マンチカンの値段と入手方法を解説!ペットショップだけじゃない!

マンチカンの値段相場や入手方法についてまとめました。マンチカンはペットショップだけでなく、ブリーダーや里親制度を利用して入手する事もできます。入手方法で値段相場に違いはあるのかも要チェック。適度な値段で可愛いマンチカンを入手しましょう。

マンチカンの値段と入手方法を解説!ペットショップだけじゃない!

目次

  1. マンチカンの値段や入手方法を徹底解説!
  2. マンチカンの入手方法①ペットショップ
  3. マンチカンの入手方法②ブリーダー
  4. マンチカンの入手方法③里親
  5. マンチカンは個体によって値段差がある?
  6. マンチカンの特徴や性格を知ろう
  7. マンチカンを迎え入れる前の心構え
  8. 値段や注意点を踏まえて入手方法を考えよう

マンチカンの値段や入手方法を徹底解説!

短い足や可愛らしい顔立ちから高い人気を集めているマンチカンはファンも多く、「猫を飼うならマンチカンが良い」と思っている方も沢山いるのではないでしょうか。そんなマンチカンを入手する時に気になるのが値段です。マンチカンはどのくらいの値段がするのか、大体の相場を把握しておくと飼う時の参考になります。

マンチカンの値段は、様々な理由で変動します。どのような条件で値段が変わるのかチェックしておくと、マンチカンを入手する時に役立つはず。マンチカンの値段をチェックして、入手方法を決めていきましょう。

値段や入手方法を考えよう

本記事では、マンチカンの値段相場や入手方法など基本的な情報についてまとめました。マンチカンの値段はどのくらいになるのか、どういった条件でマンチカンの値段が変わるのか詳しくご紹介します。自分の予算とも見合わせながらマンチカンの値段について見ていきましょう。マンチカンの値段だけでなく、入手する為の方法についてもご紹介するので参考にしてみてください。

マンチカンの入手方法と言うとペットショップがまず思い浮かぶかもしれませんが、実は他の方法でも入手する事ができます。ペットショップの他にブリーダー・里親といったような3つの方法があります。入手方法によってマンチカンの値段も変わってくるので、どういった入手方法であれば予算の値段とも釣り合うのか見ていきましょう。

マンチカンを飼うのであれば、まずは値段相場を知り、それに合わせた入手方法を検討するのがおすすめです。入手方法と値段の両方をチェックしておく事で、マンチカンをどのような方法で入手するか決めやすくなります。ペットショップ・ブリーダー・里親の3つの入手方法に合わせて値段相場などをご紹介するので、マンチカンを飼う時に役立ててみてください。

Thumb短足でかわいいマンチカンは誕生の歴史が深い?とっておきの画像集も! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

マンチカンの入手方法①ペットショップ

マンチカンを飼う時に多くの人が思い浮かべるのがペットショップではないでしょうか。ペットショップは各所にあり、猫や犬を飼う時のスタンダードな入手方法になります。お近くのペットショップに行く事で様々な種類の犬猫と出会う事ができるのが嬉しいポイント。マンチカンを取り扱っているペットショップも多く、可愛い子との出会いを楽しめます。

そんなペットショップでマンチカンを入手する場合は、どのくらいの値段がかかるのでしょうか。値段の相場を把握しておけば、ペットショップでマンチカンを選ぶ時に役立ちます。ペットショップでマンチカンを入手するメリット・注意点も含めて、値段について詳しく見ていきましょう。

値段の相場は10~50万円

一般的に、ペットショップでマンチカンを入手する場合の値段は10万円〜50万円になります。10万円〜50万円というと、値段にかなりの幅がある事がわかるのではないでしょうか。マンチカンの値段は様々な条件によって変わるのが特徴です。人気のマンチカンのポイントを備えているほど、ペットショップで入手する時の値段が高くなります。

マンチカンの毛色や体型といった様々な要素によって値段が変動してくるので、値段が高いマンチカンがいる場合は毛色・体型が人気である可能性が高いかもしれません。逆に、人気の毛色・体格以外のマンチカンだと値段が安くなる事があります。また、年齢もマンチカンの値段が変わるポイント。年齢が高いマンチカンは値段が安くなります。

生後3ヶ月〜5ヶ月くらいのマンチカンは、子猫からの成長を見守る事ができるので人気があり、値段も高くなります。マンチカンの値段を見る時は年齢もチェックしておきましょう。マンチカンの値段は、血統によっても変わるのが特徴。値段が高いマンチカンはキャットショーでグランプリを獲得した猫が親である場合があります。

このように、同じマンチカンでもペットショップで入手する場合は様々な条件で値段が変わってくるので、値段について気になる点があったらスタッフに相談してみましょう。どうして値段が安いのか・高いのかについて理由を聞く事で、値段相応であるのかを判断する事ができます。

