運動会のお弁当にそうめんが人気!楽しく完食できるアレンジレシピ集

運動会にぴったりなそうめんお弁当の人気簡単レシピをまとめました。そうめんはカップに入れたり、めんつゆを凍らせたりすれば運動会のお弁当にも使う事が出来る人気のレシピです。簡単に出来て美味しいそうめんを使ったお弁当の人気レシピをチェックしましょう。

運動会のお弁当にそうめんが人気!楽しく完食できるアレンジレシピ集

目次

  1. 運動会お弁当に人気のそうめんレシピを紹介
  2. 運動会のそうめんお弁当①準備
  3. 運動会のそうめんお弁当②ポイント
  4. 運動会のそうめんお弁当③レシピ集
  5. 子供が喜ぶ!運動会の簡単デザート
  6. 今年の運動会はそうめんお弁当に決まり!

運動会お弁当に人気のそうめんレシピを紹介

「今年の運動会のお弁当は何にしようかな」と迷っている方も多いのではないでしょうか。運動会のお弁当レシピには色々な種類がありますが、最近人気を集めているのがそうめん。お弁当にそうめんを使うのは意外なイメージがあるかもしれませんが、実はそうめんはお弁当にぴったり。ちょっとした工夫をする事で運動会の美味しいお弁当にする事が出来ます。

そうめんのお弁当は意外性があるので、子供達もきっと喜んでくれるはず。盛り付けにもこだわれば、素敵な運動会のお弁当になります。簡単に出来る人気のそうめんお弁当のレシピをチェックして、美味しいお弁当を作ってみましょう。

そうめんお弁当が人気の理由

そもそも、どうしてそうめんが運動会のお弁当に人気を集めるようになったのでしょうか。そうめんが運動会のお弁当に人気の理由は、簡単だからです。そうめんを茹でてお弁当に盛りつけるだけなので簡単に作れるのが嬉しいポイント。運動会のお弁当作りはとても大変。普段よりも豪華なおかずを沢山作ったりしなければならないので、時間がかかってしまいます。

そんな時にそうめんを運動会のお弁当のレパートリーに入れておけば、大活躍。忙しい時もそうめんのお弁当なら簡単に見た目も豪華に仕上げる事が出来ます。そうめんをお弁当に入れるコツを覚えておく事で、みんなが喜ぶ運動会のお弁当にする事が出来ます。また、そうめんのお弁当は色々なレシピがあるのも嬉しいポイント。盛り付け方によって印象もガラッと変わります。

運動会が行われるシーズンは、まだ暑い事が多いです。暑い中で頑張って競技をしていると、さっぱりとした物が食べたくなる場合もあるのではないでしょうか。ツルツルとした食感で食べやすいそうめんは、そういった面でも運動会のお弁当に最適です。暑い中でもさっぱりといただく事が出来るので、運動会のお弁当として人気を集めるようになりました。

このようにそうめんがお弁当に人気を集めるようになったのには色々な理由があります。簡単に出来て運動会の合間に美味しく食べる事が出来るそうめんレシピをお弁当に取り入れてみませんか?お弁当箱を開いた時におしゃれに盛り付けたそうめんが出てくれば、喜んでくれるはず。美味しいそうめんのお弁当を運動会の為に作ってみましょう。

Thumb運動会のお弁当に簡単ひと手間!かわいい詰め方・レシピアイデア集 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

運動会のそうめんお弁当①準備

まずは、運動会のお弁当にそうめんを使う為の準備をしていきましょう。スムーズにお弁当を作る為には準備が大切になります。準備をしっかりしておく事で運動会当日に慌ててお弁当を作らなくても大丈夫になるので、準備だけは怠らないようにしてみてください。そうめんのお弁当はどういった点に気をつけて準備をすれば良いのか運動会の前にチェックしていきましょう。

めんつゆ

まずは、そうめんのお弁当に使うめんつゆを準備していきます。めんつゆの準備として人気を集めているのが製氷皿で凍らせるという方法。市販のめんつゆを使えば、とても簡単に出来るので時間がない場合は活用してみましょう。めんつゆを作ったら、製氷皿に流し入れます。そのまま冷凍庫に入れて冷やし固めてください。これが運動会前日に行う準備です。

運動会当日になったら、製氷皿で凍らせためんつゆをしっかりと密閉する事が出来る容器に入れておきましょう。その状態で持っていく事で、お昼頃にはめんつゆが溶けて丁度良い具合になっています。シャリっとした食感が残ったひんやりとしためんつゆは暑い日の運動会にぴったり。さっぱりとそうめんをいただく事が出来ます。

めんつゆは水筒に入れて持っていくという方法もあります。大人数でそうめんのお弁当を食べる場合は水筒に入れるのも良いかもしれません。運動会前日にめんつゆを作り、冷蔵庫で冷やしておきましょう。魔法瓶タイプの水筒にめんつゆを入れて持っていきます。紙コップも一緒に持って行き、それぞれにめんつゆを注ぎ入れてそうめんを食べてください。

