園子温監督が妻の出産直後に救急搬送!心筋梗塞疑いも命に別条なし

園子温監督はたくさんの映画作品を作ってきた映画界の大御所とも言えますが、そんな園子温監督がなんと救急搬送されてしまったのです。なぜ救急搬送されてしまったのでしょうか?気になる園子温監督の救急搬送の真相について調べてみることにしましょう。

園子温監督が妻の出産直後に救急搬送!心筋梗塞疑いも命に別条なし

目次

  1. 園子温監督プロフィール
  2. 気になる園子温監督の現在までの経歴とは?
  3. 園子温監督がなんと心筋梗塞で救急搬送!
  4. 現在の園子温監督の容態は?
  5. まとめ:救急搬送された園子温監督!命に別状はない

園子温監督プロフィール

・愛称:???
・本名:園子温
・生年月日:1961年12月18日
・現在年齢:57歳
・出身地:愛知県
・血液型:???
・身長:???
・体重:???
・活動内容:映画監督
・所属グループ:???
・事務所:SONOSION.COM
・家族構成:神楽坂恵(妻)、子供

気になる園子温監督の現在までの経歴とは?

園子温監督といえば、たくさんの映画の監督をされていて、ほとんどの映画で人間の感情を揺さぶるような作品ばかりを制作されています。そんな園子温監督はこれまでどんな生き方をされてきたのか調べてみることにしましょう。

園子温監督は詩人としてデビューしていた

園子温監督は、意外にも詩人デビューされていました。17歳頃に詩人としてデビューされており、詩を発表する場として雑誌に紹介されていました。園子温監督の名前はなんと本名なんだそうです。最初はどう読むのかわからない人も多いそうです。

園子温監督の名前は、「そのしおん」と読むのが正しいそうです。「園」の部分が名字で「子温」が名前に当たるそうです。人によっては「そのこ」「あつし」というような名前で読んでいた人もいたそうです。

大学に入学してから映画を撮影し始めた

園子温監督が映画を撮り始めたのは、大学に入ってからでした。その頃にはすでに詩を作ることは止めてしまっていたようです。初めてメガホンを取った作品は「俺は園子温だ!」という作品です。この作品は8㎜カメラを使用して制作されていたそうです。

1985年に制作された映画なので、どういった内容なのか?といったものは中々残っていないようですが、今の園子温監督の片鱗を感じさせる作品に仕上がっているそうです。

園子温監督の作品は話題を呼ぶものが多い

園子温監督がメガホンを取っている作品は、話題の呼ぶものが多くあります。とくに「冷たい熱帯魚」を撮影されたときは、実際にあった事件を元に制作されています。実際になった事件が元になっているせいで、映像で見せられる暴力的なグロシーンも満載で、見ていて気分が悪くなる人も多かったそうです。

しかし、反対にさすが園子温監督だと思わせる手法が数多く使われており、たくさんの人達から高評価も得ているのです。

「愛のむきだし」で観客から高評価をもらった

「冷たい熱帯魚」の他には、「愛のむきだし」という作品も話題になりました。満島ひかりと、AAAで活動されているニッシーこと西島隆弘が出演されています。この映画の特徴は、R-15歳指定になるような作品で、セリフの一つ一つに子供には聞かせたくない卑猥な言葉が「愛のむきだし」では使われているのです。

歌手として今でも活動されている西島隆弘が、「愛のむきだし」に初出演で初主演ということでも注目を浴びていました。「愛のむきだし」では意外に演技も評価されており、新人男優賞を受賞されています。

話題になった「愛のむきだし」とは?【作品紹介】

話題になった「愛のむきだし」は、3人の主人公がいます。その3人に共通している事柄は、親から愛されていなかったという事実があります。主人公の一人であるユウは盗撮のプロとして成長し、中盤では女装もしてしまいます。その女装した姿に自分を助けてくれたヨーコが惚れてしまいます。

この作品はなんと237分と通常の映画版よりもかなり長く制作されています。しかし、主人公たちがどうなっていくのか目が話せずに一気に観てしまう人も多かったようです。現在ではDVD発売に加えて、有料動画サイトでも視聴が可能です。DVD版には園子温監督のインタビューも載せられています。

2011年に園子温監督が妻と結婚した!

園子温監督が2011年に妻と結婚されました。相手は神楽坂恵という女性で、グラビアアイドルとしても活躍されていた女性です。

グラビアだけではなく、テレビや映画、舞台などにも出演されていて、名前を知っている人も多いかもしれません。他にはイメージDVDや写真集なども発売されています。著者には2006年に「私、グラビアアイドルやめたいんです。」が発売されていました。

妻と園子温監督の馴れ初めは?

