アニメ映画「海獣の子供」の主題歌は米津玄師!新曲「海の幽霊」を書き下ろし

2019年公開のアニメ映画『海獣の子供』が注目されていますが、その『海獣の子供』の主題歌をあの米津玄師が書き下ろすということでさらに話題になっています。米津玄師が書き下ろしする主題歌の「海の幽霊」はどんな曲なのか、映画の内容を合わせてまとめていきます。

アニメ映画「海獣の子供」の主題歌は米津玄師!新曲「海の幽霊」を書き下ろし

目次

  1. アニメ映画『海獣の子供』の主題歌は米津玄師と話題!
  2. 2019年公開のアニメ映画『海獣の子供』とは?
  3. 『海獣の子供』の主題歌を書き下ろした米津玄師とは?
  4. 米津玄師が書き下ろした「海の幽霊」とは?
  5. 『海獣の子供』の公開時期はいつ?
  6. アニメ映画『海獣の子供』の公開を待とう!

アニメ映画『海獣の子供』の主題歌は米津玄師と話題!

米津玄師が書き下ろしでさらに話題の『海獣の子供』

アニメ映画で話題だった『鉄コン筋クリート』のSTUDIO4℃が送る最新作のアニメ映画『海獣の子供』の情報が解禁となり、その主題歌に注目が集まっています。『海獣の子供』というアニメ映画の主題歌は、あの今話題の米津玄師が書き下ろしをするということで、かなりの話題になっており、米津玄師が新たに書き下ろすのは『海の幽霊』というタイトルが分かっています。

壮大な海を舞台に描かれた『海獣の子供』とは一体どんなアニメ映画なのか、主題歌となる米津玄師の書き下ろし曲『海の幽霊』とは一体どんな曲なのかもかなり気になるところかもしれません。すでに、イベントなどで、その映画の背景などは少しずつ公表されてきているものの、ここにきて発表された主題歌『海の幽霊』については、さらに期待が高まったと言えるでしょう。

まずは、公開までに話題のアニメ映画『海獣の子供』のあらすじや、主題歌を担当する米津玄師について、そしてその書きおろし曲である『海の幽霊』について、今現在出ている情報をまとめていきます。また、『海獣の子供』の映画公開時期はいつなのかや、制作会社はどこなのかなど、キャストやイベントについても調査しご紹介します。まずは制作会社から見ていきましょう。

『海獣の子供』を製作した会社は?

米津玄師の書き下ろし曲が主題歌と公表され、『海獣の子供』の公開が待ち遠しいところですが、まずはその映画製作会社はどこなのかについて知っていきましょう。『海獣の子供』を制作している会社はSTUDIO4℃というところで、なんと、あのスタジオジブリの名作『となりのトトロ』や『魔女の宅急便』の宮崎駿監督の作品でラインプロデューサー田中栄子さんが主宰しています。

これだけ聞いても、期待が高まるところですが、このSTUDIO4℃(スタジオよんどしい)が世に送り出してきている作品は、ミュージシャンではGLAYの『サバイバル』や浜崎あゆみの『Connected』、そして宇多田ヒカルの『Passion』のアニメーション部分などです。アニメ映画作品では、前出の2006年の『鉄コン筋クリート』や2012年の映画『ベルセルク 黄金時代篇』三部作です。

また、テレビアニメだと『マクロス7』や、CMは三ツ矢サイダーの「空飛ぶサイダー」も手掛けています。なかなか制作会社まで気に留める人はいないかもしれませんが、数々の話題作を世に送り出している制作会社ということは分かるでしょう。ここに2019年公開の『海獣の子供』が新たにラインナップとして加わることになります。話題作となること間違いなしです。

2019年公開のアニメ映画『海獣の子供』とは?

『海獣の子供』の原作は?

現状では、色々な角度からのアニメ映像が公式サイトでも見ることができる『海獣の子供』ですが、そのあらすじについても少しまとめていきましょう。また、原作についてや映画の中の音楽の担当など、そして気になる担当声優についても画像とともにまとめていきます。まず原作は、小学館の漫画雑誌『月刊IKKI』で2006年から2011年まで連載されていた五十嵐大介の作品です。

『海獣の子供』のあらすじ

漫画家協会賞優秀賞や文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞も受賞した『海獣の子供』は、「かいじゅうのこども」と読みます。その主人公は、中学生の安海琉花で、ハンドボール部に所属しています。運動神経はいいのですが、自分の思った事を口にできない悩みを抱えています。そんな中トラブルが起き夏休みだというのに部活ができなくなってやさぐれます。

ハンドボールのシューズを買う予定だったお金で、東京へといった主人公は、そこで海の生き物と交感できる力を持つ海という少年と出会います。主人公の父親は水族館に勤務しているのですが、そこで再び海と出会った主人公は、父から海の面倒を見るように言いつけられます。ひょんなことからいなくなった海を探しに浜辺に出ると、そこで海の双子の兄空にも出会います。

同時期、海に隕石が落ち、世界では魚に異変が起きていきます。不思議な力のある双子の海と空と関わり合いながら、海とのつながりが深くなっていく主人公の心の成長を描いた作品になっています。ここまでご紹介してきた画像を見ても、かなり印象的な人物が多く、そして惹きこまれるような海の色と身の生物たちに目を奪われる作品となっています。

『海獣の子供』の気になるキャストや製作スタッフは?

