ハロウィンの英語フレーズ集!トリックオアトリートへの答え方は?

日本でも定番となったハロウィン(Halloween)に関する英語フレーズをまとめました。日本でハロウィンを楽しむのであれば、英語のフレーズや会話を学んでみるのもおすすめ。ハロウィンで定番の英語フレーズや会話をチェックして日本でもハロウィンを満喫してみましょう。

ハロウィンの英語フレーズ集!トリックオアトリートへの答え方は?

目次

  1. ハロウィンの英語フレーズを紹介
  2. ハロウィンの英語①解説
  3. ハロウィンの英語②会話
  4. ハロウィンの英語③メッセージカード
  5. ハロウィンパーティの英語ゲーム
  6. ハロウィンを英語で楽しもう!

ハロウィンの英語フレーズを紹介

日本でもすっかり定番のイベントとなったハロウィン(Halloween)。仮装をしたり、みんなで集まってパーティーをしたり、ハロウィンの楽しみ方は様々です。そんなハロウィンですが、もっと本格的に楽しむには英語のフレーズを覚えておくのもおすすめ。ハロウィンの本場である英語圏はどういったフレーズで会話をしているのではないでしょうか。

子供がいる家庭であれば、ハロウィンの英語のフレーズを一緒に覚えて会話を楽しんでみるのも良いかもしれません。ハロウィンは英語でどのようなフレーズを使って会話をするのか楽しみながら覚えていけば、子供達も英語に対するハードルが低くなるはず。今年のハロウィンは英語のフレーズも使って会話を楽しんでみましょう。

定番の英語フレーズや答え方など

ハロウィンになると、よく使われる定番の英語のフレーズはバリエーション豊か。「Trick of treat」のように、日本でも広く知られている英語のフレーズ以外にも、会話で使ってみたいフレーズは沢山あるので是非覚えてみましょう。英語のフレーズを覚えていれば、ハロウィンパーティー用の装飾やハロウィンカードに使えるのも嬉しいポイント。

ハロウィンの英語のフレーズを学ぶという事は、ハロウィンの成り立ちについても学ぶ事に繋がります。ハロウィンの成り立ちを知らないまま、何となくハロウィンをお祝いしているパターンも多いはず。しっかりとハロウィンの成り立ちや英語のフレーズについて知っていれば、日本でも本格的なハロウィンパーティーを満喫する事が出来ます。

「英語は難しそうだからハードルが高そうだな」と感じている子供達もハロウィンをきっかけにすれば、英語がぐっと身近になるのではないでしょうか。「この英語のフレーズはこういった意味があるから使われているんだ」といったように理解を深めていく事によって、ハロウィン以外の英語のフレーズにも興味を持ってくれるかもしれません。

ハロウィンをきっかけに英語に慣れ親しんでいきましょう。ハロウィンパーティーやハロウィンのゲームなど、色々な楽しい企画を通してなら英語を楽しむ学ぶ事が出来るはずです。

ハロウィンの意味や由来も英語と日本語で紹介

本記事では、ハロウィンの由来や意味についても英語と日本語の両方でご紹介していきます。ハロウィンにはどういった意味が込められているのか、日本語だけでなく英語でもチェックしておく事で、ハロウィンについて更に理解を深める事が出来るのではないでしょうか。日本語と英語の両方の側面からハロウィンの意味について学んでいきましょう。

ハロウィンでよく使われる英語のフレーズや、みんなで楽しめるハロウィンゲームもご紹介するので、ハロウィンパーティーで積極的に使ってみてください。簡単な英語のフレーズなら子供達も使いやすいので、きっと楽しいハロウィンパーティーになるはず。ハロウィンを英語に慣れ親しむきっかけと考えて、色々な英語のフレーズを取り入れてみてはいかがですか。

Thumbハロウィンコスプレのおもしろネタ服が大集合!おすすめ衣装50選! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

ハロウィンの英語①解説

まずは、ハロウィンの由来について日本語と英語の両方で見ていきましょう。何気なくお祝いしているハロウィンですが、どういった事が起源となって10月31日に行われるようになったのか知らない方も意外と多いかもしれません。ハロウィンの由来について知っておけば、ハロウィンを楽しむ気持ちも変わってきます。日本語と英語でハロウィンについて学んでみてください。

ハロウィンの由来

ハロウィンは10月31日に行われます。(Halloween is celebrated on the 31st of October every year.)

