ゴールデンボンバー鬼龍院翔が貯金額を告白!気になる印税はどのくらい?

ゴールデンボンバーのメンバー・鬼龍院翔をご存知でしょうか。かつて大ブレイクした『女々しくて』を作曲した人物として有名ですが、そんな鬼龍院翔の貯金額を2億円を超えたことが、現在話題となっています。そんな鬼龍院翔の貯金額や印税について、詳しくご紹介致します。

ゴールデンボンバー鬼龍院翔が貯金額を告白!気になる印税はどのくらい?

目次

  1. 鬼龍院翔の貯金額が2億円!?印税やメンバー格差についても…
  2. 貯金額が2億円を超えた!?鬼龍院翔はコツコツ貯金していた?
  3. ゴールデンボンバーブレイクのきっかけ!あの曲の印税がすごい?
  4. 曲の印税はほとんど鬼龍院翔に?メンバー格差は?
  5. 今後も鬼龍院翔とゴールデンボンバーメンバーの活躍に注目

鬼龍院翔の貯金額が2億円!?印税やメンバー格差についても…

鬼龍院翔というアーティストをご存知でしょうか。ゴールデンボンバーの作詞作曲を務めたと聞けば、名前で分からない人でもきっと聞いたことがあることでしょう。そんな鬼龍院翔ですが、先日貯金額が2億円に至ったと口にしたことが話題になっているようです。

一時はある楽曲によって大ブレイクしたゴールデンボンバーですが、その印税がすごかったのであろうという噂もあります。そこで、気になるゴールデンボンバーのメンバー・鬼龍院翔の得ている印税や、メンバー内あると言われている格差についても詳しくご紹介致します。

ゴールデンボンバー・鬼龍院翔のプロフィール

・愛称:キリショー、キリちゃん
・本名:???
・生年月日:1984年6月20日
・現在年齢:35歳
・出身地:東京都浅草
・血液型:B型
・身長:164㎝
・体重:???
・活動内容:歌手
・所属グループ:ゴールデンボンバー
・事務所:ユークリッド・エージェンシー
・家族構成:???

貯金額が2億円を超えた!?鬼龍院翔はコツコツ貯金していた?

ゴールデンボンバーのメンバー・鬼龍院翔の貯金額が2億円を超えたとは本当なのでしょうか。その真偽と共に、この若さでどうしてここまでしっかり貯金できたのかについてもご紹介していきます。

鬼龍院翔が貯金額2億円を暴露

鬼龍院翔の貯金額が2億円を超えているというのは本当のことなのでしょうか。その真偽は、2019年8月19日に放送された、「有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議SP」にて語られました。番組に出演した際、鬼龍院翔は「せっかちな芸能人」としてゲスト出演しており、その貯金額が2億円であることを暴露しています。

貯金額2億円の理由はせっかちだから?

ではどうして、せっかち芸能人として招かれた鬼龍院翔が貯金額を暴露することになったのでしょうか。それは、鬼龍院翔が持つ2億円という貯金額と、せっかちな性格が繋がっているためのようです。番組内で、鬼龍院翔は自身が貯金している理由について詳しく語っており、その理由が「終活」によるものだと明かしています。

終活とは、一般的に年齢を重ねた人が自身の人生の終わりと向き合い、残される家族や自身の幸せな最期について考える最終調整だと言われています。終活をしていることがなぜせっかちであるかというと、一般的に終活を始める年齢として最も多いのが70代であると言われており、次いで60代、どんなに早くとも30代から考え始めるものであるためです。

現在はすでに30代中盤に差し掛かっている鬼龍院翔ですが、すでにこれだけの金額を貯金しているとなれば、おそらくこの貯金を始めた時点ではまだ20代だったであろうことが予想できます。鬼龍院翔の持つ2億円という貯金ですが、実際には一般的なサラリーマンの生涯年収を基準に目標額が決められているようで、その金額が2億円だったとのことです。

人気が一気に急上昇したゴールデンボンバーですが、その人気が永遠に続くという保証はないため、先々のことを考えての貯金だとされており、この目標額に達した後は、稼いだお金を自由に使って生活するつもりだったと語っています。しかし、これだけ計画的に生活してきた人物が突然生活を変えることは難しかったようで、結局のところ大きく生活を変えることはできていないようです。

ゴールデンボンバーブレイクのきっかけ!あの曲の印税がすごい?

ゴールデンボンバーと聞けば、誰しも思い浮かぶ代表曲があることでしょう。一度は耳にしたことがあり、世代であればカラオケで流れれば歌えない人はいないほどのあの有名曲を作った人物こそ、メンバーの一員である鬼龍院翔です。そんな鬼龍院翔が作ったあの有名曲は、一体どれほどの印税額になったのでしょうか。

ゴールデンボンバーが大ブレイクするきっかけとなったあの有名曲について、カラオケランキングでのとんでもない記録や驚きの印税額について、ご紹介致します。

ゴールデンボンバーと言えば『女々しくて』

ゴールデンボンバーのメンバーと言えば、楽器を弾かないパフォーマンスでも有名ですが、そんな裏事情が広まったのも、やはり代表曲『女々しくて』のPVではないでしょうか。独特のダンスパフォーマンスに素顔を隠すようなメイク、テンポのいい曲調に載せた面白い歌詞と、当時の若い世代の興味を惹くには十分な楽曲だったことでしょう。

その人気でなんとカラオケランキングが…?

