ドラフト2019の指名抽選結果!全球団の1位指名選手や評価は?

多くの野球ファンが注目する2019年のドラフト結果が発表されました。各球団が1位指名した選手とはどのような選手だったのでしょう。2019年のドラフト結果について、1位指名の選手や今年の評価と共にご紹介していきます。野球ファンの方はぜひチェックしておきましょう。

ドラフト2019の指名抽選結果!全球団の1位指名選手や評価は?

目次

  1. 2019年ドラフト結果が公表された!各球団の指名や評価とは?
  2. 埼玉西武ライオンズの2019年ドラフト結果!即戦力投手を獲得!?
  3. 福岡ソフトバンクホークスの2019年ドラフト結果!野手狙いの指名?
  4. 北海道日本ハムファイターズの2019年ドラフト結果!投手優先指名?
  5. オリックス・バファローズの2019年ドラフト結果!将来性に期待
  6. 千葉ロッテマリーンズの2019年ドラフト結果!引く手数多な投手獲得
  7. 東北楽天ゴールデンイーグルスの2019年ドラフト結果!指名や評価も
  8. 広島東洋カープの2019年ドラフト結果!投手狙いの一本釣り!
  9. 東京ヤクルトスワローズの2019年ドラフト結果!投手をがっつり補強
  10. 読売ジャイアンツの2019年ドラフト結果!今後のための素材指名
  11. 横浜DeNAベイスターズの2019年ドラフト結果!二遊間の補強を優先
  12. 中日ドラゴンズの2019年ドラフト結果!期待通りの指名と投手補強
  13. 阪神タイガースの2019年ドラフト結果!即戦力に乏しい指名?
  14. ドラフト結果発表!選手たちの今後の成長と活躍に注目しよう

2019年ドラフト結果が公表された!各球団の指名や評価とは?

野球ファンが待ちわびているであろう、大注目のドラフト結果が発表されました。毎年どの球団に注目の選手が入るかについては、議論となる話題でしょう。そんな2019年ドラフト結果について、各球団の1位指名選手や評価と共にご紹介していきます。

ドラフトで各球団のくじを引いた人物は?

例年通り、各球団でドラフトのくじ引きを引くこととなったのは、それぞれの球団の監督や元選手のGMでした。各球団のくじを引いたのは、以下のメンバーです。

ライオンズからは辻監督、ソフトバンクからは工藤監督、日本ハムからは川村球団社長、オリックスからは西村監督か福良GM(当日の体調により決定)、ロッテからは井口監督、楽天からは石井GM、広島からは佐々岡監督、ヤクルトからは高津監督、巨人からは原監督、ベイスターズからはラミレス監督、中日からは与田監督、阪神からは矢野監督がくじを引くことになりました。

埼玉西武ライオンズの2019年ドラフト結果!即戦力投手を獲得!?

2019年のドラフト結果として最初にご紹介するのは、埼玉西武ライオンズです。1位指名や評価はどのようになったのでしょうか。埼玉西武ライオンズが1位指名していた選手は、宮川哲です。2位に浜屋将太、3位に松岡洸希と続いていましたが、1位は佐々木朗希を外してのものでした。

結果は宮川哲を獲得しています。評価としては、埼玉西武ライオンズは投手陣が手薄だと言われていたため、即戦力が入ったことで今後に繋がるのではと期待されているようです。今年の社会人の中ではNo.1と言われた宮川哲を獲得できたことは、今後のライオンズにとってプラスではないでしょうか。

福岡ソフトバンクホークスの2019年ドラフト結果!野手狙いの指名?

次にご紹介するのは、福岡ソフトバンクホークスのドラフト結果です。ソフトバンクの1位指名は佐藤直樹、2位指名が海野隆司、3位指名が津森宥紀とされていました。こちらも元々は石川を1位指名にしていまいしたが、二巡目で佐藤直樹を指名しています。

評価としては、高齢化が進んでいる野手を狙った選手指名だったと言われています。現在のホークスは全体的にバランスが良く、急を要するほど戦力に掛けた点はありません。そのため、まだ若く走攻守共に高レベルな佐藤を選択したのでしょう。

北海道日本ハムファイターズの2019年ドラフト結果!投手優先指名?

