ディズニーランドのインスタ映えスポット徹底ガイド!おすすめ人気75選!

夢の国・ディズニーランドで、おしゃれなインスタ映え写真を撮ってみませんか。昨今の「インスタ映え」ブームに乗って、ディズニーランドでもフォトジェニックな場所での写真撮影が人気です。今回は、おすすめのスポットを人気アトラクションと併せてご紹介していきます。

ディズニーランドのインスタ映えスポット徹底ガイド!おすすめ人気75選!

目次

  1. ディズニーランドのインスタ映えスポットは?
  2. ディズニーのインスタ映え①トゥーンタウン
  3. ディズニーのインスタ映え②トゥモローランド
  4. ディズニーのインスタ映え③ファンタジーランド
  5. ディズニーのインスタ映え④ウエスタンランド
  6. ディズニーのインスタ映え⑤アドベンチャーランド
  7. ディズニーのインスタ映え⑥クリッターカントリー
  8. ディズニーのインスタ映え⑦ワールドバザール
  9. インスタ映えを狙った迷惑行為に注意
  10. ディズニーランドでインスタ映えを狙おう!

ディズニーランドのインスタ映えスポットは?

家族や友達、カップルで楽しめる夢の国・ディズニーランドには、インスタ映えするスポットが無数にあります。今回は、おすすめのフォトジェニックな場所をはじめ、インスタ映えする人気アトラクションも併せてご紹介していきます。ところで、ディズニーランドには写真撮影に関するマナーの規定があることをご存知でしょうか。マナーを守って楽しくインスタ映え写真を撮影しましょう。

おしゃれな写真が撮れる人気スポット

ディズニーランドのパーク内には、テーマに合わせた7つのテーマランドがあります。テーマランド内の建物や看板、道路など全てにわたってディズニーランドらしさが詰まっています。そのため、インスタ映えするおしゃれでフォトジェニックな写真を撮る場所には困りません。人気スポットでは、撮影待ちの行列があるほどです。

おすすめアトラクションも紹介

ディズニーランド内のテーマランドには、それぞれ人気のアトラクションもあります。そうしたアトラクションの入り口も、人気のインスタ映えスポットになっています。遠景や背景にアトラクションを入れる構図も、ディズニーランドらしいインスタ映え写真としておすすめです。今回は、人気の高いアトラクションもたくさんピックアップされているので、是非チェックしてみて下さい。

ディズニーのインスタ映え①トゥーンタウン

まずはじめにご紹介するテーマランドは、「トゥーンタウン」です。「ミッキーと仲間たちの住む街」をテーマに、カラフルでポップ、ギャグに溢れたエリアになっています。テーマランド内は、ディズニーアニメの世界です。建物や街灯のデザインもユニークなので、インスタ映えスポットとして人気を集めています。

ジョリートロリーの停留所

「トゥーンタウン」を代表するインスタ映えスポットとして人気を集めているのが、トゥーンタウン内を運行していた路面電車「ジョリートロリー」の停留所(トローリーステーション)です。既に運航を終えているので、現在線路はありません。カラフルな色合いとポップなサインがある停留所は、ベンチに座ってインスタ映え写真を撮影することができる場所になっています。

ジョリートロリーの車輛

上述の様に「ジョリートロリー」は既に廃線となっているので、現在は線路がありません。車輛も一時姿を消していましたが、車庫(トロリーバン)の前に1台設置され、フォトスポットとして人気を集めています。カラフルな車輛は、ステップに乗ることも可能です。車庫の扉も、インスタ映えするおしゃれな写真が撮れる背景としておすすめです。

ジョリートロリーの信号機

白い手袋をはめた手が映えている「ジョリートロリー」の信号機も、ユニークなインスタ映え写真を撮ろうとする人々で賑わうおすすめスポットです。特に人気が高いインスタ映え写真の構図は、信号機の手とハイタッチをするショット。信号機の下に立って並ぶだけでも、可愛いインスタ映え写真になります。

ロジャーラビットのカートゥーンスピン

「ロジャーラビットのカートゥーンスピン」は、イエローキャブと呼ばれるニューヨークのタクシー型ライドに乗るアトラクション。映画『ロジャー・ラビット』の世界がモチーフになっています。アトラクションの建物やサインが、とってもキュートなインスタ映えスポットです。因みにこちらのアトラクションにおいて、ロジャー・ラビットの声は声優の山寺宏一氏が担当しています。

ミッキーの家の前

「トゥーンタウン」の住人の中には、もちろんミッキーもいます。「ミッキーの家」の前には、ミッキーの顔の形をした郵便ポストが設置されているので、格好のフォトロケーションとして人気です。「ミッキーの家」の後ろにある木の山には、白い文字で「ToonTown(トゥーンタウン)」と書かれたロゴがあります。こちらも、是非チェックしてみて下さい。

