イチローが現役引退を正式表明!会見では「後悔などあろうはずがない」

日本を代表し世界で活躍したメジャーリーガー・イチローが現役引退を表明しました。日本ではオリックス、メジャーでは主にマリナーズに所属し、長い選手生活の中で日米のファンに非常に愛されたイチローのプロフィール、そして現役引退会見の様子をご紹介します。

イチローが現役引退を正式表明!会見では「後悔などあろうはずがない」

目次

  1. 野球界のレジェンド・イチローが現役引退!
  2. 現役引退するイチローのオリックス時代の活躍
  3. メジャーリーガー・イチローのマリナーズでの活躍
  4. イチローが引退会見で見せた笑顔の意味
  5. 現役引退を決めたイチローの今後を応援しよう!

野球界のレジェンド・イチローが現役引退!

日本のNPBで9年、アメリカのMLBで19年間プレーし、日米のスーパースターだったイチローがついに現役引退を表明しました。3月21日東京ドームで行われた「2019MGM・MLB開幕戦」では、イチローの武器ともいえる強肩を見せ観客を大いに沸かせませしたが、その日がイチロー現役最後の日となりました。では、マリナーズで活躍したイチローのプロフィールをご紹介します。

イチローのプロフィール

愛称:イチ
本名:鈴木一朗
生年月日:1973年10月22日
現在年齢:45歳
出身地:愛知県西春日井郡豊山町
血液型:B型
身長:180㎝
体重:79㎏
活動内容:プロ野球選手
所属グループ:シアトル・マリナーズ
事務所:???
家族構成:嫁(福島弓子/元アナウンサー)

父と子の二人三脚で夢に向かった少年時代

小学生で野球に興味を持ち、地元のチームではエースで4番を担っていたイチローの礎を築いたのは、チチローことイチローの父・宣之でした。イチローは3年生の頃から放課後に毎日父と野球の練習をし、さらに近くのバッティングセンターに毎日のように通っていたそうです。その頃からイチローは100キロの球を打ち返し、地元では有名な少年でした。

高校三年間の通算打率は5割

中学の時に推薦を受け愛工大名電に入学したイチローは、地元ではかなり有名な選手でした。野球の強豪校であるにも関わらず1年生からレギュラーを獲得し、常に打順は1番から3番の上位に並んでいました。甲子園は2年生の春と3年生の夏、2回経験しましたが、どちらも初戦敗退で終わっています。

しかし個人成績は極めて優秀で、高校3年間での地方大会の通算打率は5割を超えていたそうです。特に3年生での打率は7割超えと、並外れた成績を残しています。中学では投手であり、高校でも投手として活躍していましたが、交通事故により途中から野手に転向しています。

ドラフト4位でオリックスに入団

今でこそ日米間で一流選手と言われるイチローですが、高校卒業時はまだ体の線が細く特に印象に残る選手ではなかったようです。父子共に希望していた地元・中日ドラゴンズからはドラフト5位で指名を受けましたが、先に4位指名したオリックスに入団することが決まりました。

当時中日ドラゴンズのスカウトマンをしていた池田英俊は、のちに日米のヒーローとなるイチローを取り逃がしたことを大いに悔やみ反省したそうです。イチローは自分の才能を見出し獲得してくれたオリックスの三輪田勝利に対し、非常に感謝しているそうです。

イチローの華麗なプレーをチェック!

打撃に定評があるイチローですが、売りはバッティングだけでありません。俊足を活かした守備範囲の広さと、強肩を活かした「レーザービーム」と呼ばれる送球で、観る人に感動を与えます。現役引退間近でも衰えることのなかったイチローの華麗なグラブさばきを見てみましょう!

現役引退するイチローのオリックス時代の活躍

1992年にオリックスに入団したイチローでしたが、すぐに一軍に登録されるわけではありませんでした。ストイックで真面目、自分の考えを貫き通す姿勢がときに頑固者と捉えられ、球団と意見が合わないこともあったようです。一軍と二軍を行ったり来たりしながらも、徐々に自分の位置を確立していったイチローのオリックス時代を振り返ってみましょう。

賞金100万円を寄付

一軍定着には少し時間がかかったイチローですが、二軍にいても話題は尽きませんでした。1992年に行われたジュニアオールスター(二軍のためのオールスター)では、代打で出場しホームランを打ち決勝点を取りました。それによってMVPに選ばれたイチローは獲得した賞金100万円を、神戸の養護施設に全額寄付したそうです。

「振り子打法」の完成

オリックスの一軍打撃コーチは華奢なイチローに、大きな当たりは狙わず足で出塁するように指導しました。ところが、イチローはそれを拒否して二軍落ちすることもありました。イチローの強い希望を汲み取った二軍打撃コーチの河村健一郎は、イチローと二人三脚で「振り子打法」を完成させました。この振り子打法は後のイチローの活躍に大いに影響を与えることになりました。

登録名変更とともに一軍昇格したイチロー

1994年に登録名を本名「鈴木一朗」から「イチロー」に変え、オリックスの監督に仰木彬が就任するとイチローが一軍に出場する回数が増えました。そして一軍の打撃コーチにも振り子打法が理解されはじめると、レギュラーとして定着するようになりました。