北海道日本ハムファイターズのドラフト結果はどうだったのでしょうか。日本ハムの1位指名は河野竜生、2位指名が立野和明、3位指名が上野響平となっていました。こちらも最終的には佐々木を外しての河野竜生を獲得しています。先発投手に難ありとされていた日本ハムにはこちらも即戦力となることでしょう。

ドラフトの評価としては、正式な発表ではありませんが、1年目から一軍で戦力になると予想されており、即戦力となりそうです。全体的には投手優先ではありますが、立野や望月、長谷川といった戦力も獲得しているため、まずまずのドラフト結果でしょう。

オリックス・バファローズの2019年ドラフト結果!将来性に期待

次はオリックス・バファローズの2019年ドラフト結果です。オリックス・バファローズは1位指名が宮城大弥、2位指名が紅林弘太郎、3位指名が村西良太となっていました。しかし、1位指名に関しては石川、河野を外しての獲得だったようです。

元々若手投手がそろっているチームであるため、投手の獲得は急務というわけではありませんでしたが、宮城は高校生お左投手の中でNo.1と言われていたため、貴重な左投手を獲得したと言えるでしょう。また、長身で身軽な点が特徴の紅林も獲得しており、内野が手薄と言われたオリックスには嬉しい、将来性抜群の遊撃手獲得となりました。

千葉ロッテマリーンズの2019年ドラフト結果!引く手数多な投手獲得

千葉ロッテマリーンズのドラフト結果はどうだったのでしょうか。ロッテの1位指名は他4球団が求めた佐々木朗希 、2位指名が佐藤都志也、3位が高部瑛斗となりました。昨年獲得した藤原に続いての、当たりくじと言えるでしょう。

また、2位には捕手だけでなく外野手としても活躍が期待される佐藤都志也を獲得しており、高齢化が進む外野手の補強にも成功したと言えます。3位指名でも外野の高部瑛斗を獲得しているため、全体的にとても良い指名ができたのではないでしょうか。

東北楽天ゴールデンイーグルスの2019年ドラフト結果!指名や評価も

6番目にご紹介するのは東北楽天ゴールデンイーグルスのドラフト結果です。楽天の1位指名は小深田大翔、2位指名が黒川史陽、3位指名が津留崎大成となりました。こちらも佐々木を外しての小深田獲得ですが、実際には野手が欲しかったと言われており、1位、2位共に内野手を獲得しているため、まずまずの結果でしょう。

とは言え、遊撃手としては現在も活躍している茂木がいるため、ネットでは小深田大翔をどこで使うのかといった議論がかわされているようです。黒川史陽は内野手であり、打撃にも強いため、活躍の場が広がることでしょう。

広島東洋カープの2019年ドラフト結果!投手狙いの一本釣り!

広島東洋カープの2019年ドラフト結果はどうだったのでしょうか。広島の1位指名は森下暢仁、2位指名は宇草孔基、3位指名は鈴木寛人でした。広島カープの狙いとしては、森下暢仁の一本釣りといったところでしょう。即戦力を求めていたカープにとって、森下暢仁の獲得は嬉しいはずです。

また、宇草はプロの中に入っても高いレベル誇る走力の持ち主であるため、走力野球を掲げているカープには嬉しい人材でしょう。今年活躍した遠藤の後輩であり、ドラフト当時の遠藤以上の実力の持ち主であるため、こちらも期待できるでしょう。全体的な評価としては、とてもいいバランスの指名だったのではないでしょうか。

