ハロウィンの伝統的な食べ物を解説!パーティー用のスイーツレシピも

ハロウィンの伝統的な食べ物や美味しいレシピについてまとめました。ハロウィンパーティーを開く時は美味しい食べ物や可愛いお菓子レシピをチェックしておくと便利。ハロウィンらしいかぼちゃを使った食べ物や可愛いお菓子レシピでおもてなしをしていきましょう。

ハロウィンの伝統的な食べ物を解説!パーティー用のスイーツレシピも

目次

  1. ハロウィンの美味しい食べ物やレシピを紹介
  2. ハロウィンの食べ物について
  3. ハロウィンの食べ物【本場の料理】
  4. ハロウィンの食べ物【日本の料理】
  5. ハロウィンの食べ物【スイーツ&お菓子】
  6. 部屋を可愛いハロウィン小物で飾り付け
  7. ハロウィンの食べ物でパーティーを楽しもう

ハロウィンの美味しい食べ物やレシピを紹介

日本でもすっかり定番となったハロウィン。ハロウィン当日は美味しい料理を作ってパーティーをする、という方も多いのではないでしょうか。そんな時に気になるのがハロウィンにぴったりな食べ物。ハロウィンらしさを演出する為に、食卓に出す食べ物にも工夫する事が大切になります。ハロウィンにふさわしい食べ物を準備して、楽しい1日を過ごしませんか?

ハロウィンとは

そもそも、ハロウィンとはどういったイベントなのでしょうか。ハロウィンは、ケルト民族の間で紀元前から伝承されてきた宗教行事がルーツとなっています。カルト民族の宗教行事がカトリックキリスト教に取り入れられ、悪霊を追い出す行事となりました。

ハロウィンは万聖節に当たる11月1日の前日である、10月31日に行われるのが一般的。欧米各国を中心にハロウィンが開催されます。映画や海外ドラマでもハロウィンイベントを楽しむ外国の人達を見た方も多いかもしれません。そんな欧米の宗教行事のイベントが日本にも到来しました。

日本でハロウィンが知られるようになったきっかけと言われているのが、1997年に初めて開催された「ディズニー・ハッピー・ハロウィーン」。当時は10月31日だけの特別なイベントでした。ディズニーランドのゲストが仮装して集まるというイベントになっており、パレードなどはありませんでしたが、これを契機にハロウィンが日本でも浸透するようになったとされています。

ディズニーランドでハロウィンイベントが定番化した事により、日本の各所でもハロウィンが開催されるようになりました。ハロウィンの仮装パレードを行ったり、家でハロウィンパーティーを行ったり、今やハロウィンは日本でも定番のイベントとなっています。

食べ物もハロウィン仕様で楽しむ

ハロウィンがやってきたら、食べ物もハロウィン仕様にするのがおすすめ。仮装をしたり、家の装飾をハロウィンのデザインに仕上げたのであれば、食べ物もハロウィンにぴったりなレシピを取り入れていきましょう。ハロウィンにふさわしい食べ物のレシピはバリエーション豊か。欧米諸国で昔から親しまれてきた伝統料理をハロウィンの日の食卓に出すのも人気です。

ハロウィンと言えば、真っ先に思い浮かぶのがかぼちゃの食べ物ではないでしょうか。かぼちゃのランタンのイメージが強いので、ハロウィン=かぼちゃと思っている方も多いかもしれません。日本ではハロウィンにかぼちゃの食べ物を食べる場合が多く、ハロウィンホームパーティーの定番となっています。

本記事では、ハロウィンにおすすめしたい食べ物や、可愛いお菓子のレシピをまとめました。日本ではかぼちゃの食べ物をハロウィンで出す事が多いですが、海外ではどういった食べ物がハロウィンで親しまれてきたのかも要チェック。本場の食べ物を真似してハロウィンを楽しんでみるのも良いかもしれません。お好みに合わせてハロウィン用の食べ物を決めてみてください。

ハロウィンには可愛いお菓子も欠かせません。子供達にあげる可愛いお菓子レシピも取り入れていけば、きっと素敵なハロウィンパーティーになるはずです。みんなが喜ぶ可愛いハロウィンのお菓子レシピもチェックして、楽しい1日にしていきましょう。

