オーストラリアの陽気なサマークリスマス!現地でより楽しむには?

クリスマスは冬のイメージですが、日本の真下にあるオーストラリアは真夏なので、陽気な雰囲気のサマークリスマスが開催されます。真夏のクリスマスとは、どんなものなのでしょうか。今回はオーストラリアのサマークリスマスについて、現地での楽しみ方をご紹介します。

オーストラリアの陽気なサマークリスマス!現地でより楽しむには?

目次

  1. オーストラリアの陽気なクリスマスとは?
  2. 日本とオーストラリアのクリスマスの違い
  3. オーストラリアのクリスマスの特徴
  4. オーストラリアのクリスマス人気スポット
  5. オーストラリアのクリスマスマーケット
  6. オーストラリアのクリスマスを楽しもう

オーストラリアの陽気なクリスマスとは?

12月25日は、世界共通でみんな大好きなクリスマスです。日本ではクリスマスは冬でとても寒い季節なので、雪が降るとホワイトクリスマスだと喜ばれることもあります。しかし赤道をはさんで日本の真下にあるオーストラリアでは、全く異なる雰囲気のサマークリスマスになります。クリスマスが真夏にやってくるなんて、日本人には少し想像が難しいかもしれません。

オーストラリアの真夏のクリスマスとは、どんな雰囲気なのでしょうか。日本やほかの国のような冬のクリスマスとはどのように違って、どんな過ごし方をするのでしょうか。オーストラリアのクリスマスは、真夏のクリスマスならではの面白いスポットやイベントが沢山あるようです。今回は、そんなオーストラリアの陽気なサマークリスマスについて詳しく調査しました。

オーストラリアの12月は真夏?

クリスマスは、日本でも海外でも共通の12月25日です。日本で12月というと冬真っ盛りでとても寒く、地方によっては雪が降っている地域もあります。しかし、オーストラリアは南半球にあるため日本と季節が全く反対であり、オーストラリアの12月は季節的には真夏になります。日本で言うとちょうど7月ごろを思えばよいでしょう。

海外クリスマスの中でも特殊

12月25日のクリスマスに季節が冬なのは、オーストラリアだけではありません。南半球に位置する国ではどの国も、12月は真夏になります。しかし世界中で見てもサマークリスマスというのは、とても特殊なイベントです。もともとクリスマスの文化は北半球のヨーロッパで生まれたものですので、南半球の国でクリスマスを盛大に祝う国というのはあまり多くありません。

そしてオーストラリアのクリスマスは、真夏とはいえども冬仕様になっています。クリスマスツリーを飾ったり、サンタクロースの人形を飾るなど冬のクリスマスと同じような準備を、オーストラリアでも行います。しかし冬仕様のクリスマスをオーストラリア風にアレンジしている部分も数多くあり、とても珍しいクリスマスを見ることが出来ます。

Thumbクリスマスツリーを手作りで!ダンボールや布を使って簡単に作ろう! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

日本とオーストラリアのクリスマスの違い

同じ12月25日のクリスマスでも、日本とオーストラリアでは冬と真夏ということで季節が異なります。季節の異なるクリスマスですが、その他に具体的にどのような点に違いがみられるのでしょうか。ここでは、日本とオーストラリアのクリスマスの違いについて解説したいと思います。

クリスマスツリー

クリスマスといえばシンボルとなるのが、クリスマスツリーです。オーストラリアでも日本と同じようにクリスマスにはツリーを飾りますが、日本とオーストラリアではこのクリスマスツリーにも違いがあります。まず日本のクリスマスツリーの場合、デコレーションとして雪をかぶったように白い綿を使うことがありますが、オーストラリアにはこの雪の装飾はありません。

クリスマスツリーの飾りつけは星やボールなどのシンプルなものが多く、全くデコレーションをしていないシンプルなクリスマスツリーも少なくありません。そして設置場所ですが、オーストラリアのクリスマスツリーは何とビーチに飾られていることもあります。日本人から見るとビーチにクリスマスツリーは、かなり違和感があるのではないでしょうか。

サンタさん

日本とオーストラリアでは、サンタさんの服装も異なります。日本やほかの海外でよく見かけるサンタクロースは、赤と白の長袖長ズボンの衣装に身を包んでいます。そして真っ白い大きな袋にプレゼントを詰めています。しかしオーストラリアで見られる真夏のサンタクロースは、まず半袖半ズボンを着ています。真夏ですので当然ですが、見慣れないととても不思議に見えます。