この『海獣の子供』の映画音楽は、これまた日本を代表する音楽家の久石譲が担当しています。また、主人公の安海琉花を芦田愛菜が演じ、安海琉花の父親役には稲垣吾郎、母には蒼井優が決定しており、豪華キャストとなっています。また、双子の兄弟海を石橋陽彩、兄の空を 浦上晟周と、メインキャストは俳優となっているようです。そしてここにきて米津玄師の主題歌の決定です。

『海獣の子供』の主題歌を書き下ろした米津玄師とは?

米津玄師のプロフィールと寄せられたコメント

愛称:???
本名:米津玄師(よねづけんし)
生年月日:1991年3月10日
現在年齢:28歳
出身地:徳島県徳島市
血液型:???
身長:188㎝
体重:???
活動内容:シンガーソングライター、ギタリスト、作詞家、作曲家、編曲家、ボーカリスト、イラストレーター、映像作家、音楽プロデューサー
所属グループ:ソニー・ミュージックレコーズ
事務所:???
家族構成:???

『海獣の子供』の主題歌を担当するという米津玄師ですが、すでにこの原作を10代の頃に読んでいたことがあり、2016年の「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」という美術展で、米津玄師が公式イメージソングを担当したこともあり、『海獣の子供』の原作者・五十嵐大介と面識がありそこから交流が続いていたという縁があったようです。

原作を初めて読んだのは10代の頃だと思うのですが、そのすごさに圧倒されたことを憶えています。今読み返してもあの時の衝撃は全く古びず、更に新しい発見をもたらしてくれます。もし映像化されるのであれば歌を作らせてほしいなあなんていうふうに思ってたことが、今日になって実現するというのはなんとも感慨深いです。原作が持ってるものに負けないよう、それでいてうまく寄り添えるようなものが、果たして自分に作れるのかと、ここ数ヶ月は問答の日々でした。今は映画館で流れる日を楽しみにしています。

また、20代後半となった今読んでもその内容は新しい発見があるとも述べていて、最初に読んだ時の衝撃などについても上のようにコメントしていました。そして、この『海獣の子供』というアニメ映画での主題歌書き下ろしは、米津玄師にとっても初めてのことということもあり、かなり生みの苦しみを味わったということも書いています。さらに気になる主題歌になりそうです。

米津玄師が書き下ろした「海の幽霊」とは?

米津玄師の書き下ろし新曲『海の幽霊』が気になる!

それでは、注目されている米津玄師が書き下ろしたという主題歌『海の幽霊』についてもまとめていきます。4月25日の段階では、『海獣の子供』というアニメ映画の主題歌を米津玄師が書き下ろしするということと、その曲のタイトルが『海の幽霊』ということは分かっています。ここまでご紹介していきた映画の動画などを見ていただいても、その曲はまだ掲載されていません。

映画公開がまだ少し先ということもあり、映画の情報はキャストなどを含め小出しにして注目を集めるという習性もあるので、今回主題歌が米津玄師だということまでは公開されていますが、曲はまだ日公開の状態です。どんな世界を聞かせてくれるのか、『海獣の子供』の世界をどう表現してくれるのかは、もう少ししたら一部公表されるでしょうから待ちましょう。

『海獣の子供』の公開時期はいつ?

それでは、映画公開の日程についてまとめていきます。『海獣の子供』の映画公開日は2019年の6月7日と決定しているようです。何事もなければ、この日に無事公開されるでしょう。まだひと月ちょっとありますので、次でご紹介するイベントなどを楽しんでみましょう。

公開まで待てないという人必見!

『海獣の子供』の公開の前には、参加無料のトークショーが6月2日に開催されるようです。また、メインキャストである海役の石橋陽彩と渡辺歩監督からの制作秘話が聞けるようです。また、特別なグッズが当たる抽選会もあるようです。

また、映画のチケットであるムビチケには、キャラクターデザインと総作画監督と演出も手掛けている小西健一監督の修正イラストを使ったクリアファイルが付いてくるようです。気になる方や、好きな方は事前に入手しておくのもおすすめです。

また、同じ製作会社のSTUDIO4℃が製作した実写映画の「トゥレップ~『海獣の子供』を探して~」も公開されるようです。『海獣の子供』にも声優で出演している森崎ウィンが出演しているのですが、こちらも6月15日から公開されます。『海獣の子供』と合わせて楽しむのもおすすめです。

アニメ映画『海獣の子供』の公開を待とう!

2019年6月7日に公開予定のアニメ映画『海獣の子供(かいじゅうのこども)』についてまとめてきました。4月24日に情報解禁となった主題歌については、その動きが必ず話題となる米津玄師が書き下ろしをするということが分かり、ますます注目されている作品でした。その映画の内容についても、現時点で分かるところまでまとめてきましたが、公開まで楽しみに待ちましょう!

米津玄師の書き下ろしの主題歌については、まだ題名の『海の幽霊』ということと、米津玄師のキービジュアルだけしか分かっていませんが、映画公開が近づけばその曲調やさびの部分などが公開されるはずなので、こちらもあわせて情報を待ちましょう。また、映画公開まで待てないという人は、連動したイベントがあるようですのでぜひチェックしてみてください!

その他の米津玄師に関する記事はこちら

Thumb米津玄師「Lemon」が空前の快挙!史上最速200万DL達成曲に認定! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb米津玄師おすすめ人気曲ランキング・トップ20!名曲多数!【動画あり】 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb米津玄師「アイネクライネ」の歌詞を徹底解説!解釈と意味まとめ | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb米津玄師がベッキー結婚後に意味深ツイート「絵音に幸あれ」SNSざわつき | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-05-26 時点

新着一覧