スタンダードプードルについてご紹介!性格や飼い方・価格相場は?

スタンダードプードルの性格の特徴や飼い方、価格についてまとめました。スタンダードプードルを飼う時はしつけの方法も重要なポイントになります。スタンダードプードルの性格の特徴を踏まえた飼い方・しつけの方法を取り入れて仲良く暮らしていきましょう。

スタンダードプードルについてご紹介!性格や飼い方・価格相場は?

目次

  1. キュートなスタンダードプードルを紹介!
  2. スタンダードプードルの基本情報と特徴
  3. スタンダードプードルの性格に合ったしつけ方
  4. スタンダードプードルの飼育ポイント
  5. 大型犬を飼育する際の注意点
  6. 可愛いスタンダードプードルと暮らそう

キュートなスタンダードプードルを紹介!

ふわふわもこもこで可愛らしいスタンダードプードルは人気の犬種です。スタンダードプードルに憧れて犬を飼いたいと思う方も多いのではないでしょうか。プードルと言うとトイプードルのような小さなサイズを思い浮かべるかもしれませんが、スタンダードプードルは大型犬の部類に入ります。大型犬のスタンダードプードルだからこそ感じる事がで魅力が満載です。

スタンダードプードルの飼い方を解説

本記事では、スタンダードプードルの飼い方や性格の特徴、しつけについてまとめました。スタンダードプードルと仲良く暮らす為には、基本的な飼い方を押さえて性格に合わせたしつけをする事が大切になります。きちんとしつけをする事が出来れば、みんなから愛されるスタンダードプードルに成長するはずです。飼い方を工夫して、良い子になるように育てていきましょう。

スタンダードプードルを飼う時に気になるのが価格です。スタンダードプードルの価格はどのくらいなのか、相場を把握しておく事で購入の検討がしやすくなります。価格の相場についてもチェックしていきましょう。価格だけでなく、スタンダードプードルを手に入れる方法についてもご紹介するので、購入を検討している時の参考にしてみてください。

Thumbトイプードルの値段相場を解説!安くなる条件や違いはあるの? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

スタンダードプードルの基本情報と特徴

まずは、スタンダードプードルの基本的な情報や特徴について見ていきましょう。スタンダードプードルはどのような特徴があるのか、歴史はどうなっているのかなど基本的な情報について把握する事で、スタンダードプードルについてより深く知る事が出来るようになります。こうした基本的な知識を備えているとスタンダードプードルの飼い方にも役立てられるので学んでみましょう。

プードルは古くから存在する犬種

スタンダードプードルを始めとしたプードルはフランス原産の犬種ですが、ルーツについては明確な事は分かっていません。スタンダードプードルの歴史を紐解いていくと、水鳥の狩猟のために改良された最も古い犬種の1つであるという事がわかりました。

プードルの語源はドイツ語で「跳ねる」を意味する「PUDEL」とされており、水辺で狩猟をする事が多かった「PUDEL HOUND」がプードルのルーツではないかとも言われています。このPUDEL HOUNDがドイツを始めとしたヨーロッパの犬と交配をし、フランスにやってきた頃に現在のプードルの原型が出来上がっていたと言われています。

こうしてフランスにやってきたプードルは、フランス原産の犬として多くの人々から親しまれるようになりました。狩猟や泳ぎが得意な性質を生かして、鴨猟の回収犬としてフランスで活躍します。スタンダードプードルを始めとしたプードルが胸回りや足回りに毛を残してカットする事が多いのは、水で泳ぎやすいように始まったと言われているのも大きな特徴です。

当初は狩猟犬として活躍していたスタンダードプードルですが、その愛らしい様子から次第に愛玩犬として飼われるようになります。フランス以外にもスタンダードプードルの人気が波及し、現在では日本でも多くの姿を見かけられるようになりました。スタンダードプードルは小型化が進み、トイプードルやミニチュアプードルなども登場。様々なサイズのプードルが生まれています。

価格相場は30万程度

昔からフランスで愛されてきたスタンダードプードルですが、飼う場合はどのくらいの価格なのでしょうか。犬を飼う上で価格は需要なキーポイントになるため、大体の相場についてチェックしていきましょう。スタンダードプードルの価格の相場をリサーチしてみたところ、平均すると30万円程度である事がわかりました。購入を検討する時はこの価格を目安にしてみてください。

