河口湖の紅葉祭りは11月上旬から!ライトアップの時間やアクセスは?

紅葉シーズンにおすすめの祭りの1つに、山梨県の河口湖周辺で行われる「河口湖紅葉祭り」があります。こちらの祭りでは、紅葉の美しさや地元のグルメを堪能できると言った魅力的な点がいくつもあります。そこで、河口湖紅葉祭りでおすすめのスポットを紹介していきます。

河口湖の紅葉祭りは11月上旬から!ライトアップの時間やアクセスは?

目次

  1. 河口湖紅葉祭りの情報を紹介!
  2. 河口湖紅葉祭りの基本情報
  3. 河口湖紅葉祭りの見どころ
  4. 河口湖周辺のおすすめスポット
  5. 河口湖紅葉祭りの注意点
  6. 河口湖紅葉祭りを満喫しよう

河口湖紅葉祭りの情報を紹介!

秋と言えば紅葉シーズンです。日本全国にある観光名所には、美しい紅葉を見ようと多くの観光客が訪れます。紅葉にまつわるイベントが全国で催されているのですが、その中でも河口湖で行われる河口湖紅葉祭りについて詳しく紹介します。

河口湖の紅葉祭りとは?

河口湖紅葉祭りは毎年11月に行われるお祭りで、今年は11月1日から11月23日までの日程で行われることが決定しています。河口湖の湖畔で、紅葉狩りやライトアップされた木々を堪能することが出来るお祭りです。お祭り期間中は、昼夜問わず紅葉を見に来る人で賑わっています。

おすすめポイントや見どころを解説

こちらの記事では、秋におすすめのお祭りの1つである、河口湖紅葉祭りの見どころやおすすめポイントについてしっかりとチェックしていくことにします。秋のお出かけに行ってみたくなること間違いなしです。

河口湖紅葉祭りの基本情報

まずは、河口湖紅葉祭りの概要について紹介していきましょう。一番大事なお祭りの開催スケジュールや紅葉を美しく見られるおすすめの時間帯など、お祭りに行く際には必ず押さえておきたいポイントばかりです。

日時と場所

まずは、河口湖紅葉祭りが行われる日時と場所についてです。今年2019年の開催については、冒頭でも触れたように11月1日から11月23日の期間に行われます。期間としては1か月弱ありますから、なかなか都合が付かなくて行くことが出来ない、ということもないでしょう。

お祭り開催期間中は平日・休日問わず観光客が多いのですが、比較的平日の方が人が少ないようですから、平日を狙って行くのも良いかもしれません。開催時間は、朝の9時から夜の19時までです。ただし、ライトスポットに関しては22時までとかなり遅くまで行われているので、平日にライトスポットされた紅葉だけ見に行くということも出来るでしょう。

河口湖紅葉祭りが行われる場所についてですが、河口湖の北岸の河口梨川周辺で行われるということです。メイン会場となっているところに行くには、車で向かうのが一番良いのですが、公共交通機関を使って行くということであれば、河口湖駅から出ている河口湖周遊バスに乗って、久保田一竹美術館バス停で降ります。バスの乗車時間は約25分と長めです。

ライトアップ時間

紅葉がライトアップされる時間帯についてですが、明確な時間については決まっていないようです。ただし、毎年16時30分頃からライトアップが開始されるということでした。おそらく、日が沈んで辺りが暗くなってきた頃にライトアップが開始されるということでしょう。河口湖紅葉祭り自体は19時で終了なのですが、紅葉のライトアップは22時までされています。

お祭り自体に参加できなかったとしても、22時までやっている紅葉のライトアップだけを見に行くということも出来るので、忙しい人でも紅葉の美しさを感じられる、とてもおすすめのお祭りです。

駐車場の場所と料金

河口湖紅葉祭りに車で行きたいという人にとっては、駐車場の状況や値段などが気になるところです。河口湖紅葉祭りの会場までのアクセスが、バスでしか行けない場所ということもあるので、車で行きたいという人も少なくはないでしょう。ただ、多くの人が集まるところの駐車場は、満車状態になることが多いですが、河口湖紅葉祭りの駐車場はどうでしょう。

河口湖紅葉祭りでは、車での来場者向けに駐車場がしっかりと用意されているようです。駐車場の場所についてですが、河口湖紅葉祭りが行われている場所の近くに、河口湖猿まわし劇場があり、その裏側に臨時の駐車場が設置されています。なんと車200台が駐車出来る駐車場ということなので、臨時と言えどもかなり広い駐車場であることが分かります。

