R-1落選芸人が怒りのブチギレツイートの真相!理由は運営の不信感?

「R-1ぐらんぷり2019」の予選が行われる中、R-1落選芸人のキートンが自身のSNSで怒りをぶつけました。理由はR-1の審査に対する不満ですが、その行動が現在物議を醸し出しています。R-1落選芸人の怒りは全国のお笑いファン、そして運営側に届くのでしょうか!?

R-1落選芸人が怒りのブチギレツイートの真相!理由は運営の不信感?

目次

  1. キートン激怒!?R-1落選芸人怒りのツイートで大炎上!
  2. ピン芸人が頂点を目指す「R-1ぐらんぷり」とは?
  3. R-1落選芸人キートン怒りの理由は審査結果?
  4. キートンのSNSについては賛否両論!
  5. またもや審査批判で炎上!R-1落選芸人は怒りを笑いに変えられる!?

キートン激怒!?R-1落選芸人怒りのツイートで大炎上!

あるR-1落選芸人が「R-1ぐらんぷり2019」の審査に納得がいかないという理由で、自身のSNSで怒りをぶつけました。名前はキートン、芸歴21年大ベテランのお笑い芸人です。たくさんの芸人がふるいにかけられ落選していくR-1の予選でいったい何が起こったのでしょう。まずは、芸歴のわりに知名度がそれほど高くない落選芸人・キートンのプロフィールからご紹介します。

キートンのプロフィール

愛称:???
本名:増谷 繁樹(ますや しげき)
生年月日:1973年7月11日
現在年齢:45歳
出身地:東京都大田区
血液型:A型
身長:161㎝
体重:55㎏
活動内容:お笑い芸人
所属グループ:なし
事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
家族構成:???

「細かすぎて伝わらないモノマネ」で炎上したR-1落選芸人

R-1落選芸人キートンはフジテレビ系のバラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」の人気コーナーのひとつである「細かすぎて伝わらないモノマネ」に出演しました。フィギュアスケートの浅田真央のモノマネを披露しましたが、放送後「似ていない上に顔が気持ち悪い」とSNSが大炎上しました。

そんな批判のツイートに対し「怒るのは勝手だが、真央ちゃんではない人間が傷ついても仕方ない」「匿名でウダウダ言う奴は、ネットの世界でいばってろ」などと返しては、さらに非難を浴びていました。こういったSNSがたびたび見られ、かなり世間に毒舌キャラが浸透している芸人でもあります。

過去にはあの女芸人ともコンビを組んでいた!?

R-1落選芸人キートンは、BODY(ボディ)というコンビ名で、女性ピン芸人・椿鬼奴ともコンビを組んでいた時期があります。2005年のM-1グランプリに出場するために結成したコンビで、増谷BODY(増谷キートン)と宮崎BODY(椿鬼奴)という名で活動していました。2005年のM-1グランプリでは3回戦で敗退、2006年と2007年には準決勝で敗退しています。

R-1落選芸人の歌ネタを観てみよう!

キートンはなぜR-1落選芸人となってしまったのでしょう。それを検証するためにはまずネタを観なくては始まりません。こちらでは「歌ネタ王決定戦2013」に出場したときの歌ネタをご覧ください。関西ローカルで、全国ではあまり知られていない番組ですので、詳しい結果などは残念ながらわかりませんでした。キートンの順位を予想しながら観てみましょう!

ピン芸人が頂点を目指す「R-1ぐらんぷり」とは?

お笑いファンが毎年楽しみにしているのが「R-1ぐらんぷり」です。2002年の第1回に引き続き第2回目の放送は、関西テレビ制作のローカル番組でした。ところがお笑いファンの間で非常に好評だったため、第3回目の放送からはフジテレビ系の全国ネットとなりました。誰が一番面白いかを決める、若手芸人の登竜門とも言える大会です。

M-1グランプリとの違い

今や日本を代表するお笑い番組ともいえる「M-1グランプリ」との違いは、ピンで出場しなくてはいけないということです。普段コンビで活動している芸人が、自分自身の実力を試すためにピンで出場する芸人もいます。他にも、M-1グランプリの賞金が1000万円に対し、R-1ぐらんぷりは500万円であることや、コンビ結成から15年までといった制限がないことが大きな違いです。

3000人を超える芸人が参戦

R-1ぐらんぷりの出場者数は年々増えてきており第1回大会では351名であったのが、2018年の第16回大会では約10倍の3700人を超えるエントリーがありました。今回の大会はまだ出場人数が公表されていませんが、夢を叶えるためにこの大会に出る若手芸人は、今後もどんどん増えてくるのではないでしょうか。そのたびに多くのR-1落選芸人が悔し涙を流すことになるのです。

過去に優勝した芸人とは?

記念すべき第1回目のR-1ぐらんぷりで優勝したのは、過去の優勝者の中で唯一の女芸人と言われるだいたひかるです。当時だいたひかるはどこの事務所にも所属していませんでしたが、優勝を機に吉本興業に所属することになりました。R-1ぐらんぷりをきっかけにブレイクする芸人も多く、昨年優勝した濱田祐太郎は、視覚障害を持つ芸人として話題になりました。

R-1落選芸人キートン怒りの理由は審査結果?