ミッキーの車

「ミッキーの家」を出たところには、ミッキーの愛者である赤い車が停まっています。ナンバープレートは「MICKEY 1」。エンブレムもミッキー型で、タイヤ後もミッキーになっています。ミッキーの車には、乗る事が出来るのでインスタ映え写真を撮る場所としてもおすすめです。この車は、イベントに合わせてデコレーションが変わるので、シーズン毎に訪れるファンも多いそうです。

ミニーの家の前

フォトジェニックなインスタ映えスポットとして人気が高い「ミニーの家」。ピンクのタイルがあしらわれた屋根を含め、外観もとても可愛いフォトロケーションです。ミニーの家の前にも、ミニーの顔の形をしたポストが設置されています。このポストと一緒に撮影すると、「ミニーの家」も構図に入るのでインスタ映えする事間違いなしです。

ミニーの家の鏡

「ミニーの家」の中にあるハート型の鏡も、インスタ映えスポットとして人気があります。鏡の周りには埋め込まれた電球の光を黒目に入れる様に撮影すると、黒目の中にハート型が写ります。鏡に自分たちを写り込ませたショットが人気ですが、おすすめは背後からのオフショット風の構図です。ほかに、ベッドやキッチンでも、おしゃれな写真が撮影出来ます。

ミニーの家の扉

メルヘンチックな「ミニーの家」は、扉のデザインも可愛いので注目です。ドアを開けた状態で、ひょっこり顔を覗かせるポーズは、フォトジェニックな魅力たっぷりの一枚として、インスタ映えするのではないでしょうか。「ミニーの家」の外には、井戸もあります。この井戸にはハートのキューピッドのアーチがあるので、キューピッドを入れた下からの構図が人気です。

ドナルドのボート

「トゥーンタウン」内にある「トゥーンレイク」に浮かんでいるのは、ドナルド・ダックの船です。その名も、「ミス・デイジー号」。外観も可愛い船なので、インスタ映えする写真が撮れる場所になっています。さらに、船内にはドナルドのバスタブとシャワーがあります。バスタブの隣の「クァクァフォン」は、上甲板と会話ができる仕掛けになっているので、試してみてはいかがでしょう。

チップとデールのツリーハウス

「チップとデールのツリーハウス」は、散策型のアトラクションです。入り口の看板にもチップとデールがいるので、インスタ映えするスポットになっています。大きなドングリの実がなるオークの木に作られたチップとデールの家の前でフォトジェニックな写真を撮りましょう。ツリーハウスの中には、どんぐりモチーフの可愛い小物もあるので要チェックです。

ディズニーのインスタ映え②トゥモローランド

続いてご紹介するディズニーランド内のテーマランドは、SFチックな未来の国をテーマにした「トゥモローランド」です。最先端の技術を導入したアトラクションが中心のテーマランドなので、アトラクションの入れ替えが激しいことでも知られています。また、ディズニー・ピクサー映画の作品をモチーフにしたアトラクションも人気を集めています。

リトルグリーンメンのフォトロケーション

まず最初におすすめしたいのは、「トゥモローランド」の人気アトラクションの1つである「バズライトイヤーのアストロブラスター」の前にあるフォトロケーションです。映画『トイ・ストーリー』のキャラクターであるエリアン、リトルグリーメンがわちゃわちゃしています。また、リトルグリーンメンの背後に回り込むと、背中部分に隠れミッキーが見つかります。

モンスターズインク社のロゴの壁

「トゥモローランド」で一番有名なインスタ映えスポットと言えば、アトラクション「モンスターズ・インクライド&ゴーシーク!」の建物の壁に描かれたモンスターズインク社のロゴかもしれません。映画に登場するモンスターズインク社内の壁と同じサイズで作られているそうです。ロゴの前でジャンプをしたりポーズを取ったり、インスタ映えする写真を自由に撮影する事が出来ます。

モンスターズインクの前の車

モンスターズインクのアトラクション入り口の右横には、映画にも登場したマイクの赤い車が停められています。車が停められているスペースの奥には「EMPROYEE OF THE MONTH MIKE WAZOWSKI(今月のベスト社員マイク・ワゾウスキー)」というサインがあるのでチェックしてみて下さい。実際に車に乗って写真撮影ができる人気のスポットになっています。

モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”

「トゥモローランド」の人気アトラクションである「モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”」のブルーの看板もインスタ映えする構図になるスポットです。モンスターズ・インクのキャラクターのコスを楽しむサリーバウンドやマイクバウンドで撮影すると、よりフォトジェニックな一枚となるでしょう。

プラネットMの入り口

「トゥモローランド」の人気アトラクション「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」の降り場に直結している東京ディズニーランドのオリジナルグッズのショップ「プラネットM」の入り口は、SFチックなライティングがフォトジェニックなスポットです。「プラネットM」には、「ミッキーがおもちゃの原料を見つけた惑星」という設定があります。

