猫ちゃんのトイレのしつけ方!叱らないやさしいトレーニング

猫のトイレのしつけ方やトレーニング方法についてまとめました。猫には排泄物を隠す習性があるので、トイレのしつけやトレーニングは意外と簡単です。猫トイレを置く場所やしつけが上手くいかない時の対処法をチェックしてストレスなくトレーニングしましょう。

猫ちゃんのトイレのしつけ方!叱らないやさしいトレーニング

目次

  1. 猫のトイレのやさしいしつけ方を紹介
  2. 猫のトイレのしつけ方
  3. しつけに有効!猫トイレの管理について
  4. 猫がトイレに失敗したときの対処法
  5. しつけを楽しく!おしゃれなトイレ
  6. トイレをしつけて猫にやさしい生活を

猫のトイレのやさしいしつけ方を紹介

猫を飼う事になったらきちんと行っておきたいのがトイレのしつけです。トイレのしつけが出来ていないと、思わぬ所で排泄してしまう可能性が高くなり、掃除が大変。トイレのしつけが出来ていれば清潔な状態を保つ事が出来ます。猫のトイレのしつけと言うと難しそうなイメージがあるかもしれませんが、実は簡単に行う事が出来ます。

なかなかトイレのしつけがうまくいかない時は、対処法をチェックしておきましょう。対処法を踏まえた上でトイレトレーニングをしていけば、スムーズにしつけをする事が出来るようになります。猫がストレスなく排泄が出来るようにトイレトレーニングのしつけをしてみてください。

子猫は走ったり眠ったりすることも

「猫の為に設置したトイレなのに、気がついたら眠っていた」という事は子猫にはよくある事です。子猫のうちはトイレの役割が分からず、寝床だと勘違いしてしまう可能性が高い為、トイレトレーニングには注意が必要。子猫が間違えてトイレで寝て排泄物がついてしまった場合は清潔になるように拭いて、根気強くトイレのしつけをするようにしていきましょう。

子猫は好奇心が強く、トイレで遊んでしまう事もあります。トイレで遊んで走るとトイレ砂が飛び散って掃除が大変ですが、子猫ならではの失敗なのであまり叱らないようにしましょう。子猫のうちはこうした事も許容範囲として考える事が大切になります。大人の猫になればこうした行為も減り、きちんとトイレをしてくれるようになります。その為には最初のしつけが重要なポイント。

トイレトレーニングは簡単にできる

猫のトイレトレーニングは躾けるのが難しそうに考えてしまうかもしれません。しかし、猫は元々綺麗好きなので、決まったトイレで排泄をするのに慣れるのは簡単です。基本的なしつけの方法を取り入れてトレーニングをしていけば、すぐにトイレで排泄するようになるので、ハードルを上げずにしつけをするようにしてみてください。覚えるのが早い猫なら当日中に覚えてくれます。

もし時間がかかる猫だったとしても、1週間もすれば決まったトイレで排泄をするようになります。何回か失敗したとしても諦めず、トイレのしつけをするようにしていきましょう。根気強くトイレトレーニングをしていく事で、どこに排泄をすれば良いのか猫も把握してくれるようになります。清潔な状態で猫と暮らす事が出来るようにトイレトレーニングにこだわってみてください。

Thumb猫のしっぽが現す気持ちのパターン図解!実は豊かな感情表現? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

猫のトイレのしつけ方

まずは、覚えておきたい猫のトイレの基本的なしつけ方についてチェックしていきましょう。基本的なしつけ方を覚えておけば、簡単にトイレトレーニングをする事が出来ます。猫が排泄をしやすい環境を整える事や、トイレがどこにあるのかを把握させる事など、トイレトレーニングをする為に知っておきたいポイントをご紹介します。スムーズにトイレが出来るようにしましょう。

静かな場所にトイレを設置する

猫のトイレのしつけで大切になるのがトイレを設置する場所です。人間と同じように、猫も落ち着いた場所でトイレを済ませたいと思っています。トイレの場所が騒がしかったり、常に誰かが通っているような場所だと猫も落ち着いて排泄する事が出来ません。猫のトイレの場所は、なるべく静かな所にする事が大切になります。そうする事で、猫が排泄しやすい環境が整います。

自宅の中で人が最も通らなそうな所、騒がしくなさそうな場所を選んでいきましょう。お客さんが来た時の事を考えて、死角になるような場所にトイレを設置する事も大切になります。お客さんにトイレが丸見えだと猫も落ち着いて排泄する事が出来ない可能性がある為、気をつけてください。