気になるのは、園子温監督と妻の馴れ初めではないでしょうか?妻と園子温の馴れ初めは、「冷たい熱帯魚」や「恋の罪」で出演されて知り合い、仲を深めていったそうです。どちらの作品も園子温を代表する作品で、「愛のむきだし」とは少しテイストの違った作品にもなっています。

元々妻はグラビアモデルもやっていた!

「恋の罪」にも出演されていた妻ですが、元々はグラビアアイドルをやっていて、園子温監督の作品では男女の究極の愛を描いているものも多く、濡れ場シーンや、セクシーなシーンがたくさんあったりします。すでにグラビアで沢山の人に肌を見られることはそれほど抵抗がなかったようです。

現在子宝にも恵まれている

2011年に結婚されてから8年経過した現在、ようやく子宝にも恵まれて健康な子供を授かったそうです。現在は子育てに忙しくされているそうで、毎日が発見の連続だったり子供のためにいろいろとされているそうです。

園子温監督がなんと心筋梗塞で救急搬送!

幸せいっぱいの園子温監督になんと救急搬送されてしまいました!なぜ救急搬送されてしまったのか、理由を調べてみることにしましょう。

胸が苦しいと園子温監督が心筋梗塞で救急搬送された

園子温監督が倒れてしまった時は、胸がとにかく苦しくなってしまったのです。幸いにもすぐに救急搬送されたおかげでスムーズに手術にこぎつけることができました。

妻が出産直後の出来事だった

園子温監督が一番大変だったのは、なんと妻の出産直後に救急搬送された子でした。園子温監督の子供が出産されたのは、実に2月2日に出産直後で終えたばかりで、その出産直後に倒れてしまったので大変な騒ぎになってしまったようです。

園子温監督は自宅で過ごされていた時に胸に痛みを覚えて救急搬送されていましたが、その時には妻は病院から退院されていたようです。出産直後で子供の世話でいっぱいいっぱいになっているところに旦那が救急搬送されたのは、出産直後のかなりのストレスになってしまったでしょう。

救急搬送で緊急手術をした園子温監督

救急搬送から緊急手術をした園子温監督でしたが、病名は心筋梗塞と診断されたそうです。手術をしなかったり、発見が遅れていた場合は、この世から姿を消すことになっていたかもしれません。

園子温監督が救急搬送された心筋梗塞とは?

出産直後で大変なことになってしまった園子温監督ですが、心筋梗塞とはどういった病気なのでしょうか?心筋梗塞がとくになりやすいのは、あまり運動をしなくなってしまう高齢者に多い病気なのです。

心筋梗塞は、動脈が硬化してしまい、心臓へ血が送れなくなってしまうことで壊死していくのです。心筋梗塞はなってしまってから一刻も早く治療してしまわないと、死の危険もあるのです。

心筋梗塞で気をつけなければならないこととは?

心筋梗塞で気をつけなければならないことは、まずタバコやお酒が原因となることが多いようです。生活習慣で運動をしている人に比べて運動をしない人は、心筋梗塞になるリスクがかなり高くなります。常用でタバコを吸われている方は特に注意が必要と言えます。

園子温監督も愛煙家だったそうで、この救急搬送でタバコの喫煙をなるべく控えるようになるのではないでしょうか。お酒も映画の打ち上げなどでもたくさん飲む機会があるので、そういったことに気をつけていないと再発する恐れもあります。

現在の園子温監督の容態は?

さて、救急搬送されてしまった園子温監督は現在どのように過ごされているのでしょうか?気になる園子温監督の現在の容態について調べてみることにしましょう。

現在園子温監督は話せるまでに回復している

現在、園子温監督は話せるまでに回復しており、手術自体も成功しているということでそこまで深刻になるような状況では無いんだそうです。園子温監督が倒れたことで心配されている方もたくさんいらっしゃるでしょう。

退院はまだ未定

一部報道では2週間前後くらいで退院になるという報道もありますが、退院の情報は未定であって、いつ頃退院されるのかは謎になっています。

しばらく療養で体力の回復を目指す

心筋梗塞のため、しばらくは療養することを事務所側で発表されました。今まで忙しかったため、この機会にゆっくりとお休みして、また面白い映画を制作されるでしょう!

まとめ:救急搬送された園子温監督!命に別状はない

園子温監督が倒れたことがニュースになって、たくさんの俳優たちが監督の心配をするコメントを残されています。しかし、命に別状がないということで安心された方もたくさんいるのではないでしょうか。これからは少しゆっくりして療養して鋭気を養うのではないでしょうか。

個性的な映画を制作する一方で、生活習慣を見直さないと次に心筋梗塞で倒れたときには命がなくなってしまうかもしれません。まだまだ園子温監督の作品が見たい方のために長生きしてほしいですね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-18 時点

新着一覧