プラネットMのオブジェ

「プラネットM」の店内には、宇宙飛行士になったミッキーとミニーが、リトルグリーンメンと一緒にいるオブジェが飾られています。ディスニーランドの魅力として、その世界観を忠実に表したバックストーリーが存際していることを挙げましたが、こうしたオブジェにもストーリーが感じられるのではないでしょうか。

トゥモローランド・ホールの壁

おしゃれな壁やフォトジェニックな壁は、インスタ映えする写真が撮れる場所です。ディズニーランド内にも、そうしたおしゃれなスポットがいくつもあります。「トゥモローランド」では、「トゥモローランド・ホール」の壁がおすすめです。ラベンダーカラーが効いたおしゃれな一枚を狙ってみましょう。

バズ・ライトイヤーのアストロブラスター

映画「トイ・ストーリー」のバズ・ライトイヤーが率いるスペースレンジャーの一員となって、ターゲットを狙うシューティングタイプの参加型アトラクション「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」。光線銃のアストロブラスターを撃ちまくるアトラクションです。その看板と「リトルグリーンまん」を写し込んだショットは、インスタ映えする事間違い無しでしょう。

スペース・マウンテン

「トゥモローランド」の有名なアトラクションの1つがジェットコースタータイプの「スペース・マウンテン」。東京ディズニーランドの開園当時から続いているアトラクションです。ナイトタイムには、アトラクションの外観が美しいライティングで彩られます。近未来のSFテイストをおしゃれに感じさせてくれるインスタ映えスポットと言えるでしょう。

パン・ギャラクティック・ピザ・ポート

「トゥモローランド」の「パン・ギャラクティック・ピザ・ポート」は、「宇宙一美味しいピザレストラン」です。マネージャーのトニー・ソラローニが、全自動ピザ製造マシンPZ-5000を操作して美味しいピザを焼いています。焼きたてのピザの他に包み焼きのカルツォーネも人気メニュー。こうした世界観が表れているトニーとピザ製造マシンは、おすすめのインスタ映えスポットです。

トゥモローランド・テラス

「トゥモローランド・テラス」は、フォトジェニックなミッキーシェイプのサンドウィッチが楽しめるハンバーガーレストランです。シンデレラ城の全景を入れたショットは、インスタ映えする写真撮影におすすめの構図です。ミッキーシェイプのサンドウィッチと共にポーズを取ってみませんか。

ディズニーのインスタ映え③ファンタジーランド

続いてご紹介するディズニーランドのインスタ映えスポットは、おとぎ話をテーマにした「ファンタジーランド」内にある場所です。敷地内にはおしゃれなインスタ映えスポットが存在しています。ディズニーランドのシンボルでもある「シンデレラ城」もあります。シンデレラの他にも、白雪姫やふしぎの国のアリス等のディズニー作品をモチーフにしたアトラクションが人気です。

シンデレラ城内の壁画

「ファンタジーランド」では、上述の様にディズニーランドのシンボルであるシンデレラ城が一番人気のインスタ映えスポットです。城内には、ガラスの石で描かれた「シンデレラの壁画」があります。シンデレラのストーリーに沿っているので、プリンセス気分でインスタ映えする写真を撮る事が出来るでしょう。ドレス姿のシンデレラバウンド中のゲストにもおすすめの、おしゃれスポットです。

フェアリーテイルホールの王座の椅子

シンデレラ城の城内にある「シンデレラのフェアリーテイル・ホール」は、ウォークスルータイプ(徒歩移動型)のアトラクションです。ホール内部の大広間には、おしゃれな玉座があります。玉座には自由に座る事が出来るので、プリンセス気分を味わえる格好のインスタ映えスポットとしておすすめです。この玉座でガラスの靴の試し履きをしながら撮影するゲストも多くいます。

シンデレラ城裏の窓

シンデレラ城の裏側に回ると、おしゃれな窓を背景にしたインスタ映え写真を撮影する事が出来ます。まさにおとぎ話の世界そのままの、ロマンティックなシンデレラ城は、窓枠やドアのデザインもおしゃれです。立体感のある出窓の前には、3人ほど並べるスペースがあるので、グループでインスタ映え写真を撮影したい場合にもおすすめです。

シンデレラ城裏の噴水

シンデレラ城の裏側には、「シンデレラの噴水」があります。東京ディズニーランドの来場ゲスト数が500万人を達成した記念に、ディズニー本社から贈られたものだそう。映画のワンシーンの様に、シンデレラの周りに小鳥やネズミが寄りそっています。この噴水は、しゃがんで撮影すると背面に描かれた王冠がシンデレラの頭に重なる隠れた演出があるのでお見逃しなく。

