沖縄のインスタ映えスポット総集編!おすすめカフェ・観光名所55選

日本を代表するリゾート地である沖縄には、インスタ映えするスポットがたくさんあります。今回は、沖縄でおすすめのインスタ映えスポットをご紹介していきましょう。インスタ女子に人気のかわいいカフェやおしゃれな観光スポット、絶景等沖縄らしさを感じる場所をご覧下さい。

沖縄のインスタ映えスポット総集編!おすすめカフェ・観光名所55選

目次

  1. 沖縄の人気インスタ映えスポットを紹介
  2. 沖縄インスタ映えスポット①歴史・文化
  3. 沖縄インスタ映えスポット②自然・名勝
  4. 沖縄インスタ映えスポット③ショッピング
  5. 沖縄インスタ映えスポット④カフェ・グルメ
  6. 沖縄インスタ映えスポット⑤その他
  7. 女子におすすめ!沖縄のホテル
  8. 沖縄のインスタ映えスポットで楽しもう

沖縄の人気インスタ映えスポットを紹介

観光地として、国内外から多くの人々が訪れる沖縄。青く澄んだ海や、古の琉球王国を感じさせる歴史的建造物、南国の鮮やかでかわいい花等、沖縄からイメージされるものは様々でしょう。近年はインスタ映えするスポットが次々に話題になる程、注目度の高い場所です。今回は、そんな沖縄のインスタ映えスポットをご紹介していきます。

定番観光地からインスタ映えの穴場まで

沖縄で人気のインスタ映えスポットの中には、定番の観光地も数多くランクインしています。歴史や文化を感じさせるインスタ映えスポットは、1429年から1879年の450年間存在していた琉球王国にかかわりのある場所が中心です。沖縄の伝統工芸も、文化的インスタ映えスポットに含まれます。また、豊かな自然が感じられるインスタ映えスポットにも注目です。

かわいいスポットや観光名所を紹介

近年のインスタブームに乗って、沖縄ではインスタ映えするかわいいカフェやウォールアートも増えてきています。歴史や文化、自然を感じる定番の観光スポットだけでなく、おしゃれなショップやかわいいスイーツもインスタ映えする為です。今回は、ショッピング、カフェ・グルメというジャンル分けで、そうした新しいインスタ映えスポットもピックアップしています。

Thumb沖縄女子旅を満喫できるおすすめスポット25選!簡単なモデルコースも紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

沖縄インスタ映えスポット①歴史・文化

まず初めにご紹介する沖縄のインスタ映えスポットは、歴史や文化に関わりのある場所です。沖縄は、上述の様に琉球王国が存在していた為、沖縄特有の文化が見られます。世界遺産に指定された建築物や遺跡も、インスタ映えスポットと言えるでしょう。新しい施設の中からは、文化を感じる場所を選んでいます。

金城町石畳道

沖縄の中心地・那覇市の首里から続く主要道路として、16世紀に造られた「真珠道(まだまみち)」の一部が「金城町石畳道(きんじょうちょういしだたみみち)」です。琉球王国時代の面影を感じられる道なので、まさに古き良き沖縄らしいフォトジェニックな写真を撮る事が出来るでしょう。路地や階段、沖縄独特の赤瓦屋根等、いろいろなアングルでベストショットを狙える場所です。

・スポット名:金城町石畳道
・住所:沖縄県那覇市首里金城町2-84-3
・電話番号:098-917-3501(那覇市役所文化財課)
・定休日:年中無休
・営業時間:通年
・アクセス:「那覇バスターミナル」からバスで25分

世界遺産 勝連城跡

世界遺産に指定された「勝連城跡(かつれんじょうあと)」は、琉球王国時代に国王に最期まで抵抗した事で知られる阿麻和利が住んでいた城の跡地です。自然の断崖を利用した城で、頂上からは美しい太平洋が一望できます。夜間にはライトアップされ、また違った表情が楽しめます。年間約10万人の観光客が訪れる人気の観光スポットです。

・スポット名:世界遺産 勝連城跡
・住所:沖縄県うるま市勝連南風原3908
・電話番号:098-978-7373
・定休日:年中無休
・営業時間:9:00~18:00
・アクセス:「那覇バスターミナル」からバスで90分「西原」下車後徒歩10分

今帰仁城跡

「今帰仁城跡(なきじんじょうあと)」も、上述の「勝連城跡」と同時に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として2000年に世界遺産指定を受けました。琉球王府から派遣された監守という役人が暮らす城だったそうです。その後はお祀りを行う場所になりました。堅牢な石造りの城は、沖縄の歴史を感じるインスタ映えスポットです。

・スポット名:今帰仁城跡
・住所:沖縄県国頭郡今帰仁村今泊5101
・電話番号:0980-56-4400
・定休日:年中無休
・営業時間:8:00~18:00(夏季は8:00~19:00)
・アクセス:「那覇空港」から沖縄自動車道経由で1時間45分

首里城公園

沖縄を代表する観光地である「首里城公園」も、インスタ映えするスポットとして人気があります。パッと目を惹く鮮やかな朱色の門や建物に、異国情緒を感じさせるデコレーションが映える首里城は、1992年に復元されたものです。実は、14世紀末から琉球王朝時代の中心としてさえた首里城は、4度も焼失と復元を繰り返しているそう。赤が多めのかわいい構図がおすすめです。

・スポット名:首里城公園
・住所:沖縄県那覇市首里金城町1丁目2番地
・電話番号:098-886-2020
・定休日:年中無休
・営業時間:8:30~19:00(季節によって変更有)
・アクセス:「那覇バスターミナル」からバスで30分「首里城公園入口」下車後徒歩5分

