猫と人間の年齢の違いはどれくらい?換算方法や幼齢期の見分け方も

猫の年齢が人間に換算するとどのくらいになるのか、換算方法や幼齢期の見分け方をまとめました。猫の寿命を知る為には人間の年齢と換算した年齢を知る事も大切。猫の寿命のギネス記録や幼齢期を見分ける為の平均体重も含めて、猫と人間の年齢の違いについて見ていきましょう。

猫と人間の年齢の違いはどれくらい?換算方法や幼齢期の見分け方も

目次

  1. 猫と人間の年齢の違いを徹底解説
  2. まずは猫の平均寿命をチェック
  3. 猫と人間の年齢の違い
  4. 猫の幼齢期はいつまで?見分け方を解説
  5. 猫を長生きさせるためのポイント
  6. 猫と人間の年齢の違いを理解しよう

猫と人間の年齢の違いを徹底解説

猫を飼う上で意識しておきたいのが猫と人間の年齢の差。同じ1年でも猫と人間とでは年齢の重ね方が違うので、猫の寿命を知る為にも大切なポイントになります。猫と人間の年齢差を知らずにいると、思っていたよりも猫が高齢になっているのに気がつかず、適切なケアをする事が出来なくなるのが問題。猫の年齢は人間に換算すると、どのくらいになるのかを把握しておく事が大切です。

赤ちゃん猫を家族に迎え入れた場合は、幼齢期がいつまで真野か見分け方も要チェック。年齢や体重などによって簡単に幼齢期を見分ける事が出来るので、赤ちゃん猫を育てる時の参考にしてみましょう。今飼っている猫の年齢を人間に換算するとどのくらいのなるのかも含めて、猫について詳しく学んでみてください。

猫の平均寿命やギネス記録も紹介

猫の平均寿命も重要なポイント。猫はどのくらいになると寿命を迎えるのか知っておくと、なるべく長生きをする為に必要な事が出来ます。なるべく猫の寿命を延ばしてあげたいのが飼い主の本音。日々の生活の中で注意すべきポイントを押さえておく事で、猫の寿命を延ばす事が出来るようになります。

本記事では、猫と人間の年齢の換算方法や猫の寿命、ギネス記録まで幅広い情報についてまとめました。世界には驚くような年齢まで生きたギネス記録の猫もいるので、長寿の秘訣を知る為にもギネス記録にも注目してみましょう。猫が人間で換算するとどの程度の年齢になっているのか計算して、正しい年齢を把握してみてください。

Thumb猫パンチには3種類の理由がある!野良猫の攻撃には注意が必要? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

まずは猫の平均寿命をチェック

まずは、猫の平均寿命からチェックしていきましょう。猫を暮らす為には平均寿命を知る事が大切になります。猫には平均寿命があり、それを把握する事で寿命を延ばす努力が出来るのではないでしょうか。平均寿命に近づいてきたら、しっかりとケアをしてあげる事が大切。平均寿命よりも長生きが出来るように、色々な工夫をしてあげてみてはいかがですか。

猫の平均寿命は14~16歳

一般的に、猫の平均寿命が14歳〜16歳くらいと言われています。猫の平均寿命は、生活環境によって大きく変わってくるのがポイント。屋外で暮らしている猫の場合の平均寿命は12歳〜14歳、屋内で暮らしている猫の平均寿命は15歳〜16歳くらいと言われています。

屋外で暮らしていると、交通事故や病気など様々なリスクがあるので、屋内の猫よりも寿命が早く来てしまうのが特徴。屋外に放し飼いにする方もいるかもしれませんが、多くのリスクが伴っている事を意識して方が良いでしょう。猫の寿命を延ばして、なるべく長く一緒に暮らしたいと思う場合は屋内で飼う方法が最適ではないでしょうか。

ちなみに、猫の平均寿命は年々高くなっていると言われています。これは、飼い猫を取り巻く環境が良くなった事に由来。昔は猫を屋外に放し飼いにする事が多かったですが、最近は屋内外が主流。屋内で飼う事によって猫の安全を確保して寿命を延ばす事が出来ます。

また、動物医療の向上も猫の寿命が延びている理由。病気の早期発見や適切な処置によって、健康的な状態を維持する事が出来ます。将来的には猫の平均寿命がもっと長くなるかもしれません。

ギネス記録は38歳3日

猫の平均寿命は14歳〜16歳と言われていますが、ギネス記録を飾った最高年齢の猫はどのくらいまで生きたのでしょうか。ギネス記録に掲載されているアメリカの猫・クリームパフちゃんは、1967年8月3日~2005年8月6日まで生きる事が出来ました。年齢で見てみると、38歳3日も生きたという事になります。

犬の最高年齢のギネス記録は29歳なので、それと比べてもかなりの長生きだったと言えるのではないでしょうか。クリームパフちゃんは、きっと飼い主から大切に育てられてきたのではないでしょうか。日頃のケアを怠らず、大切に育てていけば猫は平均寿命の年齢よりも長く生きる事が出来ます。

平均寿命を延ばす事が出来るように、猫の体調や様子を日頃からよく見ておく事が大切になります。何か気になる事があったら、動物病院に相談して不安をクリアにするようにしていきましょう。猫は自分から体調が悪いと言う事は出来ないので、日々の様子を見る事で判断する事が大切になります。愛猫が平均寿命の年齢よりも長生き出来るようにしていきませんか?

