水卜アナの不満の原因の記事や真相!反論も否定もできない苦しみとは?

日テレの水ト麻美こと水卜アナが、Twitterを通して不満をあらわにし話題になっています。水卜アナが不満を漏らしたというのは、ネット上に出回っている記事についてだったのですが、その不満を解消するために大食いに走っているようです。不満の真相についてまとめます。

水卜アナの不満の原因の記事や真相!反論も否定もできない苦しみとは?

目次

  1. 水卜アナが反論できないネット上の記事についての不満とは?
  2. 日テレアナウンサー・水卜アナの経歴
  3. 水卜アナがTwitterで不満!反論できないからこその大食いとは?
  4. 水トアナがネット記事に反論できないその理由は?
  5. 水卜アナが嘆く世の中の情報の受け取り方
  6. 今後の水卜アナの不満の行方にも注目していこう

水卜アナが反論できないネット上の記事についての不満とは?

独り歩きしているネット記事に不満爆発の水卜アナ

2019年の24時間テレビでもフルマラソンのアンカーとして注目を浴びたのは、日テレのアナウンサー水ト麻美こと水卜アナでした。そんな水卜アナですが、どうやらその24時間テレビでのマラソンの報奨金の話題などがネット上に記事となって掲載され、不満を抱いているようです。それでもその不満について反論も否定もできないと、ますます不満を募らせています。

独り歩きしてしまう芸能情報は、そのほとんどが出まかせだったり、面白おかしく書かれていたりするのですが、話題性を求めたものはネット上にごまんとあります。そんな水卜アナの不満を同僚の森圭介アナが上手くTwitterに投稿していたため話題となっています。そして、不満を解消するために大食いに走る水卜アナの姿にも注目が集まっています。

1度書かれてしまい広がったネット上の記事は、次々に拡散されてしまう、どうすることもできない現状に、水卜アナが漏らした不満はどんなものだったのか、また、不満解消に水卜アナは大食いに走ったといいますが、どのくらいの量を大食いしたのかもあわせてまとめて行きます。気になるTwitterの内容も後半でまとめて行きますのでみていきましょう。

水卜アナこと水卜麻美のプロフィール

愛称:ミトちゃん、みうらちゃん、師匠
本名:水卜麻美(みうらあさみ)
生年月日:1987年4月10日
現在年齢:32歳
出身地:千葉県市川市
血液型:AB型
身長:158㎝
体重:???
活動内容:アナウンサー
所属グループ:日本テレビ放送網・編成局アナウンスセンターアナウンス部
事務所:???
家族構成:父、母、妹、弟

日テレアナウンサー・水卜アナの経歴

好きなアナウンサーランキングでも上位にいる水卜アナとは?

それではまずは水卜アナについてみて行きましょう。水卜アナは本名を水ト麻美(みうらあさみ)といいます。みうらと読むのですが、愛称は「ミトちゃん」と呼ばれることが多いです。そんな水卜アナは、1987年4月10日生まれの、2019年10月現在32歳です。千葉県市川市で生まれ育った水卜アナは、渋谷教育学園幕張高等学校卒業後、慶應義塾大学文学部の英米文学専攻卒業しています。

2010年に日本テレビに入社した水卜アナは、アナウンサーとして働き始めて2013年から5年連続で「好きな女性アナウンサーランキング」で1位を獲得しているほど人気があります。女子アナというと綺麗で少しお高くとまっている印象がありますが、水卜アナは食べることが大好きな事も隠さず、愛嬌のあるキャラクターで、老若男女から交換を持たれています。

水卜アナのアナウンサーデビューは、2010年8月7日に行われた『全日本少年サッカー大会決勝戦中継』でのリポーターで、その後『満天☆青空レストラン』という番組で提供読みを経験しました。2011年には初めてのレギュラー出演となる『ヒルナンデス!』という情報番組も始まり、この時アシスタントとして人気を獲得して行きました。

2019年には『24時間テレビ』のフルマラソンのアンカーとなった水卜アナでしたが、2012年には東京マラソンに参加し、2014年から2019年までは、『24時間テレビ』の総合司会を務めるほどとなっています。その『24時間テレビ』でマラソン走者となったことが、この不満に繋がっていくのですが、女子アナという注目される仕事だからこその悩みでもあるかもしれません。

水卜アナがTwitterで不満!反論できないからこその大食いとは?

反論や否定できない不満は大食いに走る!?水卜アナの不満解消法

水卜アナが『24時間テレビ』で走った後、番組放送中には放送されなかった部分で、マラソン完走者には報酬があるという内容が特番で流れました。この時の報酬は100万円だったのですが、この『24時間』テレビでのフルマラソンに参加したのは、水卜アナを含め他に3人いたため、4人で割って、各25万ずつの配分となっていました。

ですが、実際の所はフルマラソンのアンカーとして参加した場合に、100万の報奨金が水卜アナに出たという情報がネットの記事や週刊誌などにあがっていたため、それを信じる一般の人も多くいました。そして、その出所は「日本テレビ関係者」からの情報だということが合わせて書かれていました。そんな水卜アナに助け舟を出したのが、同僚の森圭介アナでした。

水卜アナ自身は個人的にTwitterのアカウント作成していないのですが、水卜アナの同僚である森圭介アナは、インスタグラムでは「スナック森介」というお悩み相談室を投稿していて、とても人気です。水卜アナの不満を森アナは、Twitterを使った一連の流れで、上手く表現したと言えます。水卜アナの心境を綴りながら、その本心や想いをフォロワーに伝えました。