普天満宮

沖縄中部最大の聖地と称される「普天満宮(ふてんまぐう)」は、普天満の洞窟に琉球古神道神を祀ったことが始まりとされています。その後熊野権現と合祀され、琉球八社の1つに数えられています。女神が籠ったり仙人が現れたりと伝承が多く残されている洞窟は、神秘的なインスタ映え写真が撮れるスポットになっています。

・スポット名:普天満宮
・住所:沖縄県宜野湾市普天間1丁目27-10
・電話番号:098-892-3344
・定休日:年中無休
・営業時間:7:00~19:00
・アクセス:沖縄自動車道「北中城IC」から車で2km

波上宮

沖縄県の一之宮である「波上宮」は、隆起したサンゴ礁の上に建てられています。険しい表情を見せる断崖と、その上に生い茂る豊かな緑。そして、お社の鮮やかな朱色のコントラストは、おしゃれで美しいインスタ映えショットになるのではないでしょうか。海に囲まれた沖縄らしく、海上交通の安全や豊漁の御利益があるとされています。

・スポット名:波上宮
・住所:沖縄県那覇市若狭1丁目25-11
・電話番号:098-868-3697
・定休日:年中無休
・営業時間:通年
・アクセス:ゆいレール「旭橋駅」から徒歩15分

中村家住宅

沖縄に残る古民家は、かわいい平屋建てが中心です。中でも、国指定重要文化財でる「中村家住宅」は、母屋だけでなく家畜小屋もあり、古き良き沖縄住宅の特徴を今に伝えています。18世紀中頃に建てられたといわれていますが、赤い屋根瓦の上には守り神であるシーサーがかわいい顔をして乗っています。

・スポット名:中村家住宅
・住所:沖縄県中頭郡北中城村大城106
・電話番号:098-935-3500
・定休日:年中無休
・営業時間:9:00~17:00
・アクセス:沖縄自動車道「北中城IC」から車で3km

沖縄県立博物館・美術館

グスク(城)をイメージして設計された「沖縄県立博物館・美術館」は、その外観も美しくインスタ映えすると評判です。沖縄特有の琉球石灰石や、サンゴから出来た海砂が使われているそう。館内の廊下部分も、外からの採光がインスタ映えするのでおすすめ。常設展示に加え、ユニークな特別展示も見逃せない沖縄の文化スポットです。

・スポット名:沖縄県立博物館・美術館
・住所: 沖縄県那覇市おもろまち3-1-1
・電話番号:098-941-8200
・定休日:月曜日・年末年始・メンテナンス休館あり
・営業時間:火・水・木・日 9:00~18:00/金・土 9:00~20:00
・アクセス:「那覇空港駅」からモノレール「ゆいレール」で19分「おもろまち駅」下車後徒歩10分

沖縄美ら海水族館

沖縄の美しい海を再現した「沖縄美ら海水族館」では、ブルーに染まる幻想的なインスタ映え写真が撮影出来ます。中でも一番人気は、ジンベエザメ。画面いっぱいに悠々と泳ぐジンベエザメの姿は、インスタ映え間違いなしです。水槽の前に立って後方から写真を撮るとシルエットになるので、おすすめです。

・スポット名:沖縄美ら海水族館
・住所:沖縄県国頭郡本部町石川424
・電話番号:0980-48-3748
・定休日:年中無休
・営業時間:8:30~19:00
・アクセス:沖縄自動車道「許田IC」から車で27km

やちむんの里

沖縄を代表する焼き物も、インスタ映えするアイテムです。「やちむん」は沖縄の方言で焼物の事を指します。読谷村にある「やちむんの里」は、読谷壺屋焼で知られる人間国宝・金城次郎の窯など、独立した19の窯元が集まっている場所です。お気に入りのやちむんを探しながらインスタ映えする写真を撮影してみませんか。窯元の直売店もあります。

・スポット名:やちむんの里
・住所:沖縄県中頭郡読谷村座喜味2653-1
・電話番号:098-958-6494(読谷村観光協会)
・定休日:施設により異なる
・営業時間:施設により異なる
・アクセス:沖縄自動車道「石川IC」から車で10km

首里琉染

沖縄は琉球王国から伝わる伝統工芸の紅型(びんがた)をはじめとする染め物でも有名です。那覇にある「首里琉染(しゅりりゅうせん)」では、日本で唯一の染色技法であるサンゴ染めと紅型で染め物を制作しています。観光客にも人気の染め体験もおすすめです。サンゴ染め体験では、インスタ映えするかわいいTシャツも染められます。

・スポット名:首里琉染
・住所:沖縄県那覇市首里山川町1丁目54
・電話番号:098-886-1131
・定休日:年中無休
・営業時間:9:00~18:00
・アクセス:ゆいレール「儀保駅」から徒歩15分

Thumb日本の南国沖縄!ぜひ行って欲しいオススメ旅行スポットを紹介! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

沖縄インスタ映えスポット②自然・名勝

続いてご紹介する沖縄のインスタ映えスポットは、自然や名勝と呼ばれる絶景スポットです。豊かな自然が残る沖縄では、美しく澄んだ海が一番のイメージかもしれません。数々のビーチもインスタ映えスポットですが、海以外にも沖縄らしさを感じる自然がたくさんあります。有名な観光地だけでなく穴場的な場所もインスタ映えスポットとして注目です。

ハートロック

恋愛運がアップするパワースポットとしても人気を集めている「ハートロック」は、恋島(くいじま)と呼ばれる古宇利島(こうりじま)にあります。2005年に古宇利大橋が掛かり、沖縄本島から陸続きで行けるようになりました。海に浮かぶ「ハートロック」を、手で作ったハートの中に入れるかわいいショットが、インスタ映えします。

