ロック歌手・内田裕也さん死去。樹木希林さんから約半年!

ロック歌手の内田裕也さんが、昨年亡くなった妻である樹木希林さんの後追うように死去したというニュースが飛び込んできました。ここ数年は車いす生活だったというい内田裕也さんにですが、その行き様と死去した死因は一体何だったのかについてまとめていきます。

ロック歌手・内田裕也さん死去。樹木希林さんから約半年!

目次

  1. 内田裕也さんのプロフィール
  2. 内田裕也さんの経歴
  3. 樹木希林さんの死去から半年で内田裕也も死去
  4. 車いす生活だった内田裕也さんの死因は?
  5. 内田裕也さんの死去についてのファンの声
  6. ロック界の大御所内田裕也さんの冥福を祈ろう

内田裕也さんのプロフィール

ロック界の大御所内田裕也

愛称:???
本名:内田雄也(うちだゆうや)
生年月日:1939年11月17日(2019年3月17日死去)
現在年齢:79歳没
出身地:兵庫県西宮市
血液型:B型
身長:174㎝
体重:???
活動内容:ミュージシャン、俳優、音楽プロデューサー、脚本家、映画監督
所属グループ:???
事務所:???
家族構成:樹木希林(妻)、内田也哉子(娘)、本木雅弘(娘婿)、UTA(孫)、内田伽羅(孫)

ロケンロールが口癖でロック界を引っ張り導いてきたミュージシャンでありロック歌手の内田裕也さんが死去されました。半年ほど前に妻だった樹木希林さんが、内田裕也さんから先だって死去され、まるで樹木希林さんの後を追うように死去しました。別居して長かった内田裕也さんと樹木希林さん夫婦でしたが、話題に上がるたびに家族にしか分からない深い繋がりを感じさせていました。

何かとお騒がせな内田裕也さんでしたが、それでもロック魂は変わることなく持ち続け、若い世代にも本当のロックとは何か、ということをその内田裕也という人物の生き様を見せながら伝えてきた人物だとも言えるのではないでしょうか。ここでは、内田裕也さんの死去された死因についてや、人生の後半が車椅子生活だったというその理由などについてまとめていきます。

様々な顔を持つ内田裕也の人物像

ここではまず最初にロック歌手の内田裕也さんについて、その人物像を少し見ていきましょう。ロックの大御所であり、伝説・歴史とも言える内田裕也さんですが、実はヒットと呼べるような代表作は無かったといい、自虐ネタにしていたほどでした。それでも、ロックを愛する日本人の中では、内田裕也さんの存在は伝説であり、髪にも近かったと言えるでしょう。

テレビでの行動や、マスコミにスクープされる内容などを見ると、かなり破天荒な人物と思える内田裕也さんですが、それもロックに通じ、ロックを表現するためのものだったのではないか受け取れる行動が多いようです。東日本大震災でも自ら炊き出しに行ったり、ロックにちなみ690個のバナナやミカンを配ったというエピソードもあります。真実は家族だけが知るものですが憎めない人でした。

樹木希林さんとの離婚騒動や、長い別居生活などもありますが、それでも家族全員で雑誌の表紙に写るなどしたり、かなり絵亜大となったCMと言えば、妻である樹木希林さんとの共演のリクルート社の「ゼクシィGet Old with Me」という作品ではないでしょうか。樹木希林さんも内田裕也さんのメディアには見せない部分を知っていたからこそ長く夫婦でいたのではないでしょうか。

Thumb樹木希林の娘・内田也哉子の魅力は?内田裕也もメロメロの孫など家族構成 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

内田裕也さんの経歴

ここでは内田裕也さんの死去や死因の前に、その経歴を簡単に見ていきましょう。兵庫県で生まれ、大阪府堺市で育った内田裕也さんは、堺市立大美野小学校から堺市立三国丘中学校入学しました。中学時代は何度も転入をしているのですが、その後大阪府立旭高等学校に入学しています。世間を騒がせる今の印象とは裏腹に、学生時代は発明に没頭したり、真面目で勉強熱心でした。

中学時代に生徒会で副会長を務め、ラグビー部に所属しており、高校では野球部に所属していたのですが、その頃にエルヴィス・プレスリーの存在を知り、憧れたことで学校をドロップアウトして、別の高校に転校しています。そして、1957年、高校卒業後の18歳の時に日本大学法学部の夜学に進学しますが中退しています。そして内田裕也さんはバンド簿位として音楽生活を開始して行きます。

その後、佐川ミツオ(現・満男)さんとロカビリーバンドのブルー・キャップスを結成し、1958年の19歳の時に内田裕也さんがバンドマスターであるブルージーン・バップスを結成します。その後、翌年の20歳の時に渡辺プロダクションに所属し日劇ウエスタンカーニバルでデビューします。そして、バンドプロデュースなどを経て1970年後半からは役者としてもその才能を発揮します。

また、映画『コミック雑誌なんかいらない!』や『エロティックな関係』などで脚本を書いたりもしました。ここ最近では2014年に指原莉乃とのコラボ・デュエットとしてエイベックスから「シェキナベイベー」を発売し、29年ぶりにCDの発売となったのも記憶に新しいかもしれません。その後晩年は2017年に脱水症状を起こしたり、骨折などもあり車いす生活だったようです。

