猫のしっぽがポンと膨らむ時は警戒のサイン?ペットとのコミュニケーション

猫のしっぽが膨らむ時の感情や役割についてまとめました。猫のしっぽが膨らむのは警戒などの感情を表していると言われています。猫の気持ちを理解してコミュニケーションを取るためにもしっぽが膨らむ役割や感情についてチェックしていきましょう。

猫のしっぽがポンと膨らむ時は警戒のサイン?ペットとのコミュニケーション

目次

  1. 猫のしっぽが膨らむ時の気持ち・感情は?
  2. 猫のしっぽの役割とは?
  3. 猫のしっぽが膨らむ時は興奮状態にある
  4. 猫のしっぽが膨らむメカニズム
  5. 猫がしっぽに触られたくない理由
  6. 愛猫と正しいコミュニケーションを!

猫のしっぽが膨らむ時の気持ち・感情は?

猫とコミュニケーションを取りたい時のサインになるのがしっぽです。しっぽを見る事で猫がどのような気持ちでいるのか知る事が出来ると言われているので、まずは猫のしっぽに注目してみましょう。猫のしっぽは驚くほど多種多様な動きを見せ、その様子を見ているだけでも猫のユニークさに気づく事が出来るのではないでしょうか。

そんな猫のしっぽは、時に膨らむ事があります。しっぽが膨らむのはどのような感情を表現しているのか、猫の気持ちを把握する事が大切。しっぽが膨らむ理由について知っていれば、猫とのコミュニケーションを取りやすくなります。

しっぽの役割や膨らむ時の気持ちをご紹介

本記事では、猫のしっぽが膨らむ時の感情や気持ちについてまとめました。しっぽが膨らむのには警戒などの様々な猫の気持ちがあると言われています。どういったシーンで猫のしっぽが膨らむのか知っていれば「今はこんな気持ちなんだろうな」と分かりやすいのではないでしょうか。猫は言葉が話せないからこそ、しっぽから感情を読み取る事は大切になります。

普段は膨らんでいない猫のしっぽが膨らむのは何かしらのSOSを送っている可能性もあります。そういった猫の気持ちを汲み取る事で、より猫との距離を縮める事が出来るのではないでしょうか。猫は気まぐれな性格と言われていますが、しっぽが表す感情によって距離を縮める事で親密な関係を築く事が出来るはずです。

今回は、猫のしっぽが膨らむ時の気持ちだけでなくしっぽが膨らむメカニズムについてもご紹介します。猫の事を更に理解する為に、しっぽについて色々な情報をチェックしていきましょう。

Thumb猫ちゃんのトイレのしつけ方!叱らないやさしいトレーニング | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

猫のしっぽの役割とは?

猫のしっぽが膨らむ理由の前に、しっぽの役割から見ていきましょう。実は、猫のしっぽはとても重要な役割を果たしています。猫にとってしっぽはなくてはならない存在。しっぽに注目をする事で、猫という動物をより深く知る事が出来るようになります。猫のしっぽの役割や、それによってどういった効果が現れるのかをご紹介するので参考にしてみてください。

バランスを維持するため

猫のしっぽの役割の1つとして挙げられるのがバランスを維持するという事です。普段の猫の行動を見ていると、「そんな細い所をどうして歩けるのだろう」と驚く場合も多いのではないでしょうか。猫には人間にはない優れたバランス感覚があり、それを支えているのがしっぽです。しっぽによって体全体のバランスを取る事で、細い道も簡単に歩けるようになっています。

猫は1つの場所から遠い場所へ飛び移るのも得意としていますが、これもしっぽのバランス感覚があるからこそです。飛び移った先でも体勢を崩す事なくしっぽでバランスを取る事が出来ます。また、万が一どこかから落ちてしまった場合も瞬時にしっぽでバランスを取る事で体を回転させ、安全に着地出来るのも猫の得意技。猫の身軽な身のこなしはしっぽがあるからこそ実現します。

猫が歩いている時にしっぽが立っていたり、動いていたりする事がありますが、これはバランスを取っているサイン。猫が細い道を歩いていたら、しっぽの動きに注目してみましょう。歩くのに合わせてしっぽを動かす事でバランスを取り、スムーズに移動する事が出来るようになっています。

体温が下がらないようにするため

猫のしっぽには体温が下がらないようにする為の役割もあると言われています。猫の様子を見ていると、体の周りにしっぽを巻きつけている場合がある事が分かるのではないでしょうか。体にしっぽを巻きつける事で体温を下がらないようにしていると言われています。猫にとってしっぽはマフラーやストールのような役割を果たしていると考えて良いでしょう。

猫は寝ている時もしっぽを丸めて体に巻きつける事がよくあります。これも体を温める為に猫が無意識に行なっているしっぽの役割。猫は元々寒がりなタイプが多い為、しっぽを使って暖をとる事が多くあるようです。