・スポット名:ハートロック
・住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利
・電話番号:0980-56-2101(今帰仁村役場)
・定休日:年中無休
・営業時間:通年
・アクセス:「許田IC」から37分

ウドゥイガマ アポガマ

人気観光地「万座毛」の程近くにある「ウドゥイガマ アポガマ」は、インスタ映えする写真が撮れる穴場中の穴場です。恩納村指定文化財の洞窟「ウドゥイガマ」がある海岸は、名前すらなく地元の人でも知らない人が多いそう。大きい洞窟という意味の「アポガマ」とも呼ばれ、干潮時は中に残った海水で泳いだり魚を見たり、満潮時はダイビングもできるスペシャルな場所です。

・スポット名:ウドゥイガマ アポガマ
・住所:沖縄県国頭郡恩納村
・電話番号: 098-966-1200(恩納村役場)
・定休日:年中無休
・営業時間:通年
・アクセス:「万座毛」から西へ数百m

ガンガラーの谷

2008年から観光地として公開されている「ガンガラーの谷」は、数十万年前は鍾乳洞だった場所が崩れて出来たとされる谷間です。古代から続くうっそうとした森や洞窟があり、専門のガイドさんが付くツアーがおすすめ。高さ20mの「大主(ウフシュ)ガジュマル」はシンボルでもあり、強力なパワースポットでもあります。洞窟内にあるカフェも人気です。

・スポット名:ガンガラーの谷
・住所:沖縄県南城市玉城前川202
・電話番号:098-948-4192
・定休日:年中無休
・営業時間:9:00~18:00
・アクセス:「那覇空港」から車で30分・沖縄自動車道「南風原南IC」から車で8分

備瀬のフクギ並木

海岸沿いの道の両側に大きなフクギが並ぶ「備瀬のフクギ並木」もおすすめのインスタ映えスポットです。 フクギはオトギリソウ科の木。フィリピン原産の常緑広葉樹で沖縄県が北限とのこと。沖縄では500年ほど前から防風林として集落や海岸沿いに植えられてきたそうです。こちらのフクギの中には、樹齢300年以上の物もあります。ファンタジックなインスタ映え写真が撮れる場所です。

・スポット名:備瀬のフクギ並木
・住所:沖縄県国頭郡本部町備瀬626
・電話番号:0980-47-3641(本部町観光協会)
・定休日:年中無休
・営業時間:通年
・アクセス:「沖縄美ら海水族館」から車で約3分

大石林山

沖縄を代表する巨木ガジュマルには、キジムナーという不思議な存在が住んでいるという伝承があります。沖縄本島の最北端にある辺戸岬(へどみさき)近くの「大石林山」では、ガジュマルの他にも2億年前の姿を現しているとされる巨大な岩や亜熱帯の森、巨大ソテツ等が楽しめる4つの散策コースがあります。

・スポット名:大石林山
・住所:沖縄県国頭郡国頭村宜名真1241
・電話番号:0980-41-8117
・定休日:年中無休
・営業時間:9:00~17:00(時期により異なる)
・アクセス:沖縄自動車道「許田IC」から車で56km

万座毛

「万座毛(まんざもう)」は、沖縄を代表する観光地です。「毛」は野原を意味する沖縄の良い方。つまり、「万座毛」は「万人(多くの人(が座れる野原」という意味です。隆起サンゴ礁でできた断崖の上に、高麗芝が生い茂る平担地が広がります。沖縄ならではの美しい青海原とのコントラストがインスタ映えするのではないでしょうか。

・スポット名:万座毛
・住所:沖縄県国頭郡恩納村恩納
・電話番号:098-966-1280(恩納村役場商工観光課)
・定休日:年中無休
・営業時間:通年
・アクセス:「那覇バスターミナル」からバスで90分

斎場御嶽

「斎場御嶽」は、「せーふぁーうたき」や「さいはのうたき」と呼ばれています。琉球王国開闢の始祖とされるアマミキヨが国始めに造った七御嶽の1つとされ、世界文化遺産に指定されています。また、祈りの場であり聖なる場である事から沖縄髄一のパワースポットとして人気が高い場所です。神秘的なインスタ映え写真が撮れるでしょう。

・スポット名:斎場御嶽
・住所: 沖縄県南城市知念久手堅539
・電話番号:098-949-1899(緑の館・セーファ)
・定休日:不定休
・営業時間:9:00~17:30
・アクセス:那覇空港自動車道「南風原北IC」か車で16km

サダバマビーチ(赤墓ビーチ)

沖縄には数々のビーチがありますが、中でもインスタ映えするビーチとして最近注目度が急上昇しているのが「サダバマビーチ(赤墓ビーチ)」です。映画やドラマのワンシーンのような美しいビーチは、まざに絶景のインスタ映えぶり。「サダバマブルー」と言われる程の美しい青を、是非堪能してください。

・スポット名:サダバマビーチ(赤墓ビーチ)
・住所:沖縄県国頭郡今帰仁村諸志583
・電話番号::0980-56-2256(今帰仁村役場)
・定休日:年中無休
・営業時間:通年
・アクセス:「那覇空港」から高速道路経由で1時間40分

瀬底ビーチ

「瀬底ビーチ」は、沖縄本島から瀬底大橋を渡って気軽に来る事が出来る瀬底島にあるビーチです。瀬底島は、周囲8kmの小さな島。島の西側には700mの白砂が続く人気のインスタ映えスポットです。美しく澄んだ海が楽しめる日中はもちろんですが、美しい夕陽が眺められる夕方もおすすめです。

・スポット名:瀬底ビーチ
・住所:沖縄県国頭郡本部町字瀬底5583-1
・電話番号:0980-47-7000(瀬底ビーチカウンター)
・定休日:年中無休
・営業時間:通年
・アクセス:「名護バスターミナル」からバスで52分「瀬底」下車後徒歩10分