オーストラリアで見られる真夏のサンタクロースの中には、夏を意識したアロハシャツを着ているものや水着姿のものもあります。また、サーフィンを楽しむ姿のサンタクロースも見られます。とても珍しいので、12月にオーストラリアを訪れた海外の観光客が、このような姿のサンタクロースの人形をお土産にすることもあるそうです。

ジングルベルの歌

クリスマスの定番ソングと言えばジングルベルですが、真夏のクリスマスを迎えるオーストラリアではこの歌の歌詞も夏仕様になっています。例えば、ジングルベルの歌詞の中に夏を思わせるアイスボックスが登場したり、曲の中のサンタさんは袖なしシャツに短パン、ビーチサンダル姿なのだそうです。まったく異なる歌詞なので、とても興味深いですね。

トナカイ

日本やヨーロッパなど海外でサンタの乗っている動物と言えば、トナカイです。トナカイの引くソリにサンタクロースが乗って、子供たちにプレゼントを配りに行くのが定番のイメージです。しかしオーストラリアでは、このサンタクロースの乗っている動物さえも異なります。オーストラリアのサンタクロースが乗っているのは、なんとカンガルーです。

オーストラリアでは、トナカイの代わりにカンガルーがサンタの乗るそりを引いています。もちろんオーストラリアのクリスマスシーズンに雪はありませんので、雪の代わりに砂浜をそりに乗ったサンタクロースが横切る絵が多く見られます。トナカイではなくカンガルーに乗るサンタクロースは、海外でもオーストラリアだけで見られる光景でしょう。

オーストラリアのクリスマスの特徴

ここまで日本やヨーロッパなど海外のクリスマスと、真夏のオーストラリアのクリスマスの違いをご紹介してきました。他の海外のエリアとは異なる文化を持つオーストラリアのクリスマスには、その他にどんな特徴があるのでしょうか。ここでは、オーストラリアのクリスマスにしかない個性的な特徴についてご紹介したいと思います。

クリスマスが年に2回ある

オーストラリアのクリスマスは他の海外のエリアと同じ12月ですが、最近では冬のシーズンにもクリスマスを行うことも増えてきているようです。これは冬のクリスマスに憧れるオーストラリアの人たちが始めたイベントだそうで、オーストラリアの冬に当たる7月にChristmas in Julyと言ってクリスマスを楽しむことも増えてきています。

この7月のクリスマスは、ほかの海外と同じようにクリスマスツリーに雪の飾りつけをしたり、温かいクリスマス料理を食べたりと、冬バージョンのクリスマスを楽しむそうです。12月のクリスマスに比べるとカジュアルなイベントになり、本番のクリスマスはやはり12月に行われるそうです。

BBQを楽しむ

オーストラリアのクリスマスには、BBQを楽しむ習慣があります。日本やほかの海外でのクリスマス料理といえば、ローストチキンや温かいスープなどクリスマスらしいメニューが並びますが、オーストラリアでは豪快にBBQを楽しむのが習慣となっています。このクリスマスBBQは男性の腕の見せ所で、オーストラリアでは父親や恋人など男性の方が先頭に立って調理します。

またクリスマスBBQでは肉類も焼きますが、オーストラリアの近海で獲れた新鮮なシーフードも贅沢に使用されます。食後には、日本やほかの国と同じようにクリスマスケーキが登場します。

ボクシングデーも見逃せない

オーストラリアでは12月24日のクリスマスイブ、25日のクリスマス本番が終わってもまだまだお祭りが続きます。それが、ボクシングデーです。ボクシングデーとは、12月26日のことを指します。このボクシングデーは元々クリスマスにプレゼントをもらった子供たちが、そのプレゼントを片付ける日とされてきました。現在は、ボクシングデーイコール、バーゲンの日となっています。

そしてこのボクシングデーのセールは、実は1年で一番安くなる日としても知られています。日本ではあまりなじみのないボクシングデーですが、オーストラリアをはじめニュージーランドやイギリス、カナダでは定番のイベントとなっています。もしこの日にオーストラリアにいる予定なら、ぜひ買い物へ出かけてみましょう。

オーストラリアのクリスマス人気スポット

オーストラリアでもクリスマスにはお出かけをするのが定番となっており、街中では様々なクリスマスイベントが開催されています。オーストラリアで真夏のクリスマスを過ごすなら、どんなところへお出かけするのがおすすめなのでしょうか。ここでは、オーストラリアのクリスマス人気スポットについてご紹介します。