Thumb内田裕也の昔の伝説がヤバい!ハワイに2017年は行った?昔の画像まとめ | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

樹木希林さんの死去から半年で内田裕也も死去

ここからは内田裕也さんの死去されたその経緯についても見ていきましょう。内田裕也さんの死去された時の年齢は79歳ということでしたが、その死因にも影響があるのではないか、と言われているのが先に死去した樹木希林さんの死です。芸能人ということで一般と比べることは無意味ですが、2人の関係性は特殊で、だからこそお互いに存在も特殊で張り合いもあったのではないでしょうか。

表には見えない内田裕也さんと樹木希林さんの繋がり

内田裕也さんが結婚したのは1973年のことで34歳の時でした。まだ樹木希林さんが悠木千帆(ゆうきちほ)という名前を名乗っていた頃のことです。ロックに転向し始めていた内田裕也さんの、少し変わった激しさも若さもありかなり話題となった2人の画像も有名です。お互いが表現者として刺激し合ったからこそ、晩年も離れていても見えない力で繋がっていたと言えるでしょう。

「彼にはひとかけらの純なものがあるから」「一生頭が上がらない」

2人の娘である内田也哉子さんにだけ語られていたエピソードにもあるのですが、樹木さんは内田裕也さんの事を、上のように、ひとかけらだけれど、純粋なものを持っている人といい、内田裕也さんは樹木希林さんのことを、頭があがらない人と語っていたようです。一生、という部分にも、夫婦2人にしか分からない色々なやり取りが込められていると感じられるでしょう。

時代を切り開いてきた 業界の先駆者を失くしたという事においても非常に残念ですが、岳父として、常に紳士的に接してくれた事に、ただただ感謝しかありません。本木雅弘

また、2人の娘である内田也哉子さんと結婚した本木雅弘さんは、上のようなコメントを発表しています。極一部ではありますが、テレビの画面の中だけの内田裕也さんではなく、家族としての義父としての内田裕也さんを見ていたのが分かります。娘婿への対応なども紳士的だったという内田裕也さんですので、自分の見せ方は家族の前では違ったのではないでしょうか。

車いす生活だった内田裕也さんの死因は?

内田裕也、2019年3月17日、5時33分、肺炎のため、永眠いたしました。この数年、闘病の日々でした。それでもユーモア、ウイットを忘れず、時には世の中を憂い、怒り、常に自分の出来る事を模索しておりました。

ここでは、内田裕也さんの死因についてまとめていきます。所属事務所は上のようなコメントを発表しています。内田裕也さんは2019年の3月17日に東京都内の病院で死去されたということですが、その死因は何だったのでしょうか。その前に分かっているのが、2016年にはロンドンに滞在中の浴室で倒れ尾てい骨を骨折し、2017年には脱水症状を起こして緊急入院していたということです。

その後のこの2年においては、2017年の夏にまたもや転倒し右足甲を骨折し、その辺りから車いすでの行動を余儀なくされていたようです。すでに70歳後半になっていますので、車いすも当たり前とも考えられますが、身長の高い内田裕也さんだからこそ、足の長さもあり、転倒しやすかったのかもしれません。

身長が高い人だからこそ、歩く時の重心などは年齢を重ねていくと難しくなっていくこと、そして、度重なる骨折などで体力も落ちていたことで、車いす生活となっていたと予想もできます。晩年の家bんと出演なども、車いすで登場し、歌唱する時だけ、気力を振り絞って立ちあがっていたという声もありました。

そして、車いすということで、あまり自由に動くことも難しくなっていたところに肺炎にかかってしまったということが死因のようです。寝たきりで肺炎だと呼吸もしにくく辛いこともあっての死因だったのかもしれません。内田裕也の死因は肺炎ということでした。

内田裕也さんの死去についてのファンの声

ここでは、内田裕也さんの死去のニュースを聞いてのファンの声や世間の声などをまとめていきましょう。内田裕也さんは、ロックが好きな人ならばとても重要な人物であり、またロックに興味がない人でも、樹木希林さんやその家族の話題に関連して登場する人物なので、かなり注目されている人でした。かなりインパクトが強い人でもあった内田裕也さんの与える印象は強いものでした。

内田裕也さんの死去についてのコメント

妻だった樹木希林さんの死去の際も、いつもとは違った内田裕也さんの姿を見せていた印象もあり、なんだかんだいって夫婦というものは離れていてもここまで続いてきた関係の中では、世間から見たら分からない深い思いがあるのも感じた人もいるでしょう。だからこそ、内田裕也さんは妻の死を乗り越えてまだまだ長生きすると思われており、その死去に驚いた人が多くいました。

ロック界の大御所内田裕也さんの冥福を祈ろう

ここまで、ロック歌手でロック界を牽引してきた内田裕也さんの死去と、その死因についてまとめてきました。ロックという行き様を見せるために、樹木希林さんや家族にしか見せない一面もあった内田裕也さんでしたが、色々あったと思える妻の後まるで追いかけるように亡くなり、その死因は肺炎でした。亡くなっても語り継がれるロックの真髄を思いながら冥福を祈りましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-07-22 時点

新着一覧