ウクの浜

沖縄本島から車で行ける離島の1つ、宮城島にも手つかずの美しいビーチがあります。中でも「ウクの浜」は、フォトジェニックな写真が撮れるインスタ映えスポットとして人気です。海の中へ1本道が消えていく場所が、おすすめのインスタ映えスポット。透明感のある海と青空のコントラストを狙ってみませんか。

・スポット名:ウクの浜
・住所:沖縄県うるま市与那城宮城
・電話番号:098-965-5634(うるま市役所商工観光課)
・定休日:年中無休
・営業時間:通年
・アクセス:沖縄自動車道「沖縄北IC」から車で国道10号線の途中「屋形墓」右折

残波岬

沖縄屈指の景勝地としておすすめしたいのが「残波岬(ざんぱみさき)」。人工化されていない高さ30mの断崖絶壁が約2kmも続き、白い波しぶきと青い空とが美しいコントラストを生み出します。天気が良い日には、遥か沖合に慶良間諸島も眺望できるそうです。おすすめの時間は、夕方。「残波峠」は沖縄本島で夕日が最後に沈む場所なのです。

・スポット名:残波岬
・住所:沖縄県中頭郡読谷村宇座
・電話番号:098-982-9216( 読谷村役場商工観光課 )
・定休日:年中無休
・営業時間:通年
・アクセス:那覇バスターミナルからバスで75分

沖縄インスタ映えスポット③ショッピング

沖縄を観光で訪れたなら、やっぱりショッピングも楽しみたいもの。折角なら、フォトジェニックな場所があるショッピングスポットでインスタ映えする写真を撮ってみませんか。ここでは、沖縄を代表する大型の複合商業施設をはじめ、インスタ映えすると評判のショッピングスポットをチェックして行きましょう。

美浜アメリカンビレッジ&デポアイランド

米軍基地の跡地に建てられた「美浜アメリカンビレッジ&デポアイランド」は、映画のセットのようなアメリカンな街並みが広がりインスタ映え写真が撮れます。その広さは、なんと東京ドーム5個分!かわいい天使の羽根のウォールアートもおすすめです。海沿いにはカフェもあるので、抜群のロケーションで一休みも可能。大きな観覧車が目印です。

・スポット名:美浜アメリカンビレッジ&デポアイランド
・住所:沖縄県中頭郡北谷町美浜15-69
・電話番号:098-926-5678
・定休日:各施設による
・営業時間:各施設による
・アクセス:「那覇空港」から国道58号線を車で35分

港川ステイツサイドタウン

「港川ステイツサイドタウン」は、エリア全体がかわいいインスタ映えスポットとして地元のインスタ女子からも支持を集めています。シンプルな箱型の外国人住宅が立ち並ぶレトロな住宅街には、インスタ映えするおしゃれでかわいい雑貨店やカフェがあります。「カーサマチルダ」の店頭に並ぶガチャガチャのマシーンも、おすすめのインスタ映えスポットです。

・スポット名:港川ステイツサイドタウン
・住所:沖縄県浦添市港川2-33-1
・電話番号:098-941-3939(沖商不動産)
・定休日:店舗によって異なる
・営業時間:店舗によって異なる
・アクセス:「那覇空港」からバスで45分「港川バス停留所」下車後徒歩5分

瀬長島ウミカジテラス

2015年の夏にオープンした「瀬長島ウミカジテラス」は、沖縄らしさを感じるグルメやクラフトショップがある複合型商業施設です。目前にビーチがある抜群のロケーションと、海の青に映える白を基調とした外観がインスタ映えすると評判を集めています。イベントも各種行われているので、是非公式サイトをチェックしてみて下さい。

・スポット名:瀬長島ウミカジテラス
・住所:沖縄県豊見城市瀬長174番地6
・電話番号:098-851-7446
・定休日:店舗によって異なる
・営業時間:10:00 ~21:00(店舗によって異なる)
・アクセス:「那覇空港」からバスで15分「瀬長島ホテル前」下車後すぐ

国際通り

沖縄を訪れる観光客の定番ショッピングエリアでもある「国際通り」は、那覇市の中心部に約1.6kmに渡って続いているメインストリートです。お土産屋さんや飲食店、ホテルに屋台と様々な意味背がおよそ600店もずらりと勢ぞろい。毎週日曜日は、12:00から18:00の時間帯が「トランジットモール」になり、「国際通り」の1.3kmが全面歩行者天国になります。

・スポット名:国際通り
・住所:沖縄県那覇市久茂地・牧志・安里・松尾
・電話番号:098-868-4887(那覇市観光案内所)
・定休日:店舗による
・営業時間:店舗による
・アクセス:ゆいレール「県庁前駅」から徒歩3分

第一牧志公設市場

戦後の闇市からの歴史を持つ「沖縄の台所」が、「第一牧志公設市場(だいいちまきしこうせついちば)」です。2階建ての市場には、沖縄特有の島野菜やインスタ映えする色鮮やかな近海魚、特産物の加工品を扱うお店がおよそ130店並んでいます。地元の人々に愛される市場らしく、あちこちから威勢のいい声が響く活気あふれる場所です。

・スポット名:第一牧志公設市場
・住所:沖縄県那覇市松尾2丁目10-1
・電話番号:098-867-6560
・定休日:第4日曜日・お盆や年末年始も
・営業時間:8:00~20:00(店舗により異なる)
・アクセス:ゆいレール「牧志駅」から徒歩10分

壺屋やちむん通り

既にご紹介した様に、沖縄では焼き物の事を「やちむん」と呼びます。「壺屋やちむん通り」は、400mほどの短い通りですが、昔懐かしい沖縄を再現したような店舗が並んだインスタ映えするショッピングエリアです。道には琉球石灰岩が敷き詰められ、およそ50の窯元やショップ、カフェがあります。好みの陶器を探しながら、インスタ映えスポットでレトロなショットを撮ってみませんか。