さっきから深い悲しみに打ちひしがれている水卜麻美さんが、何かを振り払うかのようにメニューを見ている。今日のランチは荒れそうだ。

9月26日に森圭介が自身のTwitter上に投稿したのは、同僚として一緒のランチに行った時のことで、上の引用のように、水卜アナが何か思い悩んでいることを画像とともに投稿したことから始まりました。その後のネット上では、水卜アナの不満という表現になっていましたが、当初は、深い悲しみに打ちひしがれている水卜アナだったようです。

「記事によく出てきる『日本テレビ関係者』って誰なんですかね?」「自分が言っていないことが記事になり、行ったことないところでの目撃情報が流される日々なんですが、よっぽど私に似てる人がたくさんいるんでしょうか?」

そして、いくつかの水卜アナの画像とともに投稿されたツイートの内容は、上のようなものでした。24時間テレビの報奨金の使い道についてや、フルマラソンでアンカーを走ったのは水卜アナがフリーに転向するからだ、という水卜アナ自身が話してもいない内容を、「日本テレビ関係者」が語り、それが記事に載っているということのようです。

水トアナがネット記事に反論できないその理由は?

不満はあっても否定できないのは場所が無いから

大量のランチを頼みまくり、水卜アナと食事をしながらの一部をTwitterで投稿した森アナは、少し面白い感じで水卜アナの言動や大食いな食べっぷりを掲載しました。同僚だからこそ悪意のない内容で投稿されており、フォロワーやファンは、水卜アナの不満を見ても重苦しい気持ちになることは無かったようです。これこそ「スナック森介」で培ったパフォーマンスでしょう。

女子アナとしては珍しいほどに、食べることが好きだということを隠さない水卜アナは、そういった部分も好感が持てるポイントでもあります。そして、本人のインスタグラムを見ても、そのほとんどが食べ物に関する画像なほどです。そして、水卜アナが大食いかどうかはさておき、食べることでストレスや不満を解消するタイプであるようです。

反論する場所が無いと嘆く水卜アナ

一般人が色々な情報を手に入れるには、現状報道番組や情報番組、そして週刊誌やネットニュースなどの記事になります。その全てが本当に正しい内容なのかどうかは、精査されることはありませんが、ここ数年は特に、話題性があれば間違ったことを書いても問題ない、というような風潮です。それ故に、ネットなどでも書かれていることを安易に信じてしまう人が多いです。

「みんな、記事の中身って信じちゃうんですかね?」「いつも反論する場所も否定する場所もないし、私のこの想いはご飯にぶつけるしかないんです」

水卜アナが深い悲しみにいるのは、自分が発言した内容でもないのに、あたかも自分が言ったかのように書かれ、そして、行ってもいない所に自分がいた、と書かれ、それを目にした人が信じてしまうという状況についてでした。そして、その間違いを正す場所もなく、反論も否定もできないまま不満はたまって行くのだという心の叫びのメッセージでした。

水卜アナが嘆く世の中の情報の受け取り方

出回った情報が訂正できない現代のネットなどの情報網

テレビの情報でもそうですが、現状はニュースや報道で間違った内容が流れても、一度だけ謝罪の様なものが入る場合はまだいいものの、それすらもない場合も多いです。そして、ネット上の記事も含めてですが、正しい内容に訂正したり、新たな情報を流したとしても、それがスキャンダラスな内容と同じように出回るか、というとそんなことはありません。

水卜アナは、伝える側の人間だからこそ、こうした間違った情報が出回り、訂正もできずにそのままになってしまっている現状を嘆いてもいるのではないでしょうか。そして、その安易に流された情報によって、それを信じてしまう人が多くいることと、そこからイメージダウンや誤解が生じることへの危機を投じています。

たまたま自身に降りかかった内容がネット上の記事などで広がっていたからかもしれませんが、それでも、別の内容でもよくある流れのため、この情報網の在り方に不満を呈していると言ってもおかしくないでしょう。そして、食べることでその不満を解消できるかは謎ですが、食べることで少しでも気持ちを上げるしかない水卜アナの姿は、フォロワーやファンには響いたようでした。

今後の水卜アナの不満の行方にも注目していこう

水卜アナのネット記事への不満と、それを同僚の森圭介アナがTwitterを使って上手く投稿したその内容についてまとめてきました。水卜アナが、本当に24時間テレビのフルマラソンの報酬に関しての内容を不満に思っているのかどうか、ということは、そのTwitterだけではわかりませんでした。ですが、何か心を締める不満があり、それがネット上のことだということは分かりました。

テレビ番組などで、個人的な事を訂正したり否定したりすることはできませんし、それをしたとしても、誤解を生んでしまうような世の中です。注目され、人気のある水卜アナだからこその不満ではありますが、一般人ももう少しネット上の情報にモラルを持って接し、すぐに信じないようにすることが大切かもしれません。水卜アナの今後も見守っていきましょう。

その他の水卜アナに関する記事はこちら

Thumb水卜麻美アナのスレンダー写真が発覚!体重を当時と現在で比較! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbマツコ・デラックスが水卜麻美を完璧と評価!女子アナ嫌いなのになぜ? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb横山裕は彼女・中野良子と破局してる?水卜麻美アナとの現在の関係は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-21 時点

新着一覧