トイプードルのタイニーサイズとは?性格や特徴・価格相場も

トイプードルの中でも小さい身体のタイニーサイズのトイプードルは華奢で可愛いです。こちらでは、タイニーサイズのトイプードルの性格や特徴、相場価格についてご紹介していきます。タイニーサイズのトイプードルの購入時の注意点や飼い方もチェックしましょう。

トイプードルのタイニーサイズとは?性格や特徴・価格相場も

目次

  1. トイプードルのタイニーサイズを解説
  2. タイニープードルってどんな犬?
  3. トイプードル(タイニー)の販売価格は?
  4. トイプードル(タイニー)購入時の注意点
  5. トイプードル(タイニー)を飼う時の注意点
  6. トイプードル(タイニー)の餌選びのコツ
  7. タイニーなトイプードルを可愛がろう!

トイプードルのタイニーサイズを解説

トイプードルは人懐っこい性格で甘え上手です。賢いのでしつけや訓練もしやすく、初めてのペットとして選ばれることが多い犬種です。クルクルとした被毛でぬいぐるみのような見た目が特徴の小型犬です。トイプードルは大きさによって種類分けされることもあり、一般的な大きさはトイサイズと呼ばれ、成犬時の体重は3~4㎏です。

トイサイズより小さなタイニーサイズは成犬時の体重が2~3㎏、更に小さいティーカップサイズは体重が2㎏以下となっています。毛色の種類は14種類と幅広く、アプリコットやレッドなどが人気です。被毛は抜けづらく、体臭も少ないので飼いやすいです。ただし、毛が伸びで絡まったり、毛玉になることがあるので定期的なブラッシング、月1程度のトリミングが必要になります。

性格から価格・飼い方まで!

トイプードル中でも小さめのタイニーサイズはぬいぐるみのようで可愛いです。こちらでは、タイニーサイズのトイプードルにスポットを当ててご紹介していきます。タイニーサイズのトイプードルの体重や体高などの特徴、性格や飼い方のポイントをチェックしていきましょう。また、タイニーサイズのように小さな犬を購入する時の注意点も知りましょう。

Thumb初めてのトイプードルの赤ちゃん!正しい育て方や注意点は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

タイニープードルってどんな犬?

トイプードルはトイサイズ、タイニーサイズ、ティーカップサイズの3種類に分けられます。正式な犬種として血統書に書かれるわけではないのですが、母体の大きさや繁殖の仕方などから小さいサイズのトイプードルとして販売されています。こちらでは、タイニーサイズのトイプードルの体重や性格、特徴についてご紹介します。向いている飼い主さんのタイプもチェックしましょう。

あくまでもトイプードル

タイニーサイズのトイプードルは歴史が浅く、サイズもまだ安定していないため、血統書上ではトイプードルとして記載されています。優良ブリーダーによってタイニーサイズとして育てられているトイプードルであれば、将来的にも小さい身体の可能性が高いですが、確実にタイニーサイズになるとは限らず、一般的なトイサイズのプードルに育つこともあります。

性格的な特徴は?

タイニーサイズのトイプードルの性格は、トイサイズのトイプードル同様に人懐っこい性格で甘え上手です。活発で運動能力が高く、頭もいいので訓練やしつけもしやすいです。気の強い面もあるので、可愛いからといって甘やかしてしまうと吠え癖や噛み癖などがつく場合もあるので注意しましょう。

サイズはどのくらい?

タイニーサイズのトイプードルの体重は生後1ヶ月で650g、生後6ヶ月で2250g、成犬時で2450gくらいです。もちろん個体差はありますが、体重は成犬になっても2〜3㎏くらいなのでかなり小さいです。タイニーサイズのトイプードルの体重はまだ安定していないので、成犬時にトイサイズになってしまうこともあるようです。

トイプードルの成犬時の体重は、生後3カ月の体重×2や生後2カ月の体重で予測が立てられるので、タイニーサイズのトイプードルを飼いたい気持ちが強いのなら、生後すぐの体重を参考にするといいかもしれません。

向いてる人は?

タイニーサイズのトイプードルは身体の小ささから低血糖症になったり、怪我や病気などをしやすい面もあります。トイサイズのトイプードルよりもこういった面で手がかかるので、家族が多くてお世話できる人が多かったり、日中もそばでお世話が出来るような飼い主さんにおすすめです。

ペットを飼う時はどうしても見た目の可愛さに目を奪われがちですが、タイニーサイズのトイプードルを家族として迎えるのであれば犬のお世話が出来る環境かどうかもよく確認してからにしましょう。

Thumbトイプードルってどんな性格?仲良くなれる飼い方のコツを伝授! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

トイプードル(タイニー)の販売価格は?

トイプードルの価格は20〜30万くらいが相場です。トイプードルの中でも小さい身体のタイニーサイズやティーカップサイズはもっと価格が高額になります。こちらでは、タイニーサイズのトイプードルの価格相場や高額になる理由についてご紹介していきます。

相場は20万〜45万円

タイニーサイズのトイプードルの価格相場は20〜45万とトイサイズのトイプードルよりも高額です。取り扱い店舗によって価格は変動しますが、小さいサイズのトイプードルほど価格は高額になる傾向があります。ちなみに、ティーカップサイズのトイプードルはタイニーサイズより更に高額で価格相場が40〜70万となっています。

高額なのはなぜ?