もちろん、スタンダードプードルと一口に言っても様々な条件によって価格が変動します。15万円〜45万円と価格に幅があり、平均すると30万円くらいの価格にあるので目安として考えてください。スタンダードプードルの毛並みや毛色、血統などによって価格が安くなったり高くなったりします。また、年齢が高いスタンダードプードルは価格が安くなる傾向にあります。

スタンダードプードルは、ペットショップで購入する他にブリーダーから入手する事もできます。ペットショップの場合はブリーダーを介したマージンが発生しますが、ブリーダーから直接購入する場合はマージンが発生しないため比較的安い価格で手に入れる事ができるのが特徴。ブリーダーの元で実際に様子を見学してから購入を検討するのも良いかもしれません。

ブリーダーにも良し悪しがあるので、事前に評判をチェックしておく事が大切です。ペットショップとブリーダー、どちらから購入するにしても犬の状態や飼い方など基本的な情報は仕入れるようにしてください。様々な事を検討した上で、スタンダードプードルを買うか否か決める事が大切になります。

体高は45cm以上

続いて、スタンダードプードルの体型についてチェックしていきましょう。スタンダードプードルの体高は45cm、体重はオスで20kg〜32kg、メスで20kg〜27kgとなります。プードルと言うと小さいサイズを思い浮かべる方も多く、スタンダードプードルの実際のサイズを見たら驚く場合も多いかもしれません。スタンダードプードルは大型犬の部類に入ります。

ふわふわで可愛らしい顔をしているので大型犬というイメージがわかないかもしれませんが、スタンダードプードルを購入する場合は大型犬であるという認識をしっかりと持つようにしましょう。子犬の時と成犬の時とではだいぶ体型が変わってきます。成長した後に「思ったようなサイズではなかった」とならないように、スタンダードプードルの体格について知っておく事が大切です。

プードルにはトイプードルやミニチュアプードルなどがいるので、スタンダードプードルと混同しないようにしましょう。大型犬を購入するのであれば、それに見合った生活環境を整える必要があるため、スタンダードプードルを購入するという意識をきちんと持った上で家族として迎え入れてください。

毛色のバリエーションが豊富

スタンダードプードルは毛色の種類が豊富な事でも知られています。ホワイトやブラウン、ブラック、シルバー、アプリコット、ブルー、グレーなどがスタンダードプードルの代表的な毛色。ただし、血統書団体のジャパンケンネルクラブはスタンダードプードルの毛色は1色としており、同じ色の中で濃淡が現れる事で異なる色に見えているのが特徴となります。

スタンダードプードルの価格は、人気の色によっても異なります。クリームやブラウンと言った人気の色だと平均価格よりも少し高くなるかもしれません。様々な毛色があるため、お好みに合わせて選んでいきましょう。ちなみに、スタンダードプードルの毛は抜けにくい事で知られています。大型犬ですが抜け毛のお掃除の手間がかからないのが魅力です。

かかりやすい病気

大型犬で体が丈夫そうに見えるスタンダードプードルですが、病気にかかる場合もあります。スタンダードプードルがかかりやすい病気として挙げられるのがアジソン病。腎機能が低下する事で食欲がなくなり、運動量が減ります。酷くなると命に関わる病気になるので、注意しましょう。

胃捻転もスタンダードプードルがかかりやすい病気の一種です。吐きそうな様子なのに吐けない、よだれが常に出ているという様子が見られたら病院へ行きましょう。重篤化すると命の危険があります。

寿命は12~14歳程度

スタンダードプードルの寿命は12歳〜14歳と言われています。一般的に、大型犬は小型犬よりも寿命が短いのが特徴。大型犬は体に対して内臓が小さく、一生懸命に働くために老化が早いと言われています。寿命が短いのは大型犬の宿命とも言えるので、寿命を全うする事が出来るように大切に育ててあげましょう。

きちんとお世話をしてケアをしていれば、大型犬であるスタンダードプードルも寿命よりも長生きする事が出来ます。大切なのはストレスを溜めない事、適度に運動をする事、バランスの取れた食事。日々の生活を整えてあげる事でいつまでも健やかな状態で生活する事が出来るのではないでしょうか。元気な状態をキープ出来るようにしていきましょう。

Thumbトイプードルの黒は穏やかな性格!価格相場や飼う時の注意点 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

スタンダードプードルの性格に合ったしつけ方

スタンダードプードルと仲良く暮らす為には、性格に合ったしつけをする事が大切になります。スタンダードプードルは大型犬なので、しつけがきちんと出来ていないとコントロールが効かなくなるかもしれません。そうならないように性格に合わせてしつけを行いましょう。

