松坂大輔が今シーズン限りで中日退団を決定!理由や移籍先は?

NPBとメジャーリーグで19年プレーし「平成の怪物」と呼ばれたプロ野球選手・松坂大輔が、中日を退団するそうです。ゴルフ事件など、ファンからの信用を失いつつある松坂大輔ですが、来季も現役を望んでいるようです。松坂大輔の退団理由や移籍先候補などを徹底調査します。

松坂大輔が今シーズン限りで中日退団を決定!理由や移籍先は?

目次

  1. プロ野球界の「怪物」松坂大輔が中日退団すると話題!
  2. 今シーズンで退団する松坂大輔!決意した理由とは?
  3. イチローも見抜いた?松坂大輔の甘さとは
  4. 退団決定の松坂大輔!気になる移籍先候補はどこ!?
  5. 中日を退団する松坂大輔の動向が気になる!

プロ野球界の「怪物」松坂大輔が中日退団すると話題!

横浜高校時代、150km/hの剛速球で次々と三振を奪い甲子園の英雄となった松坂大輔が、所属している中日ドラゴンズを今季限りで退団すると発表しました。2年前にソフトバンクから事実上の戦力外通告を受け、中日に移籍した松坂大輔でしたが、思うような働きはできなかったようです。松坂大輔の退団理由や移籍先など、気になる情報をまとめました。

松坂大輔のプロフィール

愛称:マツポン、マツ、ダイスケ、平成の怪物、Dice-K
本名:松坂大輔(まつざかだいすけ)
生年月日:1980年9月13日
現在年齢:39歳
出身地:東京都江東区
血液型:O型
身長:183㎝
体重:93㎏
活動内容:プロ野球選手
所属グループ:中日ドラゴンズ
事務所:アーキテクト
家族構成:嫁(柴田倫世/元アナウンサー)、息子、娘2人

横浜高校で活躍した「平成の怪物」

小学3年生で野球を始めた松坂大輔は、実力がありながらもあまり練習が好きではなく、高校時代は「さぼりのマツ」と呼ばれていたそうです。転機が訪れたのは、甲子園出場をかけた2年生の地方大会。自身の暴投により、先輩たちを甲子園に連れていけなかった松坂大輔は反省し、猛練習を始めました。

その結果球速はぐんぐん上がり、3年生で150km/hという記録を叩き出したのです。3年生では甲子園大会で横浜高校を春夏連覇へと導き、夏の大会ではノーヒットノーランも達成しました。1997年に開催されたAAAアジア野球選手権大会では、決勝戦で登板し、見事優勝投手となりました。

ドラフト1位で西武ライオンズに入団

1998年のプロ野球ドラフト会議では西武ライオンズの他にも、日本ハムファイターズと横浜ベイスターズが1位指名しましたが、交渉権を獲得した西武ライオンズに入団することになりました。ずっと憧れていた「18」という背番号をつけた松坂大輔は、ルーキーイヤーの開幕戦から一軍入りとなり4月7日には初勝利を挙げています。

米国のプロ野球ファンを魅了した松坂大輔のピッチングはこちら!

2006年にはメジャーリーグ、ボストン・レッドソックスが5200万円で松坂大輔と6年契約しました。入団した2007年4月にメジャー初勝利をおさめ、チームの地区優勝を経験することもできました。その後、インディアンスやメッツと契約を結びましたが、2014年のシーズンを終えると8年のメジャーリーグ生活に幕を下ろしました。松坂大輔は世界に認められる投手となったのです。

今シーズンで退団する松坂大輔!決意した理由とは?

8年のメジャーリーグ生活を終え日本に戻った松坂大輔は、2015年ソフトバンクに入団しました。3年で12億という大型契約が話題となりましたが、故障や不振で活躍の場はほとんどありませんでした。ソフトバンクから育成契約を勧められましたが松坂大輔はそれを拒否。ソフトバンクを退団すると、入団テストを受け2018年に中日ドラゴンズに入団しました。

10月4日に退団を発表した松坂大輔

中日に入団すると、2018年は11登板6勝を挙げ復活を思わせましたが、今シーズンは故障のため一軍登板はわずかの2試合でした。低迷している中日を盛り上げてきた松坂大輔でしたが、ついに10月4日、退団の意思を示したようです。当初は、来季も残ってほしいとの意向を示していた加藤宏幸球団代表でしたが、松坂大輔の退団の思いを尊重し、退団に同意したようです。

理由は恩師の退団?

松坂大輔の退団理由は、中日を退団することになった2人の恩師が関係しているようです。一人は前監督の森繁和シニアディレクター、そしてもう一人が友利結編成部国際担当です。中日に入団するにあたり世話をしてくれた2人には「感謝しかない」と言っていた松坂大輔。この2人の退団が決まったからには、自分も中日にはいられないと感じたことが退団の決め手となったようです。

松坂大輔の中日退団にファンは?

