曲のプレゼントをするなど、いろいろとファンのために考えられているようです。

集牧宣言にファンの声は?

さて、ここでは復帰したいきものがかりについてツイッターではどのような意見が寄せられているのか見てみることにしましょう。紅白についてもお話されている方もいます。

すでに解散されていると思われているようなネット記事に憤慨されている方もいらっしゃいますが、素直に復帰を喜んでいる方もいます。しかし、紅白といえばその年に売れた曲を歌うのが定説ですが、今いきものがかりは何を歌うのか戸惑っている方もいらっしゃいます。ソロでは活動していた吉岡聖恵ですが、いきものがかりで、といわれると選曲は難しいかもしれません。

まとめ:いきものがかりが再始動!これからの活動に期待しよう!

紅白歌合戦が内定していると噂されているいきものがかりですが、実際は発表されるまでは出場されるのかどうかはわかりません。しかし、ファンにとっては、紅白歌合戦が復帰第一弾となるため、なんとしても紅白に出場してほしいところでしょう。

いきものがかりのファンにとっては、この再始動は嬉しいニュースなので、これからは活動休止をしないで続けてほしいのではないでしょうか。紅白歌合戦で再始動して活躍していってほしいですね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-12-10 時点

新着一覧