飼い猫の場合は一年を通して暖かく快適な場所にいる事が出来るので、寝ている時もしっぽがダラんとしている事があるかもしれませんが、真冬になるとしっぽを体に巻きつける様子をよく見かける事が出来るようになるはずです。猫のしっぽの動きに注目してみましょう。

自分の感情を表すため

猫のしっぽは感情を表す為の役割も果たしていると言われています。猫のしっぽの動きによって、怒っているのか、喜んでいるのかなどを知る事が出来るので、猫の気持ちを知りたい時はしっぽを見てみましょう。猫が大きくしっぽを降っている場合はご機嫌斜めである事が多いです。逆に猫のしっぽが細かく震えている時は喜んでいるサイン。

猫のしっぽを見て気持ちを知る事で、コミュニケーションを取りやすくなります。猫の感情を汲み取ってコミュニケーションを取りたい場合は、しっぽを見てみましょう。猫のしっぽが膨らむのも、何らかの感情を表している事に繋がります。猫のしっぽが膨らんだら、どのような気持ちなのかを汲み取ってあげるようにしてみてください。

縄張りを主張するため

猫は、自分のニオイをつけて縄張りを主張する動物です。ニオイを分泌する部分は色々ありますが、しっぽもそのうちの1つ。猫のしっぽは縄張りを主張する為の役割もあると言われています。猫がしっぽを何かにつけていたら、縄張りを主張したいと思っているのかもしれません。家の中など、自分がよくいる場所でこうしたしっぽの動きをする事が多いです。

このように猫のしっぽには様々な役割があります。しっぽは猫にとって欠かす事が出来ない物です。猫について知りたい場合は、しっぽを見てみましょう。猫とのコミュニケーションを取るきっかけになります。

猫のしっぽが膨らむ時は興奮状態にある

しっぽは猫の感情を表すツールであるという事が分かりましたが、しっぽが膨らむ時はどのような気持ちになっているのでしょうか。一般的に、しっぽが膨らんだ猫は興奮状態にあると言われています。興奮状態と一口に言っても、様々なパターンがあります。しっぽが膨らんだ猫はどのような気持ちで興奮をしているのかチェックしてコミュニケーションに役立てていきましょう。

しっぽが膨らむ時①警戒

猫のしっぽが膨らむ理由として挙げられるのが警戒です。猫は、敵と対面したり嫌な予感がした場合にしっぽを膨らませて警戒状態に入るのが特徴。もし、猫の目の前に初めて会う猫がいたとしたら、警戒してしっぽを膨らませていると考えて良いでしょう。警戒状態になっている猫は、少しのきっかけで喧嘩の態勢に入る場合があります。

人見知りの猫の場合は、来客があると警戒してしっぽが膨らむ事があります。猫が警戒状態にある場合は、落ち着いてもらうように環境を整える事が大切。警戒が解ければ猫のしっぽは元の形に戻ります。いつまでもしっぽが膨らんでいるようだと警戒がなかなか解けない状態になっているので、なるべく静かにリラックス出来るようにしてあげてください。

しっぽが膨らむ時②怖い

猫は怖いと思った時もしっぽを膨らませます。急に何か大きな音がしたり、何かが飛び出してきたら驚いて「怖い!」と思うのは猫も人間と同様。怖いという感情を表す為に、猫のしっぽは一気に膨らみます。猫は怖がっていると急に家から逃げ出したりパニックになったりする事もあるので気をつけてください。

飼い主にきつく叱られて怖いと感じている時も猫はしっぽを膨らませます。もし、猫のしつけをして叱る場面があったとしたら後でフォローしてあげましょう。叱ってばかりいると「この人は怖い存在だ」と猫が思ってしまうかもしれません。甘やかす時は甘やかし、しつけをする時はしつけをする、といったようにメリハリをつける事が大切です。

しっぽが膨らむ時③何か探っている

猫は何かを探っている時にしっぽが膨らむ事があります。猫が窓から外を見ていて、急にしっぽが膨らんだという事はありませんか?それは、窓の外に何かを見つけたサインであるかもしれません。「あれは一体何だろう?」という探る気持ちが優って興奮状態になり、しっぽが膨らみます。

好奇心が強い猫の場合、初対面の猫や人を探る時にしっぽが膨らむ事があります。こうした場合はしっぽが膨らんだとしても、何者であるか分かったら落ち着いて他の猫や人と接せられる事がほとんど。猫の性格によってしっぽが膨らんだ後の様子も大きく変わってくるので、よく見てあげましょう。

しっぽが膨らむ時④断固拒否

猫が「絶対に嫌だ!」と思うような事をやろうとするとしっぽが膨らむ事があります。猫を動物病院に連れて行った時にしっぽが膨らむ事はありませんか?これはお医者さんに診てもらうのを断固拒否するという猫の気持ちの表れかもしれません。猫は自分が嫌だと思った事は断固として拒否する事が多いので、上手に対処していきましょう。