白雪姫の願いの井戸

シンデレラ城の左手には、映画『白雪姫』に登場したものと同じデザインの井戸があります。「白雪姫の願いの井戸」と呼ばれる石造りの井戸には屋根もかかっていて、インスタ映えするファンタジックな写真を撮影できる場所です。おすすめは、遠方から井戸を狙ったショットです。カップルで見つめ合ったり、友達同士でポーズを決めたりと楽しんでみましょう。

白雪姫と7人の小人の滝

上述の井戸の奥には、白雪姫と7人の小人の石像が置かれた滝があります。この滝を背景にした写真も、ディズニーランドらしい構図でインスタ映えする一枚になるでしょう。周りには木も植えられた大きくてスケールのある滝なので、ファンタジックでありつつもダイナミックなショットが撮影できるおすすめのフォトロケーションになっています。

イッツ・ア・スモールワールドの外観

世界各国の子どもたちが歌って踊る夢の世界をカナルボート型のライドで訪れる人気アトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」は、その外観もフォトジェニックでインスタ映えすると評判です。ディズニーランドを代表するアトラクションの1つですから、訪れるゲストも多い場所。撮影の際はマナーを守って撮りましょう。

ホーンテッドマンションの入り口

「ファンタジーランド」にある人気アトラクション「ホーンテッドマンション」の入り口前も、インスタ映えする写真が撮れる場所としておすすめです。古びた煉瓦造りの大きな屋敷は、お化けが住まう幽霊屋敷。周囲には深く生い茂った木々が立ち並んでいます。ハロウィンの時期や人が少なくなった夜の撮影も雰囲気があっておすすめです。

空飛ぶダンボのフォトロケーション

「ファンタジーランド」には、ディズニーの人気キャラクターの1つでもある段ボのフォトロケーションがあります。テーマランド内にあるアトラクション「空飛ぶダンボ」の前に設置されているダンボは、アトラクションと全く同じデザインです。こちらは、自由にダンボに乗って写真撮影ができるのでおすすめのインスタ映えスポットといえるでしょう。

アリスのティーポット

不思議の国のアリスに登場するハートの女王をモチーフにしている「クィーンオブハートのバンケットホール」の近くには、可愛い自動販売機があります。ピンクとブルーのティーポット型の自動販売機は、ディズニーの世界を体現しているデザイン。お客さんがいないタイミングを見計らって、おしゃれなインスタ映え写真を撮ってみませんか。

クィーンオブハートのバンケットホールのハート窓

「クィーンオブハートのバンケットホール」には、不思議の国のアリスのディズニーアニメのシーンを表したステンドグラスがあります。中でも、ハート型のステンドグラスがあしらわれた窓は、キュートでおしゃれなインスタ映えスポットとしておすすめです。他に、レストランの入り口に立つトランプの衛兵や、時計を片手に急いでいる白うさぎ等も人気なので是非チェックしてみてください。

ディズニーのインスタ映え④ウエスタンランド

続いてご紹介するディズニーランドのインスタ映えスポットは、「ウエスタンランド」からピックアップしていきましょう。「ウエスタンランド」は、アメリカ開拓時代の西部の町並みを再現しています。テーマランド内には、アメリカ河が環状に流れているほか、赤茶色の岩肌や大きな木、アーリーアメリカンスタイルの建物などが並んでいます。

トムソーヤ島へのいかだ

「ウエスタンランド」で一番人気のインスタ映えスポットといえば、アメリカ河に浮かんでいる「トムソーヤ島」に向かういかだではないでしょうか。橋から見下ろしたいかだもおしゃれですし、アメリカ河を進むいかだに乗りながら写真を撮ることができます。インスタ映えするショットには、スプラッシュマウンテンを背景にする構図がおすすめです。

インジャン・ジョーの洞窟

「トムソーヤ島」の船着き場近くにある「インジャン・ジョーの洞窟」もインスタ映えする写真が撮れる場所です。『トム・ソーヤの冒険』では、トムとハックがインジャンの隠した財宝を見つけ出す場所でもあります。赤茶色のごつごつした岩に白いペンキで「INJUN JOE`S CAVE インジャン・ジョーの洞窟」と書かれている洞窟の入り口でのショットがおすすめです。

インジャン・ジョーの洞窟の中

ディズニーランドでインスタ映えする写真を撮影する際に、小道具を使うアイデアもあります。こちらは、「インジャンジョーの洞窟」内にあるランタンを狙ったインスタ映えショットですが、「レンズボール」を小道具として使っています。洞窟内に20個ぐらいあるランタンの中で、背景の岩を青く照らすランタンは1か所しかないそうです。

トムソーヤ島のインディアン・キャンプ

「トムソーヤ島」の奥地にある「インディアン・キャンプ」は、あまり知られていない穴場スポットとしておすすめです。ネイティブ・アメリカンが使うティーピー型のテントが建てられているエリアで、ディズニー映画に登場したタイガーリリーや、ポカホンタスバウンドのゲストにも人気があります。ティーピーの中に入ることもできます。