バラエティー・クリスマス・ウォーク

まずご紹介するオーストラリアでおすすめのクリスマスイベントは、「バラエティー・クリスマス・ウォーク」です。こちらのイベントは、クリスマス色の赤色を身に着けてウォーキングやランニングを楽しもうというイベントです。病気や特別なサポートを必要とする子どもたちへの寄付を集めることを目的としたチャリティイベントで、Varietyという団体が主催しています。

会場ではサンタの姿にコスプレしたランナーたちがウォーキングやランを楽しむだけでなく、音楽ライブを行ったりフェイスペインティングなどを楽しんだりするイベントブースも設置されています。バラエティー・クリスマス・ウォークは、シドニーで開催されているイベントです。

クリスマス・パレード

オーストラリア南東部にあるブリスベンで開催されているクリスマスイベントの「クリスマス・パレード」は、市内のクイーン・ストリートを中心に行われる伝統的なファミリークリスマスイベントです。クリスマスらしい衣装を身にまとったパフォーマーやダンサーがパフォーマンスを行ったり、サンタクロースやトナカイなどのパレードなどが繰り広げられます。

クリスマス・パレードは、毎年12月中旬からクリスマスイブまで毎晩行われており、街中がクリスマスムード一色になります。見ているだけでもとても楽しいので、初めてのオーストラリアのサマークリスマスでも思いっきり満喫できるでしょう。

サーファーズ・パラダイス・キャロル・オン・ザ・ビーチ

オーストラリアのクリスマスの特徴は、やはり夏らしい陽気な雰囲気です。オーストラリアでも人気の観光都市ゴールドコーストでは毎年恒例のサーファーズ・パラダイスのビーチで「サーファーズ・パラダイス・キャロル・オン・ザ・ビーチ」というクリスマス・キャロルのイベントが開催されています。

このイベントではビーチにクリスマスツリーも飾られて、ミュージシャンやダンサーのパフォーマンスが行われます。イベントのクライマックスにはツリーやビーチが美しくライトアップされ、花火もあがりイベントを盛り上げています。サーファーズ・パラダイス・キャロル・オン・ザ・ビーチは毎年クリスマスの前の週末の夜に開催されています。

オーストラリアのクリスマスマーケット

日本でも最近増えてきつつあるクリスマスのイベントと言えば、クリスマスマーケットです。諸外国では定番のイベントですが、オーストラリアでも一風変わった夏らしいクリスマスマーケットが開催されます。まるで夏祭りの出店のような雰囲気で、ほかの国では味わえないクリスマスマーケットにぜひ出かけてみましょう。

海外風の出店が沢山ある

オーストラリアのクリスマスマーケットでは沢山の出店が並びますが、中にはいかにも外国風のファンシーな出店もあります。有名なキャラクターが描かれた出店もあり、まるでアミューズメントパークに来たかのような雰囲気です。こちらの屋台では、子供が喜ぶぬいぐるみやキャラクターグッズが売られています。

手作り遊園地がある

オーストラリアのクリスマスマーケットでは出店のほかに、手作りの遊園地があることもあります。チケット売り場から手作り感満載の可愛い雰囲気で、なんとアトラクションには手作りの観覧車もあります。安全面はやや気になりますが、せっかくの機会ですのでぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

動物と触れ合える

また、オーストラリアのクリスマスマーケットでは動物と触れ合うことの出来る、ふれあい広場が設置されています。あまりクリスマスとは関係ないようですが、ポニーに乗ることが出来たり餌やりを体験出来たりと、小さな動物園状態になっています。子供たちも大喜びのアトラクションです。

クリスマスらしいフードもたくさん

もちろん一般的なクリスマスマーケットと同じように、クリスマスらしいフードメニューも充実しています。チキンやケーキなどのほか、ピザやBBQもありお腹を満たすことも出来ます。色々なフードの出店がありますので、オーストラリアのクリスマスグルメを堪能しましょう。

オーストラリアのクリスマスを楽しもう

今回は海外でも珍しい真夏にクリスマスを迎えるオーストラリアのクリスマスについて、日本との違いやその特徴、オーストラリアのクリスマス人気スポットなどをご紹介してきました。ロマンティックな日本の冬のクリスマスと違って、真夏のオーストラリアのクリスマスはとても陽気で楽しめるイベントです。今年の12月は、オーストラリアでサマークリスマスを楽しんでみませんか?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-13 時点

新着一覧