実際、「祭りに車で行ったのに、駐車場が満車で停められなかったことはない」という口コミがありました。しかも、誘導してくれる警備員さんが平日でもしっかり立っているので、その点も安心して車で行けるポイントではないでしょうか。

気になる駐車場の料金についてですが、なんと無料だということです。駐車場の混雑具合についてですが、やはり平日よりも土日の方が圧倒的に駐車場が混雑するようです。おすすめの時間帯は、午前中などの早い時間帯になります。その時間帯の場合はライトアップは見られませんが、混雑しては入れないということを避けたければ、時間を優先した方が良いでしょう。

河口湖紅葉祭りの見どころ

次に、河口湖紅葉祭りの見どころについて見て行きましょう。河口湖紅葉祭りには見どころが満載です。メインの紅葉はもちろんのこと、それ以外にも楽しめるポイントや見どころがあるので、お祭りに行く前にしっかりとチェックしていきましょう。

もみじ回廊

河口湖紅葉祭りで一番おすすめの見どころは、もみじ回廊です。もみじ回廊はその名の通り、約60本の紅葉が回廊状になっているスポットのことです。梨川の川に沿って両側に紅葉の木が連なっており、とにかく美しいです。日中も美しいのですが、特にライトアップされる16時30分以降の美しさは圧巻で、幻想的な雰囲気が漂っているということです。

ライトアップされることによって紅葉の美しさが際立っているため、ライトアップされている時間帯の紅葉鑑賞は外せないおすすめポイントです。昼の美しさと比較するためにも、日中のもみじ回廊を見た後に周辺を散策し、また夜にもみじ回廊を見に来るというプランもおすすめです。実際そのようにして楽しんでいる人も多いということです。

もみじ回廊を見物する時の注意点についても押さえておきましょう。もみじ回廊は川沿いにあるため、散策する際は土の上を歩くことになります。そのため、河口湖紅葉祭りでもみじ回廊を見て回りたいという場合は、土の上でも歩きやすいような靴を選んで履いてくることをおすすめします。雨が降った日などにはぬかるみもありますから、ヒールはおすすめ出来ません。

紅葉トンネル

次におすすめの見どころが紅葉トンネルです。紅葉トンネルは、主に車で河口湖紅葉祭りに来る人におすすめの見どころスポットになります。場所は、もみじ回廊がある場所から車で約10分走ったところにあるスポットです。トンネルと聞くと、もみじに囲まれながら道路を走るイメージかもしれませんが、それとはちょっと異なります。

ちょうど中央線のところにもみじの木が植えられており、それを眺めながら車を走らせるというようなイメージです。トンネルなのか、という突っ込みが聞こえてきそうなところではありますが、かなり背の高いもみじの木が道に沿ってずっと連なっている姿は圧巻です。お祭りの見どころでもあるので、多くの人が車で立ち寄って紅葉の美しさを目に焼き付けています。

紅葉トンネル自体がおすすめの見どころではあるのですが、さらに見どころスポットがあります。それは、紅葉トンネルの木の後ろに富士山が見えるポイントがあるということなのです。その絶景ポイントを撮影するために、全国から観光客が集まるということですから、かなりおすすめの見どころであるということが分かるでしょう。

もみじ回廊はライトアップがされており夜も楽しめるのですが、紅葉トンネルに関してはライトアップがされていないので注意が必要です。紅葉トンネルの美しさを見る場合は、日中に訪れることをおすすめします。

屋台や催し物

ここまで書いてきたように、河口湖紅葉祭りの見どころは紅葉の美しさなのですが、お祭りには欠かせない屋台やその他の催し物なども、祭りの醍醐味であり見どころであると言えるでしょう。お祭りと言えば色々な屋台が並び、屋台で食べ物を買って食べ歩くのもお祭りらしさです。

河口湖紅葉祭りは、祭りが行われている会場内に特設のステージが設置されており、催し物かなり多く開かれいます。また地元の特産品が販売されている出店もあるということです。そして、お祭りの醍醐味である屋台も河口湖紅葉祭りにももちろんあり、地元・山梨のグルメが味わえる屋台があるということで、紅葉を眺めるだけでなく屋台の食事も楽しめる魅力があります。

お祭りの屋台と言えば、焼きトウモロコシやたこ焼き・お好み焼きなどの定番メニューが想像されますが、河口湖紅葉祭りの屋台では地元のグルメが食べられるということですから、普通の屋台にはない山梨ならではの魅力を感じられる屋台になっていることでしょう。紅葉を見た後は、屋台巡りもまた楽しいかもしれません。