1995年、阪神淡路大震災で被災した神戸にエールを送るがごとくシーズンに力を入れたイチローは、その年、首位打者・打点王・盗塁王・最多安打・最高出塁率で5冠王を獲得するといった大活躍を見せました。さらに翌年の8月には月間48安打という快挙を成し遂げています。この頃から名字のない登録名が選手の間で流行したようです。

オリックス時代の成績

オリックスでは入団3年目から5年連続で一軍フル出場を果たしています。さらに7年連続で打率3割越え、長打率に関しては5割を越える成績を残しています。小柄な体で遠くまで打球を飛ばすための「振り子打法」の完成によって、イチローは素晴らしい成績を残せるようになりました。1999年、757試合目に放った通算1000本目の安打は、プロ野球史上最速と言われています。

メジャーリーガー・イチローのマリナーズでの活躍

2000年好調期のなか、イチローはアメリカのシアトル・マリナーズに移籍することになりました。3年契約で1400万ドルという巨額の契約金で移籍したイチローですが、当初はマリナーズ側にもそれほど期待されている選手ではなかったそうです。にも関わらず最後は日米のファンに惜しまれたイチローは、マリナーズでどのような活躍をみせたのでしょう。

ポスティングシステムによるメジャー移籍

イチローは2000年、ポスティングシステムによってマリナーズと契約を結びました。オリックスへの譲渡金は1300万ドルと言われていますが、当時マリナーズの監督ルー・ピネラはイチローが活躍することは期待していなかったそうです。日本人で初めて野手としてメジャーに移籍したイチローは、地元のファンには歓迎されておらず、多くの批判があったようです。

いまや野球少年の憧れの存在に

そんなイチローが今では日米の野球少年の憧れの存在となりました。現在ミルウォーキーブルワーズに所属するクリスチャン・イエリッチは9歳の時にマリナーズのイチローを見たそうです。そこからはイチローを目標として野球に励み現在に至ります。イチローとともにマーリンズにいた時期もあり、その頃のことを「夢が叶った瞬間」とコメントしています。

4367安打の快挙を成し遂げたイチロー

現役引退を表明したイチローの日米通算安打は4367安打となり、この記録はギネス世界記録に認定されました。このほかにも、2004年にはシーズン最多安打の262本を叩きだしたり、ゴールドグラブ賞を10回獲得するなど多数の記録を持つとともに、多くの人の記憶に残る選手となりました。

イチローが引退会見で見せた笑顔の意味

引退を表明したイチローは、東京ドームで行われた最後の試合後に会見を開きました。1時間以上にも及ぶ会見でも足りないくらい長い歴史を持つイチローの野球人生ですが、引退表明するイチローは落ち着いていて、ときおり笑顔を見せるほどでした。イチローの笑顔の意味とはいったいなんだったのでしょう。

イチロー引退表明の理由

会見では様々な質問が飛び出す中、イチローはひとつずつ丁寧に回答しており、ときどき笑いが起こるほど和やかなムードでした。イチローが引退表明した理由は、やはり思うような結果が残せなくなったことでした。50歳まで現役でプレーすることを希望していましたが、残念ながら叶わなかったようです。

現役引退に後悔はしていない様子

会見でイチローが見せた笑顔。そこに隠されていたのは引退することに一切後悔がないという清々しさだったのでしょう。引退を決意したことを後悔しているかと尋ねられると「後悔などあるはずがない」と堂々と言い切ったイチローの28年間のプロ野球人生は、きっと素晴らしいものだったに違いありません。

日米ファンに感謝を述べたイチロー

プロ野球選手として、ファンが喜んでくれることが一番の喜びだと語っていたイチローは、会見が始まると同時にまず、今まで応援してきたファンに対し感謝の気持ちを伝えました。イチローのエネルギー源は常にファンの存在だったそうです。イチローを応援することで元気をもらっていたのは、ファンだけではなかったのです。

イチローの現役引退にファンの反応は?

28年間という長い年月、イチローをひたすら応援してきたファンも多かったようです。真面目さゆえに孤独にも見えるイチローですが、人に媚びずただ自分の野球を貫いた姿勢を称賛する声が多数挙がっています。イチローは日本の野球ファンだけではなく、多くの人に感動を与えてくれる選手でした。

現役引退を決めたイチローの今後を応援しよう!

数々の記録を作り、28年間の選手生活を終えた伝説のメジャーリーガー・イチローの現役引退についてまとめました。会見でもコメントしていたように、まだ今後のことについてはきちんと決定していないようです。ですが、これからもきっと野球に関わりながら、さらに多くの人に希望を与えるレジェンドになるのではないでしょうか。今後もイチローから目が離せません!

あわせて読みたい「イチロー」の記事はこちら

Thumbイチローの名言・格言まとめ!努力の天才が教える失敗の積み重ねとは | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbイチローのスキャンダルまとめ!人妻との不倫の噂や葉月里緒奈まで! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbイチローの引退はいつに?現役にこだわりを持つその理由とは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-21 時点

新着一覧