ではここからは、R-1落選芸人キートンの怒りのSNSについてまとめていきます。R-1落選芸人と嘲笑されてまで、キートンが大々的に怒りを露わにした理由はなんだったのでしょう。最近は簡単にSNSで呟ける時代です。先日もM-1で敗れた芸人が審査に対しSNSで怒りをぶつけ、大炎上する事態になりました。R-1落選芸人キートンの行動に隠された真実に迫りましょう!

R-1ぐらんぷり2019の予選スタート!

昨年12月よりスタートしたR-1グランプリの予選、R-1落選芸人の怒りが爆発したのは3回戦でのことでした。1月24日に行われた3回戦でキートンは惜しくも落選、1月29日の追加発表に期待しました。ところが自分の名前がなかったことで怒りが爆発、翌日の1月30日に自身のSNSで怒りの長文を投稿しています。

3回戦でR-1落選のキートン

残念ながらR-1ぐらんぷり2019のネタは公開されていませんでしたが、R-1落選芸人といえど芸歴20年以上の大ベテランです。会場はそこそこ笑いに包まれていたそうです。2015年のネタを観てもあまり上品とは言えないネタですが、このような笑いが好きな人もいるのでしょう。

キートンが投稿した怒りのSNSがこちら!

R-1落選芸人のキートンは自分が一番ウケていたのにも関わらず準々決勝に進めなかったことに対し、怒りを露わにしました。毎年、R-1落選芸人となるたびにその怒りをツイートしていましたが、今回は140文字では収まりきらなかったようです。ルーズリーフ2枚にわたりびっしりと書かれた文字からも怒りが溢れ出しているようでした。

このSNSについて3000人以上の人がネット上で討論を繰り広げています。R-1落選芸人キートンの行動はみっともないという意見もあれば、予選会場にいたファンからは「ほんとうに面白かったのに落とされた理由は?」と同じように怒りをぶつけるファンもいました。

R-1ぐらんぷり運営に対する怒り

上でご紹介したTwitterを読んでみると、R-1落選芸人キートンの怒りは、R-1グランプリの運営側に向かっていました。つまりきちんと審査してくれない審査員を選んだ運営に問題があるという理由で腹を立てています。2000円の参加費を集め、もともと優勝者が決まっている出来レースを行っている運営に怒りと不信感を隠せないようです。運営とはつまり吉本興業のことでしょう。

キートンのSNSについては賛否両論!

R-1落選芸人の怒りのツイートに対しては賛否両論でした。こんなふうに怒りを露わにすることがみっともないとする人もいれば、これを糧に頑張ってほしいと応援している芸人仲間もいました。ここではR-1運営側に怒りを隠せないキートンを擁護する声を集めてみました。

ガリガリガリクソンが擁護

R-1落選芸人キートンの怒りについて賛同し、擁護したのは同じくピン芸人のガリガリガリクソンでした。R-1ぐらんぷり2014で同じようにR-1落選芸人となり、運営側に不信感を抱いたガリガリガリクソンは「激しく同意!」と怒りが再燃したようでした。

M-1審査員も激励

R-1落選芸人キートンのSNSに対し、落語家の立川志らくも擁護し「これを糧に頑張れ」と激励していました。立川志らくはM-1グランプリの審査員であり、歯に衣着せぬコメントで厳しい審査をすると言われています。しかし好き嫌いで判断せず客観的な審査で、信用できる審査員の一人だと言えるでしょう。

立川志らくがR-1落選芸人を擁護するツイートをしたことで、キートンの怒りの理由に納得できるという一般人も増えてきたようです。キートンに対して良い印象を持たなかった人も、徐々にキートンにを応援するような雰囲気になりつつあります。

ファンからは非難殺到

ガリガリガリクソンほか芸人仲間や立川志らくからは擁護されたR-1落選芸人ですが、やはり納得いかない!といったお笑いファンも多いようでした。ネタがどうであれ、こういう発言や行動をしてしまうと応援したくない気持ちになるようです。勢い余ってツイートしてしまったキートンは、ファンを減らす結果となってしまったのでしょう。

「審査はそんなもの」と思うのが一番!

お笑いに関して達観した人たちはR-1落選芸人の怒りに対し、「お笑いなんて、人の世なんてそんなもの」と割り切ることを勧めています。まさにその通りで、不条理な世の中にいちいち腹を立ててもしかたないのかも知れません。少し冷静になり、自分の大人げない行動を反省すべきでしょう。

またもや審査批判で炎上!R-1落選芸人は怒りを笑いに変えられる!?

R-1落選芸人・キートンの怒りのSNSについてまとめてきました。R-1ぐらんぷりの運営側に腹を立てたキートンですが、この行動が芸人人生にどう影響してくるのでしょうか。今まで知らなかったけれど、この騒ぎでキートンを知ったという人も多いようです。キートンにとっていまこそがピンチをチャンスに変えるときなのかも知れません。R-1落選芸人キートンの今後が楽しみです!

あわせて読みたい「R-1」に関する記事はこちら

Thumb盲目芸人・濱田祐太郎がR-1ぐらんぷり2018優勝!プロフィールは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb「R-1ぐらんぷり2017」アキラ100%が優勝!ネタ動画あり | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-23 時点

新着一覧