盛り付け

運動会の為にそうめんのお弁当を作る場合は盛り付けにもこだわってみましょう。そうめんはそのままの状態でお弁当箱に入れると取り分けにくくなってしまいます。複数人で食べる事が多い運動会のお弁当は、それぞれが取り分けやすいように工夫する事も大切なポイント。みんなが取りやすいように、そうめんは少量ずつまとめてお弁当に盛り付けるようにします。

そうめんをくるっと丸くまとめてからお弁当箱に入れていきましょう。一口分くらいのそうめんをまとめていくと食べやすくなります。このような作業を繰り返し、お弁当にそうめんを詰めていってください。

簡単に盛り付けをしたい時はカップにそうめんを入れるのも1つの方法。一人分のそうめんをカップの中に入れて小分けにしておきましょう。お弁当の時間が来たら、それぞれにそうめん入りのカップを渡していけば簡単に食べる事が出来ます。あらかじめ準備しておいためんつゆをそうめんカップの中に注ぎ入れればOK。

カップの中に色々なトッピングをすれば彩も豊かなそうめんになります。そうめんのお弁当は工夫次第で色々な盛り付けをする事が出来るので、盛り付けで個性を出すのも良いのではないでしょうか。自分なりの工夫もプラスしながら、食べやすいようにそうめんを盛り付けてみてください。

薬味などのトッピング

そうめんのお弁当には薬味などのトッピングも欠かせません。薬味がないと味気なくなってしまうので、お好みに合わせて薬味を準備しておきましょう。薬味は運動会の前日に準備すると、当日のお弁当作りがスムーズになります。小ネギやミョウガ、生姜のすりおろしなどの薬味を準備してください。錦糸卵やかまぼこを準備してボリュームアップさせるのもおすすめです。

そうめんのお弁当にボリューム感を出したい時は、豚しゃぶなどのお肉系のトッピングを準備しておくのも良いでしょう。一気に食べ応えのあるそうめんお弁当にする事が出来ます。豚しゃぶを作る時はしっかりと火を通す事が大切。めんつゆとの相性も良いので、美味しくいただけるはずです。他にも甘辛く味付けした豚バラ肉を乗せるなど、好みに合わせて工夫してみてください。

足りない時はおにぎりなども

食べ盛りの子供達の場合、主食がそうめんだけだと「物足りないな」と感じてしまう事があります。運動会は沢山体を動かすので、しっかりと栄養をつける事も大切。子供達のエネルギーにする為に、そうめんに加えておにぎりなどもプラスすると良いかもしれません。

そうめんにおにぎりを加えた豪華なお弁当い子供達も大喜びしてくれるはずです。おにぎりはそうめんと味が被らないようにするのが美味しく仕上げるポイント。

おにぎりの他にはサンドイッチも運動会のお弁当におすすめです。サンドイッチなら前日に具材を準備して当日に挟むだけなので、意外と簡単に運動会のお弁当に取り入れる事が出来るのではないでしょうか。そうめんとサンドイッチの組み合わせはとても豪華な印象を与えてくれそうです。このようにそうめんにプラスアルファをして運動会のお弁当を作ってみましょう。

Thumb運動会のお弁当はサンドイッチ!定番レシピやおしゃれ見えする詰め方 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

運動会のそうめんお弁当②ポイント

「そうめんのお弁当を作ったけど、思ったような仕上がりにならなかったな」と思った事はありませんか?そんな時は、そうめんのお弁当を作る時に気をつけておきたいポイントについてもチェックしていきましょう。ちょっとした事に気をつけるだけで、そうめんのお弁当を格上げする事が出来るので参考にしてみてください。

麺のゆで時間や水分に注意する

そうめんのお弁当で失敗しがちなのが麺が伸びてしまう事。そうめんを茹でてからお昼に食べる前に時間が空くので、伸びてしまったという事もあるのではないでしょうか。そんな時は茹で時間を短めにするのがおすすめ。表示時間よりも短めにする事で、少し伸びたとしても丁度良く仕上げる事が出来ます。

そうめんに水分が残っているのも伸びる原因になります。そうめんを茹でたら、しっかりと水気を切りましょう。それからキッチンペーパーを使って水分を取ります。この一手間を加えるだけでそうめんお弁当の仕上げりが変わってくるのでこだわってみてください。

麺の味に変化をつける

そうめんが沢山あると、飽きてしまう場合もあります。折角のそうめんお弁当なのに飽きられてしまっては残念なので、麺に味の変化をつけると良いのではないでしょうか。それぞれのそうめんに異なる味付けをすれば、飽きる事なく美味しくいただけます。おすすめはごま油。そうめんにごま油をまぶすと香ばしい風味になります。

