シャーペイとの楽しい過ごし方!どんな性格のワンちゃんなの?

しわくちゃな顔と身体が特徴のシャーペイは、ユニークで味のある顔が人気です。こちらでは、シャーペイの歴史、性格や特徴、飼い方の注意点などをご紹介していきます。かかりやすい病気やシャーペイ同様に、中国原産の犬種もチェックしていきましょう。

シャーペイとの楽しい過ごし方!どんな性格のワンちゃんなの?

目次

  1. シャーペイってどんな犬?
  2. シャーペイについて紹介!
  3. シャーペイの飼い方を紹介!
  4. シャーペイの他にも!中国原産犬
  5. シャーペイと楽しく過ごそう!

シャーペイってどんな犬?

しわくちゃな顔と身体、眠そうな目などが特徴のシャーペイは、日本ではあまり見かける機会がない犬です。珍しい犬種ではあるものの、外見にインパクトがあるため1度見たら忘れられません。ブサカワとも言える独特な顔立ちのシャーペイですが、外見も含めて沢山の魅力があるため、世界中にシャーペイ愛好家がいます。

独特の魅力を持つシャーペイ

顔にはたるみがあり、身体はどっしりとした体型のシャーペイは厳つい外見にも見えるのですが、飼い主に忠実で甘えん坊な一面もあります。こういったギャップもシャーペイの魅力の一つです。シャーペイに限らず、パグやフレンチブルドックなどのブサカワ犬は見れば見るほど愛着が湧いてくるもので、不思議な魅力にハマってしまう方が多いようです。

シャーペイについて紹介!

シャーペイの魅力が分かったところで、次はシャーペイの歴史や身体的特徴、性格やかかりやすい病気についてチェックしていきましょう。また、シャーペイの価格相場についてもご紹介していきます。

歴史・原産

シャーペイは中国もしくはチベットが原産で、その歴史は約2000年前である漢王朝時代からと言われています。中国原産のチャウチャウ同様にシャーペイの舌も紫色をしているため、祖先はチャウチャウという説もあります。元々シャーペイは中国広東省で農家の番犬や闘犬として働いていた歴史があります。

1949年代頃になると犬を飼うことが贅沢とされ、犬の命と共にそれぞれの歴史に関する記録も処分されてしまったようです。こういった背景から、シャーペイの歴史ははっきりとしない部分もあるようです。

1973年頃にはシャーペイの頭数も減り、絶滅の危機に瀕しますが、香港のブリーダーがシャーペイの危機的状況を世界中にアピールしたことによってアメリカなどでも繁殖が進み、現在も現存する犬種として生き残ることが出来たようです。

身体的な特徴

シャーペイは頭が大きく、小さめの耳と目、カバのような形の口、太い首と巻き尾が特徴の犬種です。しわくちゃな顔でたるみがあるため目元も眠そうな印象です。闘犬として活躍していた歴史もあり、サメ肌のようなザラザラな肌とたるみのおかげで怪我もしづらく、丈夫な闘犬として重宝されていたようです。

身体の大きさは体高46cm~51cm、体重16kg~20kgくらいで中型犬に分類されています。被毛は短く、触るとザラザラとしています。毛色は黒、クリーム、赤、アプリコット、ブラウン、フォーンなど種類が多いです。抜け毛はあまり多くありませんが、皮膚を清潔に保つためにも定期的にブラッシングする必要があります。

また、垂れ耳でシワやたるみのあるシャーペイは、ニオイが強くなってしまうこともあります。シワの間や、耳の中が蒸れやすいので雑菌が繁殖して臭いがきつくなるのです。シワの間や耳の中は定期的に掃除するようにし、清潔に保つことが大切です。

基本的な性格

シャーペイは番犬や闘犬として活躍した歴史があるため、警戒心が強い性格で攻撃的な面もあります。プライドが高く独立心も強い傾向にありますが、飼い主に忠実で家族への愛情が強いです。普段は穏やかな性格で家族とのんびり過ごすのが好きですが、知らない人や物、動物などには吠えて家族を守ろうとする頼もしい一面も持ち合わせています。

シャーペイは表情もあまりなく、感情もあまり表には出しませんが、いざという時には吠えたり、家族をまもろうという一面が見られるので、こういったギャップにハマってしまう方も多いようです。闘犬として活躍していた性質が残っているので、家族以外の人や犬などと会う時は少し注意が必要です。

かかりやすい病気

シャーペイの平均寿命は10~12歳と言われています。寿命には個体差がありますが、病気の早期発見、治療により長生きしやすくなるはずです。シャーペイのかかりやすい病気をチェックして、病気を早めに発見しましょう。

シャーペイやパグなどシワやたるみが特徴の犬種は皮膚の病気にかかりやすいです。シワの間の雑菌が繁殖しやすいので、暑い季節や雨に当たった後などは皮膚を拭いたり乾かすことが大切です。また、まぶたのたるみが引き起こす眼瞼内反症や、垂れ耳による外耳炎などにも注意しましょう。

また、シャーペイは血統の近い犬種との近親交配によって絶滅を免れた歴史があるので、遺伝性疾患を抱えている場合もあります。シャーペイを家族として迎える場合は、信頼できるブリーダーから両親、祖父母などの経歴、病歴などの情報も見せてもらってから購入を決めると丈夫な子を見つけやすいかもしれません。

価格相場と迎え方

日本のシャーペイの頭数は少なく、非常にレアな犬種です。販売価格の相場は30~40万と高額です。ペットショップで出会える可能性は低いので、シャーペイの繁殖をしているブリーダーを探すのがいいでしょう。

ブリーダーの数も少ないので自分の住んでいる場所にはいない可能性もあります。本気でシャーペイを家族として迎えたい場合は、ブリーダー探しをしてコンタクトを取って予約するといいでしょう。

シャーペイの飼い方を紹介!

