秋の歌でイメージする名曲といえば?おすすめヒットソング65選!

秋の夜長は音楽を聴いて過ごす方も多いのではないでしょうか。秋の歌はどこかノスタルジックなイメージのある名曲が多く存在しています。今回は、おすすめの秋の歌を、邦楽・洋楽・童謡・クラシックとジャンル別にご紹介していきます。人気の秋の歌を是非チェックしてみて下さい。

秋の歌でイメージする名曲といえば?おすすめヒットソング65選!

目次

  1. 「秋の歌」でイメージする名曲を紹介!
  2. 秋の歌①邦楽
  3. 秋の歌②洋楽
  4. 秋の歌③クラシック
  5. 秋の歌④童謡
  6. 秋の歌⑤番外編
  7. 秋の歌を流しながら楽しむ!秋の行楽
  8. 秋の歌で季節の移ろいを感じよう

「秋の歌」でイメージする名曲を紹介!

四季の移り変わりがはっきりしている日本では、季節感を大切にしてきました。音楽のシーンでも、同じです。秋をイメージさせる名曲が沢山あります。秋は、どこか物悲しい気持ちになる季節でもあります。そんなメランコリックな気分は、海外の洋楽や古典であるクラシック音楽のモチーフとしても人気です。

秋の夜長は名曲を楽しもう

「秋の夜長」という言葉があるように、秋は夜が長くなる季節。そんな秋の夜長は、音楽鑑賞がおすすめです。お気に入りのアーティストが歌う秋の歌を聞いていると、心が落ち着いてくるのではないでしょうか。また、クラシックの名曲やジャズのスタンダードナンバーは、しっとりとした気分にしてくれるでしょう。

人気の歌やおすすめの曲をチェック

今回は、数ある秋の歌の中からおすすめの人気曲を邦楽、洋楽、クラシック、童謡、その他と5つのジャンルに分けてご紹介していきます。誰もが耳にしたことがある名曲から、タイトルは知らなくても口ずさめるような隠れた名曲まで幅広いラインナップでピックアップしています。お気に入りの秋の歌を是非見つけてみて下さい。

秋の歌①邦楽

まずはじめにご紹介する秋の歌は、邦楽ジャンルから。J-POPやJ-ROCKをはじめ、演歌やフォーク、アニソンやボカロ曲など幅広いジャンルで秋をイメージさせる名曲が誕生しています。そうした名曲の中には、何組ものアーティストによってに歌い継がれている楽曲も数多くあるのが特徴的です。カラオケでも秋になると秋の歌の人気が急上昇♪

楓/スピッツ

スピッツが通算19作目に発表した両A面シングルに収録されている「楓(かえで)」は、透明感のあるボーカルが心に沁みる秋のバラードです。カラオケでも根強い人気を誇り、ドラマの挿入歌や主題歌にもなっています。近年では、女優であり音楽活動も公表した上白石萌歌が「午後の紅茶」のCM内で歌ったことが話題になりました。

C.O.S.M.O.S.~秋桜~/三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの通算14枚目のシングルとして2014年にリリースされた真摯な愛を歌った「C.O.S.M.O.S.~秋桜~」。2014年は、「S.A.K.U.R.A.」と「R.Y.U.S.E.I.」がそれぞれ春と夏をイメージした楽曲としてリリースされていて、「C.O.S.M.O.S.~秋桜~」は三部作の秋という位置づけでした。

セプテンバーさん/RADWIMPS

2006年にリリースされた通算3枚目、メジャーデビュー1枚目のアルバム「RADWIMPS 3〜無人島に持っていき忘れた一枚〜」に収録されている「セプテンバーさん」はRADWIMPSの秋歌として知られています。夏が終わり9月になっても続く想いは、決してひと夏の恋ではないとリリカルに歌い上げる隠れた名曲です。

赤黄色の金木犀/フジファブリック

デビュー15周年を記念して露出が増えているフジファブリック。名曲「若者のすべて」は多くのアーティストによるカバーでも人気です。「赤黄色の金木星」は、秋をテーマにした彼らの3枚目のシングル。金木星の香りが失恋の痛みを思い返させる切ない歌詞が人気です。他に、「茜色の夕日」も秋の歌です。

