女優・八千草薫さんが死去。素晴らしい過去の出演作品や経歴を総まとめ!

戦後から現在に至るまで、女優として活躍した八千草薫という人物をご存知でしょうか。世代によっては大ファンだったという人も多い人物でしょう。そんな八千草薫の死去が報道されました。すい臓がんによって死去されたという八千草薫について、経歴や画像の有無と共に紹介します。

女優・八千草薫さんが死去。素晴らしい過去の出演作品や経歴を総まとめ!

目次

  1. 八千草薫が死去…まずはプロフィールや経歴から
  2. 八千草薫の過去の代表作は?
  3. 八千草薫が死去…原因はすい臓がん?発覚の経緯とは?
  4. 死去が報道された八千草薫とはどのような人物だった?画像はある?
  5. 八千草薫の冥福を祈ろう

八千草薫が死去…まずはプロフィールや経歴から

八千草薫と言えば、宝塚ファンの間では知らない人はいない人物ではないでしょうか。また、世代によっては大ファンだったと懐かしむ人も多いことでしょう。激動の戦後から現在に至るまで、長い間女優として活躍し続けた八千草薫ですが、先日、そんな八千草薫の死去が報道されました。

多くの人を魅了し、芸能界という場で活躍し続けた八千草薫とは、一体どのような人物だったのでしょうか。経歴や画像と共に、八千草薫死去の理由や出演作品についてご紹介していきます。まずはプロフィールと経歴から見ていきましょう。

八千草薫のプロフィール!画像は?

・愛称:ヒトミ、ヒトミちゃん
・本名:谷口瞳
・生年月日:1931年1月6日
・現在年齢:88歳(没)
・出身地:大阪府
・血液型:???
・身長:???
・体重:???
・活動内容:女優
・所属グループ:???
・事務所:柊企画
・家族構成:???

八千草薫の経歴

八千草薫は幼少期に父親を亡くし、母と共に二人で生活していました。戦時中がちょうど思春期に当たったため、空襲で自宅が焼けるといったことも経験しており、明るく華やかな世界にあこがれるきっかけとなりました。そんな八千草薫は聖泉高等女学校(現在のプール学院中学校と高等学校に当たる)在学中に宝塚音楽学校に合格しており、演技者としての道を歩むようになります。

宝塚入団時の成績は50人中19位と真ん中より少し上といった成績だったようですが、『源氏物語』を演じたことで爆発的な人気を得、『お嫁さんにしたい有名人』で度々首位に選ばれる程の人気女優となりました。その後、1957年5月31日付けで宝塚歌劇団を退団し、テレビを中心に活躍するようになります。

テレビを中心に活躍するようになってからもその人気は衰えず、おっとりとした良妻賢母といったイメージを売りに様々な作品に出演を続けました。途中怪我などのトラブルはあったものの、最終的には2019年に肝臓がんが見つかり、ドラマ『やすらぎの刻 道』の主演を降板するまで、演技者として活躍し続けた人物です。

八千草薫の過去の代表作は?

そんな八千草薫が出演した作品として、現在も覚えている人が多い作品が、やはり『岸辺のアルバム』ではないでしょうか。現在ではすでに知らない人も多いかもしれませんが、今でも名作として語られる作品の一つといってもかごんではありません。そんな八千草薫の代表作についてもご紹介します。

ドラマ『岸辺のアルバム』

八千草薫が出演した番組は数多くありますが、この『岸辺のアルバム』が印象に残っている人は多いことでしょう。おっとりとした良妻賢母役がイメージ付いていた八千草薫が演じた少し異色の役であったことで有名な作品です。この『岸辺のアルバム』では、八千草薫は家族に隠れて不倫する妻の役を演じました。

良妻賢母という不倫とはかけ離れたイメージを持つ八千草薫の演技に、多くの人が驚かされたのではないでしょうか。しかし、そんな従来のイメージを覆した『岸辺のアルバム』は、テレビドラマ史に残る名作として現在でも語り継がれています。

八千草薫が死去…原因はすい臓がん?発覚の経緯とは?

ご紹介した通り、多くの作品で幅広く活躍していた経歴をもつ八千草薫でしたが、先日死去されたと報道がありました。では、八千草薫死去の原因となったすい臓がんの発覚までには、どのような経緯があったのでしょうか。発覚の経緯やがん公表時に八千草薫が語ったコメントについても、詳しくご紹介していきます。

出演が決定していたドラマの降板によって発覚

八千草薫ががんを患ったと公表されるきっかけになったのは、八千草薫が出演を予定していたドラマ「やすらぎの郷」の主演を降板したことでした。ドラマ「やすらぎの郷」は昭和時代にテレビで大々的に活躍していた人物のみ入る事のできる老人ホームであるという設定であり、八千草薫はこのシリーズの2期に当たる「安らぎの刻~道」の新たなメンバーとして出演が決まっていました。