東京ヤクルトスワローズの2019年ドラフト結果!投手をがっつり補強

8番目にご紹介するのは、東京ヤクルトスワローズのドラフト結果です。ヤクルトの1位指名は奥川恭伸、2位指名が吉田大喜、3位指名が杉山晃基となっています。1位から3位まで全て投手という結果であり、1位の奥川恭伸は3球団と争っての獲得となりました。

非常に完成度の高い人物であるため、即戦力かつ、今後ヤクルトスワローズを支える投手となると期待されています。また、2位指名の吉田も即戦力として有望であり、残っていたことがラッキーとも言える選手です。評価としては、4位まで投手を獲得となり、課題だった投手陣の補強に成功した形と言えるでしょう。

読売ジャイアンツの2019年ドラフト結果!今後のための素材指名

次にご紹介するのは読売ジャイアンツの2019年ドラフト結果です。ジャイアンツの1位指名は堀田賢慎、2位指名が太田龍、3位指名が 菊田拡和となっています。1巡目で奥川恭伸、外れ一位の宮川哲をも外し、最終的に堀田賢慎を獲得した形となりました。知名度はあまりたかい選手ではありませんが、素材としては逸材といえる人物のようです。

また、2位指名の太田、4位指名の井上温大共に素材型の逸材であるため、全体的に将来を見据えての指名と言えるでしょう。現在のジャイアンツは選手層も厚く、有望な若手選手も少なくないため、次世代のエース候補を獲得したことは、チーム的に決してマイナスではないことでしょう。

横浜DeNAベイスターズの2019年ドラフト結果!二遊間の補強を優先

10番目にご紹介するのは横浜DeNAベイスターズのドラフト結果です。ベイスターズの1位指名は森敬斗、2位指名が坂本裕哉、3位指名が伊勢大夢となりました。近年のドラフトで指名されたベイスターズの投手陣はしっかりと活躍できているため、今年のサプライズ指名である野手獲得は良い選択と言えるでしょう。

手薄だと言われていた二遊間の補強として森敬斗を獲得したことは、ベイスターズにとってとても有益です。また、2位、3位指名には投手を選択しており、リリーフ投手が手薄と言われていた点の補強ではないかと言われています。こちらも評価としては全体的に弱点を補えたと言えるでしょう。

中日ドラゴンズの2019年ドラフト結果!期待通りの指名と投手補強

11番目にご紹介するのは、中日ドラゴンズの2019年ドラフト結果です。1位指名は石川昂弥、2位指名は橋本侑樹、3位指名は 岡野祐一郎となっています。中日もまた3球団で争った石川昂弥を獲得しており、当たりくじを引いたと言えるでしょう。

中日の補強目標は投手ということでしたが、2位、3位でしっかりと投手も獲得しているため、良い補強ができたと言えるでしょう。評価としては、去年と同様に良いしめいだったのではないでしょうか。

阪神タイガースの2019年ドラフト結果!即戦力に乏しい指名?

最後にご紹介するのは、阪神タイガースの2019年ドラフト結果です。1位指名は西純矢、2位指名は井上広大、3位指名が及川雅貴となっています。1巡目で奥川恭伸を外しての西純矢獲得でしたが、佐々木・奥川に次ぐ素材として注目されており、今後エースを任せられるほどの逸材でもあります。

とはいえ、2位の井上広大も即戦力とは言い難く、今年の指名では即戦力を得ることはできていません。FAに注力するのであれば妥当なドラフトではありますが、大きく戦力補強ができたとは言い難い結果でしょう。

ドラフト結果発表!選手たちの今後の成長と活躍に注目しよう

2019年のドラフト結果について、指名や評価と共に詳しくご紹介しました。ドラフト結果が出たことで、どのチームも新しい選手が加わり、大小はあれど変化の時期となります。今後の選手たちの成長と活躍に注目しつつ、各チームを応援しましょう。

関連する記事はこちら

Thumb【野球】上原浩治が突然の引退発表!引退試合や今後の活動は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb清宮幸太郎がドラフト1位で日ハムに!プロになっても注目される食べ物ネタ | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2019-12-11 時点

新着一覧