セプテンバー/ORANGE RANGE

2015年にリリースされたORANGE RANGE10枚目のアルバム「TEN」に収録されている「セプテンバー」は、グループサウンズのような衣装とセットで歌うPVと、歌謡曲ムード溢れるメロディ、一見ふさけているようでいてメッセージ性のある歌詞等が人気です。秋の物悲しいイメージが、曲調と合っています。

The Autumn Song/ELLEGARDEN

「The Autumn Song(ザオータムソング)」はELLEGARDEN(エルレガーデン)の4枚目のシングルとして2004年にリリースされた「Missing(ミッシング)」のカップリング曲です。全編英語の歌詞ですが、夏が過ぎ去り秋が訪れ、孤独を感じる「僕」の心情がリリカルに歌われた秋の歌です。

秋 ―さらば遠い夢よ―/エレファントカシマシ

エレファントカシマシが2002年にリリースした12枚目のアルバム「ライフ」に収録されている「秋 ―さらば遠い夢よ―」もまた、秋の孤独な気持が歌われている秋の名曲です。椎名林檎とのコラボ曲「獣ゆく細道」や東京スカパラダイスオーケストラとの「明日以外すべて燃やせ feat.宮本浩次」で人気がさらに広まったボーカリストの宮本浩次が作詞作曲を担当しています。

秋風のアンサー/Flower

2015年にリリースされた「秋風のアンサー」は、Flowerによる8名目のシングルです。秋の風に吹かれながら手をつないで歩くカップルの様子が描写された曲です。既にご紹介している三代目J Soul Brothersの楽曲「C.O.S.M.O.S. 〜秋桜〜」のアンサーソングとして作られました。彼らは同じ事務所に所属しています。

秋の空/NEWS

2010年にリリースされたNEWS4枚目のオリジナルアルバム「LIVE」に収録されている「秋の空」は、夏が去った後の物悲しい秋の様子と、取り残されたような気分が切なく歌われています。ジャニーズ事務所所属のアイドルグループの中でも、メンバーの脱退が続いたNEWSですが、このアルバム制作時は6名体制でした。

渡月橋 〜君 想ふ〜/倉木麻衣

「渡月橋 〜君 想ふ〜」は、2017年にリリースされた倉木麻衣による41枚目のシングルです。劇場版「名探偵コナン」シリーズの21作目となった「名探偵コナン から紅の恋歌」の主題歌です。タイトルや菓子の中にも登場する渡月橋は、京都の桂川に架かる橋の名前。紅葉の名所としても人気の場所です。

autumn orange/AAA

「autumn orange(オータムオレンジ)」は人気グループAAA(トリプルエー)9枚目のアルバムとして2014年にリリースされた「GOLD SYMPHONY(ゴールド・シンフォニー)」に収録されている秋の歌です。オレンジ色の秋風の中で、切ない片思いが届かない女の子目線の歌詞が、多くのファンの共感を集めています。

秋桜/山口百恵

伝説のアイドル山口百恵が、1977年にリリースした「秋桜」は、シンガーソングライターであるさだまさしが作詞作曲しています。そのため、さだまさし自身も後にセルフカバーという形で「秋桜」を歌っています。ほかにも、岩崎宏美やET-KING、坂本冬美に柴田淳、福山雅治に中森明菜と錚々たるアーティストがカバーしている名曲としておすすめです。

風立ちぬ/松田聖子

山口百恵に次いで登場したキャンディボイスのアイドル松田聖子が、1981年に発表した7枚目のシングル「風立ちぬ」。作曲は大瀧詠一、作詞は松本隆の2人が担当しています。リリース時は「グリコ」の人気商品「ポッキー」のCMソングだったそう。このCMには松田聖子自身も出演しています。

九月の砂/杏里

「キャッツアイ」や「オリビアを聞きながら」で知られる杏里が、1979年に2枚目のオリジナルアルバムとしてリリースした「Feelin'」に収録されている「九月の砂」。夏の恋が終わった歌ですが、九月の誕生石であるサファイヤが歌詞に出てくるなど、杏里のアーバンな魅力が感じられる楽曲にしあがっています。

Thumbおしゃれな音楽は海外だけじゃない!おすすめの邦楽アーティスト特選! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

