ニセコのスキー場は魅力たっぷり!特徴・おすすめの楽しみ方を紹介

世界的にも人気の高い日本のスキー場と言えば、北海道にあるニセコスキー場です。人気の理由はニセコスキー場には、他のスキー場にはない魅力が沢山あるからだと言われています。今回はそんなニセコスキー場について、特徴やおすすめの楽しみ方を徹底解説していきます。

ニセコのスキー場は魅力たっぷり!特徴・おすすめの楽しみ方を紹介

目次

  1. ニセコスキー場の魅力を徹底解説
  2. ニセコスキー場がおすすめな理由
  3. ニセコ4つのスキー場の楽しみ方
  4. ニセコスキー場での注意点
  5. ニセコのおしゃれなカフェ
  6. ニセコスキー場の魅力を満喫しよう

ニセコスキー場の魅力を徹底解説

冬の人気アクティビティと言えば、スキーです。日本にはスキー場が570か所以上あると言わていますが、その中でもダントツに人気が高いのが「ニセコスキー場」です。北海道にあるニセコスキー場には、どんな魅力があるのでしょうか。今回はニセコスキー場の人気が高い理由やニセコスキー場の特徴、楽しみ方などを徹底的に調査しました。

世界的に有名なスノーリゾート

北海道のニセコスキー場は国内ではもちろん海外の観光客からも人気の高いスキー場で、毎年冬になると海外のスキーヤーでいっぱいになります。雪質が良くいわゆるパウダースノーの広がるスキー場であるため、世界中から注目されています。しかもリゾート設備も整っているので、日帰りだけでなく宿泊して滞在するのにも人気のリゾートとなっています。

明治時代から続くスキーの歴史

ニセコスキー場の歴史は、実はとても古いことを知っていますか?ニセコスキー場の始まりは、なんと明治40年だと言われています。最初は小さなゲレンデでいたが、大正や昭和初期には近隣大学のスキー部の練習場になったり、昭和3年には秩父宮殿下がスキー登山を行ったことでも有名です。

その後昭和36年にスキーリフトが設置され、最初の本格的な大型スキー場「ニセコ高原比羅夫スキー場」がオープンしました。そして次々にニセコにスキー場がオープンし今では1つのニセコの山に4つのスキーリゾートが存在しています。それぞれのスキー場については、後ほど詳しくご紹介します。

Thumb札幌近辺のおすすめスキー場10選!無料送迎バスのあるゲレンデも | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

ニセコスキー場がおすすめな理由

国内だけでなく世界でも人気の高いニセコのスキー場ですが、その魅力はどんなところにあるのでしょうか。ニセコスキー場には他のスキー場にはない沢山の個性的な特徴がありますので、ここではニセコスキー場をおすすめできる理由について詳しくご紹介します。

4つのスキー場「ニセコユナイテッド」

ニセコスキー場とはニセコアンヌプリに広がるスキー場のことを指します。それぞれのスキー場については次の章で詳しくご紹介しますが、「ニセコアンヌプリ国際スキー場」、「ニセコビレッジスキーリゾート」、「ニセコマウンテンリゾート グランヒラフ」、「ニセコHANAZONOリゾート」という4つの大きなスキー場があます。この4つのスキー場すべてを楽しめるのが特徴です。

これら4つのスキー場は、ニセコユナイテッドと呼ばれ個性の異なる4つのスキー場を一度に楽しめるようになっています。4つのスキー場すべてのリフトやゴンドラを利用できる全山券や各スキー場同士はシャトルバスで行き来することが出来、リフト券があれば無料で利用できるなどのメリットがあります。

最高のパウダースノー

ニセコスキー場の魅力は、何と言ってもそのパウダースノーの雪質です。パウダースノーとは、さらさらとした粉状の雪のことで気温が低い時に降る水分の少ない雪です。パウダースノーのゲレンデはスキーに最適であると言われており、一本滑るごとにバーンがリセットされるということも起こります。これはスキーヤーにとってはとても贅沢なことです。

ニセコにあるスキー場は他のスキー場よりも降雪量が多いため、たった一晩でゲレンデが昨日とは別世界になることも多くパウダースノーのゲレンデに出会える日がとても多いのです。ニセコスキー場のパウダースノーはやや水分が多めではありますが、軽すぎず重すぎず程よい踏み応えのあるパウダースノーですのでとても気持ちよく滑ることが出来ます。