シャーペイの特徴やかかりやすい病気などが分かったところで、次はシャーペイの飼い方についてご紹介していきます。シャーペイはレアな犬種で出会うのも難しいですが、性格も気難しい面があるので最初はとっつきにくい犬種と感じるかもしれません。シャーペイの購入を検討される場合は、飼い方のポイントをチェックしてからがいいでしょう。

飼育環境について

シャーペイの飼い方として飼育環境を整えてあげることが大切です。室内と屋外を自由に行き来出来るような環境が理想ですが、家族思いの性格から飼い主のそばを好むのでマンションなどの集合住宅でも飼育可能です。ただし、警戒心が強いために家族以外の人に対しては吠えたり、攻撃する可能性もあるので注意しましょう。

運動について

シャーペイは家族が大好きで一緒にのんびりと過ごすことが好きな犬種ですが、体力があるため毎日散歩に連れ出してあげましょう。30分くらいの散歩を1日2回行うのが理想です。散歩は運動量の確保の目的もありますが、犬にとっての気分転換、ストレス解消の機会になります。

また、仔犬のうちから散歩に連れ出すことで家族以外の人や動物、環境などに触れることになるので、社会性が身に付きます。散歩によって足腰を丈夫に保つことは健康に長生きするためにも必要なので、毎日外に連れ出してあげましょう。

しつけについて

シャーペイは独立心が強く、頑固な面もあるのでしつけに苦労するかもしれません。シャーペイの飼い方として、しつけは仔犬のうちから根気よく行うことが大切です。「おすわり」「待て」「伏せ」「ダメ」などの基本コマンドをしっかりと覚えさせることによって、シャーペイが家族以外の人や動物に攻撃的になった時もコントロールしやすくなります。

愛情を与えると共に、シャーペイに主従関係をしっかりと分からせることが大切です。飼い主に対して忠実な性格のシャーペイとしっかりと信頼関係を築くことが出来れば、しつけもスムーズになるはずです。

お手入れについて

シワやたるみのある顔の特徴から皮膚の病気にかかりやすいシャーペイは、毎日のお手入れが必要な犬種です。耳掃除や、シワの間の汚れなどをふき取って皮膚や耳の中を清潔に保ちましょうシャンプーをした時は、しっかりと乾かすことが大切です。短毛ですがブラッシングも定期的に行いましょう。

他の動物との接触は控えめに

家族と過ごす時はおだやかな性格のシャーペイですが、闘犬の頃の性質が残っているため、家族以外の人や動物は敵と認識して攻撃的になることがあります。ドックランなど不特定多数の犬がいるような場所では攻撃面が強く出てトラブルになる可能性もあるのでなるべく避けたり、しつけがきちんと出来てから行くのがいいでしょう。

シャーペイの他にも!中国原産犬

シャーペイ以外にも中国原産の犬種は沢山います。チャウチャウに関しては原産地も一緒で、シャーペイの祖先ともいわれています。こちらでは、シャーペイ以外の中国原産の犬種をチェックしていきましょう。

シーズー

日本でも人気のシーズーは中国原産の犬種で、中国清朝末期に宮廷や貴族に飼育されていました。身体の大きさは体高は20~30cm、体重は5~8kgくらいで小型犬に分類されます。長い被毛に短めのマズルが特徴で、社交的な性格から飼いやすいと人気があります。

チャイニーズクレステッドドック

中国原産のチャイニーズクレステッドドッグは、身分の高い人のペットとして人気があります。身体の大きさは体高 28cm~33cm、体重6kg前後で小型犬に分類されます。人懐っこく甘えん坊で、運動量も少なく済むので飼いやすいです。

チャウチャウ

起源前から中国にいたとされるチャウチャウは、もふもふとした被毛が特徴の犬種です。身体の大きさは体高48cm~56cm、体重18kg~27kgで大型犬に分類されます。マイペースな性格で頑固なので少し飼いづらい面もあります。

シャーペイと楽しく過ごそう!

シャーペイの特徴や飼い方のポイントをご紹介しました。インパクトのある見た目のシャーペイには不思議な魅力が沢山あります。出会うことが難しい犬種ではありますが、家族として迎えたらその魅力にハマってしまうかもしれません。

ペットに関する記事はこちら

Thumbフレンチブルドッグの平均寿命は?かかりやすい病気や健康維持方法 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbスタンダードプードルについてご紹介!性格や飼い方・価格相場は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbセントバーナードの飼い方!性格やしつけなど知っておくべきことは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-13 時点

新着一覧