Thumbゾンビメイクをハロウィンで!100均アイテムで簡単なリアルな傷のやり方! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

ハロウィンの食べ物について

ハロウィンを100%楽しむ為に大切になるのが食べ物。自宅でハロウィンパーティーを開く時などは、ハロウィンにぴったりな食べ物やお菓子を準備しておく事で場が盛り上がります。

ハロウィンに最適な食べ物の種類はバリエーション豊か。欧米諸国では昔からハロウィンで親しまれてきた意外な食べ物もあるので、それを生かしたレシピを取り入れるのもおすすめです。ハロウィンで役立てておきたいおすすめの食べ物をチェックしていきましょう。

かぼちゃ

ハロウィンの食べ物と聞いて、まずかぼちゃを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。ハロウィンの季節がやってくると、かぼちゃで作ったランタン「ジャックオーランタン」が随所で見られるようになった事から、かぼちゃは日本のハロウィンで定番の食べ物となりました。このようなイメージがついたのは、10月頃にアメリカでかぼちゃが多く収穫出来たのが理由。

かぼちゃがハロウィンの食べ物として認知されるようになったのは、10月頃にアメリカでかぼちゃが多く収穫出来たのが理由。沢山収穫されたかぼちゃを加工してランタンを作るようになったので、ハロウィン=かぼちゃというイメージが定着しました。ハロウィンになるとかぼちゃを使った料理やお菓子が作られ、食卓を彩ります。

じゃがいも

かぼちゃ以外にハロウィンの食べ物として挙げられるのがかぼちゃです。そもそも、ハロウィンが誕生したと言われているのが北アイルランド。古くから培われてきたケルト民族の文化からハロウィンというキリスト教の行事が行われるようになりました。1845年からアイルランドはじゃがいも飢饉に苦しみ、アメリカへの移民が急増。

アメリカへ移り住んだアイルランド人がハロウィンの文化を伝えた事から、アメリカでもハロウィンを行うようになります。アメリカにハロウィンが伝わるきっかけとなったのがじゃがいも飢饉なので、ハロウィンの定番食べ物として定着。じゃがいももかぼちゃと同様に、10月に多く収穫出来る事からハロウィンの食卓に上がる事が多くなったようです。

りんご

ハロウィンと言えば、りんごも欠かせない食べ物となっています。ハロウィンが行われる時期はりんごの収穫期であり、アイルランドでは11月1日はりんごの日と呼ばれているのがポイント。ハロウィンがやってくるとアップルホッピングと呼ばれるゲームが行われます。水に浮かべたりんごを口で取り出すというゲームで、アイルランドのハロウィンでは定番。

アイルランドの一部地域ではハロウィンの日をスナップアップルナイトと呼んでいるくらい、りんごとハロウィンは深い関わりを持っているようです。りんごゲームを行ったり、りんごを使った占いをしたり、りんごを使ったハロウィンの催し事は様々。日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、ハロウィンの本場ではこうした事も行われています。

ナッツ

ナッツもハロウィンに取り入れておきたい食べ物の1つ。ナッツ類は秋に収穫時期を迎える物が多く、ハロウィンの起源となったケルト民族にとって貴重な栄養源となっていました。ハロウィンの季節がやってくるとバーニングナッツというイベントが行われるのが定番。暖炉にナッツを投げ入れて恋人との運命を占いという物です。

ハロウィンの本場では当日に殻付きの落花生が多く売られている様子を見られます。また、ナッツを使ったバナイェッツという食べ物も食べられる事で知られているので、ナッツもハロウィンに取り入れてみましょう。

カブ

日本ではかぼちゃがハロウィンの定番の食べ物ですが、ハロウィンの本場であるアイルランドやイギリスではカブの方が一般的。カブには元々魔除けの効果が強いと言われており、カブを使ったランタンがハロウィンの季節に飾られます。アイルランドなどで収穫出来るカブは日本のカブよりも大きく、ランタンを作るのにも最適。カブのジャックオランタンが多く見られるようになります。

