リア・ディゾンが芸能活動休止して大学生になっていた!理由はおバカを直すため!

モデルでグラビア界の黒船とも呼ばれていたリア・ディゾンが、今現在芸能活動を休止し、大学生になっていたという話題が飛び込んできました。リア・ディゾンが大学生になったその理由について、今現在の画像などを交えながらまとめていきます。

リア・ディゾンが芸能活動休止して大学生になっていた!理由はおバカを直すため!

目次

  1. リア・ディゾンのプロフィール
  2. 黒船と呼ばれたリア・ディゾンの経歴
  3. 大学へ通っている理由はおバカを直すため!?
  4. 今現在のリア・ディゾンの画像
  5. 今現在のリア・ディゾンは大学生になっていた!

リア・ディゾンのプロフィール

グラビア界の黒船と呼ばれたリア・ディゾン

愛称:リア(Leah)、リー(Lee)
本名:リア・ドナ・ディゾン(Leah Donna Dizon)
生年月日:1986年9月24日
現在年齢:32歳
出身地:アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガス
血液型:???
身長:167㎝
体重:52Kg
活動内容:外国人タレント、歌手、レースクイーン、グラマーモデル(米国在住時)
所属グループ:???
事務所:???
家族構成:娘

今では懐かしい「グラビア界の黒船」と呼ばれたリア・ディゾンですが、一時期日本でかなりの話題と人気を呼んだのもつかの間、できちゃった結婚をしてその後出産と離婚を経て出身国であるアメリカに戻ってしまっていました。今になって、リア・ディゾンの話題が挙がってきた理由は、リア・ディゾンが今現在大学生になっており、もう少しで卒業だという情報が入ったためです。

リア・ディゾンが、上検索エンジンのGoogleなどで200万ヒットとなったあの時代から、今まで息をひそめていたような活動のリア・ディゾンですが、動画サイトなどでの投稿はしていたようで、そこから大学生であるという事実が分かったようです。リア・ディゾンが大学生となったその理由はおバカだったからとも言われていますがその理由についてまとめていきます。

リア・ディゾンの人物像

リア・ディゾンが大学生になった気になる理由の前に、まずはリア・ディゾンがどんな人物なのかについても知っていきましょう。リア・ディゾンは、中国系のフィリピン人の父とフランス系のアメリカ人の母の間に生まれたハーフで、6人兄弟の次女でもあります。父は牧師で母はカジノディーラーだったようです。リア・ディゾンは、次女にあたり上に兄が2人と姉、弟が2人います。

元々日本語の勉強はしていなかったリア・ディゾンですが、来日していた間には、英語のローマ字と日本語の混ざった文章をブログで公開していたりと日本語の勉強をしている姿も記憶に残っている人も多いかもしれません。リア・ディゾンの特技は歌うことで、歌手デビューも果たしており、歌手の肩書が付いた後は、ギャラが発生しない場所では歌わないなどポリシーもありました。

その他にもダンスやテニス、バドミントンも得意で、買い物が好きだったり、絵を描くことも好きなようです。そしてキムチやチョコレート、フォーなどアジア系の料理が好きと公表しています。日本食では天ぷらそばとうな重が好きなようで、苦手な食べ物はラーメンと当時語っていました。リア・ディゾンの性格は、内向的なようで知らない人だけの前だと奥してしまうようです。

リア・ディゾンはすでに日本から離れ、ニューヨークで子育てしながら生活しているため、古い情報もあるかもしれませんが、当時の休日の内容は、自宅でDVDを見たり、作曲や読書、ピラティスやゲームをしたりなど、インドアな様子でしたが今もそこまで変わらないかもしれません。大学生であると注目された今後、今現在の情報ももっと入ってくることが期待されます。

黒船と呼ばれたリア・ディゾンの経歴

芸能活動も大注目されていたリア・ディゾン

ここではリア・ディゾンの経歴について少し見ていきましょう。リア・ディゾンは、自信のウェブサイトで画像を後悔したことにより注目され始めましたが、中学時代はチアリーディングをしたり、ギターを弾いたりしていたようです。その後ダンスへの興味が大きくなり、高校へと入学しますが、内向的な性格の影響もあり、私立に入学した後に公立高校へ転入しています。

高校卒業後は資金的な面を考慮して大学へ進むことは断念し、ショービジネス界での活躍や大学進学も目指すという意味でラスベガスからロサンゼルスへと住居を変えています。そこでの生計は、ポールダンサーやランジェリーのカタログモデル、グラビアからレースクイーン、レンタルビデオの販売員や郵便局のアルバイトなど、多岐に渡り、自信の有料サイト運営もしていました。