秋の歌②洋楽

続いておすすめするのは、秋をイメージさせる洋楽です。洋楽の場合、日本とは秋の捉え方が違う場合もありますが、枯れ葉が舞い散る様子や暑い夏が過ぎ去ってしまった後の気持ち等切なさを感じる点では共通しています。有名な曲からファンにはお約束の人気曲、隠れた名曲とさまざまな秋歌をお楽しみください。

Autumn Leaves/Ed Sheeran

イギリス出身のシンガーソングライターEd Sheeran(エド・シーラン)は、グラミー賞に13回ノミネートされ4回受賞した人気実力共にトップクラスのアーティスト。2011年のデビューアルバム「+」に収録されている「Autumn Leaves」は、秋の葉をメタファーとして人生を歌うメロディアスでエモーショナルな楽曲です。

September Song/JP Cooper

英国マンチェスター出身のアーティストJP Cooper(ジョン・ポール・クーパー)が、2017年にリリースしたメジャーデビューアルバムに収録されている「September Song」は、15歳の頃の淡い恋心が切なく歌われている秋のラブソング。遠い日の思い出を、美しい秋のイメージに重ねた楽曲です。

Wake Me Up When September Ends/Green Day

「Wake Me Up When September Ends」は、アメリカの人気バンドGreen Day(グリーン・デイ)が2005年にシングルとしてリリースした楽曲です。ボーカルを担当するビリー・ジョー・アームストロング が、自身が10歳の時に亡くした父親の事を想って作った曲との事。ライブでは、ビリーがこの曲の演奏場面で感極まってしまった事があるそうです。

Scar Tissue/Red Hot Chili Peppers

1999年にリリースされたRed Hot Chili Peppers(レッドホットチリペッパーズ)7作目のアルバム「Californication」に収録されている「Scar Tissue」は、2003年に出た「Greatest Hits」にも納められている人気曲。薬物中毒者の身体に現れる瘢痕組織(はんこんそしき)をタイトルにしたこの曲は、秋を意味する2つの英単語が出て来ます。

November Rain/Guns N' Roses

1991年にリリースされた「November Rain」は、Guns N' Roses(ガンズ・アンド・ローゼズ)の名バラードとして秋におすすめの名曲です。なんと全編9分という大作。ガンズらしからぬ静かなピアノとストリングスの導入部から始まるこの楽曲は、荘厳ささえ感じさせる構成が魅力的です。

September/Earth. Wind & Fire

タイトルに9月が入った洋楽の中でも、名曲中の名曲としておすすめしたいのがEarth. Wind & Fire(アース・ウィンド・アンド・ファイアー)の「September」。ご機嫌なファンクソングは、往年のファンばかりでなく新しい世代のファンも獲得しています。歌詞をよく聞くと、12月に9月の出来事を思い返している、という内容ですが9月のイメージが強い曲です。

September Song/Ian McCulloch

Echo and the BunnymenのボーカリストだったIan McCulloch(イアン・マッカロク)が、バンド解散後ソロとしてリリースした「 Candleland」に収録されている「September Song」は、オリジナルはブロードウェーのミュージカルソング。スタンダードナンバーに、アイルランドの伝承曲をバックグランドとしてプラスした1曲です。

Dead Leaves And The Dirty Ground/The White Stripes

アメリカの兄弟が組んだガレージロックバンドThe White Stripes(ザホワイトストライプス)の「Dead Leaves And The Dirty Ground」は、タイトルに枯れた葉っぱとあるように、秋をイメージさせる楽曲です。けだるいリズムとボーカルの声は、物悲しい秋の夜長にもおすすめ。お酒を片手に聞いてみてはいかがでしょう。

November Has Come/Gorillaz

フジロックのヘッドライナーとしても喝采を持っても帰られた人気覆面ユニットGorillaz(ゴリラズ)の「November Has Come」は、ラッパーのMF Doomをフィーチャリングしています。歌詞の中で何度も繰り返し出てくる「Something(何か)」は一体何を指しているのかについては、ファンの間でも議論が交わされたそうです。

September Love/Kool and The Gang

「September Love」は、1983年にリリースされたアメリカのバンドKool and The Gang(クール・アンド・ザ・ギャング)のソウルフルでファンキーな楽曲。こちらも、上述したEarth. Wind & Fireの秋歌同様、9月を思い出している歌詞になっています。そのテーマは、ずばり恋。切なさを感じます。