トイレの場所が気に入らないと、どんなにトレーニングをしてもなかなか猫がトイレで排泄をしない場合があります。もし、トイレのしつけをしているのに決まった場所で排泄をしないのであれば、トイレの場所を変えてみましょう。トイレの場所を変えるだけで、すんなりと排泄をしてくれる事もよくあります。トイレの場所が猫にとって不便ではないかを考えてみてください。

トイレにつれていく

猫は最初からトイレの場所を認識している訳ではない為、どこにトイレがあるのか知らせる事も大切になります。猫トイレを設置したら、まずは猫をその場所に連れていきましょう。トイレ砂を踏ませ、ここがトイレをする場所だと声をかけてあげてください。猫には人の言葉は分からないかもしれませんが、声を掛ける事で何となくここがトイレだと認識しやすくなります。

トイレの場所を教えてあげたら、次は猫が排泄をしそうなタイミングでトイレに連れて行く事が重要なポイント。猫は排泄をしたくなったら床のニオイを嗅いだり、ウロウロしたりといったように落ち着かない様子を見せます。落ち着かない様子を見せてきたら、排泄のサインだと思ってトイレに連れて行きましょう。

排泄のタイミングでトイレに連れて行く事が出来れば、猫はそこがトイレだと認識しやすくなります。様子を見るのはなかなか大変かもしれませんが、猫を飼い始めた当日はなるべく様子を見てトイレに連れて行くようにしましょう。

猫によってはすぐにトイレの場所を覚えて、連れて行かなくてもトイレに行ってくれる事もあります。しかし、猫によって差がある為、「うちの子はなかなかトイレを覚えてくれない」と他の猫と比較しない方が良いでしょう。気長に待ってトイレで排泄をしてくれるように導いてあげてください。

トイレを清潔にする

猫はとても清潔好きな動物として知られています。トイレが不潔な状態だと「ここで排泄をしたくない!」と思ってしまうので気をつけましょう。トイレは定期的に清掃をして清潔な状態をキープするようにする事もしつけでは大切になります。猫の排泄物を見つけたら、こまめに掃除をしてあげてください。掃除をして綺麗な状態にする事で、猫もストレスなくトイレが出来ます。

猫トイレの掃除は、ニオイもポイントになります。猫のトイレ周辺は排泄物の関係でどうしてもニオイがこもってしまいがち。ニオイが残っていると、猫もトイレがしにくくなります。特に多頭飼いの場合は他の猫のニオイが残っている事でトイレに行くのを嫌がってしまうかもしれません。トイレの近くに消臭剤や空気清浄機を置くなど工夫をして、ニオイもなくすようにします。

このようにポイントを踏まえた上でトイレのしつけをしていけば、猫は自然とトイレに行くようになるので、難しく考えずトレーニングを続けていきましょう。清潔好きな猫だからこそ、意外とすんなりトイレを覚えてくれるかもしれません。猫を飼い始めた時のファーストステップとして、頑張っていきましょう。

Thumb猫ちゃんが喉をゴロゴロする理由は?飼えば人間にも健康効果がある? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

しつけに有効!猫トイレの管理について

続いて、猫トイレの管理についてチェックしていきましょう。猫のトイレの管理方法はどうすれば良いのか、基本的な事について把握しておく事も猫にトイレのしつけをする時に大切になります。猫トイレの管理がきちんと出来ていない為に猫がトイレを気に入ってくれない場合もあるかもしれません。そうならないように猫トイレの管理にはこだわってみてください。

トイレの種類

猫トイレと一口に言ってもその種類は様々です。1つ目に挙げられるのが二重構造になっているシステムトイレ。トイレにすのこがついており、すのこの上には砂を入れます。すのこの下のトレイには排泄物を吸収する為のシートを入れるので、砂は固まらないタイプを使うのが特徴。シートの種類にもよりますが1週間くらいの周期で取り替えます。

続いて挙げられるのが壁がついたオープンタイプのトイレです。固まるタイプの砂を使い、排泄物を見つけたらその都度取り除くのが特徴となります。固まった砂ごと捨てるので、砂はその都度補充していきます。

最後にご紹介するのがドームタイプのトイレとなります。屋根で覆われているタイプなので、砂が飛び散りにくいのがポイント。扉がついているタイプや、透明タイプなど色々なタイプがありますが、猫の中にはドームの密閉感が苦手な場合がある為、気をつけてください。どのトイレを使う場合も、静かで落ち着いた場所に設置する事が大切です。

猫砂の種類

続いて、猫砂の種類についても見ていきましょう。鉱物タイプは固まる砂によく使われる種類です。クラッシュタイプの固まる砂はベントナイトやゼオライトといった鉱物が使用されており、砂が固まりやすく掃除も楽なのが特徴。シリカゲルはすのこ構造のシステムトイレで使う種類の猫砂です。固まりませんが消臭力に優れ、ニオイが残りにくいのが魅力。

