池江璃花子が白血病を告白!白血病で復活した芸能人・スポーツ選手を総まとめ!

才能に溢れメダルが期待されていた競泳選手・池江璃花子が白血病を告白しました。世間が不安に包まれるなか「必ず治る」と力強いコメントを残した池江璃花子についてまとめていきます。白血病を患い闘病した結果、見事に復活を遂げた芸能人やスポーツ選手もあわせてご紹介します。

池江璃花子が白血病を告白!白血病で復活した芸能人・スポーツ選手を総まとめ!

目次

  1. 競泳期待の星・池江璃花子が白血病を告白
  2. 突然の告白!池江璃花子が白血病と診断
  3. かつて「不治の病」と呼ばれた白血病に治療法は?
  4. 白血病から復活した有名人をご紹介!【芸能人・その他】
  5. 白血病から復活した有名人をご紹介!【スポーツ選手】
  6. 池江璃花子が白血病を克服する日はきっと来る!

競泳期待の星・池江璃花子が白血病を告白

先日、女子競泳選手の池江璃花子が自身のTwitterで白血病を患っていることを告白しました。幼少期から「神童」と呼ばれるほどの才能があり、小学生から記録を残し続けてきた池江璃花子は、2020年の東京オリンピックでメダルを獲ることを目標に頑張っていました。突然襲った病魔にも負けず「必ず勝つ」とコメントした18歳池江璃花子について紹介します。

池江璃花子のプロフィール

愛称:???
本名:池江璃花子
生年月日:2000年7月4日
現在年齢:18歳
出身地:東京都江戸川区
血液型:A型
身長:171㎝
体重:57㎏
活動内容:競泳選手
所属グループ:なし
事務所:ルネサンス
家族構成:父、母、姉、兄

3歳で水泳を始める

池江璃花子は水中出産で誕生し、まさに水の申し子と言われています。抜群の運動神経を持ち、1歳半でうんていや逆上がりができたそうです。3人兄妹の末っ子で、姉や兄よりも自分に注目してもらいたいという一心で、自らいろいろなことに取り組む子供時代を送っていました。

水泳は3歳の頃、姉や兄に影響を受けたことがきっかけで始めたそうです。負けず嫌いな性格で習得が早く、未就学児である5歳のときにはすでに、自由形・平泳ぎ・背泳ぎ・バタフライの4泳法で50m泳げるようになり周囲を驚かせていました。

オリンピックは小学生の頃からの夢だった池江璃花子

池江璃花子は小学生時代にもすでに「怪物」と呼ばれるほど、水泳の才能は顕著に表れていたそうです。3歳から中学1年生まで通った東京ドルフィンクラブ江戸川スイミングスクールでは、1ヵ月ごとの進級テストで何度も飛び級し、1ヵ月で4階級上がったこともあるようです。

小学校3年生で出場した「JOC春季ジュニアオリンピックカップ」ではほとんど4年生という対戦相手の中、たった一人3年生で決勝に出場し、見事に3位入賞を果たしました。2013年、6年生で出場したJOCの春の大会では優勝を飾り、50m自由形で初の全国優勝となりました。この頃から、池江璃花子の夢はオリンピックで金メダルを獲ることだと公言しています。

記録を次々と更新した中学時代

地元の公立中学に進んだ池江璃花子は、スクールを「ルネサンス亀戸」に移しました。中学1年の頃から良い記録を出し、2年生で出場した第54回全国中学校水泳競技大会の50m自由形で優勝を飾りました。そのときに池江璃花子が出した25.6秒という数字は、20年ぶりの大会記録更新となったそうです。3年生になると世界大会にも出場、数々の記録を塗り替えてきました。

高校生でリオ五輪へ

中学を卒業した池江璃花子は淑徳巣鴨高校にしましたが、青春時代を謳歌する間もなく、リオオリンピックの選考会となる第92回日本選手権に挑戦することになりました。結果、4種目と合わせてリレーなどを含む3種目の出場権を得ることができました。7種目でのオリンピックの出場は、日本競泳史上初めての快挙だそうです。

池江璃花子の泳ぎ方の特徴とは

池江璃花子の泳ぎがなぜこんなに速いのかというと、少ないストローク数にあるようです。ストロークとは水を掻く動作のことですが、これが少ないと水の抵抗をあまり受けない上に体力を残しておくこともできます。水面に軽く浮いて、まるで滑るように泳いでいるのが特徴であると専門家は分析しています。

「顔が可愛い!」と話題になった水泳選手

池江璃花子の魅力は泳ぎだけではありません。注目され始めた頃から、スタイルの良さと顔の可愛さでも評価を受けていた池江璃花子。スラリと伸びる手足に白い肌がとても美しいです。ファッションモデルと言っても過言ではない可愛さで、同世代の男女にもとても人気がありました。2010年の東京オリンピックでの池江璃花子の泳ぎを、誰もが楽しみにしていたのではないでしょうか。