アメリカにハロウィンの文化が渡った時に、カブよりも多く収穫されていたかぼちゃを使ったランタンが定番化し、それがそのまま日本にも伝わってきました。本格的なハロウィンにしたい時は、かぼちゃではなくカブを使うのも良いかもしれません。

キャベツ

ハロウィンが誕生したアイルランドの一部地域では、キャベツもハロウィンでは定番の食べ物となっています。ハロウィンの時期になると、キャベツを収穫した時に出てくる茎を見て恋人との相性を占ったのがきっかけ。茎の長さや味などによって恋人との将来がどうなるのか占っていたようです。

ハロウィンに収穫時期を迎える食べ物がこうした占いに使われるようになった事で、食卓に登場するようになるパターンが多いようでした。キャベツを使ったレシピもハロウィンに登場させると良いのではないでしょうか。

押し麦

ハロウィンの夜は子供達が各家庭を回って「トリックオアトリート」とお菓子をもらうのが定番です。しかし、ハロウィンの夜は子供達だけで出かけると妖精にさらわれてしまうという伝説も。子供達を守る為に用いられていたのが押し麦です。押し麦と塩を混ぜた物は魔除けの効果があると言われており、お菓子をもらう子供達が出かける前に髪に擦り込んでいました。

このような事から、押し麦もハロウィンで定番の食べ物となっています。アイルランドでは押し麦を使ったお粥がよく食べられるようです。日本でもヘルシーな食材の1つとして注目されているので、取り入れてみてはいかがですか。

Thumbハロウィンはいつから?飾り付けの期間や人気のイベントを紹介! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

ハロウィンの食べ物【本場の料理】

ハロウィンで定番となっている食べ物についてチェックする事が出来たら、続いては本場でよく食べられているハロウィンの料理について見ていきましょう。ハロウィンがやってくると、定番の食べ物を使った料理が食卓を飾るのが一般的。

日本では馴染みがない料理もありますが、本格的にハロウィンを祝いたい時は本場の料理レシピを取り入れるのもおすすめです。ハロウィンの本場料理をチェックして、美味しい時間を楽しんでみてはどうでしょうか。

コルカノン

ハロウィンの定番料理として挙げられるのがコルカノン。ハロウィンの食べ物として知られるじゃがいもを蒸してマッシュし、生クリームや牛乳で滑らかな状態にします。加熱して水気を絞り、細かくカットしたキャベツを加え、塩胡椒で味付けをしたらハロウィン料理の出来上がり。家庭によって味付けや具材が変わってくるのが特徴です。

肉料理のサイドディッシュとして取り入られる事が多く、色々な料理と相性ぴったり。ハロウィンの食卓で物足りなさを感じた時に料理にプラスしてみてはいかがですか。

ボクスティ

ボクスティもハロウィンの食卓に取り入れておきたい料理。じゃがいもを使ったパンケーキで、じゃがいもが主食だったアイルランドでは定番の料理となっています。すり落としたじゃがいもとマッシュポテトを混ぜ合わせてフライパンで焼くというシンプルなレシピ。バターを使って焼く事で風味豊かなじゃがいもパンケーキになります。

サラダと合わせたり、色々なパターンで活用する事が出来るのではないでしょうか。目玉焼きと合わせて朝食として食べるのも人気。シンプルな味わいなので活用のバリエーションが多くあるのが良い所です。お好みでベーコンなどの具材を入れても美味しいのでおすすめ。

バームブラック

ハロウィン料理のデザートとして登場するのがバームブラック。干しぶどうを始めとしたドライフルーツがたっぷり入ったケーキで、アイルランドではハロウィンになると多くのお店が売り出す事で知られています。ナツメグやシナモンが入ってスパイシーな味わい。指輪が入っている事もあり、それが当たると近いうちに結婚する事が出来るとも言われています。

キャンディーアップル

ハロウィンの定番食べ物である、りんごを使ったキャンディーアップルも欠かせないお菓子。日本ではりんご飴という名前で親しまれています。小さめのりんごを飴でコーティングした甘酸っぱい味わいが美味しいと評判。チョコレートやキャラメルをかけたタイプのキャンディーアップルもあります。