ヒット当時、耳にしたことの無い人が1人もいないというほど話題になった『女々しくて』ですが、そんな『女々しくて』は、若い世代がカラオケで歌う定番曲としても話題になりました。ただ歌うだけでなく、PVの中でメンバーが躍っているダンスを踊ることで、場が盛り上がると定番曲になったようです。

こうしてカラオケ定番曲として1グループが1曲歌うのでは、というほど歌われた『女々しくて』は、なんとカラオケランキングで50週連続1位という快挙を生み、実に1年以上もの期間、カラオケランキングのトップに君臨し続けました。

カラオケの印税がとんでもないことに…

皆さんは、アーティストがカラオケによって得る収益がどれほどのものかご存知でしょうか。基本的には印税として支払われるのその収入は、1曲楽曲が歌われるごとにアーティストに2円入るという仕組みで成り立っています。そのため、ヒットして間もなくの頃は、印税だけで1000万円もの収入があったと言われており、現在でも月に20~30万円ほどは印税を受け取っているそうです。

鬼龍院翔は、当然、メンバー全員で参加するライブの方が収入ははるかに上だとも語っていますが、印税だけで月収1000万円とは、なんとも羨ましく感じる人も多いのではないでしょうか。

曲の印税はほとんど鬼龍院翔に?メンバー格差は?

ファンであれば知らない人はいませんが、『女々しくて』楽曲の作者である鬼龍院翔は、ゴールデンボンバーのボーカルを担当しているメンバーでもあります。そんなゴールデンボンバーのメンバー内での収入の振り分けはどのようになっているのでしょう。また、格差はあるのでしょうか。メンバーの収入格差についても、詳しくご紹介します。

作詞・作曲を鬼龍院翔が担当

前述の通り、ゴールデンボンバーの楽曲の作詞・作曲を務める鬼龍院翔ですが、ボーカルも務めており、端から見れば、やはり鬼龍院翔がいてこそのゴールデンボンバーと言える状態でしょう。そんな鬼龍院翔と他メンバーとの収入の割り振りはどうなっているのでしょうか。

他メンバーが明かした情報によれば、曲を作っているのが鬼龍院翔であるため、印税は全て鬼龍院翔が収入として得ているようです。他メンバーの主な収入源はグッズの収入などライブによるものであり、それを四等分して得ているのだそうです。

メンバー内に格差によるトラブルはない

前述のとおり、印税を全て鬼龍院翔が得ているとのことから、メンバー内の収入にはやはり格差があることが分かるでしょう。印税だけでも月20~30万円との情報があり、最盛期には1000万円の収入にもなっていました。そんな大きな額の収入格差は、他メンバーとのいざこざの原因になることもあるのではないでしょうか。

結論から言うと、収入格差によるメンバー内のトラブルは起きたことがないようです。他メンバーからは、「僕らは何もできない」「むしろお金を頂いていて申し訳ない」といった謙虚な声が多く、「何もしていないのにがっぽがっぽ」と、むしろ満足そうな姿まで見られるようです。

楽器ができるというのであればともかく、楽器を弾くことも無く作詞・作曲に加え、ボーカルまで鬼龍院翔がこなしているのであれば、メンバーがこれだけ謙虚な姿勢であることにも納得がいくのではないでしょうか。とはいえ、人間の欲は深いものであるため、メンバーが常識や謙虚な心を持っているからこそのバランスであることも間違いありません。

今後も鬼龍院翔とゴールデンボンバーメンバーの活躍に注目

ゴールデンボンバーのメンバー・鬼龍院翔の得ている印税や、メンバー内あると言われている収入格差についても詳しくご紹介致しました。一時とんでもない人気を誇ったグループも、現在は人気が落ち着き、固定ファンを持ついちアーティストとして活躍しているようです。とはいえ、やはりパフォーマーとしての人気は高く、現在もライブのチケットはすぐに完売してしまいます。

そんな人気アーティストグループの一つとして、ゴールデンボンバーは活躍し続けることでしょう。メンバーがバラエティー番組に出演することもちらほらあるため、テレビで見かける機会も決して少ないとは言えないようです。そんなゴールデンボンバーと鬼龍院翔の、今後の活躍に注目です。

関連する記事はこちら

Thumbゴールデンボンバー鬼龍院翔のすっぴん画像!彼女は?本名や身長の情報まで! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb【ゴールデンボンバー】メンバーのプロフィールまとめ!本名・身長も調査! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-20 時点

新着一覧