好奇心旺盛で知的な性格

スタンダードプードルの性格は、好奇心旺盛である事が特徴です。色々な事に対して興味を持ち、行動力があるのがスタンダードプードルの性格。他の犬に対しても好奇心旺盛で「仲良くなりたい!」と思う事が多いようです。

スタンダードプードルは運動が好きなのも性格の特徴として挙げられます。犬用のアクティビティも好きで、ドッグランへ行くと喜ぶでしょう。また、知的な性格であるスタンダードプードルはしつけがしやすいと言われています。ただし、好奇心旺盛な性格の為にしつけよりも他に注意がいってしまう場合も。服従訓練から始めて、しつけが出来る状態にしましょう。

無駄吠えに注意

スタンダードプードルは警戒心が強い性格なので、無駄吠えをしやすい傾向にあります。大人になってからも無駄吠えが続かないように、しつけを行いましょう。しつけをしていれば無駄吠えは減ります。

初めてしつけをする場合は、何をすれば分からない事も多いかもしれません。そんな時はトレーナーさんから訓練を受けてしつけをするのがおすすめです。プロに習う事で無駄吠えなどのしつけをきちんと行えます。

スタンダードプードルの飼育ポイント

続いては、スタンダードプードルの飼い方についてご紹介します。スタンダードプードルのストレスを溜めない為には、飼い方のポイントを把握しておく事も大切になります。しつけと一緒に飼い方の基本も学んでいきましょう。

毎日の運動は必須

スタンダードプードルは好奇心旺盛で運動欲求も強いと言われています。その為、十分にお散歩をさせてあげないとストレスが溜まり破壊欲求が出てしまうかもしれません。毎日のお散歩は必須となります。

1日2回、30分〜1時間程度の散歩をするのが基本となります。ただ単に散歩をするだけでは好奇心を満たせないので、公園などでおもちゃで遊んであげると良いでしょう。また、普段とは違うコースを歩いたり、水遊びをする機会を設けるなど工夫をすると楽しく散歩が出来ます。

定期的に体のお手入れを

スタンダードプードルはふわふわとした被毛が特徴的です。定期的にお手入れをしないと被毛が絡まってしまう為、トリミングの他に自宅でのブラッシングも行いましょう。また、垂れ耳のスタンダードプードルは内部が蒸れやすい為、週に一度は定期的にコットンで掃除をしてあげてください。

スタンダードプードルは涙やけが起きやすい犬種です。長期間放置していると炎症を起こし、目に悪影響となる為綺麗にしてあげましょう。涙やけのクリーナーを使用し、1〜2日に1回は優しく拭いてあげてください。

高タンパク・低カロリーな食事がgood

スタンダードプードルは関節の病気や骨折の心配があると言われています。太り過ぎはこうした疾患を引き起こす可能性がある為、高タンパク&低カロリーなご飯を準備するようにしましょう。太らせないように体重管理をしてください。

ご飯は1日2回に分けるのが基本です。添加物が含まれているドッグフードは避け、消化に悪い穀物類にも気をつけましょう。ご飯選びに迷ったら動物病院と相談するのもおすすめの方法です。

Thumbトイプードルの平均体重はどれくらい?ダイエット方法もアドバイス! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

大型犬を飼育する際の注意点

スタンダードプードルを始めとした大型犬は飼う際に気をつけておきたいポイントが色々あります。スタンダードプードルが快適に暮らす事が出来るようにする為にも、迎え入れる前に環境を整えていきましょう。

広い生活空間が必要

大型犬は広い生活空間が必要です。狭い空間にいると自由に動き回る事が出来ないストレスが溜まり、無駄吠えなどが増えてしまうかもしれません。きちんとしつけをして、室内を動き回っても大丈夫な状態にしましょう。

小・中型犬と比べて寿命が短い

大型犬は小・中型犬よりも寿命が短いという事も認識しておく必要があります。大型犬は元々の体の作りによって寿命が短くなっているので、なるべく長生きが出来るように飼い主が気をつけてあげましょう。適度に運動を行い、食事のバランスに気をつけて生活をしていけば、健康的に暮らす事が出来るはずです。

可愛いスタンダードプードルと暮らそう

人懐っこく愛らしいスタンダードプードルは飼ってみたいと思わせてくれる魅力で溢れています。スタンダードプードルを飼う場合は、しつけをきちんと行い、運動が出来る環境を整える事が大切。可愛いスタンダードプードルを家族として迎え入れてみましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-13 時点

新着一覧