ホテルや宿泊施設が充実

ニセコスキー場はとても規模が大きいスキーリゾートであるため、ホテルや旅館などの宿泊施設が充実しています。ホテルと言ってもスキーだけでなくホテルステイも満喫できるような超高級リゾートホテルから、リーズナブルに宿泊できるビジネスホテル、温泉のついた旅館やアットホームな民宿、家族連れに人気のペンションなど色々なスタイルの宿泊施設があります。

しかもこれらのホテルや旅館からスキー場は徒歩で行けるところがほとんどで、少し遠くても無料送迎バスもありとても便利です。好きなスタイルや予算でスキーリゾートを満喫できるため、世界中からスキーヤーが集まって来るのでしょう。

種類豊富なレストラン

ニセコスキー場の魅力としては、美味しいグルメを食べられるお店も充実しているという点が挙げられます。それぞれのスキー場の中には、色々な種類のグルメを楽しめるレストランが併設されています。他のスキー場のレストランではあまり味に期待はできないところもありますが、食材が豊かな北海道ですのでゲレンデレストランもとてもクオリティが高いようです。

またスキー場を離れて山の麓まで下りればホテルや旅館のあるリゾートエリアになっているので、スキー場とは比べ物にならないほど沢山のレストランやカフェなど飲食店があります。ニセコスキー場にステイすれば、スキーだけでなく美味しいグルメも堪能できるのもニセコスキー場の楽しみ方の一つとなっています。

便利なシャトルバス

先ほども簡単に触れましたが、ニセコにある各スキー場間はシャトルバスが運行されています。このシャトルバスは4つのスキー場のリフト券を持っていれば、無料で利用が出来ます。日替わりで異なるスキー場に遊びに行くということも可能なので、連泊して毎日違うスキー場でスキーをするのも楽しみ方の一つです。

またこちらのシャトルバスはスキー場間だけでなくJR倶知安駅の繁華街まで運行されています。日中スキーを思いっきり楽しんで、夜は繁華街でおいしい北海道グルメを食べたり、ショッピングに出かけたりも出来ます。

独自の「ニセコルール」

ニセコスキー場が他のスキー場と最も異なる点は、「ニセコルール」と呼ばれる独自ルールがある点です。ニセコルールではニセコスキー場一帯をスキー場の管理エリアと自己責任で滑って良いエリア、絶対に入ってはいけないエリアの3つに区分けしています。

このニセコルールは地元のスキー場やスキーヤー、スノーボーダー、そして行政が一緒に設立したニセコ雪崩調査所の情報のもとに運用され、雪山での危険を極力回避するためのシステムです。このシステムの中では、自分の安全を自分で確保するという考え方が浸透しています。

ニセコ4つのスキー場の楽しみ方

ここまで、ニセコスキー場の特徴や魅力についてご紹介してきました。その中でもお話ししている通り、ニセコスキー場には4つのスキー場があります。それぞれに個性があり異なる魅力のあるスキー場ですので、ここではその4つのスキー場についておすすめの楽しみ方を解説したいと思います。

ニセコHANAZONOリゾート

「ニセコHANAZONOスキーリゾート」のスキー場は4つのスキー場の中で最も北に面しているので良質のパウダースノーがキープされやすいのが魅力です。ゲレンデには変化に富んだコースが充実しているほか、パークやハーフパイプも揃っているので色々な楽しみ方が出来ます。キッズランドもあるので、子供連れの家族にもおすすめのスキー場と言えます。

ニセコHANAZONOスキーリゾートには元々いくつかのリゾートホテルが点在していましたが、2019年冬にニセコHANAZONOスキーリゾートで初めてのスキーイン・スキーアウトのホテルであるパークハイアットニセコ HANAZONOがオープン予定となっていますので、ニセコHANAZONOリゾートの楽しみ方の幅も広がりそうです。

ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ

続いては「ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ」をご紹介します。ニセコマウンテンリゾートグラン・ヒラフはHANAZONOリゾートの左にあり、広いゲレンデが自慢のスキー場です。初級者から上級者までだれでも満足できるバラエティ豊かなコースがあり、山麓にはホテルや飲食店が密集しているので色々な楽しみ方が出来るスキー場です。

ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフのゲレンデからは正面に羊蹄山が見え、絶景を眺めながらの滑走を楽しめるのも魅力となっています。

ニセコビレッジスキーリゾート

4つのスキー場の中でも特にスキー上級者に人気があるのが、「ニセコビレッジスキーリゾート」です。起伏のある急斜面や沢地形など滑り応えのあるコースが充実しており、最長約5kmのロングランもあります。山麓にはヒルトンニセコビレッジというホテルとザ・グリーンリーフ・ニセコビレッジというホテルがあり、スキーイン・スキーアウトが出来て便利です。