アップルサイダー

ハロウィンで飲まれる事が多い美味しいドリンクとしておすすめしたいのがアップルサイダー。アップルサイダーと聞くとサイダーにりんごを入れた飲み物をイメージするかもしれませんが、実はアルコール飲料です。りんごを使って作られるお酒・シードルをベースにナツメグやジンジャー、青リンゴ、黒糖などを入れて作ります。

スパイシーな味わいで女性でも飲みやすいのが魅力。美味しいドリンクをハロウィンの食卓に出したい時に取り入れてみると良いかもしれません。

ハロウィンの食べ物【日本の料理】

続いては、日本で定番となっているハロウィンの食べ物をチェックしていきましょう。元はアイルランドで誕生したハロウィンですが、その文化がアメリカに伝わり、日本でも定番化していきます。その為、本場の伝統的な料理とは少し異なる料理を食べる事が日本では多いと言えるのではないでしょうか。

日本ではかぼちゃを使ったり、黒や黄色といったハロウィンカラーを用いた料理を食卓に出すのが一般的。可愛いおばけなどのモチーフも取り入られる事で多くあります。日本独自に発展していったハロウィンの美味しい料理を食卓に出して、ハロウィンを満喫してみましょう。

かぼちゃスープ

日本で食べられる事が多いのがかぼちゃのスープ。アメリカからハロウィンの文化がやってきた日本では、ハロウィン=かぼちゃというイメージが強いようです。その為、かぼちゃを使った美味しい料理がハロウィンでは多く食べられます。作りやすく美味しいかぼちゃ料理と言えばスープ。かぼちゃをマッシュして、牛乳や生クリーム、コンソメスープでスープ状にしていきます。

かぼちゃの甘みをしっかりと感じる事が出来るかぼちゃのスープは大人から子供まで人気が高いので、ハロウィンの食卓に取り入れるのにぴったり。トーストと合わせたり、色々な食卓で取り入れやすいのも魅力です。余ったら次の日の朝食にも出しやすいので、多めに作っておくのもおすすめ。かぼちゃの綺麗な色味がハロウィン感を高めてくれます。

かぼちゃグラタン

ハロウィンパーティーを行うのであれば、かぼちゃのグラタンも欠かせません。蒸して柔らかくしたかぼちゃを適当な大きさにカットし、ホワイトソースや好みの具材と一緒に耐熱皿に入れます。チーズをたっぷりかけてオーブンで焼いたら、かぼちゃのグラタンの出来上がり。豪華なのに簡単なレシピで作れるので、気軽に美味しいハロウィン料理を作りたい時にも最適です。

ハロウィン用のかぼちゃのグラタンなら、かぼちゃを器として使うのもおすすめです。かぼちゃの中身をくり抜いてグラタンにし、皮の部分に目や口を入れてジャックオランタンにしてみてはいかがですか。ハロウィンパーティーのメインディッシュとして出せば、きっと盛り上がるはず。美味しいだけでなく見た目も重視したハロウィン料理にしてみましょう。

かぼちゃシチュー

具沢山のかぼちゃシチューもハロウィンの食卓にぴったり。かぼちゃに玉ねぎ、人参などお好みの具材を入れて煮込み、シチューの素を入れれば簡単に作る事が出来ます。ハロウィンの日は人参をお化けの形にカットするなど工夫をしてみるのもおすすめの方法。バゲットなどを添えて出せば、食べ応えもバッチリなハロウィン料理になります。

かぼちゃのシチューはご飯と合わせるのも美味しいと評判です。バターライスをお皿に盛り付け、かぼちゃのシチューをかければボリューム感のある一皿となります。子供達も好きな味になるので、ハロウィンパーティーに出すのにも最適。このように工夫をしながら、美味しいハロウィン料理を食卓に出すようにしてみてはいかがですか。

Thumbハロウィンの定番キャラクターまとめ!コスプレ・仮装で人気なのは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

ハロウィンの食べ物【スイーツ&お菓子】

ハロウィンがやってきたら、美味しいだけでなく可愛いお菓子も欠かせません。ハロウィンイベントでは子供達がお菓子を求めて各家庭を回る事もあるので、子供達が喜ぶような可愛いお菓子を準備してみませんか?見た目が可愛いハロウィンのお菓子は簡単なレシピで作る事が出来ます。手作りお菓子で素敵なハロウィンにしていきましょう。

