山田邦子の現在は?事務所独立騒動に決着で今後の活動はどうなる?

山田邦子といえば80年代でバラエティ番組で見かけないことはなかったくらい活躍されていました。そんな山田邦子が現在太田プロ事務所から独立されました。そんな山田邦子は現在どういった活動をされているのでしょう?気になる現在や今後について調べてみることにしましょう。

山田邦子の現在は?事務所独立騒動に決着で今後の活動はどうなる?

目次

  1. 山田邦子プロフィール
  2. 気になる山田邦子の経歴とは?
  3. 現在山田邦子は太田プロ事務所から独立!?
  4. 山田邦子は今後どうしていく?
  5. まとめ:山田邦子は現在事務所を退所している!

山田邦子プロフィール

・愛称:くにちゃん
・本名:後藤邦子
・生年月日:1960年6月13日
・現在年齢:59歳
・出身地:東京都
・血液型:B型
・身長:168センチ
・体重:???
・活動内容:タレント
・所属グループ:???
・事務所:元太田プロ
・家族構成:???

気になる山田邦子の経歴とは?

さて、ここからは山田邦子がどういった活動をされてきたのか、気になる情報をまとめていきましょう。どういった芸能生活を送られてきたのか、山田邦子の素顔に迫ります!

80年代から爆発的に山田邦子の人気が上がっていた!

山田邦子が芸能界に入ったきっかけは、高校生の頃にTVジョッキーに出演し、西城秀樹のものまねをされたことがきっかけとなりました。当時は素人が参加する番組が数多く存在しており、山田邦子も素人ながらたくさんの番組に出演されていました。

中学生の頃からすでに持ちネタを持っており、「お笑い君こそスターだ!」に出演された時にチャンピオンになったのをきっかけに、現在の太田プロにスカウトされて事務所入りすることになりました。

実は落語家志望だった!

実は山田邦子は5代目三遊亭圓楽の強烈的な大ファンで、落語家になることを夢見ていましたが、自分のキャラクターと合わないと思い、落語家になることは諦めお笑い芸人になろうと志したそうです。現在までのことを考えると、やはり落語家になるよりは、ピン芸人のように動かれたほうが合っていたようです。

明るい山田邦子のキャラクターがお茶の間で親しまれていた

山田邦子がテレビに出始めてから、明るいキャラクターでお茶の間をなごませてくれていました。とくに80年代には、テレビで山田邦子を見ない日がないほどほとんどの番組に出演されています。山田邦子は女優としてもデビューしていましたが、比重をお笑い番組に全力注いでいたようです。

唯一女ピン芸人で天下を取ったと言われている山田邦子

山田邦子が出演されていたお笑い番組といえば、現在では伝説番組とも言われているオレたちひょうきん族に出演されています。この番組ではおもしろいことばかりをやっており、明石家さんまを始め、たくさんの芸人たちが笑いを競い合っていたといっても過言ではありません。

当時は女性のお笑い芸人といえば、大体漫才師が多い中で山田邦子のようにピン芸人でされている人はあまりいませんでした。なので、かなり山田邦子の存在は珍しかったともいえます。父親は芸能界に入ること自体に反対していましたが、結局押し切ってしまったようです。

2000年に山田邦子は結婚した

しばらく独身だった山田邦子ですが、2000年に制作会社社長をしている後藤史郎と結婚されました。この時はあまり話題に登っていなかったために、現在も山田邦子が独身だと思われている人も多いようです。子供は残念ながらすでに年齢が40歳を迎えていたため、現在も子供に恵まれることはありませんでした。

人気だった山田邦子がバッシング対象に!

たくさんの番組で司会などを任されいた山田邦子ですが、90年代中盤から突如として姿を消してしまいました。一体何が原因でお茶の間から姿を消してしまったのでしょう?その原因は、高視聴率を取っていた山田邦子でしたが、なんと一緒に頑張ってきたレギュラーの人たちを簡単に降板させることに腹を立てていたそうです。

実際に口に出して講義し、司会者自らも降板してしまったために露出が減っていき、今まで好感度が高かった分、バッシングの対象にもなってしまったそうです。

現在山田邦子は太田プロ事務所から独立!?

現在、山田邦子はずっと太田プロに所属されていた事務所から独立すると話題になっています。なぜ今になって独立になってしまったのでしょうか?気になる独立の話題について調べてみることにしましょう。

太田プロ事務所には40年在籍していた

山田邦子が太田プロに所属されていたのは、なんと40年にも渡って所属されていました。現在もたくさんのお笑い芸人などを抱えている大手事務所になります。太田プロはお笑いだけではなく、音楽関係にも力を注いでおり、今後もお笑いだけじゃない路線を切り開いていくそうです。

太田プロは東京を本社に置き、各地方に支社があります。北は北海道から南は福岡まで様々な場所でお笑い芸人などを育成されているそうです。

太田プロ事務所にはどんな人がいる?

