ポメラニアンには猿期(換毛期)が存在する!期間や変化について解説

ポメラニアンの猿期がいつからいつまでなのか、期間や健康についてまとめました。ポメラニアンは換毛期を迎えると、猿期に入ります。いつからいつまでポメラニアンの換毛期・猿期が続くのかチェックして、愛犬の健康的な成長を見守りましょう。

ポメラニアンには猿期(換毛期)が存在する!期間や変化について解説

目次

  1. ポメラニアンの猿期について解説!
  2. ポメラニアンの猿期とは?
  3. いつから始まる?猿期の期間
  4. ポメラニアンの猿期に関するQ&A
  5. ポメラニアン以外に猿期がある犬種
  6. 猿期を思い出に!犬を上手に撮影するコツ
  7. ポメラニアンの猿期を理解しよう

ポメラニアンの猿期について解説!

ふわふわで可愛らしい見た目が魅力的なポメラニアン。小型犬で飼いやすく、ポメラニアンのファンになる方も多いのではないでしょうか。そんなポメラニアンを飼う時に知っておきたいのが猿期です。ポメラニアンは成長期に猿期と呼ばれる時期がやってきます。何も知らずに猿期がやってきたポメラニアンを見るとびっくりしてしまうかもしれません。

猿期の期間や変化の仕方もチェック

ポメラニアンの猿期はいつからいつまでなのか、基本的な情報を知っていれば安心してポメラニアンを飼う事が出来ます。猿期がやってくると、ポメラニアンにはどのような変化が出てくるのか、健康には特に問題はないのかなど、飼い主として身につけておきたい情報をチェックしておきましょう。猿期について知らずにいると「健康に問題があるのかな」と思ってしまうかもしれません。

本記事では、ポメラニアンを飼う時に役立つ猿期の特徴や期間についてまとめました。猿期になったポメラニアンの画像もご紹介するので、自分のポメラニアンを見比べてどのくらいの段階にあるのかを把握しておきましょう。いつからいつまが猿期なのか学び、ポメラニアンの成長を見守ってあげてください。

Thumbポメラニアンの寿命は12歳から16歳?最高齢記録や長生きの秘訣 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

ポメラニアンの猿期とは?

ポメラニアンの猿期とは、一般の人には聞き慣れない言葉ではないでしょうか。ポメラニアンを飼っている人なら猿期という言葉に馴染みがあるかもしれませんが、まだポメラニアンを飼った事がない人にとっては「犬が猿期とはどういう事なのだろう」と疑問に思うのが自然な流れです。まずは、ポメラニアンの猿期とは何なのか基本的な情報についてチェックしていきましょう。

猿期=換毛期のこと

ポメラニアンの猿期とは、換毛期の事です。ポメラニアンは子犬から成犬へ成長する過程で換毛期を迎えます。ポメラニアンの成長にとって換毛期はとても大切な期間。換毛期を迎える事によって、ポメラニアンらしいふわふわ&モコモコな被毛が出来上がっていきます。そんな換毛期が猿期と呼ばれるようになったのには、見た目の変化が理由に挙げられます。

ポメラニアンが換毛期を迎えると、顔や体などの毛が抜け落ちてスカスカの状態になっていきます。換毛期の期間は毛が抜ける量が多いので、掃除をする頻度が増えるかもしれません。換毛期で抜け落ちた顔の周りの毛が生え揃うのには時間がかかり、顔の周囲の毛は通常通りに生えていきます。この為、顔の中心部分だけが毛が生えていない猿のように見えてくるのが猿期の特徴。

実際は顔の中心部にも短い毛が生えていますが、顔の周りの毛のボリューム感が勝るので毛が生えていない猿のように見えます。このような見た目から換毛期は猿期と呼ばれるようになりました。初めてポメラニアンを飼う時は驚くかもしれませんが、健康的な成長には欠かす事が出来ない過程です。

猿期は顔がほっそり!

それでは、実際に猿期を迎えたポメラニアンの画像を見てみましょう。赤ちゃんの頃は顔にも体にもふわふわの毛が生えていたポメラニアンも、換毛期がやってくると徐々に顔の中心部の毛が抜けて短くなっていきます。時間が経過するごとに顔の中心部と顔周りの毛の境界線がはっきりとし、猿のような見た目になりました。顔に毛が生えていた時よりもほっそり見えるのも特徴です。

最初に飼った時とは見た目が全く異なるため「ずっとこのままなのでは?」と思ってしまうかもしれませんが大丈夫。ポメラニアンの猿期は一時的なものなので、後は再び毛が生え揃うのを待つだけです。

毛が抜け変わる猿期は、ポメラニアンが幼い頃にしか見る事が出来ない貴重な時間です。ポメラニアンの成長過程として写真に収めておく事も多く、年月を経てから「猿期の時は面白い顔だったね」といったように振り返る事も多いでしょう。InstagramなどのSNSに猿期のポメラニアンの写真をアップする人も多く、ユニークな見た目に注目型埋まっています。

