シベリアンハスキーは人懐っこい性格!楽しく過ごすための育て方は?

シベリアンハスキーの性格や寿命、育て方など様々な特徴についてまとめました。シベリアンハスキーはきちんとしつけをすれば言う事を聞いてくれる性格です。かかりやすい病気もチェックして、シベリアンハスキーの性格に合わせた育て方をしていきましょう。

シベリアンハスキーは人懐っこい性格!楽しく過ごすための育て方は?

目次

  1. シベリアンハスキーの性格と育て方を紹介
  2. シベリアンハスキーってどんな犬?
  3. シベリアンハスキーの性格
  4. シベリアンハスキーの育て方
  5. シベリアンハスキーの病気と平均寿命
  6. シベリアンハスキーに似ている犬種
  7. シベリアンハスキーを上手に飼おう!

シベリアンハスキーの性格と育て方を紹介

キリッとしたスマートな一面がありながらも愛らしい顔も見せてくれるシベリアンハスキー。シベリアンハスキーの魅力に惹かれて飼い始めた方も多いのではないでしょうか。そんなシベリアンハスキーを飼う時に大切になるのが性格や育て方、かかりやすい病気などの基本的な情報です。シベリアンハスキーの性格を始めとした特徴をチェックして最適な育て方をしていきましょう。

人気映画や漫画でブームに

シベリアンハスキーは、昔から日本人にも親しまれてきた犬種です。シベリアンハスキーで日本で人気を集めるようになったきっかけは映画「南極物語」や漫画「動物のお医者さん」などの作品でした。こうした作品に登場するシベリアンハスキーの従順で可愛らしい性格に惹かれて日本でも人気の犬種となります。南極物語が封切られた当時はシベリアンハスキーブームも起きました。

そんなシベリアンハスキーを飼いたいと思ったら性格について詳しく知っておく事も大切になります。シベリアンハスキーは実際はどのような性格をしているのか、しつけなどの育て方はどうすれば良いのかを学んでおく事で仲良く暮らしやすくなるのではないでしょうか。本記事ではシベリアンハスキーの知っておきたい情報についてご紹介するので、参考にしてみてください。

Thumbなぜシベリアンハスキーにオッドアイが多いの?美しい瞳の理由とは | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

シベリアンハスキーってどんな犬?

まずは、シベリアンハスキーとはどのような犬なのかについて見ていきましょう。日本でもお馴染みとなった犬種ですが、歴史や特徴などベースとなる情報を把握しておく事でシベリアンハスキーとの距離を縮める事ができます。シベリアンハスキーの事について詳しく知って、その魅力に迫っていきましょう。

シベリアンハスキーの歴史

シベリアンハスキーが誕生したのは、ロシアのシベリア地方です。極寒の地として知られるシベリアで暮らすチュクチ族が移動手段として使っていた犬ぞり用の犬として飼育・繁殖をした事でシベリアンハスキーは増えていきました。雪深い土地で必要な荷物を運ぶ為に欠かす事が出来なかった犬ぞりで先陣を切った走っていたシベリアンハスキーはチュクチ族には欠かせない存在です。

その為、重い荷物でもきちんと引っ張る事が出来る力強さと人間と協力する事が出来る従順な性格がシベリアンハスキーには求められるようになりました。シベリアンハスキーはそういった事を重視して交配が続けられ、犬ぞりに最適な犬種として成長していきます。シベリアンハスキーが世界的に注目されるようになったのがアラスカで開催された犬ぞりレースです。

1909年に開催された犬ぞりレースで見事な走りを見せたシベリアンハスキーが世界的に注目を集め、シベリア地方以外でも飼われるようになりました。シベリアンハスキーならではの従順さと卓越した身体能力が人気を集める理由となったようです。その後アメリカでも交配が行われ、1930年にアメリカンケネルクラブ(純血犬種などを登録する団体)に正式に登録されました。

こうした経緯から、シベリアンハスキーが誕生したのはシベリア地方と言われていますが、原産地はアメリカとされています。その後、シベリアンハスキーは映画「南極物語」などをきっかけに日本でも人気を集め、飼われるようになりました。現在は日本でもお馴染みの犬種として親しまれています。

シベリアンハスキーの特徴

続いて、シベリアンハスキーの身体的な特徴について見ていきましょう。シベリアンハスキーの体高は50〜60cm、体重は15〜25kgくらいになります。メスよりもオスの方が一回り大きいのがシベリアンハスキーの特徴。全体的に引き締まった体型をしており、身体能力に優れています。犬ぞりとして重宝されてきたからこそ、高い運動能力を持ち合わせているのが特徴です。

