弘兼憲史と柴門ふみの息子が漫画家デビュー!気になる漫画の内容は?

弘兼憲史と柴門ふみは、両名とも誰しも一度は聞いたことがあるような、有名漫画を生み出した大御所漫画家です。そんな弘兼憲史と柴門ふみの息子が漫画家・西倉新久としてデビューしていたことが、現在話題になっています。二人の息子の漫画画像やあらすじについてご紹介致します。

弘兼憲史と柴門ふみの息子が漫画家デビュー!気になる漫画の内容は?

目次

  1. 新人漫画家として弘兼憲史と柴門ふみの息子がデビュー!
  2. 弘兼憲史のプロフィール!代表作は?【画像】
  3. 柴門ふみのプロフィール!代表作は?【画像】
  4. 息子・西倉新久のデビューに対する弘兼憲史・柴門ふみのコメント
  5. 弘兼憲史と柴門ふみの息子は完全実力派の漫画家だった

新人漫画家として弘兼憲史と柴門ふみの息子がデビュー!

漫画家の西倉新久をご存知でしょうか。2007年ごろから活動しており、2014年には「ちばてつや賞」のヤング部門第71回で、大賞を受賞しています。「週刊ヤングマガジン」と「モーニング」で行われる漫画新人賞であるちばてつや賞で大賞を受賞している、実力のあるの若手漫画家です。

そんな西倉新久が、実は「課長島耕作」などで有名な弘兼憲史と「東京ラブストーリー」などで有名な柴門ふみを両親に持つことが話題になっています。西倉新久は、ちばてつや賞を取るまで、弘兼憲史と柴門ふみにも自身が漫画家として活動していることを伏せていたようです。親の七光りであると周囲に思われることを嫌ったのではないでしょうか。

「課長島耕作」や「人間交差点」を代表作に持つ弘兼憲史と、「東京ラブストーリー」で有名な柴門ふみを両親に持つ西倉新久とは、どのような漫画を描く漫画家なのでしょうか。ここでは、弘兼憲史と柴門ふみの息子・西倉新久の作品や、あらすじを詳しくご紹介致します。

弘兼憲史と柴門ふみの息子のペンネームや作品名は?

弘兼憲史と柴門ふみの息子は、現在西倉新久(にしくらしんく)というペンネームで漫画家として活動しています。また、現在連載しているのは2014年に「ちばてつや賞」を受賞した「湊さんの水やりの時間」や、「HOTEL R.I.P.」であり、どちらも注目されている作品のようです。次はそんな漫画「HOTEL R.I.P.」のあらすじについてご紹介します。

漫画「HOTEL R.I.P.」のあらすじ

HOTEL R.I.P.は死後の世界のホテルが舞台となっています。そのホテルには、不慮の事故などで心残りを持つ人がやってきてチェックインしていきます。支配人である迎が、死人の心残りを消す手伝いをし、チェックアウトさせていく一話完結型の漫画です。不慮の事故で死んでしまった姉妹や、若くして事故に巻き込まれて死んでしまった学生、自殺した生徒と教師など、様々な問題を抱える客の心残りに向き合っていきます。

両親である弘兼憲史と柴門ふみの画風とは全く別物!

弘兼憲史と柴門ふみの息子である漫画家・西倉新久ですが、偉大な両親の後を追っての漫画家デビューかと思いきや、決してそのようなことはありませんでした。両親が得意とする作風とは異なる漫画を描いている西倉新久ですが、画像を比較すると分かる通り、作風だけでなく画風も両親のどちらとも似ているものではありません。気になる人は、ぜひ両親の漫画画像と比較してみてください。

弘兼憲史のプロフィール!代表作は?【画像】

・愛称:???
・本名:弘兼憲史
・生年月日:1947年9月9日
・現在年齢:71歳
・出身地:山口県岩国市
・血液型:???
・身長:???
・体重:???
・活動内容:漫画家
・所属グループ:???
・事務所:???
・家族構成:柴門ふみ(妻)、西倉新久(息子)

弘兼憲史の作風

弘兼憲史は、自身がサラリーマンだったころの経験を活かした重厚な人間ドラマを得意とする漫画家です。その昨比の多くは、現代社会で毎日を生きる大人たちの、生活の風景や悩み、葛藤する姿を描いています。また、そんな人間の心情を描くドラマを生み出せる弘兼憲史は、中高年世代に向けた老後の生き方や死について考えさせられる本も出版しています。

弘兼憲史は作品中でベッドシーンを描くことも多く、「美しく、色っぽく、尚且つ汚くならずに上品に」をコンセプトにして魅力的でリアルなシーンを描くことでも有名です。そんな弘兼憲史本人は熟女好きを公言しており、作中で熟女を描く際には加齢と共に崩れたボディラインまで丁寧に描いています。

弘兼憲史の代表作の一つである「島耕作シリーズ」とは

弘兼憲史の代表作として、まず最初にご紹介するのは、「島耕作シリーズ」です。この漫画は、日本の高度経済成長期における企業間の競争や、社内の派閥争いを描き、団塊世代のサラリーマンが主人公として描かれています。特に団塊の世代の多くの人々の姿をリアルに活写しており、団塊世代のサラリーマン男性から高い支持を得ています。