September in the Rain/The Beatles

イギリス出身の世界的バンド「The Beatles(ビートルズ)」。日本でも人気の高い彼らの楽曲の中にも、秋らしいタイトルがあります。元々は 1937年に公開された映画「Melody for Two」の中で歌われていたジャズの曲だそうです。ボーカルはポール。ロックテイストの軽快な曲調で歌っています。

Autumn Almanac/The Kinks

イギリスのロックバンドThe Kinks(キンクス)が1967年にリリースした「Autumn Almanac」は、庭師目線で秋という季節を見ている歌詞が印象的です。リリカルでありメランコリックであり、単なる式のつとしての秋だけでなく、人の人生がダブルミーニングで掛けられているようなイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

It Might As Well Rain Until September/Carole King

アメリカを代表する人気女性シンガーCarole King(キャロル・キング)が1962年に歌った「It Might As Well Rain Until September」は、「九月の雨」という邦題が付けられました。アメリカでは新学期が9月から始まる為、6月ごろから長い夏休みが始まります。そんな夏休みに好きな人の事を想うティーンの気持ちがキュートに歌われています。

Forever Autumn/Vigrass And Osborne

Vigrass And Osborne(ビグラス・アンド・オズボーン)の「Forever Autumn」は、邦題がなんともセンチメンタルです。その名も「秋はひとりぼっち」。曲のタイトルからではなく歌詞を吟味してつけられた邦題ではないでしょうか。なぜなら、歌われているのは、秋が来ると思い出す自分のもとを去って行った女性のことだからです。しっとりとした気分におすすめの1曲です。

Thumbカラオケで盛り上がる洋楽は?歌いやすい・かっこいい定番や名曲を紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

秋の歌③クラシック

続いておすすめする秋の歌は、クラシックです。クラシック音楽では、季節をイメージした曲も多くあります。また、秋をイメージさせるモチーフを取り入れた楽曲も多く作られています。秋の夜長に、お気に入りの演奏家やオーケストラによる秋の歌を心行くまで楽しんでみてはいかがでしょうか。

四季 第三番「秋」/ヴィヴァルディ

クラシックの秋の歌と言えば、アントニオ・ヴィヴァルディの「四季」の中の1つ「秋」が良く知られています。「四季」はヴァイオリン協奏曲集「和声と創意の試み」全8作品のうち、第1から第4曲の通称です。正確には「協奏曲第3番ヘ長調 RV293 秋(L'Autunno)」と題され、収穫を終えた小作農たちのダンスと酔いつぶれた姿、秋らしい狩りの様子が表現されています。

「四季」より「8月 収穫の歌 (取り入れ)」/チャイコフスキー

上述したヴィヴァルディの作品と同名の「四季(作品37a)」というピアノ独奏曲を、ロシアの作曲家ピョートル・チャイコフスキーも作っています。ロシアの1年間を月毎に表現した12の小曲が集められ、「8月 収穫の歌 (取り入れ)」から秋が始まります。この曲では、ライムギを収穫した後の一日が描かれています。

「四季」より「9月 狩りの歌」/チャイコフスキー

チャイコフスキーの「四季(作品37a)」は1885年に発表されました。「9月 狩りの歌 」は、その副題の通り秋の狩りに向かう男たちの様子が表現されています。狩人が使う角笛の音は、「狩りの楽器」とも呼ばれていたホルンやトランペットが使われています。それほど長くない曲ですが、またがる馬、興奮して飛び跳ねる猟犬のイメージが感じられるのではないでしょうか。

「四季」より「10月 秋の歌」/チャイコフスキー

チャイコフスキーによる「10月 秋の歌」では、冬が近づく晩秋の物悲しい気分を表現しています。特に、曲の最終部分では、「とても静か」と訳されるpp(ピアニッシモ)で震えるように奏でられる上声が「だんだん弱く」と訳されるmorendo(モレンド)、そして「ごくごくごく弱く」と訳されているpppp(ピアニシシシモ)と続き消えていきます。

四季 第三部「秋」/フランツ・ヨーゼフ・ハイドン

フランツ・ヨーゼフ・ハイドンもまた、「四季(Hob.XXI-3)」という作品を作曲しています。イギリスの詩人ジェームス・トムソンの長大な叙事詩「四季」をバロック音楽の代表的なスタイルであったオラトリオ(聖譚曲)にしたもので、初演は1801年です。第三部で描かれる秋は、秋の豊作を祝い、狩りが行われ、葡萄酒での祝杯という流れになっています。

