芸能リポーターの福岡翼が死去!4月20日に慢性心不全増悪が原因?

映画評論家で芸能リポーターだった福岡翼をご存知でしょうか。顔を見れば、誰しも一度は見たことのあるほど、有名な人物だったことでしょう。先日そんな福岡翼の、慢性心不全による死去(享年79歳)が報道されました。福岡翼の死去や晩年について、詳しくご紹介していきます。

芸能リポーターの福岡翼が死去!4月20日に慢性心不全増悪が原因?

目次

  1. 芸能リポーター・福岡翼が死去…まずはプロフィールから
  2. 映画評論家で芸能リポーターの福岡翼が死去されていた
  3. 死去が報道された福岡翼とはどのような人物だった?
  4. 芸能リポーターで映画評論家・福岡翼の冥福を祈ろう

芸能リポーター・福岡翼が死去…まずはプロフィールから

芸能リポ―ターで映画評論家である福岡翼が、死去されていたと報道されました。芸能リポーターとして長年活躍されていた人物であるため、名前を知らずとも顔を見たことの無い人は少ないのではないでしょうか。そんな福岡翼の死去の原因や晩年の情報、また人物像などについて、詳しくご紹介していきます。

福岡翼のプロフィール

・愛称:???
・本名:???
・生年月日:1940年3月3日
・現在年齢:79歳没
・出身地:高知県
・血液型:???
・身長:???
・体重:???
・活動内容:映画評論家、芸能リポーター
・所属グループ:???
・事務所:???
・家族構成:???

福岡翼の略歴!映画評論家としても活躍

福岡翼の出身県は、高知県生まれです。上京したのは高校卒業後であり、早稲田速記学校を卒業しています。そして卒業後は速記の技量を活かして出版社や小学館にて約10年に渡り勤務していました。具体的に携わった情報誌は、 『女性週刊誌』、『女性セブン』です。

その後、そんな情報誌での勤務経験を活かすべく、芸能レポーター業での活躍を始めています。また、映画への造詣も深かったことから、映画評論家としても活動を行っていました。

映画評論家で芸能リポーターの福岡翼が死去されていた

映画評論家で芸能リポーターの福岡翼が死去されていたことが報道されましたが、実際に死去されたのはいつ頃だったのでしょうか。また、79歳で死去される原因となった慢性心不全とは、いったいどのような病気なのでしょう。福岡翼死去の報道について、詳しくご紹介していきます。

死去されたのはいつ?享年は79歳

福岡翼が79歳で死去したことが報道されたのは、10月4日のことでした。しかし、実際に死去されたのは2019年4月のことであり、報道された時期より半年近くも前のことだったようです。なぜここまで報道される時期にズレが生まれてしまったのでしょう。その理由についても、人物像をご紹介する際に一緒にご紹介していきます。

死因は慢性心不全…眠るように亡くなっていた

そんな福岡翼が79歳で死去した原因は、慢性心不全であると報道されています。また、亡くなる間際の状況については詳しく分からないようで、亡くなった状態で発見したのは福岡翼の妹でした。

福岡翼の異変に気付いたきっかけは、福岡翼が参加を予定していた親族での食事会だったようで、死去される2,3日前に食事会が開かれましたが、その場に福岡翼があらわれることは無かったそうです。そういった経緯があり、福岡翼の異変を感じた親族が大阪在住の福岡翼の妹に連絡、死去されていたことが発覚しました。

死去の原因は前述の通り慢性心不全でしたが、死去されていた福岡翼の顔は安らかであったのか、眠るように亡くなっていたと伝えられています。ベッドの中で死去されていたことから、眠っている最中に心不全が起きたのかもしれません。

福岡翼死去の原因となった慢性心不全とは?

そんな福岡翼が79歳で死去される原因となった慢性心不全とは、一体どのような病気だったのでしょうか。通常、心臓という器官は1年間に1億回もの回数動き、全身に血を送るポンプのような役割を果たしている場所です。しかし、そんな心臓から脳や腎臓と言った多くの器官へ血を循環させられなくなる状態が心不全です。

血液を送ることができないと、酸素や栄養素といった生きていく上で必要なものが全く循環させられなくなるため、心臓に異常が起これば直接的に命の危険にさらされることになります。また、慢性心不全は全ての心疾患の中でも終末的存在の病気であり、手術を行ったとしても命を完全につなぐことが難しい病気であると言われています。

実際に体感する具体的な症状としては、体重増加や動悸に加え、呼吸困難、体のむくみ、動作時の息切れなどが挙げられます。さらに、夜間に息切れによって目覚めるといったこともあり、場合によっては全く動作をせずとも息切れを起こすこともあります。また、不整脈も高頻度であるため、突然死することも少なくありません。

福岡翼死去の報道にネット上での反応は?