また、課長島耕作が作品内で出世すると、作品名も「課長島耕作」から「取締役島耕作」に変わっていきます。このシリーズには部長島耕作をはじめ、取締役島耕作、常務島耕作など計10個のタイトルがあります。

柴門ふみのプロフィール!代表作は?【画像】

・愛称:???
・本名:弘兼準子
・生年月日:1957年1月19日
・現在年齢:62歳
・出身地:徳島県徳島市
・血液型:???
・身長:???
・体重:???
・活動内容:漫画家
・所属グループ:???
・事務所:???
・家族構成:弘兼憲史(夫)、西倉新久(息子)

母・柴門ふみに関しても、ネット上に画像がアップされています。恋愛の教科書と呼ばれるエッセイを執筆されるだけあり、画像は年齢よりも若く見える美人漫画家です。気になる方は本人の画像を検索してみてもいいかもしれません。

柴門ふみの作風

柴門ふみは、恋愛エッセイを数多く執筆したことで「恋愛の巨匠」「恋愛の教祖」とも呼ばれる大御所漫画家の一人です。また、バブル期にはトレンディドラマの原作として使用された作品も数多く生み出しています。女性青年漫画家の草分けとしても有名な人物であり、少女漫画にあるようなかわいらしい画風とは決して言い難いリアルな女性の姿を描きます。

その画風により読み手の好き嫌いがはっきり分かれる作品もおおいようですが、女性の読者からは圧倒的な支持を得ており、テレビドラマ化された作品は数多くあります。また、自身の恋愛経験をもとに女性向けのエッセイも出版しており、恋愛の教科書として70万部を売り上げてもいます。

柴門ふみの代表作の一つである「東京ラブストーリー」とは

「東京ラブストーリー」とは、「東京では誰もがラブストーリーの主人公になる」というキャッチコピーで描かれた恋愛漫画です。自分の思うまま自由に生き、まっすぐな恋をするヒロイン・赤名リカが永尾完治(カンチ)に思いを寄せるところから始まる物語です。そのまま上手くいくかに見えた二人の関係は、地元の同級生である三上健一と関口さとみとの登場によって複雑に展開していきます。

息子・西倉新久のデビューに対する弘兼憲史・柴門ふみのコメント

そんな有名漫画家である弘兼憲史と柴門ふみの息子・西倉新久ですが、西倉新久のデビューや受賞を聞いた両親のコメントとはどのようなものだったのでしょうか。二人のコメントした内容について、詳しくご紹介致します。

父・弘兼憲史のコメント

西倉新久の父・弘兼憲史は、息子のデビューに対し、「僕たちの作風とは違った」というコメントを残しています。弘兼憲史のコメントによれば、父親として息子に漫画を教えたことは一切なく、背景の手伝いなどをしてもらうことはあったものの、自分の漫画を描いていることすら知らなかったそうです。

「ちばてつや賞」をとった際も、ある日突然の報告だったそうで、それまでに漫画に対する相談を受けたことも一度もなかったと語っています。また、息子の作品を読んだ感想として、「僕たちの作風とは違って、繊細な作品だ」ともコメントしています。これが本当であれば、西倉新久は偉大な両親がいながら、自分の力だけで漫画と向き合い、賞を受賞したことになります。

母・柴門ふみのコメント

また、母である柴門ふみも、息子のデビューについてコメントを残しています。柴門ふみのコメントも父・弘兼憲史と同様に、漫画家になろうとしていることすら知らず、デビューしてからの事後報告だったとコメントしています。漫画家の世界は、話題になればデビューできることもある芸能界とは違い、完全な実力主義の世界だと言われています。

そのため、親のコネを利用してのデビューが許されるほど甘い世界ではありません。しかし、息子・西倉新久はデビューが親の七光りだと言われることを避けるためか、一度として両親に漫画に関する相談をしたことはありませんでした。

母である柴門ふみ曰く、あえて漫画である両親とは距離をとっているのではないかということでした。漫画のアドバイスを受けてしまえば両親のアイディアや作風が自分の漫画に加わることになるため、アドバイスを受けた時点で自分の漫画ではなくなると感じたのかもしれません。その意思を貫いた結果、両親の作風・画風とは全く異なる作品で、賞を受賞し、デビューを飾ることとなったのです。

弘兼憲史と柴門ふみの息子は完全実力派の漫画家だった

弘兼憲史と柴門ふみの息子・西倉新久のデビューについて、画像と共に様々な情報をご紹介いたしました。二人の偉大な大御所漫画家を両親に持ちながら、そんな両親に全くアドバイスを求めず自身の作品を作り上げた西倉新久は、やはり漫画家としての才能を持っていた人物だったのかもしれません。

しかし、そこには自分の力だけでやり遂げるという確固たる意思があり、それを貫いた結果手に入れたデビューと受賞であったことでしょう。両親とはまた違った繊細な作風を生み出す西倉新久は、両親の力とは無縁の完全な実力派の漫画家であると言えるでしょう。そんな西倉新久の今後の活躍に注目です。

関連する記事はこちら

Thumb
Thumb声優・浅野真澄が漫画家・畑健二郎と結婚を発表!ラジオでコミ結婚と報告! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-15 時点

新着一覧