序曲「秋に」/エドヴァルド・グリーグ

ノルウェーの作曲家エドヴァルド・グリーグによる序曲「秋に(作品11)」は、1865年に作曲された演奏会用の序曲です。11分ほどの管弦楽曲で、グリーグにとっては初期作品となります。1865年から69年にかけて作曲された歌曲集「九つのロマンスと歌(作品18)」の第1集第4曲「秋のあらし」を、演奏会用序曲に編曲した作品とされています。

大地の歌 第2楽章「秋に寂しき者」/グスタフ・マーラー

1908年にグスタフ・マーラーによって作曲された交響曲「大地の歌」の第2楽章に、「秋に寂しき者」と題された曲があります。マーラーによる9番目の交響曲ですが、中国の李白や王維等の詩をドイツ語訳して曲を付けたそうです。「アルトで独唱される秋に寂しき者」だけは原詩が提示されていないので、やや謎めいた作品でもあります。

バレエ音楽「ガイーヌ」より「収穫祭」/アラム・イリイチ・ハチャトゥリアン

ソビエト三巨匠の内の1人でもあるアラム・イリイチ・ハチャトゥリアンが、1942年に初演された四幕のバレエ「ガイーヌ」の為に作曲した組曲の中にも、秋の歌があります。「収穫祭」と名付けられた作品で、日本では中学校や高校のブラスバンド部がよく演奏しているそうです。但し、当初発表されたいわゆる原曲版にはなく、1952年に発表された改訂版で加えられた曲です。

バレエ音楽「四季」 第4場「秋」/グラズノフ

1900年にサンクトペテルブルグで初演された一幕四場のバレエ作品の為に、その前年にアレクサンドル・グラズノフが作曲した「四季」。冬から始まり秋で終わる楽曲構成になっています。このバレエはストーリーよりも季節の様子を描いている作品で、「秋」は収穫の喜びをバッカスの三子たちの踊りで表現しています。

ア・ストリング・アラウンド・オータム/武満徹

日本を代表する作曲家である武満徹が、1989年に作曲した「ア・ストリング・アラウンド・オータム」もまた、秋をイメージさせるクラシック曲です。フランス革命200周年記念行事であった「パリの秋」フェスティバルから委嘱され、ヴィオラとオーケストラの為の曲として作られました。「秋景色をたたむ紐」という意味のタイトルは、大岡信の詩の一節から来ているそうです。

ブエノスアイレスの秋/アストル・ピアソラ

アルゼンチンの作曲家でありバンドネオン奏者でもあるアストル・ピアソラは、タンゴをベースにクラシックやジャズの要素を取り入れたオリジナリティあふれる演奏形態で知られています。ピアソラは、舞台劇「金の垂れ髪」のために作った「ブエノスアイレスの夏」を皮切りに、「秋」「冬」「春」と作曲し「ブエノスアイレスの四季」を完成させました。

ピアノ・ソナタ第14番「月光」/ベートーヴェン

ドイツ人の作曲家ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンによって1802年に作られたピアノ・ソナタ第14番Op.27-2 嬰ハ短調には、「月光」という名前が付けられ広く親しまれています。季節に関する題名ではありませんが、月が美しいのはやはり秋。ということで、秋の歌としてご紹介します。

「ベルガマスク組曲」第3曲「月の光」/ドビュッシー

フランスの作曲家クロード・ドビュッシーによる「月の光」も、秋の歌と明記されている曲ではありませんが月の美しさが表現されているので、ここでご紹介します。1890年ごろに発表され、後に改訂版も出ています。この曲は「ベルガマスク組曲」の第3曲として作られました。旋律に中に流れている郷愁が、秋のイメージと重なるのではないでしょうか。

Thumb朝に聞きたいクラシック音楽は?爽やかな朝におすすめの曲まとめ | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

秋の歌④童謡

続いておすすめする秋の歌は、童謡です。童謡は子ども向けの歌ですが、明治や大正から歌い継がれている名曲も多いジャンルです。当時の童謡には、五七調や七五調、文語体の歌もありました。また、著名な詩人や童話作家による抒情的な歌詞も多く見られます。ノスタルジックなイメージの秋の歌が多い事も特徴でしょう。