シベリアンハスキーは寒い土地で誕生し、メラニンを生成する機会が少なかった為に全体的に色素が薄いと言われています。色素が薄いのに関連してシベリアンハスキーはオッドアイになりやすく、現在もその特徴が受け継がれてきました。オッドアイはシベリアンハスキーの標準的な目の色なので、特別視はされず、オッドアイという言葉自体を使わない場合も多いです。

シベリアンハスキーは極寒の地でも暮らす事が出来るように、短く密な被毛で覆われています。寒さには強いですが、暑さには弱いのが特徴。毛色は様々でシルバー&ホワイト、褐色&ホワイト、ブラック&ホワイトといった毛色が代表的です。どの毛色でも顔や脚の部分は白くい場合がほとんど。こうしたポイントがシベリアンハスキーの身体的な特徴になります。

シベリアンハスキーの性格

シベリアンハスキーの性格も要チェックです。飼う犬を決める場合、自分に合った性格の犬種を選ぶ事がポイント。合わない性格の犬だと楽しく暮らす事が出来ないので、性格にはこだわっていきましょう。シベリアンハスキーはどのような性格なのか、一般的な特徴についてご紹介します。シベリアンハスキーの性格を押さえて、それに合わせた育て方をする事も大切です。

性格①優しく友好的

シベリアンハスキーは犬ぞりとして活躍する為に、人間との協調性が高い性格になるよう交配されてきました。その名残が現在も残っており、優しく友好的な性格のシベリアンハスキーが多いと言われています。人懐っこく、可愛らしい一面を見せてくれるのがシベリアンハスキーの性格の魅力。初対面でもすぐに馴染んでくれるので、来客が多い家庭でも安心です。

シベリアンハスキーは社交性があるので、他の犬種とも仲良くなりやすいと言われています。お散歩をしている時もすぐに他の犬と仲良くなって友達が増えていく、という事がシベリアンハスキーでは起きやすいのではないでしょうか。多くの人から愛される性格なのがシベリアンハスキーの良い所と言えます。

性格②好奇心旺盛

シベリアンハスキーは好奇心旺盛な性格でもあります。何か目新し物があるとそこに向かって行きやすく、それがシベリアンハスキー特有のフレンドリーさにも繋がるのではないでしょうか。初めて会う人にも人見知りせず「どのような人なのだろう」と好奇心旺盛に近づいていきます。他の犬に対しても同じで、自らニオイを嗅ぎにいくなど行動的です。

好奇心旺盛なシベリアンハスキーは他の事に気が散ってしまう事があるので、しつけをする際には飼い主の方に注目を集めるようにする事も大切なポイント。シベリアンハスキーの性格に合わせて好奇心をくすぐるようにすれば、飼い主に注目してくれるのではないでしょうか。おもちゃなどを上手に使った育て方をしていきましょう。

性格③リーダーに忠実

シベリアンハスキーはリーダーに忠実な性格でもあります。犬ぞりで活躍してきたシベリアンハスキーだからこそ、飼い主との協調性に優れ、リーダーと認識した人に対してはきちんと言う事を聞く傾向にあるのが魅力。一度きちんとしつけをすれば、飼い主の言う事を聞きやすい性格なのでシベリアンハスキーとの主従関係を作っていきましょう。

リーダーに忠実なシベリアンハスキーだからこそ、番犬としても活躍してくれると言われています。飼い主を外敵から守る性格であるのがシベリアンハスキーの特徴。飼い主の為に健気に尽くそうとする姿は漫画や映画など様々な作品で描かれてきており、それがシベリアンハスキーの人気を集めるきっかけにもなっています。

性格④頑固で不器用な一面も

フレンドリーでリーダーに忠実な性格で知られているシベリアンハスキーですが、頑固で不器用な一面もあります。自分が決めた事に対して頑固に執着し、なかなか飼い主の言う事を聞いてくれなくなってしまうかもしれません。シベリアンハスキーは主従関係を明確にしておかないと頑固で不器用な面ばかりが目立ってしまうので育て方には注意が必要です。

頑固で不器用な性格でもあるシベリアンハスキーですが、一度主従関係が出来ればとても育てやすいと言われています。シベリアンハスキーと仲良く暮らす事が出来るように、しつけもきちんと行っていきましょう。シベリアンハスキーの性格と踏まえた上でしつけをすれば、きっと素敵な関係を築く事が出来るはずです。

シベリアンハスキーの育て方

シベリアンハスキーに限らず、犬を育てる時は性格に合わせた育て方をする事が大切になります。性格に合わせて育てていく事で、犬の良さを引き出しやすくなるのがポイント。それでは、シベリアンハスキーはどのような育て方をすると良いのででしょうか。シベリアンハスキーの基本的な育て方をご紹介します。