ふわふわ&モコモコのイメージが強いポメラニアンだからこそ、顔の中心部だけ毛が短くなっているのはとても珍しい光景です。いつも見ているポメラニアンとは様子が違う事から、SNSに猿期の写真をアップすると話題になる事が多いようでした。ポメラニアンの貴重な成長過程として写真に残しておいてはいかがですか。

Thumbポメラニアンを柴犬風にかわいくカット!料金やオーダー方法は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

いつから始まる?猿期の期間

続いて気になるのが、猿期はいつからいつまでなのかという事です。いつからいつまで猿期なのか、期間の目安を把握しておけば安心。何も知らないでいきなりポメラニアンが猿期に入ったら「何かの病気なのかな」と驚いてしまうかもしれません。ポメラニアンを飼う上で知っておきたい知識として、猿期がいつからいつまでなのかについてチェックしていきましょう。

生後4ヶ月前後に始まるのが一般的

ポメラニアンが猿期を迎えるのは生後4ヶ月くらいからです。生後間もない頃からポメラニアンを飼っている人は、4ヶ月を迎えた辺りから猿期がやってくると考えて良いでしょう。いつから猿期なのか知っておけば、毛が多く抜け始めた頃に「そろそろ猿期かな」と心構えをする事が出来ます。徐々に毛が抜ける量が増え、顔の中心部と顔周りとの境界線がはっきりとします。

徐々に変わっていく愛犬の様子を見守るのも飼い主の楽しみの1つです。ブラッシングをしながら、ポメラニアンの変化を優しく見守ってあげましょう。猿期を迎えた子も眉毛だけは残るという場合も多い為、愛らしい姿を見せてくれます。

子犬から猿期、成犬といったように成長過程を写真に撮影しておくのも良いかもしれません。いつからいつまで猿期だったかを記録に残しておけば、後から見直した時の懐かしい気持ちになる事が出来るはずです。子犬の頃のポメラニアンは1日ごとに様々な変化を見せてくれます。こうした変化も成長を見守る楽しみの1つなので、猿期も一緒に楽しんでみてください。

いつまで続く?猿期の期間は個体差あり

顔の毛や体の毛が抜ける猿期ですが、いつまで続くのかも気になる所です。ポメラニアンは生後4ヶ月から猿期に入りますが、いつまでかは個体差があると言われています。一般的には生後12ヶ月くらいまで猿期が続くとされていますが、ポメラニアンによっては更に長く猿期が続く場合もあり、一概には言えません。大体の目安として、生後12ヶ月と考えておくと良いでしょう。

中には猿期がなかなか終わらず、心配になってしまう飼い主も多くいるはずです。いつからいつまで猿期が続くのかは明確に決まっておらず、気長に待つ事も大切になります。「他のポメラニアンは猿期が終わっているのに、うちの子はまだ」と気を揉んでしまう事もあるかもしれませんが、個体差だと思って不安にはならず成長を見守ってあげてください。

ポメラニアンによっては、猿期が3歳〜4歳くらいまで続く場合もあります。期間の長さは個性だと考えて、ふわふわの毛が生えてくるまで待ってあげましょう。時間が経過すれば自然とポメラニアンらしいふんわりとした毛で覆われていきます。毛が生えそろったらトリミングを楽しむのも良いでしょう。猿期の期間は、その後の成長も楽しみにして待ってあげましょう。

ポメラニアンの猿期に関するQ&A

続いて、ポメラニアンの猿期について気になるQ&Aについて見ていきましょう。ポメラニアンの猿期は、通常の状態とは異なる見た目になるので、様々な面で不安に感じる事も多いのではないでしょうか。そういった場合は早めに疑問を解消して、安心してポメラニアンと一緒に暮らせるようにしてください。ポメラニアンが猿期の時に抱きやすい疑問をQ&Aでまとめました。

健康に害はないの?

ポメラニアンの猿期で気になるのが健康に害はないのかという事です。猿期の期間は毛が抜け落ちて見た目も変わる事から「健康に影響があるのでは」と思ってしまうかもしれません。しかし、通常の猿期であれば健康には何の影響もありません。子供の毛から大人の毛に抜け替わる大切な期間となります。

栄養バランスに気をつけ、タンパク質やアミノ酸など必要な栄養をきちんと摂取出来るようにしていきましょう。必要な栄養を取る事で、大人の毛に抜け替わるのに必要な体を作る事が出来るようになります。健康的な生活を送るようにしていけば、猿期が終わってからふわふわ&モコモコの毛が生えてきます。

猿期がやってくる期間は個体差がありますが、あまりにも毛が抜け落ちるのが早い場合は健康に注意してください。もし、食欲がなかったり、体を痒がっている場合は皮膚病などの病気の可能性があります。普段の様子と比べて何らかの異変がある時は早めに病院へ行くのがおすすめです。食欲が落ちず、痒がっている様子もなければ通常の猿期と考えて良いのではないでしょうか。

猿期にトリミングをして大丈夫?