ケルト民族の間で行われていた収穫祭「サウィン祭り」が起源とされ、後にキリスト教に取り入られていきます。(The origin of Halloween comes from a celtic harvest festival called “Samhin”, which was adopted by the Catholic community.)

キリスト教の行事として制定されたサウィン祭は、徐々に訛って「ハロウィン」と呼ばれるようになりました。(Samhin was selected as an “All Saint’s day” by the Christian community and as time went by, the eve of Samhin, which was called “All hallow’s eve” gradually changed its name to Halloween)

仮装

人々はお化けに変装し、仮面を被る事によって悪霊を追い払っていたと言われています(It is said that people wear masks and dress up as ghosts to drive away evil spirits.)

ハロウィンでよく行われている仮装はミイラや魔女、ゾンビ、狼男、フランケンシュタインなどがあります。(People usually dress up in Halloween costumes like mummies, witches, zombies, werewolves, and Frankenstein.)

最近では漫画のキャラクターの仮装を楽しんでいる人もいます。(Some people dress up in other costumes like manga characters.)元々は、収穫祭で悪霊を退散する為に行われていた仮装ですが徐々に仮装の範囲が広がっていき、現在では色々な仮装をする人が増加中。日本でも仮装行列で思い思いの仮装を楽しむ人がよく見られます。

かぼちゃのおばけ

ジャックオランタンは、かぼちゃを彫刻して作ったランタンで「ランタンを持った男」という意味があります。(A jack-o’-lantern is a carved pumpkin and means ‘a guy with a lantern’.)かぼちゃのランタンは、悪霊を退散する為に玄関に置かれるようになりました。(People put them in front of their houses to drive away evil spirits.)

ハロウィンで定番となっているジャックオランタンにも、悪霊を追い払うという意味がある事が分かりました。このように日本語と英語の両方でハロウィンの由来を見ていくと、今まで知らなかった事も多かったのではないでしょうか。こういった由来を含めた上でハロウィンを楽しんでいくと、より理解を深められそうです。

子供達にハロウィンについて教える場合も、英語を交えて教えてみると良いかもしれません。「Halloween」という言葉は元々の収穫祭の名前であった「Samhin」が訛って出来た言葉であるなど、言葉の期限も含めていくと「仮装をするだけ」というイメージだったハロウィンに対する見方も変わってくるかもしれません。

Thumbハロウィンの意味や由来の雑学!かぼちゃのランタンはカブだった? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

ハロウィンの英語②会話

続いては、ハロウィンの日に会話で使える英語のフレーズをチェックしていきましょう。ハロウィンの日にぴったりな英語のフレーズを覚えておけば、ハロウィンパーティーの会話で使えてきっと楽しいはずです。

"Trick or treat!"

「Trick or treat」は、「お菓子をくれないといたずらをするぞ!」という意味の会話英語。仮装をした子供達が近所の家を周り「Trick or treat」と言ってお菓子をもらうのがハロウィンの定番イベントです。

「Trick or treat」と言われたら「Treat, of course.(もちろん!)」とお菓子をあげて、「Happy Halloween(楽しいハロウィンを過ごしてね!)」と答えるのが定番。大人も英語を覚えておくと便利です。

"Boo!"

「Boo!」は、人を驚かせる時に使う英語の会話フレーズです。日本語で言うと「わっ!」という言葉と同じような使い方をするので、ハロウィンで驚かせたい時は「Boo!」を使ってみましょう。

「Boo!」と言われて驚かされた時は、「Yikes!(キャー!)」と言って驚いたり、「◯◯ is here!(◯◯が出た!)」と仮装に合わせて答えるようにします。怖い仮装の時は「I’m scared!(怖いよ!)」と言うのも良いかもしれません。

Thumbハロウィンの飾り付けをシンプルでおしゃれに!おすすめアイデア集 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

ハロウィンの英語③メッセージカード

英語の会話だけでなく、ハロウィンで定番のメッセージカードの言葉もチェックしていきましょう。ハロウィンに絵メッセージカードを準備して、相手へのメッセージを込めてみてはいかがですか。

”Happy Halloween.”