猫砂には紙タイプもあります。紙タイプはリーズナブルで人間用のトイレにも流せるのが特徴。しかし、紙埃が舞いやすく飛び散りやすいので掃除が大変なのが難点です。この他に、おからで作られた猫砂や消臭効果を高めたコーヒー入り猫砂など、商品によって様々な猫砂があります。猫の好みに合わせて選んでいきましょう。

掃除の回数

猫トイレの管理で重要になるのが掃除の回数です。猫は綺麗好きなので、掃除がきちんと出来ていないとトイレを気に入ってくれない場合があります。猫のトイレは、基本的に1日に1回は掃除するようにしましょう。多頭飼いの場合は様子を見て1日2〜3回掃除をするようにすると安心です。綺麗な状態をキープすることが出来れば、猫もトイレを気に入ってくれます。

排泄物のチェック

猫トイレの掃除の際には排泄物チェックも忘れないようにしましょう。排泄物は猫の健康を知る上で重要なポイントになります。何日も下痢が続いていたり、尿の量が異様に多い場合は何らかの異変が起きている可能性が高いので、早めに獣医師に相談するようにしてください。健康チェックという意味でも、最低1日に1回はトイレ掃除をするようするのがベストです。

猫がトイレに失敗したときの対処法

猫のトイレのしつけの途中は、失敗してストレスを溜めてしまうかもしれません。そのような場合は、ストレスが溜まらないように対処法についてチェックしていきましょう。猫にも人間にもストレスが溜まるとトイレのしつけもスムーズに行えなくなる為、対処法を上手に活用してください。

しつけに失敗しても怒らない

もし、トイレのしつけに失敗しても怒らないようにする事が大切な対処法です。しつけが失敗して怒ると猫にとっても大きなストレスになり、トイレが嫌な物として認識されてしまうかもしれません。最初のうちは失敗するのは当たり前と思う事が重要になります。

怒ったり体罰を与えても、しつけにはならないので注意してください。失敗途中であれば、すぐに抱き上げてトイレに連れて行くとトイレを認識しやすくなります。対処法を取り入れて、気長にトイレを覚えさせるようにしましょう。

ニオイをふきとる

もしトイレと異なる場所で排泄をしてしまったら、ニオイをきちんとふき取るようにするのも大切な対処法。ニオイが残っていると、猫がそこをトイレだと勘違いしてしまいます。排泄物を拭き取り、消臭剤などを使って清潔な状態にしてください。そして再びトイレトレーニングを行いましょう。

ストレスを取り除く

猫のストレスを取り除く事も対処法として効果的です。猫がトイレに対してストレスを感じていると、なかなか決まった場所で排泄をしてくれません。もし、人通りが多く賑やかな場所にトイレを設置しているならストレスを取り除く為に静かな場所に変えてください。

トイレの場所を変える対処法だけでもしつけがしやすくなる場合が多くあります。また、トイレを清潔な状態にする事も、ストレスを取り除くのに最適な対処法。猫がストレスなくトイレに行く事が出来るように工夫してみてください。

改善しなければ動物病院で相談

色々な対処法を取り入れてみたものの、なかなかトイレでしてくれない場合もよくあります。その場合は、動物病院に相談をするのも1つの対処法。猫の様子を見て、最適な方法を提案してくれるはずです。

Thumb猫と人間の年齢の違いはどれくらい?換算方法や幼齢期の見分け方も | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

しつけを楽しく!おしゃれなトイレ

トイレのしつけを楽しくするには、おしゃれなトイレを準備するのも良いのではないでしょうか。色々なタイプのトイレがあるので、家のインテリアに合わせて選んでいきましょう。猫もきっと喜んでくれるはずです。

キャットロボット

掃除を楽にしたい時に役立つのがキャットロボット。自動的にトイレを掃除してくれる優れ物です。長時間家を空けなければならない時などに最適。猫トイレの掃除に対する負担を減らしてくれます。

家具調トイレ

インテリアの邪魔にならないようにしたい時は、家具調トイレにするのもおすすめ。猫トイレをキャビネットのように見せたり、色々なアイディアを取り入れていくと目立たずおしゃれなトイレになります。

トイレをしつけて猫にやさしい生活を

猫を飼う為にはトイレのしつけは欠かせません。きちんとしつけをしていけば、猫はトイレの場所を覚えてくれます。猫も快適にトイレをする事が出来るように、猫の気持ちを考えながらトレーニングしましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-07-09 時点

新着一覧