紅葉(もみじ)/岡野貞一

秋と言えば紅葉の美しい季節。そんな美しい紅葉を、きれいなメロディにのせた「紅葉(もみじ)」は小学校の音楽の授業で習った方も多いのではないでしょうか。作曲は岡野貞一、作詞は高野辰之によるこちらの童謡は、1911(明治44)年の「尋常小学唱歌」第二学年用に掲載されました。

ちいさい秋見つけた/中田喜直

どこか切ないイメージのあるメロディの「ちいさい秋見つけた」は、1955年に発表された童謡です。NHKの特別番組「秋の祭典」の中で発表された楽曲でした。作曲は中田喜直、作詞はサトウハチローのコンビ。二人は「かわいいかくれんぼ」という童謡も作っています。サトウハチローは詩人でもあり、作家である佐藤愛子の異母兄です。

まっかな秋/小林秀雄

「まっかな秋」は、1963年(昭和38年)にNHK「みんなのうた」で放送された童謡です。作曲は小林秀雄、作詞は薩摩忠です。歌詞の中には、ツタの葉や紅葉、カラスウリやトンボの背中、ヒガンバナ等秋と赤のイメージを結び付けたものが数多く登場します。リフレインが多用され、口ずさみやすい秋の歌です。

里の秋/海沼實

「里の秋」は、1945(昭和20)年にラジオで放送された日本の童謡・唱歌です。作曲は海沼實、作詞は斎藤信夫で、2007年(平成19年)には「日本の歌百選」に選ばれています。故郷で母親と過ごす秋の様子を1番の歌詞で、出征中の父親を想う気持ちが2番の歌詞で、そして父親が南方にいることと無事に帰国を願う様子が3番の歌詞で歌っています。

秋の子/末広恭雄

「秋の子」は、1954(昭和29)年に刊行された「アサヒグラフ」という雑誌に楽譜付きで掲載された童謡です。作曲は末広恭雄、作詞は上述した「小さい秋みつけた」と同じサトウハチローです。秋を存分に楽しみながら遊ぶ子どもたちの様子が描かれている歌詞は、ノスタルジックなイメージでいっぱい。女優であり歌手である薬師丸ひろ子さんもテレビで歌っていました。

夕焼け小焼け/草川信

「夕焼け小焼け」は、1919(大正8)年に中村雨紅によって作詞され、その4年後に草川信が曲を付けた童謡です。この童謡が「文化楽譜―新しい童謡―」と題されたピアノ練習用の譜面帳に掲載されたのは、関東大震災の1か月前でした。震災の影響で版元に合った原版が焼失したものの、僅か13部が奇跡的に人手に渡っていた為、今日まで伝わったとされています。

村祭(むらまつり)/作者不詳

「村祭(むらまつり)」は、1912年(明治45年)に刊行された音楽の教科書「尋常小学唱歌」に掲載された日本の童謡です。村にある鎮守の森の神様を寿ぐ秋祭りの様子が歌われています。歌詞の中では、笛や太鼓が奏でるお祭りのお囃子がリズミカルなオノマトペで繰り返し表現されています。作詞者・作曲者共に不詳です。

虫のこえ/作者不詳

「虫のこえ」は、1910(明治43)年『尋常小学読本唱歌』に初出された文部省唱歌です。2007年(平成19年)には「日本の歌百選」にも選ばれました。歌詞の中に、マツムシやスズムシ、コオロギ等5種類の虫が鳴き声と共に登場しています。唱歌集では当時の文部省による作詞作曲となっている為、作詞・作曲者は不詳です。

赤とんぼ/山田耕筰

「赤とんぼ」は、秋の夕焼けのイメージと共に郷愁にあふれた秋の歌です。1921(大正10)年に三木露風によって詞が作られ、1927(昭和2)年に山田耕筰によって曲が付けられました。映画の挿入歌としても使われ、NHKの「みんなのうた」でも放送される等、世代を超えて長く受け継がれている名曲です。2007年(平成19年)には「日本の歌百選」にも選ばれました。

どんぐりころころ/梁田貞

「どんぐりころころ」も、秋の童謡です。作曲は梁田貞、作詞は青木存義で1921(大正10)年に作られました。終戦直後の1947(昭和22)年に、小学校用の教科書に掲載されたことを契機に広く歌われるようになったそうです。2007年(平成19年)には「日本の歌百選」に選ばれています。