ハロウィンのメッセージカードで使われる事が多いのが「Happy Halloween.」という英語のフレーズ。「良いハロウィンを」という意味になります。クリスマスシーズンによく使われる「Merry christmas」という言葉と同じようなイメージで使われるので、ハロウィンの日特有の挨拶と捉えておきましょう。

メッセージカードに書くだけでなく、ハロウィンの日に会った人には「Happy Halloween」と言うと、英語の会話らしくなります。子供達とも「Happy Halloween」と会話を交わしてハロウィンの日を楽しんでみましょう。

”Enjoy a spooky night.”

メッセージカードで使える英語のフレーズとしては「Enjoy a spooky night.」もおすすめです。「spooky」とは「気味が悪い」「不気味な」という意味になり、直訳すると「不気味な夜を楽しんで」という事になります。

ハロウィンの日は仮装をする人が多くいるので、「spooky」という言い回しを使うのが定番。ハロウィンならではの英語表現になるので、メッセージカードでも使ってみると良いのではないでしょうか。

ハロウィンパーティの英語ゲーム

「もっと楽しく英語を学びながらハロウィンパーティーを満喫したい!」という場合は、ハロウィンにちなんだゲームをやってみませんか?ハロウィンで定番の英語ゲームをやっていけば、自然と英語に親しむ事が出来るはずです。おすすめしたいハロウィンのゲームをご紹介します。

”What Are You?"

まずは、フランケンシュタインや魔女など、ハロウィンをモチーフとしたイラストを描いたカードを複数枚準備しておきましょう。じゃんけんで負けた人(A)がカードを一枚引き、それがゴーストカードになります。A以外の人が「What are you?」と問いかけたらAはカードを引いて、そのカードに出てきたキャラクターの名前を言いましょう。

ゴーストカードが出てきたら「I'm a ghost!」とAは言って、みんなは立ち上がります。立ち上がるのが一番遅かった人が次にカードを引く人になり、これを続けていくのが基本のルール。基本のルールをベースとして色々なアレンジを加えてみるのもおすすめの方法です。

アクティブなゲームにしたい時は、Aが「I'm a ghost!」と言った瞬間にみんなが逃げて鬼ごっこのようにしても良いかもしれません。Aにタッチされた人が次にカードを引く人になります。その場の雰囲気に合わせてやり方を決めてみてください。

"Who Took The Candy?"

「Who Took The Candy?」もハロウィンにおすすめしたいゲームです。Aが袋の中に好みのお菓子を入れてみんなに見せましょう。他の人は輪になって座り、目をつぶります。その間にAは誰か一人の後ろに袋の中のお菓子を置いてください。みんなが目を開き、自分の後ろを探ってお菓子があるかどうか確認します。

Aが「Who Took The Candy?」と言ったら、みんなは順番に「Not me!」と言っていきましょう。それぞれが「No me!」と言っている様子を見て、誰の後ろにお菓子があるのかを当てていきます。最後まで当てられなかったら、お菓子はその人の物に。当てられたら、その人が次にお菓子を後ろに置く役に割り当てられます。

ハロウィンを英語で楽しもう!

ハロウィンでは、定番として使われている英語のフレーズが色々あります。「Happy Halloween」や「Trick of treat」などの英語のフレーズを活用して、ハロウィンパーティーを盛り上げてみてはいかがですか。ハロウィンならではの英語フレーズを使う事で、子供達も英語に慣れ親しみ英会話を始めるきっかけとなるかもしれません。

ハロウィンでは単に仮装を楽しむだけでなく、由来についても学んでおくのがおすすめ。元はケルト民族の収穫祭であったという事、悪霊を追い払う為に仮装をするようになった事などを知った上でハロウィンパーティーを行うと、また違った楽しみが見つかるのではないでしょうか。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-22 時点

新着一覧