そんな福岡翼死去に対するネット上での反応はどのようなものだったのでしょう。多くの人に知られ、芸能リポーターや映画評論家として活躍し続けた福岡翼に対する言葉についてもまとめました。

死去報道によって、年齢が近い人であれば自身の死を見つめる機会になったという人もいるようです。近年話題となりつつある終活という言葉ですが、実際に死に向けて悔いを残したり家族に迷惑を掛けたりしないよう、考える人は少なくありません。同世代の人物が亡くなることで、身近に感じる人もいたことでしょう。

また、ご存知の通り、福岡翼と言えば芸能界を愛し、文化や芸術といった様々な文化に触れた人物でもあります。報道することで収入を得ていることに変わりはありませんが、対象に愛があるかどうかで変わることは少なくありません。そんな福岡翼の死去を、惜しいと感じる人は少なくないようです。

その他、福岡翼を昭和を代表する人物の一人とする意見もちらほら見受けられました。福岡翼曰く、芸能リポーターは裏方の職業だと語っていますが、裏方が無くては表の世界は成り立ちません。そんな裏方である芸能リポーターの中で、多くの人が認める愛情と知識を持って報道し続けた福岡翼もまた、昭和を代表する人物の一人と表現しても、決して過言ではないことでしょう。

死去が報道された福岡翼とはどのような人物だった?

そんな多くの人に認められ、評価され続けた福岡翼とは、具体的にはどのような人物だったのでしょう。性格や考え方など、福岡翼に関する様々な情報についてもご紹介していきます。

自身が死ぬときについても語っていた?

福岡翼は、慢性心不全といういつ死去されてもおかしくない状況だったためか、自身の死後についても親族に語っていたようです。その内容は、「いつの間にか消えているのがいい」といったものでした。福岡翼自身、自身を含めた芸能リポーターとは裏方的存在であるため、そんな裏方の死去が目立った報道されることを避けたかったのかもしれません。

そんな福岡翼自身の遺志を尊重し、親族は福岡翼の葬儀を親族のみで執り行っています。また、日程や場所などについても、当然公表はされていません。福岡翼の棺には、愛用のペンと原稿、そして仕事をする際に使用していたと思われる使い込んだカバンのみが納められ、出棺されました。

芸能リポーターの草分け的存在の人物だった

そんな福岡翼は、芸能リポーターの草分け的存在として知られた人物でもあります。多くの舞台や映画に出演した俳優の元へも足を運んでは取材し、情報内容を深める人物であり、番組やテレビ局が異なる新人リポーターの質問にも柔和な態度で丁寧に返答する人物だったようです。

独特の美学を持ち合わせた人物でもあった

そんな福岡翼ですが、多くの著名人に漏れず、独特の美学を持った人物でもありました。先ほどご紹介した柔和な面とは裏腹に、現場でのマナーには厳しい一面も持っており、取材現場を散らかしたまま帰ろうとする芸能リポーターがいれば、他局の人員であっても厳しく注意していたようです。

また、誰か散らかしたのか分からないようなゴミに関しては、自身でまとめて持ち帰るといった姿勢も知られたものでありました。その理由として、福岡翼は、時として自身が他人を厳しく批評しなければならない職であることを挙げており、そんな職である自身もまた、しっかりとマナーやルールを守る人物であれるよう、律していたのでしょう。

亡くなる直前はどのように過ごしていた?

79歳で死去された福岡翼ですが、晩年はいったいどのように過ごしていたのでしょうか。調べてみたところ、福岡翼に大きな異変があったのは、2011年のことでした。心筋梗塞を発症したことで手術を受けた福岡翼は、そのことを周囲には明かさずに過ごしていたようです。

理由は心配されたくないため、とのことで、特に公表せずの生活でしたが、やはり無理はできない状態になっていたのか、2016年には仕事を控え、1時間のウォーキングや読書で静かに過ごすなど、健康を第一に考えた生活を送っていました。

上記のように隠居ともいえる生活をしていたため、福岡翼を知る人物の多くは、現在どうしているのか、といった不安を感じていたようです。ネット上でもその声は増していたことからも、裏方と言えど、影響力の大きな人物であったことが窺えます。

芸能リポーターで映画評論家・福岡翼の冥福を祈ろう

映画評論家で芸能リポーターとして多くの人に知られた福岡翼の死去について、享年が79歳であったことや死因など、様々な情報をご紹介しました。この先福岡翼の姿をテレビで見ることはもうありませんが、そんな福岡翼の思想を継いだ芸能リポーターも少なくないことでしょう。そんな芸能リポーターの活躍と共に、福岡翼の冥福を祈りましょう。

関連する記事はこちら

Thumb「王様のブランチ」歴代リポーター一覧!不快に感じる視聴者も多い? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb音楽評論家・宇野功芳が死去。死因は老衰?病気の噂や引退の原因に迫る! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-12 時点

新着一覧