トムソーヤのツリーハウス

「トムソーヤのツリーハウス」は、トムが親友のハック(ハックルベリー・フィン)のために仲間たちと作った小屋として、『トム・ソーヤの冒険』に登場しています。ディズニーランドには、この他にも「スイスファミリー・ツリーハウス」があります。ウォルト・ディズニーが生まれ育ったアメリカでは、子どもたちがツリーハウスで遊ぶことが多いためでしょう。

キャッスル・ロック

「キャッスルロック」は、トムソーヤ島の中央にある階段付きの岩場です。上述したインジャン・ジョーがエメラルドを独り占めしようとしていた鉱山ですが、中に入るとエメラルドの他にクリスタル水晶や鳥の卵、三葉虫とアンモナイトの化石などを見る事が出来ます。さらに、穴からにゅっと突き出ている「人の手」もあります。この近くにある穴では、岩の地と外とで会話ができるそうです。

ドクロ岩

「トムソーヤ島」のアスレッチックの入り口には、ガイコツの形をした通称「ドクロ岩」があります。顔から見ストが噴出される仕掛けもあるので、インパクトのあるインスタ映え写真が撮れるフォトスポットです。インスタ映えショットを狙う場合は、「ドクロ岩」に高さがあるので、立って撮影するのがおすすめです。荒々しいアメリカの西部感を出してみましょう。

蒸気船マークトウェイン号

「蒸気船マークトウェイン号」は、「ウエスタンランド」内を環状に流れているアメリカ河を運航している蒸気船アトラクションです。1850年代のアメリカで実際に使われていた外輪船を8分の5程度にスケールダウンしたものだそう。大型の白い客船は、ディズニーランドらしいファンタジックな非日常の世界へといざなってくれるでしょう。

カントリーベア・シアター前の木彫りのベア

「ウエスタンランド」にある「カントリーベア・シアター」は音楽ショー形式のアトラクションです。アメリカのディズニーワールドにあるマジックキングダムでは「カントリーベア・ジャンボリー」と呼ばれています。会場前には、ウッディな木彫りのベア型スタンドがあり、ディズニーらしいユニークな表情のベアがインスタ映えすると人気を集めています。

ウエスタンランド・シューティングギャラリー

「ウエスタンランド・シューティングギャラリー」は、センサーの付いた的に向かって赤外線発信装置が付いた銃を撃つ射撃タイプのアトラクションです。終了後は、ディズニーキャラクターであるグーフィーのメッセージ付きスコアカードがもらえます。また、帽子を撃つとガラガラヘビが出たり、壁穴を撃つと人が出てきたりと、的にもディズニーらしい仕掛けがあります。

キャンプ・ウッドチャック・キッチンのテラス席

「ウエスタンランド」にある「キャンプ・ウッドチャック・キッチン」は、ワッフルサンドやおにぎりサンドが人気のレストランです。アメリカ河が見えるテラス席からは、タイミングが良ければ上述した「蒸気船マーク・トウェイン号」が運航している様子を写真に収める事ができます。大きな蒸気船を背景に入れ込んだ構図は、インスタ映えします。

ディズニーのインスタ映え⑤アドベンチャーランド

続いてご紹介するディズニーランドのインスタ映えスポットは、「アドベンチャーワールド」にある場所です。このテーマランドは、まだ誰も知らない未開の地への探検や、海賊の世界への冒険をテーマにしています。アメリカのディズニーランドでも歴史があるアトラクションが多いエリアといわれているそうです。

アドベンチャーランド入り口

「アドベンチャーランド」の入り口にあるエントランスアーチは、このテーマランドらしいデコレーションで知られています。エントランスアーチを遠景で撮るショットや、アーチの下に立って撮影する構図など、インスタ映えするスケール感あふれた写真がおすすめです。「アドベンチャーランド」の入り口脇には池や滝があるので、それらを背景に撮影しても良いでしょう。

トーテムポールのフォトロケーション

「アドベンチャーランド」内にあるトーテムポールは、大人数での撮影にもおすすめ出来るフォトロケーションになっています。トーテムポールとは、ネイティブ・アメリカンによる柱状の彫刻です。それぞれの部族に伝わる神話や戦の歴史等がモチーフになっているものですが、ディズニーランドのものはディズニーらしくユニークな表情をしています。時折トーキングドラムの音楽が流れます。

ジャングルクルーズの象さん

ディズニーランドを代表する体験型アトラクションの1つ「ジャングルクルーズ」も、インスタ映えする写真が撮れる場所です。キャストによる「スキッパー(船長)」の軽妙なトークも人気があります。このアトラクションは、ウォルト。ディズニー自身の体験を再現したものだそう。2014年には「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」としてリニューアルされました。

ウエスタンリバー鉄道

「アドベンチャーランド」にある乗車口から乗り込み、「クリッターカントリー」や「ウエスタンランド」を通過する蒸気機関車アトラクション「ウエスタンリバー鉄道」は、19世紀のアメリカで使われていた機関車をモチーフにしています。4両ある機関車には、それぞれ名前が付いている点も、ディズニーランドらしいアイデアと言えるでしょう。