猫をシャンプーする時もしっぽが膨らむ事がよくあります。水が苦手な猫が多い為、しっぽを膨らませて「嫌だ」という気持ちを表しているのかもしれません。猫のシャンプーをする時は上手にコミュニケーションを取りながら気持ちを通わせて行うようにしてください。シャンプーが嫌なものだと認識させない事も大切なポイントになります。

しっぽが膨らむ時⑤楽しくて興奮

飼い主と一緒に遊んでいる時に興奮して猫のしっぽが膨らむ事もよくあります。この場合、猫は楽しくてしっぽが膨らんでいるので、喜んでいると考えて良いでしょう。猫じゃらしなど、猫が喜ぶようなおもちゃを用意して遊んであげてください。しっぽがブワッと膨らんで、喜んでいる様子を見せてくれます。

猫と猫と同士が遊んでいる時も興奮してしっぽが膨らむ時があります。遊びが楽しくてしっぽが膨らんでいるのであれば良いですが、遊びがエスカレートして興奮し過ぎる事もあるので気をつけましょう。取っ組み合いの喧嘩にならないように、しっぽが膨らんでいたら注意してあげると安心です。

Thumb猫のしっぽが現す気持ちのパターン図解!実は豊かな感情表現? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

猫のしっぽが膨らむメカニズム

続いて、猫のしっぽが膨らむメカニズムについて見ていきましょう。同じようにしっぽがある犬でも、あまり膨らむ様子は見られないので「どうして猫のしっぽは膨らむのだろう」と疑問に思った方も多いのではないでしょうか。猫のしっぽがメカニズムについてご紹介します。

膨らむのは立毛筋があるから

猫のしっぽは立毛筋と呼ばれる筋肉があり、これがあるからこそ猫のしっぽは器用に動かす事が出来ます。猫のしっぽはくねくねと動いたり、体に巻きついたり、様々な動きを見せてくれるのではないでしょうか。立毛筋が発達しているからこそ、尻尾の先端まで器用に動かす事が出来ています。猫のしっぽが膨らむのも立毛筋が関係しています。

交感神経の働きで立毛筋が動く

交感神経が高まる事で立毛筋が刺激され、しっぽの毛が膨らみやすくなります。猫が興奮状態になると脈拍数が高くなり、それが交感神経が優位になる理由。この為、猫は自分でしっぽを膨らませているのではなく、交感神経の高まりによって自然にしっぽが膨らんでいると考えて良いでしょう。

猫がしっぽに触られたくない理由

猫のしっぽに触れようとすると嫌がられる事がほとんどです。何故、猫はしっぽを触られると嫌がるのでしょうか。猫が嫌がる理由についてチェックして、猫が喜ぶコミュニケーションを取れるようにしましょう。

太い神経が通っているから

猫のしっぽには太い神経が通っているのが触れると嫌がる大きな理由です。しっぽは猫にとって太い神経が通った敏感な場所で、急に触れられると刺激が強すぎてしまいます。この為、しっぽに触れるのを嫌がる猫が多いのではないでしょうか。猫のしっぽには無理に触れないようにしてください。

しっぽの付け根は喜ぶ場合も

猫はしっぽを触れるのを嫌がりますが、しっぽの付け根なら喜んでくれる場合があります。しっぽの付け根は適度に神経が集中し、優しく触れると気持ちが良いと言われているのが主な理由。しっぽの付け根を優しく触っているとお尻が上がったり、ゴロゴロと喉を鳴らしたりして喜んでくれるかもしれません。

猫によっては、しっぽの付け根も触られるのが嫌な場合があります。一度触れて嫌がるそぶりを見せたら、触らないようにしましょう。しっぽの付け根にも神経が多くある為、触れると不快感を感じてしまう場合があります。しっぽの付け根を喜ぶか喜ばないかは猫によって異なるので、様子を見てみてください。猫が喜ぶようにコミュニケーションを取る事が大切です。

Thumb猫のしっぽがパタパタするのはどんな気分の時?9つのパターンを解説 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

愛猫と正しいコミュニケーションを!

しっぽが膨らむのは、猫が興奮状態にあるサインです。警戒をしてりたり、怖いと思っていたり、同じ興奮状態でも感情が変わってくるので、猫がどのように感じているのか把握する事も大切なポイントになります。興奮状態にある猫を無理に刺激すると怒ってしまう事があるので要注意。適度にコミュニケーションを取って、良い関係を築く事が重要です。

猫のしっぽは感情を表すツールでもあるので、どういった気持ちであるのかはしっぽを見て判断してみてください。コミュニケーションを通じて気持ちが分かるようになれば、きっと猫と仲良く暮らす事が出来るはずです。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-05-31 時点

新着一覧