しつけには根気が必要

シベリアンハスキーの場合、しつけには根気が必要です。リーダーに忠実なシベリアンハスキーですが、頑固で不器用な所があるので飼い主をリーダーとして認識するまで時間がかかるかもしれません。子犬の頃から根気良くしつけを行い、性格に合わせた育て方をしていきましょう。

散歩の時は飼い主と一緒に歩く、食事の前にはおすわり・お手をするなど、主従関係がきちんと分かるようなしつけをしていくのがおすすめです。こうする事で飼い主の言う事を聞きやすい性格に育てる事が出来ます。途中でしつけを諦めず、シベリアンハスキーと向き合って主従関係を作ってみてください。

夏場の環境には特に注意

シベリアンハスキーは元々、極寒の地で生まれた犬種です。寒さには強いですが、暑さには弱いと言われています。夏場の過酷な環境下にいると熱中症などの病気のリスクが高まるので気をつけましょう。

暑さが続く夏場は、日差しのない早朝や夜を中心にお散歩をするのがおすすめです。また、お散歩をする時には水分補給を出来るように水も携帯しておくと良いでしょう。シベリアンハスキーの体調を見ながら夏場のお散歩を行ってください。

ブラッシングケアを定期的に

シベリアンハスキーは体の保温を行うアンダーコートと外部の刺激から体を守るオーバーコートの二層の被毛で覆われています。冬毛から夏毛、夏毛から冬毛に抜け替わるシーズンには大量のアンダーコートが抜けるのが特徴。定期的にブラッシングケアをする事で、清潔な皮膚・被毛の状態を保つようにしてください。

たっぷりな運動量を確保

シベリアンハスキーは運動力が高く、犬ぞりのような過酷な運動にも耐えられるような体力を持ち合わせています。その為、日常的にきちんと運動させてあげる事も大切な育て方。運動が足りないとストレスが溜まり、無駄吠えなどの問題行動の原因になってしまうかもしれません。

シベリアンハスキーの病気と平均寿命

シベリアンハスキーを飼う時に大切になるのが寿命やかかりやすい病気といった点。寿命や病気はネガティブな事柄なのであまり考えたくないかもしれませんが、健康的に生活してもらう為には避けて通れない問題です。シベリアンハスキーがかかりやすい病気や寿命について詳しく見ていきましょう。

かかりやすい病気

シベリアンハスキーがかかりやすい病気として挙げられるのが緑内障や白内障です。シベリアンハスキーは目の病気にかかりやすい傾向にあり、シニア犬になるとリスクが高まります。基本的に丈夫な体なので病気にかかりにくいと言われていますが、定期的な診察で病気の早期発見に努めましょう。健康診断の時には目の検査をして病気を防ぐのもおすすめです。

平均寿命

シベリアンハスキーの平均寿命は12年程度と言われています。シベリアンハスキーと同じ大型犬の平均寿命は10年なので、比較すると寿命が長いのが特徴。シベリアンハスキーは丈夫で病気にかかりにくいので寿命が長いと言われています。適度な運動、バランスの取れた食事で寿命を延ばすようにケアしてあげましょう。健康的に育てていれば平均寿命以上に長生きする事も可能です。

シベリアンハスキーに似ている犬種

シベリアンハスキーは似ている犬種が多く、一見すると「シベリアンハスキーではないの?」と見間違えてしまう事もあります。そんなシベリアンハスキーに似ている犬種についてもチェックしていきましょう。

アラスカンマラミュート

アラスカンマラミュートは、アラスカのエスキーモの民族が古くから飼ってきた犬種です。シベリアンハスキーと同じように極寒の地で誕生した事もあり、短くで厚い被毛が特徴。ソリ引きも得意な事で知られています。

アラスカンクリーカイ

アラスカンクリーカイは、アラスカンマラミュートやシベリアンハスキーを一回り小さくしたような体型が特徴です。中型犬の部類に入り、シベリアンハスキーの子供と間違われる事があるかもしれません。寒い地域で誕生し、シベリアンハスキーと同じような毛色・毛並みとなっています。

シベリアンハスキーを上手に飼おう!

シベリアンハスキーは人間との協調性が高く、フレンドリーな性格で知られているのが特徴。リーダーと認識した人に対しては従順な態度を取ってくれますが、しつけが出来ていないと頑固な一面の方が強調されてしまいます。根気強くしつけを行い、シベリアンハスキーと仲良く暮らす事が出来るようにしていきましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-11-29 時点

新着一覧