スイスファミリーツリーハウス

ディズニー映画『スイスファミリーロビンソン』をモチーフにした「スイスファミリー・ツリーハウス」は、散策型のアトラクションです。展望台にもなっている内部を、ゲストは自由に歩き回ることが出来、格好のインスタ映えショットが狙えるでしょう。ロビンソン一家が作った吊橋などの仕掛けも楽しめます。元旦には、ここから初日の出を拝むゲストで賑わいます。

カリブの海賊の入り口

「アドベンチャーランド」を代表する「カリブの海賊」は、ウォルト・ディズニー自身が設計に携わった最後のアトラクションとしても知られています。アメリカのディズニーランドでは1967年から、東京ディズニーランドでは1983年からあるアトラクションですが、2003年にウォルト・ディズニー・ピクチャーズによる映画化成功を受け、一部内容を変更しているそうです。

アドベンチャーランド・バザールの飾り窓

「アドベンチャーランド・バザール」は、「アドベンチャーランド」にあるショップです。ディズニーキャラクターの見に着けグッズを始め、スペシャルイベントのディズニーグッズなどが販売されています。店内のインテリアは、インドの宮殿がモチーフになっていて、インスタ映えするフォトジェニックなスポットがあちこちにあります。アラビアンデザインの窓は、豪華なクジャクが目印です。

アドベンチャーランド・バザールの壁

ディズニーランド内には、フォトジェニックな「フォトジェ壁」がいくつもあります。「アドベンチャーランド・バザール」の壁もその1つです。温かみのあるエッグイエローの壁色を背景に、ディズニーキャラクターの見に着けグッズやコスチュームを着こんだゲストによる写真撮影がよく行われています。どんな色の衣装とも馴染みの良いおすすめスポットです。

コーラル・ランディングの扉

「アドベンチャーランド」内にある青と黄色の扉も、インスタ映えスポットとしてSNSでよく見かけます。こちらは、「CORAL LANDING(コーラル・ランディング)」というサインが付いている建物の扉です。「アドベンチャーランド」のダイニングエリアにあるレストラン「チャイナボイジャー」と「ボイラールームバイツ」の前にある建物です。

ラ・プティート・パフュームリー

「ラ・プティート・パフュームリー」は、「アドベンチャーランド」のロイヤルストリートの一番奥にあるショップです。ここでは、オリジナルの香水や石鹸などのコスメを販売しています。優しい水色をテーマカラーにしたお店は、インテリアだけでなく外観もフォトジェニック。ウィンドウステッカーに彩られた窓を背景に、インスタ映えショットを撮るゲストが多いようです。

ディズニーのインスタ映え⑥クリッターカントリー

続いてご紹介するディズニーランドのインスタ映えスポットは、「クリッターカントリー」にある場所です。「クリッターカントリー」は、ディズニー映画『南部の唄』をモチーフにしています。ここでは、アライグマやビーバー、クマといった動物たちが暮らしているというバックストーリーがあります。

アメリカ河に面したフォトロケーション

「クリッターカントリー」では、アメリカ河が見える場所にベアのフォトロケーションがあります。タイミングが合えばディズニーランドの蒸気船「マーク・トウェイン号」や「クリッターカントリー」のアトラクションである「ビーバーブラザーズのカヌー探険」のカヌーが通るので、背景に入れ込んだ写真も撮影出来るでしょう。

うさぎどんときつねどんとくまどんのフォトロケーション

「クリッターカントリー」には、ディズニー・ヴィランズの一員にもカウントされるブレア・フォックス、通称きつねどんがいます。きつねどんがうさぎどんとくまどんと一緒のフォトロケーションも、「クリッターカントリー」のインスタ映えスポットとしておすすめ。動物系のディズニーキャラクターは、キュートな物が多いのですが、きつねどんやうさぎどんはおしゃれなコスも楽しめます。

ビーバーのウエルカムサイン

「クリッターカントリー」の入り口近くにある「Welcome(ウエルカム)!」というボードを持っているビーバーのオブジェがです。このテーマランドには、アライグマのラケッティの失敗でビーバーブラザーズが建設したダムが決壊してしまい、辺り一面水浸しとなってしまったというバックストーリーがあります。このビーバーも、水害にあった一員かもしれません。

スプラッシュマウンテンの看板

ディズニーランドを代表するアトラクションでもある「スプラッシュマウンテン」は、水しぶきを浴びながら楽しむウォーターシュート。ディズニー映画『南部の唄』をモチーフにしている為、映画に登場するブレア・ラビット、通称うさぎどんがボートについています。アトラクションで流れるジッパ・ディー・ドゥー・ダーという曲の歌詞が書かれたサインを持つくまどんも、要チェックです。

