内野聖陽と小山あずさが交際宣言?一路真輝と離婚後初ロマンス!

渋い演技から最近ではゲイの役まで幅広くこなしている俳優の内野聖陽に一路真輝との離婚後初めてとなる交際発覚のニュースが飛び込んできました。内野聖陽の交際の相手は小山あずさという女優のようですが一体どんな人物なのか画像とともに現在の状況をまとめていきます。

内野聖陽と小山あずさが交際宣言?一路真輝と離婚後初ロマンス!

目次

  1. 内野聖陽のプロフィール
  2. 俳優・内野聖陽の経歴
  3. 一路真輝との離婚後初のロマンス報道の内野聖陽
  4. 交際が発覚した内野聖陽のお相手小山あずさとは?
  5. 現在の内野聖陽の活動は?
  6. 今後の内野聖陽と小山あずさを見守っていこう

内野聖陽のプロフィール

小山あずさとの交際発覚で話題の内野聖陽の画像

愛称:???
本名:内野聖陽(うちのまさあき)芸名は(読み:こうよう)
生年月日:1968年9月16日
現在年齢:50歳
出身地:神奈川県横浜市
血液型:AB型
身長:177㎝
体重:???
活動内容:俳優
所属グループ:???
事務所:フリー、スターダストプロモーション(業務提携)
家族構成:一路真輝(元妻)、子供

イケメン俳優で、数々の話題作にも出演している内野聖陽に、一路真輝との離婚後初となる交際報道がありました。一路真輝との結婚から離婚時も、内野聖陽のスクープはかなりのものでしたが、その後離を決定打にした出来事の影響もあってか、長年恋愛や交際の話題が出ていない状況でした。そんな久しぶりの内野聖陽の交際のスクープに多くの世間の声も出ているようです。

今50歳になったという内野聖陽ですが、この交際発覚のお相手の女性は、33歳の17歳年下の女優で、小山あずさという人物のようです。内野聖陽が交際相手に選んだ、小山あずさとは一体どんな人物なのか、その素顔に迫ってきましょう。また、内野聖陽と小山あずさの結婚をにおわすようなエピソードも画像とともにまとめていきます。

俳優・内野聖陽の経歴

イケメンで味ある役が多い俳優内野聖陽の画像

それではまずは、内野聖陽について経歴を少し振り返って行きましょう。内野聖陽は神奈川県横浜市の出身ですが、その実家は、曹洞宗のお寺です。内野聖陽の学歴は、世田谷学園高等学校を卒業後、早稲田大学の政治経済学部政治学科に進学しています。大学時代に演劇に初めて触れた内野聖陽は、英語劇が人生初の演劇となったようです。

この時の内野聖陽の役柄はプレイボーイだったようで、その影響もあり、一時期は演じる側の役者が嫌になったというエピソードもあり、裏方を担当していた時もあったようです。そして、1992年の大学在学中の23歳の時に文学座の研究所に入所しました。内野聖陽の同期には、あの女優の寺島しのぶがいるようです。その後研修科を経て、ドラマの脇役などで経験を積みました。

28歳になる1996年には、NKH連続テレビ小説の『ふたりっ子』に出演し、また翌年の1997年には『ミセスシンデレラ』にも主演し、内野聖陽は、文学座の劇団員としても認められるようになっていきました。少しずつテレビなどの映像業界にも出演を増やしていた内野聖陽でしたが、基本は文学座の舞台が中心で、その実力と演技力はかなりの動員数だったといいます。

文学座だけでなく様々な劇団の舞台にも立ち続けてきた内野聖陽ですが、2000年に初めてミュージカル『エリザベート』に出演し、今までにない演技の表現方法を取得するチャレンジをして行きました。この『エリザベート』では、共演した一路真輝との交際に発展していきます。その後の内野聖陽は、『蝉しぐれ』での好演によりいくつもの賞を受賞しました。

2011年に一路真輝と離婚後ロマンスは無かった内田聖陽

2004年の『エースをねらえ!』の後、2006年にはそれまで交際していた一路真輝と5月に婚約し7月末には入籍し、同年10月末には2人の間には女の子が誕生しています。2007年には『風林火山』の撮影が始まっていたため、その撮影終了後に披露宴を行いました。離婚の詳細については後ほどまとめますが、結果的には2011年に一路真輝とは離婚に至っています。

一路真輝との離婚後初のロマンス報道の内野聖陽

内野聖陽と離婚した一路真輝のプロフィール

愛称:イチロ、いっちゃん(宝塚時代)
本名:石川いづみ(いしかわいづみ)
生年月日:1965年1月9日
現在年齢:54歳
出身地:愛知県名古屋市
血液型:B型
身長:164㎝
体重:???
活動内容:女優
所属グループ:元宝塚歌劇団雪組トップスター
事務所:東宝芸能
家族構成:娘