突然の告白!池江璃花子が白血病と診断

東京オリンピック目前、期待されていた池江璃花子の突然の告白に多くの人が衝撃を受け、日本中にざわめきが起こりました。しかし白血病の宣告に誰よりも辛い思いをしたのが池江璃花子本人ではないでしょうか。医師からの白血病の宣告から、「必ず治る」と強い思いを込めたTwitterを投稿するまでの間、どのような気持ちで過ごしたのでしょうか。

池江璃花子が白血病を告白したTwitter

上のTwitterは2月12日の池江璃花子の投稿です。「ご報告です」と題し添付された文章には、まるで悲観的な様子はありませんでした。白血病であることがまるで他人事のように漠然としている感じで、文章から取り乱した様子も感じられず、ただ淡々と報告しています。

さらにその翌日には再びTwitterにて自分の気持ちを報告しています。テレビで流れる自分のニュースを見て、少しずつ現実を受け入れていったのでしょう。池江璃花子が白血病を告白したことで「骨髄バンクに登録した」などのメッセージが届いたそうです。たくさんの応援が池江璃花子に届き、まずは治療を頑張ると決心したのでしょう。

今年に入って続いていた体調不良

1月のオーストラリア合宿で体調不良を訴えた池江璃花子は、2月10日の帰国予定を待たずに7日、他のチームメイトより一足先に日本へ帰国しました。そして日本で検査を受けた結果、白血病と診断されたのです。実は2018年の年末に行われたアメリカ合宿の際にも体調が悪いと告げていた池江璃花子。その頃から約1ヵ月も疲れが取れないまま数か月が経過していたそうです。

療養生活を決意

白血病と診断された池江璃花子は当面大会などの出場を控え、治療に専念すると決意しました。4月には第95回日本選手権水泳競技大会に出場予定でしたが、今は病気が治ることを優先し出場を取りやめたそうです。期待されていた選手だっただけに多くの人は残念に思いましたが、池江璃花子自身は、まず治療に専念し必ず復活したいと前向きに考えているようです。

池江璃花子への応援コメント多数

白血病と闘おうとしている池江璃花子に、たくさんの応援コメントが届いているようです。幼い頃から注目されていたので、我が子のように大切に想うファンもいます。しばらく池江璃花子の泳ぎを見られないのは辛いですが、それ以上に池江璃花子に元気になってほしいと強く願っているのです。

中には復活を急ぐ心ない声も

そんななか五輪担当大臣を務める桜田義孝の失言が物議を醸しだしています。桜田孝義はある番組のインタビューで「オリンピックの盛り上がりが下火にならないか心配」「金メダル候補なのにがっかり」といった、非道なコメントを残しました。池江璃花子の命よりオリンピックが大事なのかと非難を浴びSNSが炎上しました。悲しいことに、この世には心ない人も存在するのです。

かつて「不治の病」と呼ばれた白血病に治療法は?

白血病はその昔、二度と治ることはない不治の病とされていました。ですが医学の進歩によって現在は治る病気とされています。名前はよく聞く病気ですが、白血病とはいったいどのような病気なのでしょうか。症状や治療期間などをまとめました。

白血病とは

白血病とは血液のがんです。非常にゆっくりと病気が進行するため、初期の頃は自覚症状が出ないのが特徴です。早期発見の場合はたいてい、健康診断などの数値によって見つかることが多いです。症状が進行してくると徐々に全身の倦怠感や無気力さを感じるようになります。さらに進むと貧血や出血が止まらないなどの症状も見られます。

白血病にかかる原因は放射能の被ばくやウイルス感染と言われていますが、詳しいことはまだ明らかにされていません。他のがんと比較すると発症は少ないですが、子供や、池江璃花子のように青年期にかかることが多いがんと言われています。

白血病の治療法

白血病の治療にはいくつかの方法があります。症状や進行状況によって選ぶ必要がありますが、主となる治療法は抗がん剤治療です。これは内服薬や注射で薬を体内に投薬し、体内のがん細胞を殺すという治療法です。抗がん剤には嘔吐や発熱、脱毛などの副作用があり辛いですが、最も効果的な治療とも言われています。

また代表的な治療法に骨髄移植というものがあります。これは自分の骨髄の型と全く同じ骨髄を移植するのですが、家族だからといって適合するわけではありません。骨髄バンクでもなかなか適合する型が見つからず、難しいといわれる治療法なのです。

完全に治るためにかかる期間は?

抗がん剤は長期的な治療になると思っておいた方が良いでしょう。治療開始後すぐに強い抗がん剤で一気に白血病細胞を殺します。その後、弱めの抗がん剤で少しずつ残りの白血病細胞を殺していくことで、最終的に治るとされています。その期間は約1年半から2年とかなり長期に渡ります。がん細胞を直接切除することはできないので、根気よく続けていくことが必要です。

現在は「不治の病」ではない!

