小出義雄が指導者引退!Qちゃんら金メダリストを育てた監督の現在は?

高橋尚子の監督としても有名だった小出義雄監督が指導者引退を発表し話題となっています。小出義雄は監督として日本のマラソン界を牽引してきたとも言える人物ですが、指導者引退をしたという理由と今現在について調査しまとめていきます。

小出義雄が指導者引退!Qちゃんら金メダリストを育てた監督の現在は?

目次

  1. 小出義雄監督のプロフィール
  2. 指導者引退した小出義雄監督の経歴
  3. 高橋尚子の監督として有名だった小出義雄監督
  4. 小出義雄の監督引退の理由は?
  5. 今までの小出義雄の貢献を讃えよう!

小出義雄監督のプロフィール

指導者引退を発表した小出義雄とは?

愛称:???
本名:小出義雄(こいでよしお)
生年月日:1939年4月15日
現在年齢:79歳
出身地:千葉県佐倉市
血液型:???
身長:???
体重:???
活動内容:マラソン・中長距離選手の指導者
所属グループ:佐倉アスリートクラブ
事務所:???
家族構成:妻、娘3人(うち1人は小出正子(娘、現・高橋)、高橋健一(甥)

大きなサングラスがチャームポイントでもあったマラソンの監督の小出義雄が指導者を引退したことを発表し話題になっています。小出義雄監督と言えば、数々のマラソン選手を世に送り出してきた人物としても有名ですが、とりわけ話題になっていたのが高橋尚子ではないでしょうか。また高橋尚子以前でも、有森裕子も小出義雄が育てた有名なランナーでした。

小出義雄監督については、なんと監督や指導者としての年数は54年にも及んだということです。何故今回2019年3月末で指導者引退をしたのか、その理由についてもまとめていきます。また、今までの小出義雄が携わってきた陸上やマラソン選手についてもその経歴の所でまとめていきます。果たして高橋尚子は、小出義雄の指導者引退についてコメントしたのでしょうか?

小出義雄監督の人物像

指導者引退の理由が気になる小出義雄ですが、その指導はそれぞれの選手に合わせたものということは、とても有名なことかもしれません。小出義雄と言えばQちゃんの愛称で親しまれている高橋尚子と言えますが、高橋尚子については、一度だけ叱ったことがあり、その際にかなり落ち込んでしまったため、ほめて伸ばすという方法に切り替えたというエピソードがあります。

また、小出義雄が発してきた言葉は、著書にもなっていますが、陸上やマラソンをしている人だけでなく一般の人が生きる上での指標にもなっているようで、人生を生きやすくしてくれると人気です。そして、小出義雄と言えば、そのキャラクターも話題ですが、お酒を飲んで喜びを表してしまう部分は、人間味が溢れ、監督という怖いイメージを覆す愛嬌あるキャラクターでもありました。

平成という時代が終わる今まで、昭和から平成をかけ抜けたマラソン指導者引退は、多くの人に影響を与え、そして惜しまれる声が多くあります。小出義雄が自身で立ち上げている佐倉アスリート倶楽部(SAC)の存続はどうなるのか、また、現在79歳となっている小出義雄の今現在についてもまとめていきますので、指導者引退の理由と合わせてみていきましょう。

指導者引退した小出義雄監督の経歴

農業から教員へ!そして監督へとなった小出義雄

ここでは、小出義雄監督の経歴について少しまとめていきます。小出義雄は、元々農家の生まれということもあり、千葉県立山武農業高等学校を卒業ののちは、実家の農業をしていました。そんな中、陸上や走ることへの思いが募るばかりだった小出義雄は、なんとか行から逃げ出してしまいます。そして22歳の時に苦労しながら順天堂大学に入学しています。

そして、あの有名な箱根駅伝には3年連続で出場を果たしており、数々の区間賞を受賞しています。大学卒業後の小出義雄は、教員として地方公務員となり、千葉県立長生高等学校、千葉県立佐倉高等学校、船橋市立船橋高等学校で鈴木秀夫、渡辺重治、仲村明、河合美香の指導をしたということです。そして1986年の47歳の時に第37回の高校駅伝で市立船橋高校を優勝に導きました。

教職を辞して監督の道へ!