・スポット名:壺屋やちむん通り
・住所:沖縄県那覇市壺屋
・電話番号:098-866-6661(壺屋やちむん通り会)
・定休日:店舗によって異なる
・営業時間:店舗によって異なる
・アクセス:「那覇空港」から車で20分

森のガラス館

沖縄ではガラス工芸も盛んです。「森のガラス館」では、明治から昭和初期まで作られていた色ガラス「琉球ガラス」の工房があり、体験や製品の購入が出来ます。館内には、海の色や太陽の色が鮮やかに表現されている琉球ガラスが、300種類以上販売展示されています。こちらは琉球ガラスでできたお花です。

・スポット名:森のガラス館
・住所:沖縄県名護市為又478
・電話番号:0980−54−2121
・定休日:年中無休
・営業時間:9:00~18:00(ガラス工房は17:00まで)
・アクセス:沖縄自動車道「許田IC」から車で20分

Ti-da Beach

沖縄発のオリジナルアクセサリーショップ「Ti-da Beach(ティーダビーチ)」は、店内のディスプレイがインスタ映えすると話題を集めています。店名の「ティーダ」は、沖縄の言葉で太陽を表しています。沖縄らしい海と太陽がミックスされたアクセサリーデザインが、おしゃれでかわいい印象です。店内には、ビーチをイメージさせるオブジェもあります。

・スポット名:Ti-da Beach
・住所:沖縄県那覇市松尾2-2-13
・電話番号:098-917-1004
・定休日:不定休
・営業時間:12:00~20:00
・アクセス:「国際通り」から徒歩30秒

Ptoots

既にご紹介した「港川ステイツサイドタウン」内のツサイドタウン」内のフロリダエリアにあるセレクトショップ「Ptoots(プルーツ)」は、店内のディスプレイや棚に並べられた商品がインスタ映えするおしゃれなショップです。沖縄県内各地から選りすぐられた雑貨屋アパレル、食料品がずらり!特別展に合わせてかわいいクッキーが限定で出ることもあるので要チェックです。

・スポット名:Ptoots
・住所:沖縄県浦添市港川2-16-7 20号
・電話番号:098-955-9887
・定休日:水曜日
・営業時間:10:00~18:30
・アクセス:「那覇空港」からバスで45分「港川バス停留所」下車後徒歩5分

御菓子御殿 恩納店

首里城のような風貌の門と建物が特徴的な「御菓子御殿恩納店(おかしごてんおんなてん)」。こちらは、大人気のお菓子「元祖紅いもタルト」の工場も併設されています。門の横には、紅いもタルトのでぃずプレイがあるので、一緒にインスタ映えする写真をパチリ。ショッピングだけでなく、紅いもタルト作り体験も申し込めます。

・スポット名:御菓子御殿 恩納店
・住所:沖縄県恩納村瀬良垣100
・電話番号:098-982-3388
・定休日:年中無休
・営業時間:8:30~19:30(8~9月は~20:00)
・アクセス:沖縄自動車道「屋嘉IC」から車で9km

海のそばの山小屋 indigo

「海のそばの山小屋 indigo」では、インスタ映えするおしゃれでかわいいお土産が見つかります。オーナーが独自のバランスで配合したアロマキャンドルは、ドライフラワーやドライフルーツをあしらったオリジナリティのある見た目が人気です。宮古島で採れるゴーヤやジーマミー、紅芋に島唐辛子等を素材にしています。

・スポット名:海のそばの山小屋 indigo
・住所:沖縄県宮古島市平良下里94-1
・電話番号:090-3793-7374
・定休日:不定休
・営業時間:12:00~19:30
・アクセス:「宮古空港」から10分

沖縄インスタ映えスポット④カフェ・グルメ

続いてご紹介する沖縄のインスタ映えスポットは、最も熱いと言っても過言ではないカフェやグルメです。ポップでかわいいインスタ映えする外観やインテリアが楽しめるカフェ、カラフルでインスタ映えするスイーツ、眺めがよくインスタ映えするロケーションと様々なスポットをご紹介します。

YES!!!PICNIC PARLOR

沖縄でインスタ映えするカフェと言えば必ず名前があがる人気店「YES!!!PICNIC PARLOR(イエス ピクニックパーラー)」。店名からしてかわいいと評判です。沖縄の中心でもある那覇市内にあるので、観光の途中でもアクセスしやすい点も人気の理由。サンドウィッチがメインのカフェで、1,000円前後のかわいいスイーツメニューもインスタ映えします。

・スポット名:YES!!!PICNIC PARLOR
・住所:沖縄県那覇市安謝183
・電話番号:098-943-5806
・定休日:月曜日
・営業時間:火~土 10:00~19:00/日 10:00~17:00
・アクセス:古島駅から1,780m

MAGENTA n blue

沖縄にはインスタ映えするカフェが数多くあります。中でも「MAGENTA n blue(マジェンタンブルー)」は、ピンクを主体にしたフォトジェニックなインテリアがインスタ映えすると大人気のおすすめカフェ!SNSでも話題を集めているスポットなので、是非訪れてみて下さい。観光客にも人気の恩納村エリアにあります。おすすめはカラフルなスムージー(900円)です。

・スポット名:MAGENTA n blue
・住所:沖縄県国頭郡恩納村瀬良垣1780
・電話番号:080-2540-7373
・定休日:年中無休
・営業時間:10:00~16:00
・アクセス:120番名護西空港線「太田後原」下車後徒歩2分