かつては不治の病と呼ばれた白血病ですが、現在は治る病気です。医学の発展のおかげで術後の生存率はどんどん上昇しており、5年生存率が95%となっています。ただの風邪や腹痛のように簡単に治る病気ではありません。しかし、希望を持って根気よく続けることで、今まで通りの生活に戻れる可能性はおおいにあるのです。

白血病から復活した有名人をご紹介!【芸能人・その他】

こちらでは過去に白血病を告白し、病気と闘ってきた有名人や芸能人を紹介します。病魔に侵されながらも治ると信じ、決してあきらめず復活を遂げた芸能人にはどのような人物がいるのでしょうか。現在、輝きに満ちたあの芸能人が白血病と闘ってきたと知り驚く人もいるでしょう。

復活した芸能人①池江璃花子にエールを送る渡辺謙

現在ドラマや映画で大活躍の俳優・渡辺謙は、白血病から復活した芸能人の1人です。1989年に映画「天と地と」で主演に抜擢され撮影に参加していた渡辺謙は、撮影の途中で白血病を発症し、泣く泣く降板しました。約1年間の治療の末に見事復帰しましたが、1994年に再発しました。その後2003年には「ラストサムライ」に出演し、芸能界復帰を果たしました。

復活した芸能人➁結婚して幸せになった吉井怜

池江璃花子と同じ18歳で白血病を発症し復活した芸能人が、タレントの吉井怜です。2000年のグラビア撮影中に白血病を発症した吉井怜は、すぐに芸能界を休業し治療に専念することになりました。母親からの提供で骨髄移植した吉井怜は、2016年に俳優の山崎樹範と結婚し幸せな生活を送っています。

復活した芸能人③白血病闘病記を出版した作家・加納 朋子

小説家の加納朋子が2014年に出版した「無菌病棟より愛をこめて」は自身の闘病記です。加納朋子は2010年に白血病と診断されました。小説家である以前に妻であり母である加納朋子が、家族と普通に過ごせない苦しみや辛さを、ユーモラスに綴っています。見事復活を遂げた加納朋子は現在も、次々と名作を世に送り出しています。

白血病から復活した有名人をご紹介!【スポーツ選手】

芸能人だけではなく、池江璃花子と同じスポーツ選手の中にも白血病と闘い復活した人が数多くいます。病気が治るだけでなく体力を回復させることも必要になってくるスポーツ選手ですが、持ち前の根性で復活し活躍したスポーツ選手をご紹介します。

復活したスポーツ選手①糟谷悟(マラソン選手)

駒沢大学在学中、箱根駅伝に4年連続出場し、3度の優勝経験を持つ陸上選手・糟谷悟は29歳で白血病を発症しました。練習中の異常なまでの疲労感がきっかけで白血病が判明しましたが、治療を受け10ヵ月後には練習に復帰しました。糟谷悟はがん保険「アフラック」のCMでもおなじみのスポーツ選手です。

復活したスポーツ選手➁早川史哉(サッカー選手)

サッカーJ1・アルビレックス新潟に所属する早川史哉も、白血病から復活したスポーツ選手の1人です。2016年、アルビレックス新潟に加入し活躍し始めた矢先の診断でした。同年4月に治療を始め2017年には骨髄移植をしています。2018年8月にチームに戻ることができ、現在も再び活躍できるようにトレーニングを積み重ねているそうです。

復活したスポーツ選手③岩下修一(元プロ野球選手)

現在、日本ハムの打撃投手を務める岩下修一も、現役選手時代に白血病と闘っていました。2001年オリックスに入団し2年目の7月に白血病だと発表されましたが、4ヵ月間の投薬治療と比較的闘病生活は短く、翌年2002年の開幕戦には見事に復帰を果たしました。

復活したスポーツ選手④カリーム・アブドゥル・ジャバー(元バスケットボール選手)

アメリカの元バスケットボールプレーヤーであるカリーム・アブドゥル・ジャバーも白血病を克服した有名人の1人です。バスケットは引退しているものの、1970年代から80年代にかけて20年間、第一線で活躍してきた選手でした。2008年に発症し現在病気は快方に向かっているそうですが、引退後どのように過ごしているかは定かではありません。

池江璃花子が白血病を克服する日はきっと来る!

白血病を告白した池江璃花子についてまとめました。将来を期待されていた18歳の競泳選手にとってはとても辛い真実だったのではないでしょうか。ですが、昔と違って白血病は治る病気と言われています。治療期間は人それぞれですが、根気よく続ければ必ず希望が見えてくるものです。

実際に白血病に打ち勝って、見事に復活を遂げた芸能人やスポーツ選手はたくさんいます。強い意志を持った池江璃花子もきっとそのうちの1人になるでしょう。まだ18歳の池江璃花子には、これからいくらでもチャンスはあります。しっかり病気を治してから、いつかまたオリンピックという大舞台に返り咲くことを心待ちにしましょう!

あわせて読みたい「池江璃花子」の記事はこちら!

Thumb池江璃花子の水着画像まとめ!水泳代表のハイレグがかわいい! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb池江璃花子(競泳)がかわいいと話題に!進学した高校は?【水着画像あり】 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-03-20 時点

新着一覧