Thumb愛猫の耳垢掃除の方法は?なりやすい病気と症状も徹底解説! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

猫と人間の年齢の違い

続いては、猫の年齢と人間の年齢の換算方法についてご紹介します。猫は人間よりも老いるスピードが早いので、人間にとっての年齢と大きく隔たりがあるのが特徴。人間の年齢に換算すると猫はどのくらいの年齢になるのか把握しておきましょう。

猫は1年で人間の17歳まで成長する

猫は生まれてから1歳を迎えるまでに人間で換算すると17歳まで成長すると言われています。3ヶ月で5歳、9ヶ月で13歳といったように人間の年齢に換算すると、猫の成長のスピードがとても長いという事が分かるのではないでしょうか。

猫の年齢を人間に換算しよう

猫は生まれてから1歳に到るまでに人間で換算すると17歳になりますが、ずっと1年で17歳年をとるという訳ではありません。それ以後は1年で4歳年をとると言われています。人間に換算した時の猫の年齢を知る時の参考にしてみてください。人間の年齢に換算した時の大体の年齢を把握する事が出来ます。

猫と人間の年齢の違いを表でチェック

猫と人間の年齢の違いは表でもチェックしてみましょう。自分の猫が人間に換算すると、どのくらいの年齢になるのか把握して最適なケアをしてあげると安心です。

【猫と人間の年齢の違い】
猫1歳……人間17歳
猫2歳……人間23歳
猫3歳……人間28歳

猫10歳……人間56歳

猫15歳……人間76歳

猫20歳……人間96歳

猫の幼齢期はいつまで?見分け方を解説

猫の成長をしっかりと見守る為には、猫の幼齢期を始めとした成長段階を見分ける事も大切になります。いつまでも赤ちゃんだと思っていたらいつの間にか成長している事も多い猫だからこそ、今はどの段階なのを見分けて最適な過ごし方が出来るようにしてみてください。

猫の年齢を3つに区分すると…

猫の成長段階は、大まかに3つに分ける事が出来ます。幼齢期(子猫)は0歳から1歳まで、成人期(成猫)は1歳から6歳まで、高齢期(シニア猫)は7歳以上。ちなみに、17歳以上になると超高齢期とも呼ばれるようになります。17歳の猫を人間で換算すると84歳なので、立派なご長寿猫と言えるのではないでしょうか。

猫の幼齢期は歯と目で判断しよう

猫の幼齢期がどのくらいなのかは歯と目で判断するのが基本。猫は生まれてから1ヶ月くらいで乳歯が生え始めます。2ヶ月くらいには乳歯が生え揃うのが基本。6ヶ月を迎える頃には永久歯が生え揃います。猫は生後1週間で目が開いて、最後2週間で目が見えるようになるのが特徴。生まれたての猫の幼齢期を判断する参考にしてみてください。

幼齢期の猫の平均体重

猫の平均体重は生後0週で100g、生後1ヶ月の体重は150g、生後3ヶ月を過ぎると体重が1kg程度に成長します。最後12ヶ月には体重が3kg〜5kgになり、成猫としての機能を備えた状態に。猫は体重の増加も早いので、子猫の時期はあっという間です。

猫を長生きさせるためのポイント

猫の年齢について詳しく見ていきましたが、いつまでも長生きしてもらいたいのが多くの飼い主の願いとなります。平均寿命を越しても猫が長生きする事が出来るように、育て方のポイントについても学んでいきましょう。

食事の栄養バランスを意識する

猫を長生きさせる為には、食事の栄養バランスが大切。毎日食べる物だからこそ、しっかりと栄養バランスが整っている事が長生きの秘訣になります。猫に必要なタンパク質やアミノ酸、ビタミン類をバランス良く摂取する事が出来るキャットフードをメインにしましょう。

一般的に、缶詰よりもドライフードの方が栄養バランスに優れていると言われています。その為、ドライフードをメインにするのがおすすめ。補助職として缶詰を用意しておくと良いのではないでしょうか。また、ご飯をあげすぎて体重が増加すると体の負担になるので、その点にも注意が必要です。

ワクチンを接種する

ワクチン接種も猫が長生きする為には必要な事。年に一回、かかりつけの動物病院に行ってワクチン接種をしてもらいましょう。しっかりと抗体を作っておけば、猫がかかりやすい病気を防ぐ事が出来るようになります。ワクチン接種のついでに血液検査なども行ってもらうのがおすすめ。猫の健康管理に気をつけてみてください。

Thumbキャットタワーを手作りしよう!猫の遊び場自作アイデアと簡単な作り方とは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

猫と人間の年齢の違いを理解しよう

猫の年齢を人間に換算してみると、意外と早いスピードで年齢を重ねている事が分かりました。猫の平均寿命は14歳〜16歳と言われていますが、平均寿命よりも長く生きる事は可能です。

猫が今、人間で言うとどのくらいの年齢になっているのかを把握して、ご飯のあげ方や普段の生活の仕方を配慮する事で長生き出来るのではないでしょうか。猫と仲良く暮らせるようにそういった点にも気をつけてあげましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-18 時点

新着一覧