マーティフリードマンの嫁は誰?2人の馴れ初めや子供はいるの?

様々な異色コラボを実現してきたギタリスト・マーティフリードマンは、現在日本人女性と結婚し、暮らしています。そんなマーティフリードマンと嫁・奥田日和とはどのような人物なのでしょう。嫁との子供や馴れ初め、活動などについて、画像付きでご紹介致します。

マーティフリードマンの嫁は誰?2人の馴れ初めや子供はいるの?

目次

  1. マーティフリードマンの嫁は奥田日和?や馴れ初めや子供について
  2. マーティフリードマンの嫁との馴れ初めや子供について紹介!
  3. マーティフリードマンの様々な一面を画像と共に紹介
  4. マーティフリードマンが日本に移住した理由は?
  5. 意外と知らない!マーティフリードマンの異色コラボ歴【画像】
  6. マーティフリードマンの嫁は日本人で現在も幅広く活躍していた

マーティフリードマンの嫁は奥田日和?や馴れ初めや子供について

マーティフリードマンをご存知でしょうか。日本では誰でも知っている、というほどではないかもしれませんが、実力とセンスを兼ね備えた有名なギタリストです。そんなマーティフリードマンは現在日本人女性と結婚し、日本で生活しています。

ファンであれば気になってしまう、マーティフリードマンの嫁・奥田日和や子供の情報、画像と共に、マーティフリードマンについて詳しくご紹介致します。

マーティフリードマンのプロフィール【画像】

・愛称:???
・本名:Martin Adam Friedman
・生年月日:1962年12月8日
・現在年齢:56歳
・出身地:アメリカ合衆国・メリーランド州ローレル
・血液型:???
・身長:???
・体重:???
・活動内容:ギタリスト、音楽評論家、タレント
・所属グループ:???
・事務所:???
・家族構成:奥田日和(妻)

マーティフリードマンの嫁との馴れ初めや子供について紹介!

世界的にも有名なギタリストであるマーティフリードマンですが、そんなマーティフリードマンの嫁と言われる奥村日和とはどのような人物なのでしょうか。子供がいるのかや馴れ初めと共に詳しくご紹介致します。

マーティフリードマンの嫁・奥田日和のプロフィール

・愛称:???
・本名:奥田日和
・生年月日:???
・現在年齢:47歳
・出身地:???
・血液型:???
・身長:???
・体重:???
・活動内容:チェロ奏者
・所属グループ:???
・事務所:???
・家族構成:マーティフリードマン(夫)

嫁・奥田日和とマーティフリードマンの馴れ初めは?

マーティフリードマンとその嫁である奥田日和の馴れ初めは、やはり音楽による出会いでした。そんな馴れ初めは2009年5月に出演した題名のない音楽会であり、出会った二人は意気投合、そのまま交際にいたったそうです。ちなみにマーティフリードマンにとっては二度目の結婚であり、過去には離婚歴がありました。

マーティフリードマンと嫁・奥田日和の間に子供はいる?【画像】

マーティフリードマンとその嫁・奥田日和の間に子供はいるのでしょうか。これに関しては、どこにも情報がなく、はっきりとしたことはわかりませんでした。しかし、二人とも高齢での結婚であり、互いに多忙な身である点を踏まえると、子供を産むための妊娠期間や産んだ後の子育て時間があるとは考え難いのが現状です。

マーティフリードマンとその嫁・奥田日和の間には、子供がいないと考えるのが妥当なのではないでしょうか。上記の画像はマーティフリードマンの子供の画像ではありませんが、実際に子供がいれば、楽しそうに遊んでくれる良い父親だったのかもしれません。

マーティフリードマンの元嫁はや馴れ初めは?

前述の通り、マーティフリードマンとその嫁・奥田日和は再婚です。ということは、マーティフリードマンには以前結婚していた元嫁が存在するということになります。そんな元嫁とはどのような人物だったのでしょうか。調べていて分かったことは、元嫁の名前が「Chihiro」であるということと、元嫁がユニークな人物であったということのみでした。

そのため、当然元嫁との馴れ初めについての情報や画像もありませんでした。元嫁である「Chihiro」とは1994年の5月に結婚していますが、別れた時期は書かれていないようです。また、子供に関する情報もつかむことができませんでした。しかし、前回マーティフリードマンが結婚した時の年齢は32歳であるため、元嫁が子供を引き取ったという可能性も無くはないでしょう。

マーティフリードマンの様々な一面を画像と共に紹介

マーティフリードマンとその嫁や子供、馴れ初めについてご紹介致しました。上記のようなプライベートな一面は、マーティフリードマンのファンであれば知りたいと思ってしまうものでしょう。そんなマーティフリードマンについて、様々なプライベートな一面をご紹介致します。マーティフリードマンの多くの一面を見れば、きっとさらに彼を好きになってしまうことでしょう。