作中で八千草薫は、主人公の晩年を演じることが決定していましたが、2019年2月9日に体調不良を理由に降板を発表しています。その公表時、八千草薫は自身がすい臓がんであると語っていました。

過去にはすい臓がん以外のがんを患っていた

すい臓がんの公表により、多くの人に衝撃を与えた八千草薫ですが、実は八千草薫が患ったがんは、このすい臓がんが最初ではありません。情報によれば、最初に患ったがんは乳がんであり、2017年春に手術を行っています。その年の年末には人間ドッグを受信したことですい臓がんが発覚しており、2018年1月にはすい臓を全て摘出していたようです。

手術後は2ヶ月ほどの療養を挟み、2018年には仕事に復帰を果たしています。しかし、その仕事復帰時も、並行して抗がん剤の治療が行われていたそうで、手術による完全な完治には至っていなかったことが窺えます。がんと闘いながらも女優としての活動を続けていた八千草薫でしたが、2019年2月には、前述の通り作品出演を降板し、治療が必要な状態となってしまっていました。

2019年2月に降板を発表した際、八千草薫の体には肝臓がんが見つかっており、すい臓がんが転移した物であると診断されています。2019年5月27日に放送された「やすらぎの刻」には八千草薫が出演していますが、これは降板前に撮影されていたものであり、降板したものの追加撮影などには応じ、元気で過ごしているといった印象を周囲に与えていたようです。

八千草薫死去の原因はすい臓がん

しかし、そんな元気な素振りは周囲に心配させまいとする演技だったのか、八千草薫はすい臓がんが原因で死去されたと報道がありました。事務所が公表した情報によれば、八千草薫が死去したのは令和元年10月24日の木曜日のことであり、都内の病院にて息を引き取ったそうです。八千草薫の死去については、彼女の若い頃の画像と現在の画像と並べて公表されていました。

また、八千草薫の希望もあり、告別式やお通夜は近親者のみで静かに行われたと報じられました。多くの芸能人が行うお別れ会といった会も行われることはないそうで、大女優の最後は想像以上に静かに幕が引かれました。

がん発覚時には八千草薫自身がコメントを公表していた

そんな八千草薫は、自身ががんであると公表した際、コメントを残しています。八千草薫はがんを告知された際、「おぉ…来たか」と感じたと語っています。現代の日本の死亡理由としてがんは多くの割合を占めているため、自身の死を覚悟したのかもしれません。

また、八千草薫は「今」というこの瞬間から逃げず、一瞬一瞬を大事にして生きたいとも語っており、がんという大病と相対しながらも強く生きるという姿勢を見せていました。

死去が報道された八千草薫とはどのような人物だった?画像はある?

そんな自身の病気にもめげず、最期まで毎日を大切にしていた八千草薫とは、実際にはどのどうな人物だったのでしょうか。八千草薫の人柄について知る人物が追悼のコメントと共に八千草薫の人柄について、語っているため、八千草薫の女優としての逸話、画像の有無と併せてご紹介します。

浜木綿子が追悼のコメントにて人柄を語っている

八千草薫への追悼コメントと共に人柄を語ったのは、八千草薫と同じく宝塚出身の浜木綿子でした。宝塚時代に二人が共演することはありませんでしたが、退団後、共演の機会が多かった人物であり、八千草薫の人柄を良く知る人物の人であることは間違いありません。

そんな浜木綿子が語った八千草薫の人物像は、「本当に美しい」「芯には強いものを持った人物」です。浜木綿子は八千草薫の死去について、まだまだおやりになりたかったと思う、と語っており、「本当に残念」という言葉と共に八千草薫の冥福を祈るとコメントを締めました。

共演者のセリフを飛ばすほどのオーラと美しさだった!当時の画像は?

芯の強さを人柄として語られた八千草薫ですが、女優として活躍していた全盛期には共演者が「美しさとオーラでセリフが飛んだ」と口にしたほどの美貌の持ち主であり、年齢を重ねても内面・外見共に人を惹きつける美しさが衰えることはありませんでした。

八千草薫の冥福を祈ろう

八千草薫死去の報道について、死去の理由となったすい臓がんやそれ以外のがん発覚時の状況や八千草薫の人柄などを、彼女の経歴や画像の有無と共にご紹介していきました。現在では名前を聞いただけでは誰なのか分からない、という人もいるかもしれませんが、戦後から現在に至るまでの長い間、活躍し続けた有名女優の一人であったことにまちがいはありません。

八千草薫の出演作品には近年放送されたものもあるため、DVDやBlu-rayといった様々な記録で、八千草薫の活躍を見ることができます。そんな八千草薫の活躍を振り返りつつ、冥福を祈りましょう。

関連する記事はこちら

Thumb和田誠さんが死去。妻・平野レミさんと出会って1週間で結婚したエピソードとは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb俳優・櫻井拓也さんが死去。死因や出演作品などプロフィールを総まとめ! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-06 時点

新着一覧