また山頂部にはパウダースノーがたっぷりあるので、クオリティの高いパウダースノーのゲレンデを求めるならこちらのスキー場がおすすめです。

ニセコアンヌプリ国際スキー場

スキー初心者や家族連れにおすすめのスキー場なら、「ニセコアンヌプリ国際スキー場」です。ニセコアンヌプリ国際スキー場のコースは幅広で緩斜面のところも多いので、あまりスキーが得意でない人でも安心して滑ることが出来ます。ローカル感たっぷりで子供向けのアクティビティも充実しており、色々な楽しみ方が出来ます。

リフト最上部へ登って滑ると左手に羊蹄山が見え、インスタ映えする写真も撮れます。スキー場の麓にはニセコノーザンリゾート・アンヌプリというホテルがあり、スキーイン・スキーアウトが可能ですのでアプローチ抜群でおすすめです。

ニセコスキー場での注意点

スキーは子供から大人まで楽しめるウィンタースポーツですが、危険も伴いますので安全に遊ぶためにはいくつかの注意点に気を付けなければなりません。ここでは、ニセコスキー場での注意点をご説明します。

事前に天気予報を確認

スキー場はきちんと整備されていますが、元々は雪山です。雪山は天気が変わりやすく強い風が吹いてきたり、降雪が激しくなるととても危険です。必ず事前に天気予報を確認し、天気が悪くなりそうなのを感じたらすぐに安全な場所へ移動してください。

スキー場のパトロールの指示に従う

スキー場には安全のためにパトロールの人がいます。もしパトロールに何か指示をされたら、必ずそれに従ってください。安全にスキーを楽しむためには、自己判断だけでなく雪山のプロであるパトロールの指示を守りましょう。

ニセコのおしゃれなカフェ

ニセコスキー場周辺には、おしゃれなカフェも最近増えてきています。ここではニセコスキー場滞在中に立ち寄りたい、おすすめのおしゃれなカフェをご紹介します。

グリーンファームカフェ

「グリーンファームカフェ」は、朝8時から営業しているナチュラルな雰囲気がおしゃれなカフェです。11時まではモーニングメニューを楽しめ、ランチもあります。ハンバーガーやパスタなどの豊富なメニューがあり、外国人観光客にも人気があります。アルコールもありますので、カフェバーとしての利用もおすすめです。

・スポット名:グリーンファームカフェ
・住所:北海道虻田郡倶知安町山田167-6
・電話番号:0136-23-3354
・定休日:不定休
・営業時間:8:00~15:30
・アクセス:比羅夫駅から車で3分

グラウビュンデン

「グラウビュンデン」は、素材にこだわった美味しいサンドイッチが自慢のカフェです。こちらのサンドイッチはフランスパン、ソフトフランスパン、ライ麦パン、ベーグルの4種から好きなパンをチョイスできます。具材も好みのものを選べるので、自分だけのオリジナルサンドイッチを楽しめます。朝8時からの営業なので、朝食にもぴったりのお店です。

・スポット名:グラウビュンデン
・住所:北海道虻田郡倶知安町字山田132-26
・電話番号:0136-23-3371
・定休日:木曜日
・営業時間:8:00~19:00
・アクセス:ニセコヒラフ中心部から車で約3分

ザ・ルックアウト・カフェ

ゲレンデでスキーの途中に休憩したりランチが出来るのが、「ザ・ルックアウト・カフェ」です。ザ・ルックアウト・カフェはワンダーランドチェアリフトの麓、標高1,000mにあるカフェレストランです。ゲレンデで冷えた体に嬉しい温かいクラムチャウダーや味噌ラーメンなどがあり、ランチにもぴったりです。76席と比較的広いので、ランチタイムでもすぐに席につけます。

・スポット名:ザ・ルックアウト・カフェ
・住所:北海道虻田郡ニセコ町字東山温泉ニセコビレッジスキー場山頂
・電話番号:0136-44-1111
・定休日:季節営業期間中は無休
・営業時間:10:30~16:30
※営業は冬季のみ
・アクセス:新千歳空港国内線ターミナルからスキー場まで車で150分

ニセコスキー場の魅力を満喫しよう

今回は世界でも人気の高いニセコスキー場について、その魅力や特徴、楽しみ方についてご紹介してきました。ニセコスキー場でスキーを楽しむには独自ルールを守ったり注意すべき点もありますが、やはり国内で最高級のパウダースノーを味わえるゲレンデですのでぜひ一度は足を運んでほしいスキー場でもあります。今年の冬はニセコスキー場で、ウィンタースポーツを満喫しましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-13 時点

新着一覧