ポメラニアンが猿期の期間を過ごしている時に気になってくるのが、トリミングが出来るのかという事です。基本的に、猿期にバリカンを使ってカットをすると毛質が変わると言われています。生え変わりの時期はトリミングはせずに、そのままの状態を維持するのがおすすめ。どうしてもカットが必要になった時は、トリマーさんと相談をして毛質が変わらないようにしてください。

カット以外のブラッシングなどのお手入れに関しては大丈夫です。猿期は毛が抜ける量が多いので、ブラッシングを行なってお手入れをしてあげた方が健康的な大人の毛が生えやすくなります。食事面にも気をつけて、ふわふわとした綺麗な毛が生えるようにしてあげましょう。

猿期がないポメラニアンもいる?

ポメラニアンの成長過程では猿期が訪れるのが一般的ですが、中には「猿期が来ていないのでは?」と思うようなポメラニアンもいます。ポメラニアンは成長過程において猿期がやってくる事がほとんどですが、毛質や毛色によって猿期である事が分かりにくい場合があるのが特徴。

もし明らかに猿期であるという事が分からなかったとしても生後4ヶ月から1歳にかけては換毛期が訪れているので、ブラッシングをしてお手入れをしてあげてください。抜けた毛が溜まっていると健康的な皮膚の状態をキープしづらくなってしまいます。ブラッシングを行い、良い毛の状態を保つようにしましょう。

ポメラニアン以外に猿期がある犬種

ポメラニアン以外にも猿期を迎える犬種がいます。続いては、他の犬種についてもチェックしていきましょう。ふわふわの毛を持っている犬は猿期を迎える事が多く、身近にいる犬も幼い頃には猿期を経験している場合がよくあるようです。それぞれの犬種についてご紹介します。

被毛がふわふわな「サモエド」

ふわふわとした白い毛が特徴的なサモエドは、猿期を迎える代表的な犬種です。最後4ヶ月くらいになると、顔の中心部分だけ毛が短くなり、ユニークな顔に。成長するごとに顔の中心部にもふんわりとした毛が生え揃い、普段から見慣れている姿になります。

日本原産の「スピッツ」

スピッツも幼い頃に猿期を迎えます。スピッツと言うと外国産のイメージがありますが、実は日本原産の犬種。外国の犬からルーツを持ち、ふんわりとした毛と尖った鼻が特徴的です。猿期を迎えると、顔の中心部だけ毛が少なくなるので面白い顔立ちになります。

長毛の「ゴールデン・レトリーバー」

実は、ゴールデン・レトリーバーも猿期を迎えます。ゴールデン・レトリーバーは長毛なので大人の毛に生え変わる過程で猿期がやってくるのが特徴。ゴールデン・レトリーバーの成長過程の1つとして捉えておきましょう。

猿期を思い出に!犬を上手に撮影するコツ

猿期を迎えるのは一生に一度だけです。後になって写真を見返す事が出来るように、上手に撮影をするポイントについて見ていきましょう。猿期を迎えた貴重な姿を写真に収めて良い思い出にしてみてください。

おもちゃで目線を引きつける

上手に犬の写真を撮影するポイントとしておすすめなのが、おもちゃで目線を引きつけるという事です。犬はなかなか思ったような方向を向いてくれませんが、おもちゃで注意を引くと簡単。

カメラの後ろの方でおもちゃを持ち、犬の興味を引きましょう。犬がこちらを向いた一瞬を狙って写真を撮影します。お座りと待てが出来るようになっていると、じっとした状態で撮影がしやすいです。

アングルや光を意識する

アングルや光も工夫していきましょう。どの角度からだと可愛く撮影する事が出来るのかカメラを見ながら角度にこだわってみてください。正面から、横から、といったように色々なパターンを試しましょう。

光はきちんと当てっていた方が表情が綺麗に見えます。特に猿期の時は顔に光が当たっているとユニークな毛の生え方がよくわかるのでおすすめ。光の当たり方を工夫して撮影するようにしてください。

とにかくたくさん撮る

犬の写真は、とにかく練習あるのみです。最初はなかなか上手に撮影する事が出来ないかもしれませんが、慣れていくうちに良い写真を撮影する事が出来るようになります。諦めずに撮影を続けましょう。

どのタイミングでシャッターを切れば良いのか、どうすれば犬がこちらを向いてくれるのかなど、慣れる事によって大体のコツを把握出来るようになります。可愛い写真を撮影する事が出来るように、ベストタイミングを狙ってみてください。

ポメラニアンの猿期を理解しよう

ポメラニアンにとって猿期は成長過程で必要な期間です。いつからいつまで猿期なのか知っていれば、安心して換毛期を迎えられます。幼い時にしか見られない猿期を写真に収めて良い思い出にしていきましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-22 時点

新着一覧