太田プロ事務所にはどういった人材がいるのでしょうか?山田邦子の世代では、片岡鶴太郎やツービート、90年代に入ってくると有吉弘行や、ダチョウ倶楽部といったお笑い芸人たちが代表となります。とくに太田プロ事務所のイメージとしては、ピン芸人が活躍する傾向にあるようです。

2000年以降になると、アイドル系のタレントたちが数多く所属されており、とくにAKB48関連のアイドルたちが所属されていることも多いようです。太田プロの独特なところは、現在では給料などを銀行振り込みすることが当たり前となっていますが、事務所ではなんと社長からの現金手渡しで給料をもらえるそうです。

独立したのは有吉のせい?!

山田邦子の独立問題が発覚したのは、先月襲名した長唄の名取の披露公演に事務所スタッフが1人も来なかったことにあるそうです。ブログにも悲しい気持ちや、事務所への不信感が綴られていました。そこでなぜ有吉弘行がでてきたのでしょう?山田邦子の中で有吉弘行が事務所に行かないように仕向けたのでは?と冗談で言っていたそうです。

まだ6月に入る前までは事務所の独立騒動自体を完全に否定されていました。しかし、更新されたブログには7月からしっかりとフリーになるということを書かれています。どういった心情の変化があったのでしょうか?

山田邦子のブログにも騒動について触れている

ずっとお世話になってきた事務所を退所するとなると、かなり勇気のいることですし、大手事務所でもあるので辞め方が悪いと自分の仕事にも影響が出てきてしまいます。ブログの中では闇営業についても触れられており、ご自身でも闇営業をしないように頑張ると宣言されていました。

現在は独立する方向になった

結局、現在山田邦子は太田プロ事務所から独立されることになり、はれてフリーで活動されることを明言されています。フリーになる事自体は、40年ぶりになるそうでこれから山田邦子の活躍を期待している人も多いのではないでしょうか。また一時期みたいに山田邦子がテレビ界を圧倒することもあるかもしれません。

山田邦子は今後どうしていく?

独立問題で騒がれていた山田邦子ですが、今後はどのような活動をされていくのでしょうか?山田邦子の今後について情報を調べてみることにしましょう。

今後も芸能活動は続けていく

山田邦子は今後も芸能活動自体を続けていくとブログに綴られています。今話題の闇営業について茶化しつつも真面目に頑張るようです。現在の山田邦子は、不定期ながらもレギュラー番組を持たれています。

テレビだけではなく、ラジオやインターネット配信もされているので、かつてほど見かけないということもなさそうです。どういった番組を配信されているのか気になる方は、ぜひとも山田邦子のショールームをご覧いただくと良いのではないでしょうか。

現在乳がんはどうなっている?

山田邦子といえば、『最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学 スペシャル』に出演された時に乳がんが発見されました。それからすぐに手術を行ったそうで、大事には至らず現在は体の何処かに再発することもなく元気に過ごされているそうです。

山田邦子自身が乳がんになったことから、強い関心を持ってリボン運動にも精力的に参加されているそうです。東日本大震災のときも、助け合い精神で街頭に立ち、自ら募金運動をされていたというお話もあります。

現在もお笑いに対して意欲を燃やしている山田邦子

山田邦子の原点といえば、やはりお笑いが好きだということではないでしょうか。今現在もお笑いに対してはとても熱い情熱を燃やしており、『女芸人No.1決定戦 THE W』にも出場されようとされていましたが、情報が不確定要素が多かったために出場を辞退されたそうです。

グランプリを取ったのはゆりやんレトリィバァでしたが、山田邦子が出場されていたら違った結果が見れていたのかもしれません。

現在山田邦子は細々と芸能活動をしている

今現在も山田邦子は細々とではありますが、芸能界活動をされています。フリーになったことでさらに活躍の場を広げられていくのではないでしょうか?一時期バッシングなどをされていた山田邦子ですが、とてもひょうきんでお笑いに情熱がある山田邦子ならきっとまたテレビで活躍されることでしょう。

まとめ:山田邦子は現在事務所を退所している!

太田プロ事務所に所属されていた山田邦子ですが、結局現在は事務所から退所されています。事務所と大きな確執があったように週刊誌では書かれてしまっていることもありますが、フリーになったことで山田邦子の真価が問われることでしょう。これからの山田邦子の活躍を期待している人も多いのではないでしょうか?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-14 時点

新着一覧