HAMMOCK CAFE LA ISLA

「HAMMOCK CAFE LA ISLA(ハンモックカフェ ラ・イスラ)」は、沖縄の瀬長島に新しくオープンした「ウミカジテラス」にあるおしゃれなメキシコ料理カフェです。フードやドリンクは1,000円前後。店名にあるように、ハンモックが設置された店内でのんびりすごす観光客も多くいます。青い空とカラフルなハンモックがインスタ映えするスポットです。

・スポット名:HAMMOCK CAFE LA ISLA
・住所:沖縄県豊見城市瀬長174−6 ウミカジテラス 27号棟
・電話番号:098-894-6888
・定休日:年中無休
・営業時間:10:00~21:00
・アクセス:赤嶺駅から2,743m

ビーチテラスカフェ ダイヤモンドブルー

目の前に広がるダイヤモンドビーチは、白い砂浜と青い空、エメラルドグリーンの海が何ともフォトジェニックなインスタ映えスポットです。そのダイヤモンドビーチを見ながら「ビーチテラスカフェ ダイヤモンドブルー」で一休みしてみませんか。インスタ映えするシークワーサーJAR(750円)は、沖縄らしいシークワーサーをたっぷり使ったビタミンカラーが大人気。お天気の良い日はテラス席がおすすめです。

・スポット名:ビーチテラスカフェ ダイヤモンドブルー
・住所:沖縄県恩納村字瀬良垣100
・電話番号:050-5570-5431
・定休日:火曜日、第1・第3金曜日
・営業時間:11:30~17:30
・アクセス:「屋嘉IC」より車で15分

Coffee&bread Caracalla okinawa

沖縄発のレインボーベーグル(500円)が、カラフルな色どりでインスタ映えすると話題を集めています。外国人住宅を店舗にしているカフェ「Coffee&bread Caracalla okinawa(コーヒー&ブレッド カラカラ 沖縄)」は、お店の外観やメニューボードもおしゃれでかわいいと大人気。那覇市内からは少し距離がありますが、訪れる価値ありです!

・スポット名:Coffee&bread Caracalla okinawa
・住所:沖縄県中頭郡北谷町浜川155
・電話番号:080-2540-7373
・定休日:月曜日・火曜日
・営業時間:8:00~15:00
・アクセス:那覇市内より車で40分

亜熱帯茶屋

海が見えるアジアンリゾート風の「亜熱帯茶屋(あねったいちゃや)」は、テーブルセッティングや盛り付けもインスタ映えするカフェです。ランチタイムは1,000円のガパオライスやフォーといったアジアンフードも人気。日中はエメラルドグリーンの海がを、夕方はフォトジェニックな夕日がインスタ映えするスポットとしておすすめです。

・スポット名:亜熱帯茶屋
・住所:沖縄県国頭郡本部町字野原60
・電話番号:0980-47-5360
・定休日:不定休
・営業時間:11:00~夕暮れ時
・アクセス:「許田IC」より車で約45分

マジュン・リッカ

沖縄の古民家カフェとして人気を集めているのが「マジュン・リッカ」。読谷村の閑静な住宅街の中にあるので、観光客の方にはアクセスがやや難しいかもしれません。カフェのオーナーは元女優さんとのこと。小さなお子さん連れのお客様にも丁寧な接客をしていただけると好評です。沖縄の家庭料理であるゴーヤーちゃんぷるー(630円)やラフテー(750円)がおすすめです。

・スポット名:マジュン・リッカ
・住所:沖縄県中頭郡読谷村字高志保122
・電話番号:098-989-8333
・定休日:月曜日・火曜日
・営業時間:ランチ 11:30〜14:30/ディナー 17:30~23:00
・アクセス:「残波岬ロイヤルホテル」「ホテル日航アリビラ」から車で10分

Mylo Plus Cafe

落ち着きのあるおしゃれなインテリアもインスタ映えします。美しい海に囲まれたアメリカにぴったりの、サーファースタイルのインテリアがおしゃれな「Mylo Plus Cafe(マイロプラスカフェ)」も、その1つ。フォトジェニックな店内は、大人っぽいムードも漂います。ガーリックシュリンプ(1,400円)やアサイ―ボウル(1,200円)がおすすめです。

・スポット名:Mylo Plus Cafe
・住所:沖縄県中頭郡北谷町宮城1-64 シージョイビル3F
・電話番号:098-926-5225
・定休日:年中無休
・営業時間:ランチ 11:00~15:00/カフェ 15:00~18:00/ディナー 18:00~24:00
・アクセス:北谷 宮城海岸沿い

外食家 くじら

沖縄で美味しいイタリアンが食べたいなら「外食家 くじら」がおすすめです。インスタ映えするお料理とおしゃれなインテリアが人気を集めています。観光客が多く訪れる読谷村の残波岬近くにあるお店なので、週末や連休中は予約がおすすめです。5品で1,980円と8品で2,980円のコースがあります。

・スポット名:外食家 くじら
・住所:沖縄県中頭郡読谷村瀬名波949
・電話番号:098-989-9150
・定休日:不定休
・営業時間:ランチ 11:00~17:00/ディナー 17:00~23:00
・アクセス:残波岬灯台公園より車で4分

民謡居酒屋ちゃんぷるー

沖縄の民謡と沖縄料理が楽しめる「民謡居酒屋ちゃんぷるー」は、何と言っても天使の羽根のウォールアートがインスタ映えするスポットとして人気を集めています。南国沖縄らしいショッキングピンクに塗られた壁面をバックに、フォトジェニックな写真を撮影する観光客も後を絶ちません。2時間飲み放題が1,500円とリーズナブルな点も人気です。

・スポット名:民謡居酒屋ちゃんぷるー
・住所:沖縄県国頭郡今帰仁村与那嶺524
・電話番号:0980-56-5858
・定休日:日曜日
・営業時間:17:30~24:00
・アクセス:「高速許田IC」より車で30分