アメリカでの認知が増えてきた頃には、雑誌掲載などで嫌な思いをすることもあり、その頃に自分の有料のウェブサイトを作成したというリア・ディゾンですが、元々日本のアニメが好きだったこともあり、また父親がアジア系だったこともあって高校時代は日本語を選択していたようです。そして、セーラー服とルーズソックスの画像を公開したことにより一気に広まることになります。

日本での芸能活動と結婚・出産・離婚

2006年からは日本での芸能活動も始まり、当初はすぐ帰れるだろうと思っていたリア・ディゾンは、なんと200ドルしか持参していなかったようです。結果4年ちょっとの滞在となりましたが、その間にスタイリストのBunト2008年に結婚し、その後2009年の4月には出産し一女の母となっています。今現在は離婚し、リア・ディゾンが親権を持ち、ニューヨークで暮らしています。

その後のリア・ディゾンは、2011年にはニューヨークにある演劇学校に通っているとあり、その後2012年にその演劇学校を卒業し、芸能活動の再開が報告されていました。日本へは2013年に再来日をしていましたが、その他の活動は目立ってでてきていませんでした。最近では動画でのファンとのやり取りなどをメインにしているようですが、ブログから大学生の話題が出たようです。

Thumbリア・ディゾンの今現在の画像を発見!週プレの表紙に!結婚・離婚騒動まとめ | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

大学へ通っている理由はおバカを直すため!?

もう少しで大学生卒業のリア・ディゾン

ここでは、リア・ディゾンがなぜ大学生になったのかという理由と、今現在の状況についてまとめていきます。リア・ディゾンが大学生の日常についてや今現在芸能活動を休止して大学生を送っていることを明かしたのは、27日のリア・ディゾンのオフィシャルブログでの事でした。残りの大学生生活も残り3カ月とブログに記してありました。

元々、おバカキャラでは無かったリア・ディゾンですが、なにか自身がおバカだと感じさせられる出来事があったのかどうかは分かっていません。それでも、子育てをしながら自身も大学に通い大学生として勉学に励む姿は、子供にも良い影響を与えているのではないでしょうか。おバカと自覚した経緯についても知りたいところではありますが、今後語ってくれるかもしれません。

おバカと自覚した理由が気になるリア・ディゾン

最近、勉強ばかりですTo give away。頑張っておバカを直すためにここ何年間芸能活動をお休みしていました。

かなりしばらくぶりの、5か月ぶりに更新されたというリア・ディゾンのブログには、上のように書いてあったのですが、おバカを直すために芸能活動を休んでいたことや、おバカを直すために頑張って大学生になっていたということが書かれていました。また、同じクラスの男子に存在が分かっていたことや、笑われたことがあることも明かしています。

大学生活も残りわずかというリア・ディゾンですが、周りは一回り近く年下の大学生ばかりと言います。その中で過ごしてきた時間は一体どんなものだったのか気になるところも多いでしょう。久しぶりにブログが更新されたこともあり、ここからその詳細もわかってくるかもしれません。また、大学卒業後には芸能活動の再開もあるでしょうから楽しみに待ちましょう。

今現在のリア・ディゾンの画像

美しく年を重ねているリア・ディゾンの画像

ここでは、今現在のリア・ディゾンの外見がどうなっているのについてみていきましょう。ここ数年や、アメリカに帰国してしまってからはそこまでメディアでの露出は少ないリア・ディゾンですので、ずっとリア・ディゾンのファンで、その動向を追っている人にしか、最近の様子などは分かりにくいものです。美少女から美女へと変貌を遂げた現在の画像はこちらです。

いくつかの画像を見てもわかるように、確かに年はそれなりに重ねていますが、全盛期が20歳前後だったことを考えると、そこから現在のリア・ディゾンは32歳ということなので、そこまで変わっていないのではないでしょうか。綺麗な顔立ちはそのままだということが分かります。

また、すっぴんの画像も後悔しているようで、その美しさは変わらずです。また、アイメイクを強調するようなものが多かったリア・ディゾンですが、すっぴん画像も、やはり素顔が美しい人物だということが分かるものになっています。今現在のリア・ディゾンは、変わらずに美しいまま大学生になっていたということが分かるのではないでしょうか。

今現在のリア・ディゾンは大学生になっていた!

ここまでリア・ディゾンの大学生である今現在についてまとめてきました。大学生になった理由についてはおバカを直すため、と本人が書いていましたが、そこまでおバカなキャラでは無かったリア・ディゾンの真相が気になるところです。また、大学進学を一時諦めていたリア・ディゾンですので、今それを叶えていたのかもしれません。今後の芸能活動も注目して行きましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-26 時点

新着一覧