2年目は活躍こそできなかったものの、やはり松坂大輔が中日ドラゴンズの選手やファンに与えた影響は大きかったようです。若手が怪物・松坂大輔の背中を見て意欲を見せたり、ファンの数もずいぶん増えました。そんな松坂大輔の退団にショックを受ける人は多いようです。「せめてもう1年プレーし、活躍することが恩返しなのでは?」と、退団に否定的な意見もありました。

イチローも見抜いた?松坂大輔の甘さとは

自ら退団を申し出た松坂大輔ですが、じつは中日の球団側はホッとしているという説もあります。このような成績では、最終的に戦力外通告を言い渡される日も近かったようですが、そうなると松坂ファンが黙っていません。成績や結果だけでなく先日問題となったゴルフ事件や不祥事など、自分に甘い松坂大輔に、中日は見切りをつけていたのではないでしょうか。

ゴルフ事件でバッシングを浴びた松坂大輔

中日に移籍し2年目の春、右肩の負傷でキャンプを離れ治療やリハビリに専念していた松坂大輔が、5月、二軍の練習日にゴルフに行ったというのが「ゴルフ事件」です。週刊誌によって書かれた「ゴルフ事件」によって、ファンからはバッシングを浴び、松坂大輔はペナルティを課せられることになりました。

公の場で謝罪した松坂大輔でしたが、こちらに関しては賛否両論だったようです。「どのみち練習には参加できないからゴルフくらい良いのでは?」という声があがったり、プロ野球選手からも松坂大輔を擁護する声が挙がっていました。

実はゴルフ事件以前にも問題を起こしていた!

松坂大輔が起こしたスキャンダルはゴルフ事件だけではありません。2000年にはスピード違反で無免許状態であるにも関わらず車を運転し、さらに当時はまだ交際相手だった柴田倫世のマンションの前に路上駐車して違反となっています。

練習が嫌いな高校時代など、やはりあまり真面目な印象がない松坂大輔が「恩師2人がいないから」という理由で退団するのも無責任だと考える人もいるのでしょう。しかし、このような松坂大輔の軽率さを、ずっと前から指摘していた人物がいたのです。

イチローから「野球をナメている」と説教

2006年のWBCの合宿中、イチローから「野球をナメている」と説教された松坂大輔。先輩の話をニヤニヤしながら聞いている松坂大輔の態度は、今でもファンの間で伝説となっているようです。

2006年といえば松坂大輔の全盛期といっても過言ではない黄金期であり、誰も文句は言えない成績を出していたはずです。にもかかわらず、天狗になっている松坂大輔を見抜き、いつか痛い目に遭うと予想したイチローはさすがプロ野球界のレジェンドと言えるでしょう。

松坂大輔のゴルフ事件についてのツイート

全盛期を過ぎても決して諦めず、拾ってもらった中日で返り咲いた松坂大輔は、多くの人の希望でした。そんな松坂大輔でしたが、ゴルフ事件ののち多くのファンの信用を失ってしまったのではないでしょうか。今年に入り右肩を負傷したのもファンサービスで握手したときに引っ張られたからだと言っていますが、本当はもともと負傷していたのではないかと囁かれています。

退団決定の松坂大輔!気になる移籍先候補はどこ!?

中日を退団するも、まだ現役は続行したいと希望する松坂大輔の移籍先はどこになるのでしょうか。年齢のせいか故障が多く、もう復活は難しいと囁かれている松坂大輔の移籍先を予想してみましょう。

次の移籍先もやはりコネ?

プロ野球界にもやはりコネクションというものが存在するようで、松坂大輔が中日に入団したのも、コネの力が大きかったのではないかと言われています。確かに、いくらでも優秀な若手選手が誕生するなかで、40歳を目前とした松坂大輔を本当に必要としている球団はそれほどないのかもしれません。松坂大輔がコネを利用して移籍先を見つける可能性は高いでしょう。

予想される移籍先候補

松坂大輔の移籍先候補としてファンが予想するのは、古巣・西武、地元横浜のDeNA、楽天、そして巨人の4球団です。戦力的にも弱い松坂大輔は、弱いながらまだコネのあるこの4球団に行くしかないとファンは予想しているようです。

全く獲得する気がない球団も

予想された4球団のうち、巨人の球団関係者は、松坂大輔の獲得は全く考えていないとのコメントを残しています。ただ、西武の球団関係者は「クライマックスシリーズに備えて集中したいので、コメントを控えたい」との言葉を残しています。もしかすると、クライマックスシリーズが終わり日本一が決定したのち、何か発表があるかもしれませんね。

「西武に戻ってきてほしい」というファンの声多数!

戦力としては年齢的にも厳しい松坂大輔ですが、何とか引退前に古巣・西武に帰ってきてほしいというファンが多数いるようです。今まで、松坂大輔に勇気や元気、希望をもらった人はたくさんいるはずです。松坂大輔が現役生活を全うできるようにファンは願っています。

中日を退団する松坂大輔の動向が気になる!

一時はメジャーリーガーとして日米で大人気となったプロ野球選手、松坂大輔についてまとめてきました。テストを受けてなんとか入団した中日を今シーズンで退団することになりました。

移籍先は未定ながら、8年間プレーし、最も活躍した西武が有力ではないかと言われています。もう少し松坂大輔のユニフォームが見たい!というファンのためにも、移籍先が早く見つかるように応援しましょう!

あわせて読みたい関連記事はこちら!

Thumb松坂大輔ペナルティーの内容は?練習日にゴルフの理由と真相は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb松坂大輔と嫁・柴田倫世の現在の関係は?ささやかれる引退危機の真相を調査! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb松坂大輔が引退寸前?現在の成績や評価は?フォームが酷かった | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-18 時点

新着一覧