Cave Cafe

沖縄の自然を感じる「Cave Cafe(ガンガラーの谷 ケイブカフェ)」は、その名の通り洞窟内にあるおしゃれなカフェとして人気を集めているインスタ映えスポットです。琉球石灰岩の鍾乳洞の中なので、ひんやりと涼しく落ち着けます。風化したサンゴでコーヒー豆を焙煎している「35COFFEE」のコーヒー(350円)もおすすめです。

・スポット名:Cave Cafe
・住所:沖縄県南城市玉城字前川202
・電話番号:098-948-4192
・定休日:年中無休
・営業時間:10:00~18:00
・アクセス:那覇空港から車で約30分

沖縄インスタ映えスポット⑤その他

沖縄には、まだまだご紹介しきれないほどたくさんのインスタ映えスポットが存在しています。観光地として人気の場所だけでなく、地元の人々に愛されている場所や町おこしの一環としてインスタ映え効果を狙った場所等、ユニークなスポットもピックアップしてみました。写真撮影のマナーを守りながら、かわいいインスタ映えショットを撮ってみませんか。

OKINAWAフルーツらんど

30種類を超えるトロピカルフルーツや南国の動物や鳥がいる「OKINAWAフルーツらんど」は、まさに新感覚のトロピカルテーマパークです。絵本の世界をテーマにした園内を散策すると、カラフルでかわいいインスタ映えスポットがいくつも見つかるでしょう。季節の果物を使ったスイーツもおすすめです。

・スポット名:OKINAWAフルーツらんど
・住所:沖縄県名護市為又1220-71
・電話番号:0980-52-1568
・定休日:年中無休
・営業時間:9:00~18:00
・アクセス:「那覇空港」から沖縄自動車道経由で1時間20分

ナゴパイナップルパーク

沖縄と言えばパイナップル!というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。「」では、インスタ映えするかわいい「パイナップル号」に乗ってパイナップル畑の見学が出来ます。全天候型のテーマパークなので、雨が降っても安心。園内では、パイナップルの食べ放題や、パイナップルワイン、パイナップルジュースの試飲もあります。

・スポット名:ナゴパイナップルパーク
・住所:沖縄県名護市為又1195
・電話番号:0980-53-3659
・定休日:年中無休
・営業時間:9:00~18:00
・アクセス:沖縄自動車道「許田IC」から車で13km

サボテン畑

南城市玉城には、フォトジェニックな「サボテン畑」があります。人の背の高さよりも高いサボテンが、無数に生えている様子は圧巻です。沖縄というよりも、メキシコ辺りの砂漠地帯のような雰囲気で、サボテンがニョキニョキと生えています。インスタ映えする構図は、下からのアングル。サボテンのグリーンとコントラストが効くような服装でのお出かけがおすすめです。

・スポット名:サボテン畑
・住所:沖縄県南城市玉城船越161
・電話番号:098-917-5387(南城市役所観光商工課)
・定休日:年中無休
・営業時間:通年
・アクセス:「那覇空港」から車で30分

東南植物楽園

2013年にリニューアルオープンした「東南植物楽園」では、かわいいインスタ映え写真が撮れます。うっそうとした亜熱帯や熱帯の植物に囲まれて、ファンタジックなインスタ映え写真を撮るも良し、新しく作られた水上楽園でロマンティックな一枚を狙うも良しと、園内の至る所にインスタ映えスポットが存在しています。6月に小ゴロを迎えるハス池もおすすめです。

・スポット名:東南植物楽園
・住所:沖縄県沖縄市知花2146
・電話番号:098-939-2555
・定休日:年中無休
・営業時間:9:00~18:00(季節によって変更有)
・アクセス:沖縄自動車道「沖縄北IC」から5分

美々ビーチいとまん

那覇からも近い「美々ビーチいとまん」は、プール型の遊泳エリアを備えた人工ビーチです。ビーチサイドでは、芝生の公園でBBQも楽しめる為、地元の人々も訪れる人気スポットになっています。インスタ映えすると話題なのは、ピンクの壁に描かれたトロピカルでかわいいウォールアート。思い思いのポーズでインスタ映えする写真を撮影する人が絶えません。

・スポット名:美々ビーチいとまん
・住所:沖縄県糸満市西崎町1-6-15
・電話番号:098-987-4832
・定休日:11月~3月の毎週火曜日・年末年始
・営業時間:4月から10月 8:30~20:30/11月から3月 8:30~19:30
・アクセス:「那覇空港」から車で25分

あざまサンサンビーチ

「あざまサンサンビーチ」も、人工ビーチです。常に整備された白い砂浜や緑の芝生が、フォトジェニックでインスタ映えします。中でも、かわいいピンクのハートのオブジェがあしらわれた「太陽の鐘(てぃーだのかね)」は、インスタ映えするとSNSでも人気です。砂紋がきれいに出ていると、よりロマンティックな写真が撮影できるでしょう。

・スポット名:あざまサンサンビーチ
・住所:沖縄県南城市知念安座真1141-3
・電話番号:098-948-3521
・定休日:年中無休
・営業時間:10:00~18:00(7・8月は19:00迄)
・アクセス:那覇から車で50分

ウッパマビーチ

「リゾートホテルベルパライソ」のビーチでもある「ウッパマビーチ」には、ピンクのドアがあります。沖縄のどこでもドアと称されるこのドアは、格好のインスタ映えスポット。真っ白い砂浜とエメラルドグリーンの海に、ピンクのドアという一見シュールな組み合わせがおしゃれで可愛いと評判です。こちらのビーチは利用料が300円かかりますが、落ち着ける雰囲気があっておすすめです。

