ペギー・リプトンさんが死去。ツイン・ピークス出演女優の死因は?

アメリカの女優ペギー・リプトンさんが72歳という年齢で死去されたというかなしいニュースが飛び込んできました。元モデルとして、女優やシンガーとして活躍してきたペギー・リプトンさんの死去の死因は一体何だったのでしょうか?画像とともにまとめて行きます。

ペギー・リプトンさんが死去。ツイン・ピークス出演女優の死因は?

目次

  1. ペギー・リプトンさんのプロフィール
  2. 女優ペギー・リプトンさんの経歴と画像
  3. ペギー・リプトンさんの今までの出演作品
  4. 死去した死因が気になるペギー・リプトンさん
  5. ペギー・リプトンさんの死去にファンの声は?
  6. ペギー・リプトンさんの冥福を祈ろう

ペギー・リプトンさんのプロフィール

クインシー・ジョーンズさんの元妻ペギー・リプトンさんが死去

愛称:???
本名:マーガレット・アン・“ペギー”・リプトン(Margaret Ann "Peggy" Lipton)
生年月日:1946年8月30日-2019年5月11日(死去)
現在年齢:72歳没
出身地:アメリカ合衆国
血液型:???
身長:???
体重:???
活動内容:女優、モデル、歌手
所属グループ:???
事務所:???
家族構成:ラシダ・ジョーンズ(娘・女優)、キダーダ・ジョーンズ(娘・女優)

アメリカの有名なジャズ・ミュージシャン、クインシー・ジョーンズさんの元妻で、『ツイン・ピークス』のノーマ・ジェニングス役でも有名な女優のペギー・リプトンさんが死去したと言うニュースが飛び込んできました。その年齢は、72歳だったということですが、まだ若いペギー・リプトンさんの死に、多くの声が寄せられています。また、その死因についてまとめて行きます。

そして、モデルから始まり、女優、そしてシンガーとしてのペギー・リプトンさんの今までの経歴や出演作品についても画像とともにまとめて行きます。そして、元夫であるクインシージョーンズさんとの結婚や離婚についてなど、ペギー・リプトンさんの人生も振り返りながら、その亡くなる間際の状況や、死因についてもみて行きましょう。ファンの声も後半でまとめていきます。

女優ペギー・リプトンさんの経歴と画像

モデルから女優へと歩んだペギー・リプトンさんの画像

それではまずは、ペギー・リプトンさんの今までの経歴についてみて行きましょう。ペギー・リプトンさんは、1946年の8月の終わりにニューヨークで生まれました。その変え地は駐留上層階級のユダヤ人の家庭だったと言われています。ペギー・リプトンさんの父は法人の顧問弁護士でハロルド・リプトンさんで、母親は画家でアーティストのリタ・ベンソンさんという人物でした。

ペギー・リプトンさんの父方の祖父母がロシア系のユダヤ人ということで、母親の方は東欧から移住してきたユダヤ人の両親の元に生まれた人物だったということが分かっているようです。幼少期のペギー・リプトンさんは、兄のロバートさんとケネスさんとともに、アイルランドのダブリンで生まれています。その美貌は、画像を見てもまさにユダヤの血を引く美しさとも言えるでしょう。

そして、ペギー・リプトンさんはローレンス・ジュニアハイスクールと英語版のプロフェッショナル・チルドレンズ・スクールに入学し学びました。ペギー・リプトンさんの幼少期は壮絶で、叔父からの性的虐待もあり、一時期自分の名前すらいえないようなどもりがあり、神経質で内気な少女だったようです。そこで家族はロサンゼルスへと引っ越しをしています。

15歳でモデルとなったペギー・リプトンさんの画像

ペギー・リプトンさんの芸能活動は15歳の時に父親から勧められたモデルの仕事が始まりで、フォードエージェンシーでの仕事でした。このキャリアは素晴らしいもので、その後の1964年にロサンゼルスでは、ユニバーサル・ピクチャーズと契約し、19歳の時に『ジョン・フォーサイス・ショー』でテレビドラマへ初出演しています。出演作品については後ほどまとめて行きます。

クインシー・ジョーンズさんと結婚したペギー・リプトンさん

モデルの高キャリアと、その後に出演した『モッズ特捜隊』での、爆発的な人気もあり、ペギー・リプトンさんは、ポール・マッカートニーやエルビス・プレスリーなどからも監視によ寄せられる人物となって行きましたが、1960年代から1979年代初期は、人気者が故のアルコールや虐待などや、恋の相手が既婚者ばかりという状況だったペギー・リプトンさんは結婚をします。

1974年にアメリカのジャズ・ミュージシャンであり音楽プロデューサーのクインシー・ジョーンズさんと結婚したペギー・リプトンさんは、とても子供が欲しかったということもあり、家庭に入ることに決め女優業の仕事を休業しました。クインシー・ジョーンズさんとぺギー・リプトンさんの間には、ラシダ・ジョーンズさんとキダーダ・ジョーンズさんという娘が誕生しています。

クインシー・ジョーンズさんとぺギー・リプトンさん、そして2人の娘と仲良く暮らしていたようですが、1986年には別居となってしまいます。その理由は異人種の結婚に起こる事だったようで、旅行に行くと必ず何か問題が起き、溝ができて行ったといいます。そして、1990年に離婚したぺギー・リプトンさんは女優復帰を果たし『ツイン・ピークス』で一躍注目されました。