マーティフリードマンの一面①ペヤング好き

マーティフリードマンのファンの間では有名な、彼の好物はペヤングです。カップ焼きそばの中でも少し変わったソースを掛けて食べるぺヤング焼きそばは、当然日本人にも多くのファンがいる人気商品です。そんなペヤングのくるくるとねじれた麺の様子が、マーティフリードマンの髪と似ている、とファンの間では絶妙に親しまれています。

2014年に異物混入事件があったため、一時的に販売を中止されていたペヤングですが、約1年後に復活しており、その際もマーティフリードマンはペヤング復活について喜びのコメントをツイートしています。

有名なギタリストであるため、高級なお店での食事もできるはずなのですが、それでもペヤングが好きだと公表しているマーティフリードマンは、とても親しみやすい人物であると言えるでしょう。

マーティフリードマンの一面②日本語は独学で学んだ

マーティーフリードマンは、日本で暮らす際、日本語を独学で学んだ努力家であることも有名です。始めは大学の通信教育で日本語を学び、アリゾナ州立大学で行われた日本語の弁論大会で準優勝も獲得しています。ちなみにこの大会のテーマは国際結婚についてであったため、日本人が参加したとしても難しいテーマであったことでしょう。

マーティフリードマンの一面③アニメ好き

そんなマーティフリードマンは、日本が誇る文化の一つ、アニメも大好きなのだそうです。特にアニメ「マリア様がみてる」が大好きなようで、まったく脈絡のないタイミングで突然アニメについて語り始めることもあるようです。また、「君の名は」がヒットした際には、メガヒットの謎について語るNHK番組にも出演しており、ヒットの要因について見解を述べていました。

マーティフリードマンが日本に移住した理由は?

現在は日本に移住して活躍しているマーティフリードマンですが、かつては有名なメタルバンドで活躍していた世界的なギタリストでした。では、そんなマーティフリードマンが日本に移住した理由とはどのようなものだったのでしょう。マーティフリードマンの移住理由や移住してからの苦労した話についてご紹介します。

90年代のJ-POPがストライクゾーン

マーティフリードマンが日本に移住しようと考えたきっかけは、90年代のJ-POPが好みのストライクゾーンだったためだそうです。話によれば、マーティフリードマンは18歳の頃、父の仕事の関係でハワイに住んでいたことがあったそうで、その際に演歌などの日本の曲に触れていました。

きっと日本の音楽を好むようになった理由には、その時の経験も大きく関係しているのでしょう。アメリカにいた際も日本の音楽を聴き続けていたそうで、「好きな音楽がたっぷりある国に行かなければバカだ」と思い、移住という決断に至ったと語っています。

日本に移住してからは「外国人カード」の使用をNGに

日本に移住したマーティフリードマンは、日本の文化に慣れようと「外国人カード」を封印したとも語っています。外国人カードとはマーティフリードマンが、「外国人だから仕方ない」と、外国人であることを理由にマナーやルールを知らないことを正当化する様を指す言葉です。

一般的に見れば、外国人であるためにその国のマナーやルールを知らなかった、と口にしてもそこまで怒る人はいないことでしょう。しかし、長く日本で暮らそうと考えている人であれば、外国人であっても当然そんな理由は通用しなくなります。

マーティフリードマンが言うところの「外国人カードの封印」は、今後日本に長く滞在し、暮らしていくために必要な判断だったと言えるでしょう。実際に、暮らし始めて間もない頃はルールが分からず、ゴミの分別をせずに怒られたなどの経験もしているそうです。

苦労したのはやはり言語

そんなマーティフリードマンが、日本に来て最初に大変だったことには、やはり言語の習得が挙げられます。日本に来て間もない頃、マーティフリードマンは相川七瀬のバンドメンバーとして活動していました。そんな相川七瀬は大阪出身であったため、さらに会話は困難だったそうです。

標準語でも全て理解することが難しいマーティフリードマンにとって、関西弁という方言は未知の言葉に聞こえたのでしょう。また、政治や経済、医学用語といった専門用語なども全く理解できず、日本に来た頃は理解しているふりが日に日に上達していったとも語っています。

意外と知らない!マーティフリードマンの異色コラボ歴【画像】

日本の音楽が好きすぎて日本に移住したというマーティフリードマンですが、日本の音楽好きが高じて様々な異色のコラボもされています。その相手は有名な演歌歌手からアイドル、ボカロのプロデューサーなど、幅広く、正に移植としか言いようのないものばかりのようです。最後はそんな、マーティフリードマンの異色コラボ歴についてご紹介致します。

元々は世界的メタルバンドのリードギタリストだった【画像】

そもそも、マーティフリードマンが所属していた世界的メタルバンドをご存知でしょうか。2017年度『グラミー賞』を受賞したメタルバンド、メガデスのリードギタリストだった人物です。これだけ聞いてもピンとこない人もいるかもしれませんが、グラミー賞とは、現在世界で最も権威のある音楽賞の一つであり、映画で言うところのアカデミー賞のようなものです。