ビーバーブラザーズのカヌー探険

「ビーバーブラザーズのカヌー探険」は、アメリカ河の全長700m程のコースを巡るアトラクションです。ディズニーランドのビーバーブラザーズは、クローレンスとブリュースターという名前が付いています。「アドベンチャーランド」から走ってくる「ウエスタンランド鉄道」の客車と一緒にカヌーを写し込んだ構図は、ディズニーランドらしいファンタジックな雰囲気です。

クリッターカントリーの岩場

小動物たちが暮らしているという設定の「クリッターカントリー」では、きつねどんやうさぎどん等、ディズニーの動物キャラクターに扮したゲストも多く見かけます。テーマランド内のそこかしこにある岩場は、そんな動物バウンドのゲストに人気のフォトジェニックポイント。建物などを入れずに岩場をメインにした構図は、リアルな小動物の世界に見えます。

ミラベラおばさんの家

可愛い小さなお家も、「クリッターカントリー」で人気の高いインスタ映えスポットです。こちらは、ガチョウのミラベラおばさんが暮らしているという設定のお家。ピンクの壁や、窓のよろい戸にリンゴ型のくり抜きがあしらわれているのも可愛いと人気です。特に女性のゲストが「ミラベラおばさんの家」の前で写真を撮っています。

ラケッティのラクーンサルーン

「クリッターカントリー」のバックストーリーでもご紹介したアライグマのラケッティは、密造酒の製造中に爆発事故を起こしてしまったというエピソードがあります。そんなラケッティの経営するサルーン(酒場)は、穴場的スポットになっています。カラフルな看板に可愛いスイーツを組み合わせたおしゃれな構図が人気です。

グランマ・サラのキッチン

「クリッターカントリー」の人気レストラン「グランマ・サラのキッチン」は、可愛い外観もインスタ映えスポットとしておすすめです。グランマ・サラは、ジャコウネズミのおばあさん。クリッターカントリーらしい雰囲気いっぱいのおしゃれなお店で、屋外テラスも人気があります。他に、お店の向かいにあるタワーも可愛いスポットです。

グランマ・サラのキッチンの窓

「グランマ・サラのキッチン」の窓は、ラプンツェルや白雪姫などプリンセスコスチュームでディズニーランドを楽しむゲストにも大人気のフォトジェニックなスポットです。撮影待ちの列が出来る程の人気の場所なので、SNS等で見掛けた事がある方も多いのではないでしょうか。窓から少し身を乗り出したポージングがおすすめです。

ディズニーのインスタ映え⑦ワールドバザール

続いてご紹介するディズニーランドのインスタ映えスポットは、20世紀初頭のアメリカ地方都市の町並みをテーマにした「ワールド・バザール」にある場所です。ウォルト・ディズニーの出身地、マーセリンがモデルと言われています。ショッピングモールやアーケード商店街の様に、たくさんのおしゃれなお店が並んでいるエリアです。

入り口周辺のポスター

「ワールドバザール」の入り口近くには、ディズニーランドで行われるスペシャルイベントやアトラクション、ショーに関するポスターが貼られています。ポスターにはもちろんディズニーキャラクターが登場していますし、ディズニーランドのエッセンスが満載の可愛いデザインなのでインスタ映えする事間違い無しです。お気に入りのキャラクターのポスターを写真に収めてみませんか。

ワールドバザールの風船

「ワールドバザール」では、ディズニーランドのキャストがたくさんの風船を束ねて持っている姿をよく見かけます。この風船は、もちろん販売しているものですが、インスタ映えするアイテムとしても人気があります。ディズニーランド側では、購入しない人が風船の束を持つ事を禁止してはいないようですが、キャストが写り込まない様にして撮る構図がおすすめです。

シェアリング・ザ・マジック像

ディズニーランド内には有名なブロンズ像が幾つかあります。「ワールドバザール」内にある「シェアリング・ザ・マジック像」もその1つ。こちらは、ウォルト・ディズニーの兄であるロイ・ディズニーとミニーマウスが座っているベンチです。ミニーの隣が1人分空いているので、そこに座って3人で撮る構図が人気です。

ハウス・オブ・グリーティング

ステーショナリーを中心に扱っているショップ「ハウス・オブ・グリーティング」では、購入したポストカードを店内の机でしたためて投函することが出来ます。真っ白い建物は、エレガントな印象です。ショップの入り口前にはピンクの文字で店名が書かれているので、下から見上げるショットがインスタ映え写真としておすすめの構図です。

ディズニー&カンパニー

「ディズニー&カンパニー」はディズニーランドで開催されるスペシャルイベントの関連グッズや、ディズニーキャラクターのグッズを扱っているショップです。ローズピンクを基調としたロマンティックな外観と、ショップ前にあるクラシカルな街灯が可愛いと評判を集めています。ショップの看板と、季節によって変わるウィンドーディスプレイを入れた構図がおすすめです。