小型になるほどトイプードルの価格が高額になるのには理由があります。タイニーサイズのトイプードルは小さい身体の両親で繁殖させるため、出産で身体に負担がかかりやすいです。両親の身体を大事にするためにも、繁殖頻度は少なくするので産まれる頭数がどうしても少なく、希少な犬種として高額になります。また、超小型犬の赤ちゃんはお世話やお金などもかかります。

Thumbシルバートイプードルはどんな性格?値段や毛色の変化についても調査 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

トイプードル(タイニー)購入時の注意点

タイニーサイズのトイプードルを購入する時にはいくつかの注意点があります。ペットを取り扱っている人や業者、店などは必ずしも良心を持っているとは限りません。お金を稼ぐ目的でペットをぞんざいに扱い、虐待のような形で繁殖をしたりしている場合もあります。こちらでは、タイニーサイズのトイプードルの購入時の注意点をご紹介していきます。

悪質なペットショップに注意

タイニーサイズのトイプードルを購入する時は、ペットショップの評判などにも気を配りましょう。悪質なペットショップでは、たまたま小さく産まれたトイプードルをタイニーサイズやティーカップサイズのトイプードルとして販売したり、わざと食事量を少なくして無理やり身体を小さく見せることもあるようです。犬の疾患を隠したり、身体の弱い子を販売することもあります。

優良なブリーダーを見分けるには?

優良なブリーダーを見つければ、タイニーサイズに育つトイプードルに出会える可能性が高くなります。タイニーサイズのトイプードル目的で優良ブリーダーを探すのであれば、極小専門で繁殖しているブリーダーを見つけましょう。祖父母の代までさかのぼって体重や病歴などの基本情報を教えてくれたり、DNA検査を行なっているブリーダーだと信頼出来ます。

トイプードル(タイニー)を飼う時の注意点

タイニーサイズのトイプードルの購入時の注意点が分かったところで、次は飼い方の注意点をチェックしていきましょう。タイニーサイズのトイプードルは成犬時にタイニーサイズよりと大きくなってしまう可能性もあります。まだまだサイズが安定しない犬種なので、そういった面も考慮して家族として迎えましょう。

食事を減らして小型化させない

タイニーサイズのトイプードルを飼ってみたものの、成長過程で思ったより身体が大きくなりそうな場合があります。こういった時に身体が大きくなるのを懸念して食事量を減らすようなことがないようにしましょう。無理な小型化はトイプードルの身体への負担が大きいです。

小さな身体のトイプードルは体重が少し減っただけで成長に大きな影響を及ぼします。栄養不足によって体調を崩したり、成犬になっても身体の弱い子に育つ場合もあります。ペットは家族です。命を預かるのですから、どんな大きさであっても受け入れて、健康管理をしながら飼い方に注意していきましょう。

病気や怪我に気をつける

タイニーサイズのトイプードルの飼い方で特に注意したいのが怪我や病気です。タイニーサイズのトイプードルは身体の小ささから骨も細いので骨折しやすいです。また、フローリングのように足が滑る環境だと関節を痛めてしまうこともあります。クッションマットなどで対処してあげることが大切です。

また、低血糖症などにも注意した飼い方を心掛けましょう。低血糖症は血液中のブドウ糖が不足することによって引き起こされ、歩いていてもフラフラしたり、食欲がなくぐったりしたり、痙攣を引き起こすこともあります。食事を小分けにするなどの工夫で防止しましょう。

Thumbトイプードルを寿命まで長生きさせるには?健康を保つ秘訣を伝授 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

トイプードル(タイニー)の餌選びのコツ

トイプードルの飼い方では、エサ選びも大切です。エサの質によって毛並みが良くなったり、カロリーコントロールによって体重管理がしやすくなります。こちらでは、タイニーサイズのトイプードルのエサ選びのコツについてご紹介していきます。

主原料が動物性たんぱく質のもの

トイプードルに限らず、犬にとって必要不可欠な栄養素なのが動物性たんぱく質です。動物性たんぱく質は体内で作ることが出来ないので、食事で体内に摂取する必要があります。動物性たんぱく質には必須アミノ酸が含まれているので、犬にとってのエネルギー源になり、筋肉や骨の成長を促して健康的な身体を作ります。毛並みや毛艶にも効果的です。

アレルギーになりにくいもの

トイプードルは涙やけになりやすい犬種なのですが、涙やけがアレルギーによって引き起こされている場合もあります。人工添加物不使用、グレインフリー、ヒューマングレード、グルテンフリーなどの表記のあるドックフードにすることでアレルギーを予防することが出来ます。

皮膚や毛並みの健康維持ができるもの

トイプードルの毛色は加齢やストレスなどによって退色し、毛並みや毛艶も落ちてきます。皮膚や毛並みの健康維持のためには、オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)を摂取することがポイントです。動物性たんぱく質やビタミンCなども退色予防に繋がるので、エサを購入する際はパッケージの成分表を確認するようにしましょう。

タイニーなトイプードルを可愛がろう!

タイニーサイズのトイプードルの性格や特徴、飼い方のポイントをご紹介しました。小さな身体のトイプードルは可愛いですが、お世話や健康維持などに手がかかります。超小型犬ならではの特徴を理解し、大切に育てていきましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-18 時点

新着一覧