かぼちゃのパイ

かぼちゃは電子レンジで加熱してマッシュしておきます。牛乳・砂糖・卵黄・バター・ラム酒をかぼちゃに加えて、しっかりと混ぜ合わせましょう。パイシートにマッシュしたかぼちゃを乗せたら包み込み、縁をフォークで留めます。210度のオーブンで13分程焼いたら出来上がり。パイシートを使えばとても簡単です。

ハロウィンのかぼちゃパイなら、ジャックオランタンをイメージした形にするのもおすすめ。同じパイシートでも形を変えるだけでハロウィン感が増します。お化けの形にするなど、色々な工夫をしながら可愛いかぼちゃパイ作りを楽しんでみてはどうでしょうか。

かぼちゃのプリン

かぼちゃプリンも簡単に出来るハロウィンのお菓子レシピ。かぼちゃを電子レンジで加熱したら、牛乳・卵・砂糖・バニラエッセンスと一緒にミキサーにかけて滑らかにします。ザルで越したら、耐熱容器に入れましょう。鉄板に耐熱容器を入れたら半分くらいまで水を注ぎ、170度のオーブンで30分焼きます。冷ましたらかぼちゃのプリンの完成です。

ハロウィンパーティーに出すなら大きめサイズのかぼちゃプリンにすると特別感が出ます。ハロウィンモチーフのピックなどを刺しておくと、可愛いハロウィンのお菓子になるのではないでしょうか。

かぼちゃのチーズケーキ

電子レンジで加熱したかぼちゃに、常温に戻したクリームチーズ・卵・砂糖を加えてミキサーで滑らかにします。小麦粉を振るい入れて混ぜ、牛乳を加えましょう。耐熱容器に入れたら170度のオーブンで30分焼いて完成です。

ハロウィン用のお菓子として出すのであれば、かぼちゃを器にするのもおすすめ。かぼちゃのチーズケーキをかぼちゃの器に流し入れて焼く事で豪華なハロウィンのお菓子になります。そのままカットして美味しくいただいてみましょう。

部屋を可愛いハロウィン小物で飾り付け

ハロウィンパーティーをするなら、食べ物だけでなく飾り付けを楽しんでみませんか?簡単に可愛い装飾をする事が出来るハロウィンパーティーのアイディアをご紹介します。素敵なハロウィンパーティーにしていきましょう。

ガーランド

ハロウィン感を出したい時にぴったりなのがガーランド。ハロウィンモチーフのガーランドを飾るだけでパーティー感が増します。既製品を使っても良いですし、手作りするのも楽しいのではないでしょうか。

モビール

ジャックオランタンなど、ハロウィンモチーフがついたモビールも可愛い装飾にぴったり。モビールをぶら下げる事で、動きのある装飾にする事が出来ます。ガーランドと組み合わせるのも人気なので、インテリアに取り入れてみましょう。

ペーパーファン

紙で作るペーパーファンは、子供達と手作りするのにもおすすめのハロウィン小物。100円均一ショップなどで紙を準備すれば簡単に作る事が出来ます。色とりどりのペーパーファンを飾れば、それだけでハロウィン感がアップ。ガーランドの組み合わせてハロウィンの食卓を彩ってみてはどうでしょうか。

ハロウィンの食べ物でパーティーを楽しもう

ケルト民族の伝統を今に伝えるハロウィンでは、昔から食べられてきた食べ物や料理が色々あります。日本ではハロウィンのランタン=かぼちゃというイメージが強いかもしれませんが、ハロウィンの本場ではカブを使ったランタンが一般的など異なる部分もあるので、今一度ハロウィンの文化について見直してみるのも良いかもしれません。

かぼちゃ料理だけでなく、リンゴやジャガイモ、ナッツなど昔からハロウィンで食べられてきた食べ物を取り入れてみるのもおすすめ。今年のハロウィンは本場の伝統料理も取り入れて、豪華な食卓にしてみませんか?ハロウィンの日は美味しい時間を満喫してみましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-22 時点

新着一覧