ワールドバザール・コンフェクショナリー

ディズニーランド内で最大級のお菓子専門店「ワールドバザール・コンフェクショナリー」は、お土産を購入するゲストで賑わっています。店内のお菓子類も可愛いのですが、インスタ映えするおしゃれな写真はお店の外観を背景にした構図です。出窓風に張り出したウインドーには、季節に合わせておしゃれなでぃずプレイが施されているので、是非チェックしてみて下さい。

ビビディ・バビディ・ブティック

女の子の夢が詰まったディズニーランドのショップと言えば、「ビビディ・バビディ・ブティック」を挙げる方も多いことでしょう。3歳から小学6年生までの女の子を対象にしているメイクやドレスアップサービスのお店なので、大人はなかなか入ることがないかもしれませんが、ウインドーに飾られたドレスはインスタ映えスポットになっています。

リフレッシュメントコーナー

ディズニーランド内にあるフォトジェニックな壁の1つが、「リフレッシュメントコーナー」にあります。ピンクのストライプ柄の壁紙とピンクの無地の壁紙のどちらも、可愛くおしゃれなインスタ映え写真が撮れる背景になるでしょう。店内では、ホットドッグやフレンチフライなどの軽食がいただけます。シンデレラ城が見える外のテラス席も人気です。

アイスクリームコーン

アイスクリームやサンデーが食べられる「アイスクリームコーン」は、アイスクリーム型の看板が目印です。「ワールドバザール」のテーマである「20世紀初頭のアメリカの地方都市」らしい優雅な建物と大きなガラスのウインドーも、インスタ映えするショットを撮影するのにうってつけの場所になっています。アイスクリームを片手に写真を撮ってみませんか。

イーストサイド・カフェ

パスタをメインとしたイタリアンが楽しめる「イーストサイド・カフェ」は、水色を基調にしたウインドーインテリアがおしゃれな場所です。水色と言えば、ディズニーキャラクターのダンボをイメージする方も多いのではないでしょうか。アーリーアメリカンスタイルの窓の前は、可愛いダンボバウンド中のゲストに大人気のインスタ映えスポットになっています。

グレートアメリカン・ワッフルカンパニー

「グレートアメリカン・ワッフルカンパニー」では、ディズニーランドを代表するスイーツの1つであるミッキー型のワッフルが楽しめます。ミッキーの顔を象った焼き型を使って、次々にワッフルを焼き上げていくキャストの姿にも注目です。カラフルなショップのサインと共にミニサイズのワッフルを入れ込んだ構図は、可愛いインスタ映え写真になるでしょう。

Thumbディズニーシーインスタ映えスポット75選!可愛く写真が撮れる場所は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

インスタ映えを狙った迷惑行為に注意

ディズニーランド内の7つのテーマランド別に、インスタ映えスポットをご紹介してきました。最後に、ディズニーランドでインスタ映え写真を撮影する時に気をつけなければならないポイントをいくつかチェックしておきましょう。ディズニーランドは、小さなお子さんから年配の方まで幅広い年齢の方が遊びに来る夢の国です。マナーを守った撮影を心掛けましょう。

自撮り棒の使用は禁止

ディズニーランドでは、ランド内の撮影に関して「周囲のお客様の迷惑になる行為」を原則禁止しています。その1つが、自撮り棒を使った撮影です。これは、自撮り棒が周囲のゲストに当たったり、他のゲストの視界を妨げたりする場合があるからでしょう。ディズニーランドでインスタ映え写真を撮影する時は、自撮り棒はNGです。

アトラクション前の座り込みはNG

人気アトラクションをおしゃれな構図で捉えるために、アトラクション前に座り込んでしまうのもNGです。これも、上述の様に、周囲のゲストの通行の妨げになったり、アトラクションに並ぶ列を乱してしまう恐れがあるからでしょう。大きなアトラクションを背景に入れ込みたい場合は、少し離れた場所から遠近法を使って撮影する方法がおすすめです。

オブジェの上には乗らない

ディズニーランドでは、「お客様の安全」に対してもルールがあります。自動車やトローリー、ダンボのように乗り込み可能なフォトロケーション以外では、腰よりも高い位置にあるオブジェには、基本的に乗ってはいけません。危険な行為が度々行われている場所では、撮影そのものが出来なくなってしまうこともあるようですので、ご注意下さい。

ディズニーランドでインスタ映えを狙おう!

ウォルト・ディズニーによって生み出されたファンタジックなディズニーの世界を体現できるディズニーランドは、老若男女が楽しめる夢の国です。至る所にインスタ映えする場所があり、ディズニーらしい遊び心も散りばめられているので、マナーを守って楽しく撮影を楽しみましょう。カップルや友達、家族みんなで、ディズニーランドでのインスタ映えを狙ってみませんか。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-18 時点

新着一覧