ペギー・リプトンさんの今までの出演作品

『モッズ特捜隊』から『ツイン・ピークス』で一躍注目の的へ

ペギー・リプトンさんの経歴についてみてきましたが、代表的な出演作品についても少し振り返って行きましょう。ペギー・リプトンさんが注目されることとなったのが、まずはモデルとしての15歳の時のフォードエージェンシーでした。そして、19歳の時のホームコメディ作品の『ジョン・フォーサイス・ショー』への出演です。そして、『奥様は魔女』などに出演して行きます。

出演したのはそれだけではなりませんが、1968年から始まった『モッズ特捜隊』というカウンターカルチャー番組に出演したペギー・リプトンさんは、フラワーチャイルド、ジュリー・バーンズ役が大人気となり、その名が世に広がりました。その後、離婚して女優復帰したペギー・リプトンさんは、『ツイン・ピークス』でノーマ・ジェニングス役で人気となります。

この『ツイン・ピークス』でのノーマ・ジェニングス役がペギー・リプトンさんのはまり役となり、その後もテレビシリーズなどにも続投し、テレビから映画、そしてステージでも大活躍してきた人物と言えます。若い時にはアッシュブロンドヘアのストレートヘアとミニスカートで一世を風靡し、その時代の女性の憧れの的となっていたのがペギー・リプトンさんでした。

歌手・シンガーとしてのペギー・リプトンさん

歌手としての顔も持つペギー・リプトンさんは、自身で作詞作曲もしており、『ペギー・リプトン』というアルバムも発売しています。英語版のビルボートチャートにも、今までに出したシングル曲3曲がランクインするなど押していました。新人時代では破格の予算でアルバム製作もされていたようで、今もなお、その楽曲は長く愛され現代でも聴かれています。

ペギー・リプトンさんの遺作は?

2019年5月11日に死去されたペギー・リプトンさんですが、その最後の作品となった遺作は一体どんな作品でしょうか。ペギー・リプトンさんについて調べてみると、2017年に製作公開された映画『僕のワンダフル・ライフ』という作品にその名前がありました。2019年の死去された時の年齢が72歳ということなので、2年前の70歳の頃の作品となるようです。

死去した死因が気になるペギー・リプトンさん

死因はがんだった?気になる死因は?

2019年5月11日にその命を全うしたペギー・リプトンさんですが、その死去した死因は何だったのでしょうか?どうやら、2004年にペギー・リプトンさんは結腸がんを患っていたようで、治療をしていた事を明かしています。そして、その当時交際していた相手は、ペギー・リプトンさんに治療費や生活費として手助けしていたというエピソードもあります。

今日、最愛なる母が癌で亡くなり、心から悲しんでいます。母は娘と姪に囲まれるなか静かに旅立ちました。私たちは母と過ごせたどの瞬間も幸せに感じ、今はすべての感情を言葉にすることは出来ませんが、この世とそれ以外の世界でも、これからもペギーが私たちを導いてくれる光であることは変わりません。いつでも母は私たちの一部であり続けます

上の引用のコメントは、ペギー・リプトンさんの娘のものですが、ペギー・リプトンさんは娘と囲まれて命を引き取ったようです。そして、その死因については、がんの闘病中の中でものものあったと語っています。どの部位に転移したのかなどの詳細は分かっていませんが、2004年に発症した結腸がんが転移を繰り返してのものだったのかもしれません。

ペギー・リプトンさんの死去にファンの声は?

悲しみの声と作品に対する愛が溢れているコメントが多い

最後にまとめて行くのは、ペギー・リプトンさんの死去の知らせを聞いてのファンの声についてです。若い時に作品を観ていたという人も多く、また、DVDで見て知ったという人から、シンガーとしてのペギー・リプトンさんについての声など沢山のTwitterのツイートがありました。中でも多かったのが、その年齢に見えないことと、死去にショックだという声でした。

いつまでも若さと美しさを兼ね備えていたペギー・リプトンさんは、女優という職業柄の美しさもあったのかもしれませんが、やはり72歳と聞いても、総は見えない画像が多く残されています。そして、若いころの画像と比べても、本当に綺麗で、とても見習いたい年齢の重ね方をしているという声もありました。死去されてしまいましたが、過去の作品を観てみるのも弔いになるでしょう。

ペギー・リプトンさんの冥福を祈ろう

モデルから女優、そすてシンガーとしての顔も持っていたペギー・リプトンさんの死去とその死因についてまとめてきました。そして、唯一結婚したクインシー・ジョーンズさんとの離婚までの流れも画像とともにまとめてきました。残念ながらクインシー・ジョーンズさんとは離婚してしまいましたが、2人の娘に恵まれており、死去の際も見守られて亡くなったということでした。

ペギー・リプトンさんの死因については、どうやら2004年に患った結腸がんからくるがんが原因だったようです。惜しむ声も多いペギー・リプトンさんですが、その作品は今もなお残っていますので、作品を観たりしてその冥福を祈りましょう。

その他の死去に関する記事はこちら

Thumb【自民党】島田三郎参院議員が62歳で死去!竹下元首相の秘書? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb
Thumbヒトリエwowaka(ヲワカ)さん死去。死因や本名・学歴は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-07-24 時点

新着一覧