その後小出義雄は1988年49歳の時に、それまでの教員職を辞めてリクルート・ランニングクラブの監督に就任しています。そこでの確執などにより、1997年には積水化学工業へ移籍した小出義雄は、女子陸上競技部の監督になりました。そこを経て、2001年6月には佐倉アスリート倶楽部(SAC)を設立し、代表取締役と現場監督に就任し、2002年に積水化学を退社しています。

この佐倉アスリート倶楽部(SAC)は、スポーツクラブであり、スポーツ育成団体で、マラソンや中距離選手に指導をする「佐倉アスリート倶楽部」という部分と、「小出道場(こいでどうじょう)」というジュニア選手枠を育成する2つに分かれています。2019年3月末まではユニバーサルエンターテインメント(旧:アルゼ)と豊田自動織機の選手をメインに指導育成していました。

小出義雄が監督として指導し育成してきた選手の中には、有森裕子や高橋尚子、千葉真子などがおり、現在の現役選手だと那須川瑞穂や佐伯由香里、小林祐梨子や小島一恵などがいます。2019年3月末で指導者引退ということですが、残された選手たちの指導がどうなっていくのか、これから先の動きも気になるところでしょう。

こうして、育成に関わってきた人物の名前を見ても沢山の選手を輩出してきたことが分かる小出義雄監督ですが、この引退を機に、今後は新しい選手の受け入れはしないという方向性が決まっているということも、報道で流れていました。年齢的にもすでに79歳ということですが、ここまで培ってきた小出義雄の経験や指導力はどうなっていくのでしょうか。

高橋尚子の監督として有名だった小出義雄監督

指導者引退の理由が気になる小出義雄と高橋尚子

2、3日前に会ったばかり。電話などでいつも話しています。今の私は小出監督の存在なくして語れない。

3月末で指導者引退という勇退のニュースに、小出義雄が恩師である高橋尚子はどんなコメントをしたのでしょうか。メディアなどのニュースでは、上のようなコメントをしたということが出されていました。そこにもあるように、今もちょくちょく電話で話しているという小出義雄と高橋尚子ですので、すでに引退の話は耳にしていたのかもしれません。そして感謝は伝えているのでしょう。

高橋尚子のプロフィール

愛称:Qちゃん
本名:高橋尚子(たかはしなおこ)
生年月日:1972年5月6日
現在年齢:46歳
出身地:岐阜県岐阜市
血液型:O型
身長:163㎝
体重:46Kg
活動内容:元陸上競技選手(女子マラソン)、スポーツキャスター、マラソン解説者、中日新聞社客員、大阪学院大学特任教授、JICAオフィシャルサポーター、観光庁ランナーズインフォメーション研究所所長
所属グループ:スターツコーポレーション(スポンサー契約、陸上競技部アドバイザー)
事務所:???
家族構成:???

高橋尚子の経歴

Qちゃんの愛称で親しまれている高橋尚子ですが、小出義雄監督との縁はとても思い出深いもののようです。小出義雄監督の元に高橋尚子がその存在をアピールしたのは23歳の時で、陸上やマラソンで指導するには少し遅い年齢だったようです。それでも高橋尚子の熱意に打たれ、小出義雄は高橋尚子の指導に力を入れて行ったというエピソードもあります。

そんな高橋尚子も2000年にはシドニーオリンピックで金メダリストを獲得し、女子マラソンでは元世界記録の保持者です。そして、Qちゃんという愛されるキャラクターもあり、女子スポーツ界では初めてとなる国民栄誉賞を受賞しています。今現在の高橋尚子は、スポーツキャスターやマラソンの解説者などで活躍し、その愛されるキャラクターは顕在となっています。

小出義雄の監督引退の理由は?

それでは後半となってきましたが、ここで小出義雄監督の指導者引退の理由についてまとめていきます。2019年の3月31位日付で指導者を引退するというニュースが日本中を駆け巡りましたが、その理由については、年齢的なものが大きくあったようです。

今現在79歳という小出義雄監督ですが、すでに高齢の域でもあり、普通の仕事の人であればすでに退職している年齢をはるかに超えています。そして、2~3年前からはその胸にはペースメーカーが入っており、その状態で長く監督業や指導者として歩んできたということもわかりました。その影響からかここ数年は入退院を繰り返していたことも伝えられました。

昭和から平成の時代の日本の陸上界に金メダルをもたらしてきた小出義雄監督の雄姿は、消えることは無くずっと語られていくことでしょう。指導者引退となった今、ようやくその体を休め、自分の時間を大切に余生を過ごしてほしいという声が多く見らあれました。

今までの小出義雄の貢献を讃えよう!

陸上やマラソンの監督として指導者としてかなりの功績を上げてきた小出義雄監督についてまとめてきました。指導者引退の理由については、年齢的なものもあり、ここ数年では入退院を繰り返していた事もあることが理由だったようです。それでも今までの実績や功績は素晴らしいもので、日本の陸上界に大きな軌跡を残してくれました。小出義雄監督の今までを讃えましょう!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-16 時点

新着一覧