まつぼっくり/小林つや江

1936(昭和11)年に発表された秋の歌「まつぼっくり」は、当時小学校1年生だった広田孝夫君が書いた詩に、先生だった小林つや江が曲を付けた童謡です。シンプルな歌詞は覚えやすく、現在でも保育園や幼稚園で子どもたちに歌い継がれています。手遊び歌としても親しまれているそうです。

やきいもグーチーパー/山本直純

NHKの子ども向け番組「おかあさんといっしょ」で歌のお姉さんやお兄さんによって歌われてきた「やきいもグーチーパー」も、子どもたちが秋の手遊び歌として楽しんでいる童謡です。作曲は山本直純、作詞は阪田寛夫です。季節感のある童謡なので、秋になると日本各地の保育園や幼稚園で歌われているのではないでしょうか。

おちばのおまつり/クニ河内

続いてご紹介する「おきばのおまつり」も、NHKの子ども向け番組「おかあさんといっしょ」で歌われていた秋の歌です。秋の落ち葉と秋風の様子が、オノマトペを交えて楽しく表現されています。作詞・作曲のクニ河内は、他に「ワンツー・どん」や「うたって・ゴー」にも「クニおじさん」として出演。民放の「ピンポンパン」や「ひらけ!ポンキッキ」でも童謡を提供しています。

十五夜お月さん/本居長世

「十五夜お月さん」は、作曲が本居長世、作詞が野口雨情による童謡です。1920(大正9)年に発表された秋の歌ですが、当時は子どもたちが歌う曲が、明治時代からの古めかしい唱歌から明るく元気な童謡へと変遷を遂げ始めた時期でもあったそう。秋の美しい月を歌う「十五夜お月さん」は、作曲家・本居長世の長女本居みどりが初の童謡歌手となった事でも知られています。

秋の歌⑤番外編

続いておすすめする秋の歌は、番外編。これまでご紹介してきた邦楽や洋楽、クラシックに童謡といったジャンルにあてはまらない秋の歌を集めています。秋に耳にすることが多い歌や曲ばかりです。秋のイメージに重なるモチーフが使われていたりと、季節感にあふれているので秋になると聞きたくなる曲とも言えるでしょう。

「地獄のオルフェ」より序曲第3部「ギャロップ」/ジャック・オッフェンバック

ドイツに生まれフランスで活躍した作曲家ジャック・オッフェンバックにより作られたオペレッタ「地獄のオルフェ」の序曲第3部「ギャロップ」は、「カンカン」や「天国と地獄」という呼び名でも知られています。一度聴いたら耳から離れないメロディーは、クラシック音楽の中でも有名な曲です。運動会の徒競走やリレーで流す学校も多いのではないでしょうか。

クシコス・ポスト/ヘルマン・ネッケ

ドイツの作曲家ヘルマン・ネッケによって作られた「クシコス・ポスト」もまた、運動会でよく聞く名曲です。日本では長く愛されてきた曲でしたが、実は海外ではあまり知られていなかったそうです。日本製のゲームソフト等で挿入歌的に使われていることから、近年は海外でも聞かれるようになったと言われています。

焼き芋屋さんの歌/作者不詳

また、秋の風物詩とも言えるのが移動式の焼き芋屋さんです。秋になると「♪い~しや~きいも~」という歌を流しながらどこからともなくやってくる焼き芋屋さんは、日本全国で見掛ける事が出来るのではないでしょうか。アナウンスでもあり呼び込みでもあるこの歌は、作者不詳です。一説によると第二次世界大戦後に生まれたとか。地域や車によって歌詞も少しずつ違うようです。

石焼き芋のうた/ヘンダーソン

上述の焼き芋屋さんの歌をラップ風にアレンジした歌ネタもCD化されています。お笑いコンビのヘンダーソンによる作詞作曲となっていて、2016年に発売されました。元々は「オールザッツ漫才」で披露された歌ネタですが、誰もが知っている焼き芋屋さんの歌が、哀愁あふれるメロディアスでキャッチ―な楽曲にアレンジされていて面白いと人気になりました。