その歌詞の内容はインテレクチュアル(知的な)・スラッシュメタルとバンドの中心人物であるムスティンが自称するものであり、核戦争や戦争の正当性、政府の陰謀など、幅広い分野を自由に表現しています。それほどのビッグバンドに所属していた経歴を捨てて日本に来た突飛な人物であれば、現在これほど自由で多彩なコラボを実現していることにも納得がいくことでしょう。

異色コラボ①ももいろクローバーZ【画像】

・グループ名:ももいろクローバーZ
・結成日:2008年5月17日
・グループメンバー:百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、高城れに
・主な活動:アイドル、歌手
・所属事務所:スターダストプロモーション
・所属レコード事務所:EVIL LINE RECORDS

まず最初にご紹介する代表的な異色コラボは、アイドルグループ・ももいろクローバーZとのものです。コラボ曲は「猛烈宇宙交響曲・第七楽章 〈無限の愛〉」であり、ももクロの元気すぎる曲にマーティフリードマンのギターテクニックが加わることで、壮大な宇宙オペラとなった作品です。

異色コラボ②石川さゆり

・愛称:???
・本名:石川絹代
・生年月日:1958年1月30日
・現在年齢:61歳
・出身地:熊本県飽託郡飽田村
・血液型:???
・身長:???
・体重:???
・活動内容:演歌歌手、女優
・所属グループ:???
・事務所:さゆり音楽舎
・家族構成:???

次にご紹介する異色コラボは、演歌歌手・石川さゆりとの異色コラボです。コラボ曲はなんとあの有名な「天城越え」であり、コラボでの紅白出演も果たしているため、実際に目にした方も多いのではないでしょうか。そんなマーティフリードマンと石川さゆりのコラボ版「天城越え」は、実はあの有名なイチロー選手も試合で使用していた曲なのだそうです。

この試合での使用を申し入れたのはイチローの方であり、マーティフリードマンと石川さゆりはそれに応えるべく専用の音源を録音しています。一時は「これでは打てない」と差し戻されもしたようですが、最終的にはイチローも納得し、バッターボックスに立つ際の音源として使用していたそうです。

異色コラボ③八代亜紀

・愛称:???
・本名:橋本明代
・生年月日:1950年8月29日
・現在年齢:68歳
・出身地:熊本県八代市
・血液型:???
・身長:???
・体重:???
・活動内容:演歌歌手、女優、画家
・所属グループ:???
・事務所:ミリオン企画
・家族構成:???

3つ目にご紹介する異色コラボは、演歌界の大御所歌手・八代亜紀とのコラボです。コラボ曲はこちらも有名な「雨の慕情」であり、メタル風にアレンジされた曲に合わせて歌う八代亜紀の歌声は新鮮かつ斬新だと大きな話題を呼びました。

異色コラボ④八王子P

最後にご紹介する異色コラボはまさに異色と言わざるを得ない、八王子Pとのコラボです。八王子Pと聞いて、全くピンとこない人も中にはいるかもしれません。八王子Pとは、音声合成ソフトであるVOCALOIDを使用して楽曲を製作している人物であり、ボカロを好む人であればその名を知らない人はいないほどの有名プロデューサーです。

メタルバンドから始まり、J-POP、演歌とジャンルを超えたコラボをしてきたマーティフリードマンですが、とうとう次元を超えたコラボまで果たしてしまったことになります。実際に製作している八王子P自身は三次元の人物ですが、実際に曲を歌っているのはVOCALOIDという二次元の存在です。このようなコラボを果たした世界的ギタリストは、世界中を探しても少ないことでしょう。

マーティフリードマンの嫁は日本人で現在も幅広く活躍していた

マーティフリードマンについて、嫁との馴れ初めや子供がいるか、日本に移住した理由などについて、画像付きで詳しくご紹介致しました。マーティフリードマンは日本の音楽を愛したために移住し、幅広く活動を続けている世界レベルのギタリストですが、意外とその名前を知らない人は少なくありません。

しかし、彼は常に新しいことに挑戦していく人物であり、正に音を楽しむと言った音楽観の持ち主です。もちろんその実力は折り紙付きで、一度聞けば魅了されること間違いないでしょう。そんなマーティフリードマンであれば、今後もさらに活動の幅を広げ、新しいことを成し遂げてくれるのではないでしょうか。そんなマーティフリードマンの今後の活躍に注目です。

関連する記事はこちら

Thumbアラン・ホールズワースが死去!死因はなに?【伝説のギタリスト】 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
ThumbX Japan・HIDEの愛用ギター画像まとめ!天才ギタリストの実力は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-25 時点

新着一覧