河口湖周辺のおすすめスポット

次に、河口湖周辺にあるおすすめのスポットについても見て行くことにしましょう。河口湖紅葉祭りに来たならば、是非その足で河口湖周辺も散策するのがおすすめです。

一本もみじ

河口湖紅葉祭りの周辺でまずおすすめしたいのが、一本もみじがあるスポットです。河口湖の湖畔には、散策できるような道があるのですが、その道沿いに数本の大きなもみじの木があるということです。もみじの木が連なった様もとても素敵なのですが、大きなもみじの木が立っている姿は、とても存在感がありかなりの迫力を感じるでしょう。

数本だけしかないもみじの木ですが、とにかく大きくて見事なもみじだということですから、一度は目にした方が良いでしょう。そして、このスポットには、一本もみじと河口湖、”うの島”の3つの見どころを同時に見ることが出来る上に1枚の写真に収められる、おすすめの撮影スポットにもなっています。

河口湖紅葉祭りに車で行かれた場合には、近くに大石公園があるので、そちらの駐車場に車を停めた上で、一本もみじが見られるスポットまで歩いて行くと良いでしょう。距離にして300mほどということですから、駐車場からはかなり近いようです。

留守ヶ岩

次におすすめのスポットが留守ヶ岩です。こちらの見どころは、道路に大きくせり出している存在感あるもみじです。こちらでは見事な絶景も写真に収めることが出来、人気の撮影スポットになっているということです。富士山を被写体にすると、脇に紅葉が被さるように入っている姿はとにかく美しいです。

場所はもみじトンネルの近くで、実際にこの場所を訪れる際には、もみじトンネルの辺りの駐車場に車を停めてから歩いて向かうのがおすすめです。実際には、路上駐車して写真を撮っている人がかなり多いということですが、道路の幅がかなり狭く、危険を伴うということです。面倒でも少し離れた所にはなりますが、駐車場を利用するようにしましょう。

天下茶屋

最後のおすすめスポットは天下茶屋です。紅葉の見どころとしてもおすすめですし、食事の美味しさという点においてもおすすめしたいお店です。場所はもみじ回廊から車で20分離れたところにあり、山の上に位置しています。ですから、そこから眺める景色は見事で、河口湖・富士山・紅葉全てを堪能できます

絶景が見られるとあって人気のスポットなのですが、看板メニューのほうとうも美味しいということで、話題のスポットになっているということです。自家製の麺を使ったほうとうは、野菜がたっぷり入った食べ応えのある一品で、野菜と麺に味噌がよく絡んで美味しくいただけます。値段も1080円とお得です。

・スポット名:天下茶屋
・住所:山梨県南都留郡富士河口湖町河口2739
・電話番号:0555-76-6659
・定休日:無休
・営業時間:10:00~17:00
・アクセス:富士急行線河口湖駅から富士急バス天下茶屋行き路線バスにのり終点下車

河口湖紅葉祭りの注意点

最後に、河口湖紅葉祭りに行く際の注意点を上げておきましょう。祭りをしっかりと堪能したいということであれば、事前に天候やファッションなどをチェックしておく必要があります。

紅葉シーズンの気温は低め

河口湖紅葉祭りが開催されているのは、11月頭から下旬にかけての寒さを感じる季節です。特に、祭りが開かれているあたりは、都市部などに比べると気温も低いですから、着て行く服装などには十分気を付けた方が良いでしょう。寒くて紅葉どころではない、という状況は一番もったいないです。寒くても大丈夫なように、着て行く服装や持ち物に注意しましょう。

防寒対策が必須

寒さが強く感じられるため防寒対策が必要なのですが、例えば薄手のダウンジャケットを羽織って行ったりするのもおすすめです。軽くて身動きも取りやすいので、着ていてもそこまで気にはならないはずです。どれほどの防寒対策をして行くべきなのか、ということについては、事前に天気予報などで天気・気温を入念にチェックするようにしましょう。

河口湖紅葉祭りを満喫しよう

11月に開かれている河口湖紅葉祭りでは、紅葉の美しさはもちろん地元山梨の魅力をたっぷり感じられます。お祭り以外にもおすすめの見どころが沢山ありますから、秋は山梨に訪れて、河口湖紅葉祭りや地元グルメを堪能すると良いでしょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-21 時点

新着一覧