2011年に、約5年の結婚生活を終え一路真輝と離婚した内野聖陽ですが、その離婚については内野聖陽の演技に対するスタンスから起きた出来事だったとも言われています。セリフを覚えるときに、大きな声に出して覚えるという内野聖陽は、一人の時間を必要とするタイプだったようです。その為、元々家族の時間もあまり多くなく、離婚前にすでに別居状態だったとも言われています。

そして、そんな役者としての準備委時間の合間に、車での女性との密会をスクープされ、それまで別居していたという一露真輝との離婚が加速したようです。話し合い中だったという2人でしたが、このスクープが離婚へと背中を押す出来事となったと当時は報じられていました。その後特に交際報道が無かった内野聖陽は、約8年ぶりの交際のニュースとなりました。

交際が発覚した内野聖陽のお相手小山あずさとは?

交際相手・小山あずさの画像はある!?

それでは、内野聖陽の現在の彼女と言われている女優の小山あずさについてみていきましょう。果たして小山あずさとはどんな人物なのか、またその素顔が分かる画像はあるのでしょうか。報道された内容によると、内野聖陽の自宅に自転車で通っている姿がキャッチされている小山あずさですが同棲はまだしていないようで、自転車で20分ほどの場所のアパート暮らしということです。

小山あずさのプロフィールと画像

愛称:???
本名:???
生年月日:1985年10月12日
現在年齢:33歳
出身地:東京都
血液型:O型
身長:173㎝
体重:???
活動内容:女優
所属グループ:???
事務所:融合事務所
家族構成:???

舞台「サメと泳ぐ」に出演していた小山あずさ

そして、すでに交際してから1年以上は経過しているという小山あずさと内野聖陽ですが、もともとは、小山あずさが内野聖陽の付き人をしていた過去があるようです。今もなお舞台から離れたとはいえ、その関係者と濃厚な付き合いのある内野聖陽は、その中の演出家千葉哲也を通じて小山あずさと知り合ったという情報が出てきています。舞台「サメと泳ぐ」も演出していたようです。

小山あずさは、首都大学の東京大学院理工学研究科で生命科学の専攻を修了している才女で、その後2011年から無名塾という仲代達矢が主宰する場所に1年間在籍し、女優への道へと進んだようです。先ほどの「サメと泳ぐ」という舞台や、日本テレビ系列の『ブラックリベンジ』やNHKの『デザイナーベイビー』にも出演している女優です。

いまだ結婚に至るところまで入っていないという2人ですが、内野聖陽自身はかなり小山あずさの事を大事な存在だと思っているようです。そして、内野聖陽の母が自宅に週2~3回ほど訪れているようなのですが、その母とも小山あずさは良い関係だという関係者の話もありました。結婚に関しては、もう少し時間をかけて答えを出して行くという流れの中にいるようです。

現在の内野聖陽の活動は?

今現在の内野聖陽の画像

それでは、ここ最近の内田聖陽の活動について少しご紹介していきます。すでにその撮影は終わっているということですが、よしながふみという漫画家の人気作品『きのう何たべた?』がドラマ化しており、その作品で矢吹賢二を西島秀俊とともに ダブル主演で話題を読んでいました。ゲイの役ではありますが、本当に幅広い演技ができるとかなりの話題になっています。

そして、すでに6月に行われる内田聖陽の一人芝居の舞台の準備や稽古に入っているといいます。特徴的な長めの髪にメガネという見た目と、オネェ言葉という役作りだった『きのう何たべた?』から打って変わり、今現在はかなりさっぱりし男らしい役作りをしているということです。

内野聖陽の交際発覚のニュースに世間の声は?

最後にまとめて行くのは、内野聖陽の久々の交際スクープに関して、世間の声や内野聖陽のファンの声をまとめます。先ほども書いた通り、今現在『きのう何食べた?』という作品でゲイを演じている内野聖陽なので、本人的にはその撮影が終わり飛び出した交際のニュースでしたが、世間はいまだドラマを見ている最中なので複雑な心境のようです。

もちろん、Twitterなどのコメントを見ていると、お祝いのツイートも多いのですが、やはり、ショックだという人も多くありました。そして、とてつもなく多くあったコメントは、やはり、『きのう何食べた?』とというドラマが終わってからのスクープにして欲しかったという声でした。昨今男性同士の作品も多くなりましたが、やはりイメージが壊れるのが許せないようです。

今後の内野聖陽と小山あずさを見守っていこう

俳優・内野聖陽の久しぶりの交際スクープについてまとめてきました。お相手は17歳年下の女優・小山あずさという人物で、一時期内野聖陽の付き人をしていたという大学院卒の才女でした。現在同棲はしておらず、女優をしながら内野聖陽のサポートもしているようです。結婚は分かりませんが、今後の2人をチェックして行きましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-14 時点

新着一覧