他にはドレッシングもおすすめ。色々なタイプのドレッシングを使えば、簡単にそうめんの味のバリエーションを増やす事が出来ます。油分を含んだ調味料を使う事で、そうめんがくっつくのを防げるのも嬉しいポイント。

水入り水筒を1本持参する

そうめんのお弁当を運動会に持って行く場合は、水が入った水筒を1つ持ってくると良いでしょう。そうめんが固まってしまった時にほぐす為に使う事が出来ます。注意していたとしてもそうめんが固まってしまう事があるので活用してみてください。

めんつゆが濃いめだった時も水を使って薄める事が出来るので、水入りの水筒があると便利。もしもの時の水分補給にも役立つので、運動会に持って行って損はないのではないでしょうか。こうしたポイントに気をつけてそうめんのお弁当を作ってみてください。

運動会のそうめんお弁当③レシピ集

そうめんのお弁当はアイディア次第で色々なバリエーションを増やす事が出来ます。簡単に出来るそうめんお弁当のレシピをチェックして、運動会に役立ててみませんか?運動会用のお弁当にもぴったりなそうめんのレシピをチェックしていきましょう。

カップに入れてカフェっぽく

そうめんのお弁当を簡単に作りたい時におすすめなのがカップを使ったレシピ。茹でたそうめんを一人前ずつカップに入れたら、カフェ風のおしゃれなお弁当に仕上げる事が出来ます。カップにそうめんを入れてからトッピングをするのもポイント。錦糸卵やオクラなどカラフルで見た目が綺麗なトッピングをすると、素敵なカップそうめんになります。

カラースターそうめん

見た目が華やかなそうめんにしたい時は、カラースターそうめんにしてみませんか?100円均一ショップで手に入る星型の型抜きを使えば、簡単に作る事が出来ます。人参やパプリカなどカラフルな野菜を型抜きで星型にしていきましょう。茹でたそうめんをお弁当箱に盛り付け、星型の野菜をトッピングしたら出来上がりです。

カラフルそうめん

そうめんと一口に言っても種類は様々。綺麗なそうめんのお弁当にしたい時は、カラフルな色味のそうめんを使いましょう。五色そうめんや三色そうめんなどを茹で、それぞれをまとめて盛りつければ見た目が華やかなお弁当を簡単に作る事が出来ます。

キャラクターそうめん

子供達が喜ぶそうめんのお弁当なら、キャラクターをモチーフにしてみませんか?キティちゃんなど、白がベースのキャラクターならそうめんを使って再現する事が出来ます。お弁当箱を開けてお気に入りのキャラクターが出てきたら子供達も喜んでくれるはず。お好みに合わせてキャラクターを作ってみてください。

Thumb運動会のお弁当に紙コップが大活躍!可愛い盛り付けアイデアやメリット紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

子供が喜ぶ!運動会の簡単デザート

運動会のお弁当にはデザートも欠かせません。そうめんのお弁当に合わせたいのがさっぱりとしたゼリーのデザート。暑い日の運動会でも食べやすいので、色々なデザートのレパートリーを増やして作ってみてはいかがですか。

サイダーゼリー

サイダーゼリーはシュワっとした食感が魅力。サイダーを常温に戻したら、250ml中の15mlを別に取って、砂糖を入れましょう。電子レンジに30秒かけて砂糖を溶かします。水にふやかした粉ゼラチンも電子レンジに30秒かけ、溶かしましょう。残していたサイダーに砂糖入りのサイダーと粉ゼラチンを入れて混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やし固めたら完成です。

サイダーゼリーにはフルーツを入れるのがおすすめ。ぶどうやパイナップルなど、お好みのフルーツを入れれば見た目も綺麗なサイダーゼリーになります。豪華な仕上がりになるので、是非組み合わせてみてはどうですか。

みかんゼリー

さっぱりとしたゼリーならみかんゼリーもおすすめ。100パーセント果汁のみかんジュースに水でふやかして溶かした粉ゼラチンを入れます。混ぜ合わせたらカップに注ぎ入れ、冷やし固めて完成。とても簡単に作れるのが嬉しいポイントです。

ミルクゼリー

優しい甘みのミルクゼリーは食後のデザートに最適です。小鍋に牛乳・砂糖を入れたら沸騰させないように温め、粉ゼラチンも加えてください。粉ゼラチンが溶けたら、カップに注ぎ入れます。冷蔵庫で冷やし固めで出来上がり。運動会の前日に作っておけば、気軽にお弁当に取り入れられます。

今年の運動会はそうめんお弁当に決まり!

そうめんは簡単に出来てお弁当のレパートリーにも加えやすいのが大きな魅力。一口ずつまとめたり、カップに入れたり、盛り付けにこだわる事で食べやすいそうめんのお弁当になります。みんなが美味しく食べられる運動会のお弁当にしましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-18 時点

新着一覧