September of My Years/ジミー・ヴァン・ホイゼン

ジミー・ヴァン・ホイゼン作曲、サミー・カーン作詞の「September of My Years(セプテンバーオブマイイヤーズ)」は、1965年にアメリカの俳優であり歌手でもあるフランク・シナトラが歌ったジャズの名曲です。この曲が収録された同名のアルバムは、グラミー賞では最優秀アルバムにも選ばれています。

Autumn Serenade/ピーター・デ・ロウズ

続いてご紹介する「Autumn Serenade(オータムセレナーデ)」もジャズの名曲であり、スタンダードナンバーです。作曲はピーター・デ・ロウズ、作詞はサミー・ギャロップによります。よく知られているのはテナーサックス奏者ジョーン・コルトレーンとボーカリストのジョニー・ハートマンが共演したものでしょう。

Autumn In New York/バーモン・デューク

運命に翻弄された歌姫ビリー・ホリデイが歌ったことでも知られるスタンダードナンバー「Autumn In New York(オータムインニューヨーク)」も秋を感じさせる名曲です。バーモン・デュークが作詞作曲しています。ビリー・ホリデイだけでなく、エラ・フィッツジェラルドやフランク・シナトラも歌っています。

旅の秋/ロシア民謡

ロシア民謡「旅の秋」は、堀内敬三によって日本語訳されています。日本各地にあった民謡酒場等でうたわれていたのではないでしょうか。日本語訳になっているので、もともとのロシア語の歌詞とは若干意味が変わってきているかもしれませんが、秋の美しい月や空、虫の声などが歌われている秋の歌です。

長崎くんち(しゃぎり)/作者不詳

秋は、日本各地でお祀りが行われる季節でもあります。10月に開催される「長崎くんち」は、江戸時代の初めに始まり300年以上の長い歴史を持っています。「長崎くんち」では、7年に一度まわってくる当番の町が笠鉾を先頭に「龍踊り(じゃおどり)」「太鼓山たいこやま(コッコデショ)」等の奉納踊りを披露します。「しゃぎり」と呼ばれるお囃子は、笛と締太鼓が使われています。

おわら風の盆/作者不詳

富山県越中八尾の「おわら風の盆」は、幻想的で美しい秋のお祭りです。元禄時代に誕生したとされる「おわら」は、豊作祈願の踊りが期限とも言われています。民謡によく見られる七・七・五・七の26音を基本にした歌は、浄瑠璃の名人だった江尻豊治が現在の形のもとになっているそうです。三味線や締太鼓、胡弓が盛り上げます。

秋の歌を流しながら楽しむ!秋の行楽

秋は行楽シーズンでもあります。ピクニックやトレッキング、キャンプとアウトドアを楽しむ季節としてもおすすめ。また、日本各地に紅葉の名所があるので、紅葉狩りにお出かけしても良いでしょう。そんな秋の行楽シーンに音楽は欠かせません。秋の歌を流しながら、秋の行楽を楽しんでみませんか。

秋キャンプ

秋はキャンプにもおすすめの季節。アウトドアシーンでも音楽が楽しめます。キャンプ料理を楽しみながら、あるいはコーヒーと共に、お気に入りの音楽を。イヤホンやヘッドホン、小さな携帯用スピーカー等が便利です。キャンプサイトでは、他のキャンパーもいる為音量や音楽を聴く時間には配慮を忘れずに。

紅葉ドライブ

紅葉が美しい秋は、日本全国にある紅葉の名所を巡るドライブも人気です。箱根や日光をはじめ、山の上にある名所も多くあります。そんなドライブ中は、秋の気分を盛り上げてくれる音楽がおすすめ。これまでご紹介してきたような秋の曲を、車の中でも流してみませんか。スマートフォンの音楽フォルダに「秋」のフォルダを作っても良いでしょう。

Thumbドライブ音楽のおすすめランキング!デートで聴きたい人気・定番曲まとめ | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

秋の歌で季節の移ろいを感じよう

秋に聞きたい名曲やおすすめの秋の歌を、ジャンル別にご紹介しました。国内外の人気アーティストが歌う有名な秋の歌や隠れた名曲をはじめ、クラシックやジャズの名曲、昔懐かしい童謡など幅広いジャンルで秋の歌は親しまれてきました。秋の夜長や行楽シーンでは、季節感のある秋の歌を聞いて、心を落ち着け季節の移ろいを感じてみませんか。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-21 時点

新着一覧