・スポット名:ウッパマビーチ
・住所:今帰仁村運天
・電話番号:0980-56-2767(リゾートホテルベルパライソ)
・定休日:年中無休
・営業時間:通年
・アクセス:「那覇空港」から沖縄自動車道経由で1時間35分

シュガーロード

どこまでも続く一本道がフォトジェニックな「シュガーロード」も、インスタ映えする写真が撮れるスポットです。沖縄の離島の1つである小浜島の南東から北西の集落へ続く道で、見渡す限りサトウキビ畑が広がっています。サトウキビの収穫期は、収穫の為のトラックが行き交うので要注意。この道は、朝ドラ「ちゅらさん」の通学路でもありました。

・スポット名:シュガーロード
・住所:沖縄県八重山郡竹富町小浜
・電話番号:0980-82-5445(竹富町観光協会)
・定休日:年中無休
・営業時間:通年
・アクセス:「小浜港」から車で5分

御神崎灯台

「御神崎灯台(おがんざきとうだい)」は、インスタ映えする夕日が美しいと評判です。夜間は、星空が美しく広がるので、インスタ映えを狙うインスタ女子だけでなく星空カメラ女子にも人気があります。また、日中に訪れても、真っ白の灯台と緑の草原、青い空と海という絶景が楽しめるのでおすすめです。

・スポット名:御神崎灯台
・住所:沖縄県石垣市字崎枝
・電話番号:0980-82-1535(石垣市役所観光⽂化課)
・定休日:年中無休
・営業時間:通年
・アクセス:「バスターミナル」からバスで30分

座間味島の防波堤アート

沖縄に数ある離島の1つ、「座間味島(ざまみとう)」の防波堤には、おしゃれでかわいいアートが描かれています。こうしたアートも、近年のインスタ映えブームによるものかもしれません。防波堤アート、堤防アートとしてハッシュタグもあります。座間味島の防波堤アートは、魚群の群れ。お友達やカップルでインスタ映えするポーズを決めてみませんか。

・スポット名:座間味島の防波堤アート
・住所:沖縄県島尻郡座間味村座間味島
・電話番号:098-987-2277(座間味村観光案内所)
・定休日:年中無休
・営業時間:通年
・アクセス:「治港北岸」から高速船クイーンざまみで50分「座間味港」下船

コザ十字路歴史絵巻

1945年沖縄に進駐した米軍によりコザと命名されて以来、日本で唯一片仮名の市名だったコザ市。1974年に周辺の自治区と合併して沖縄市となってからも、エリアの名前としてコザの名は残っています。2015年に完成した「コザ十字路歴史絵巻」は、約1600㎡にも及ぶウォールアート。忘れてはいけない沖縄の歴史を、ポップなタッチで表現しているインスタ映えスポットです。

・スポット名:コザ十字路歴史絵巻
・住所:沖縄県沖縄市照屋1丁目
・電話番号:098-929-3300
・定休日:年中無休
・営業時間:通年
・アクセス:那覇から高速道路経由で30分

女子におすすめ!沖縄のホテル

最後に、沖縄を旅行する女子におすすめのホテルをご紹介しましょう。人気観光地である沖縄には、大型の高級ホテルからラグジュアリーな隠れ家ホテル、気軽でリーズナブルなホテルに民宿と様々なタイプの宿泊施設があります。ここでは、アクセスも良く口コミでも高評価のホテルをピックアップしました。

沖縄残波岬ロイヤルホテル

大型ホテルは施設内の設備が充実していたり、アクティビティのメニューが多いことが魅力でもあります。「沖縄残波岬ロイヤルホテル」は、全465室。「ざんぱビーチ」まで徒歩で5分というロケーションです。チェックインは14:00から、チェックアウトは11:00まで。1泊13,000円が中心価格帯です。

・スポット名:沖縄残波岬ロイヤルホテル
・住所:沖縄県中頭郡読谷村字宇座1575
・電話番号:098-958-5000
・定休日:年中無休
・営業時間:通年
・アクセス:「那覇空港」から車で70分

ホテル日航アリビラ

「ホテル日航アリビラ」も女子人気の高い全397室の大型ホテルです。こちらはホテルの目の前が「ニライビーチ」というロケーション。スペイン風の外観が、リゾート気分を盛り上げてくれます。チェックインは15:00から、チェックアウトは12:00まで。宿泊費の中心価格帯は30,000円前後です。

・スポット名:ホテル日航アリビラ
・住所:沖縄県中頭郡読谷村字儀間600
・電話番号:098-982-9111
・定休日:年中無休
・営業時間:通年
・アクセス:「那覇空港」から車で70分

Windy Earth SILENT CLUB

石垣島にある「Windy Earth SILENT CLUB」は、3室しかない隠れ家的ラグジュアリーホテルです。18歳未満は宿泊できないという大人な空間は、白を基調とした客室と全室オーシャンビューの眺望、そして静けさに満ちています。チェックインは15:00から、チェックアウトは11:00まで。宿泊費は52,000円が中心価格帯です。

・スポット名:Windy Earth SILENT CLUB
・住所:沖縄県石垣市字桃里165-381
・電話番号:0980-84-5029
・定休日:年中無休
・営業時間:通年
・アクセス:「石垣空港」から車で25分

沖縄のインスタ映えスポットで楽しもう

沖縄でおすすめしたいインスタ映えスポットを、ジャンル別にご紹介しました。琉球王国の歴史を感じる場所から、南国特有の自然を感じる場所、沖縄の太陽を感じるビーチにおしゃれでかわいいショップやカフェなど、気になるスポットをぜひチェックしてみてください。沖縄を訪れた際には、素敵なインスタ映え写真を撮ってみましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-14 時点

新着一覧