値段は高いが気軽に購入できる

ペットショップの良い所は、気軽にマンチカンを入手する事ができるという事です。思い立った時にペットショップに立ち寄って、好みのマンチカンを探せるのが嬉しいポイント。予約など手間のかかる事は必要なく、ふらっとペットショップに行って色々な猫を見る事ができます。こうした気軽さから、マンチカンを飼う時はまずペットショップに行くという方も多いかもしれません。

ペットショップでマンチカンを購入する場合はブリーダーとの間でマージンが発生するので、値段は高くなります。値段は高くなりますが、その分気軽にマンチカンと出会う事ができるのが、ペットショップのメリットと言えるのではないでしょうか。マンチカンが動いている様子を気軽に見てみたい、大体の値段相場を把握したい、という場合にもペットショップは最適です。

不衛生なペットショップは要注意

ペットショップと一口に言ってもピンからキリまであります。大切になるのは、不衛生なペットショップに注意するという事。不衛生なペットショップは犬や猫の生育状況も悪くなっている場合があり、せっかく家族として迎え入れたマンチカンが実は病気だった、という事もあり得るかもしれません。ペットショップを選ぶ時は、衛生面を気にしておきましょう。

ペットショップ全体の掃除は行き届いているか、犬や猫がいる場所は清潔になっているかなどチェックしておくのがおすすめ。ペットショップのスタッフの対応も見ておくと良いでしょう。動物に対する愛情がきちんとあるスタッフが揃っているペットショップなら、衛生面も心配なく安心してマンチカンを入手する事ができます。

ペットショップの評判をネットなどのツールを使って情報収集するのもおすすめの方法。どういった評判があるのか、基本的なポイントを押さえた上でペットショップを選ぶ事で、理想のマンチカンと出会う事ができます。優良なペットショップを厳選して、マンチカンを探していきましょう。きっとマンチカンとの素敵な出会いがあるはずです。

マンチカンの入手方法②ブリーダー

マンチカンを入手する方法として続いてご紹介するのがブリーダーです。マンチカン選びにこだわりたいという場合は、ブリーダーを利用するのもおすすめ。ブリーダーとは、犬や猫などの繁殖・流通を手がけている人・団体の事を指します。ペットショップでは不特定多数の猫や犬と出会う事ができますが、ブリーダーは特定の種類を繁殖している事も多いのが特徴。

マンチカンをピンポイントで欲しい場合には、マンチカンメインのブリーダーをチェックしておくと効率的です。マンチカンをブリーダーで入手する場合はペットショップと値段は変わるか、注意点にはどのようなポイントがあるのかなど基本的な所を押さえておきましょう。ブリーダーもペットショップと同様に選び方が大切になるので、マンチカンを入手する為にこだわってみてください。

値段の相場は10~40万円

マンチカンの値段の相場は10万円〜40万円になります。ペットショップの値段相場が10万円〜50万円だったのに対して、ブリーダーの値段相場は若干安くなるのがポイント。ブリーダーの方が値段相場が安いのは、マージンがかかるか否かに関係しています。ペットショップはブリーダーから販売する犬や猫を購入する場合が多く、その時にマージンがかかるのが特徴。

ブリーダーからペットショップで流通する過程でマージンが発生するため、ペットショップの方が値段相場が高くなります。なるべく値段を抑えてマンチカンを入手したい場合は、ブリーダーから入手する事も検討してみてください。

手厚いサポートを受けられる

ブリーダーは、繁殖させている動物に対する知識が深く、入手する際にも手厚いサポートを受けられるのが魅力です。マンチカンに限らず、動物を飼う時は特徴や注意点などを把握しておく事が大切。繁殖のプロであるブリーダーは母猫や子猫の健康管理などもきちんと行っており、様々な知識を豊富に持っています。

マンチカン専門のブリーダーであれば気をつけるべき事項も教えてくれるので、初めて猫を飼う場合にも安心。マンチカンのためにどういった環境を作れば良いのか、食事はどうすれば良いのかなど基本的な事項をブリーダーに相談していきましょう。

ブリーダーによっては、トイレトレーニングなど飼う上で必要になる事を行ってくれている場合もあります。こうした手厚いサポートはブリーダーが人気を集めている理由の1つ。初めて猫を飼うから不安がある、という場合も相談をしながらマンチカンを入手する事ができます。

どういった性格のマンチカンが良いのか、好みの毛色は何かなど入手する条件についても話しておくと最適なマンチカンを選んでくれるのもブリーダーの良い所。ペットショップだと限られたマンチカンしかいない場合が多いですが、専門のブリーダーなら多種多様なマンチカンと出会う事ができます。

悪質なブリーダーに注意

ブリーダーでマンチカンを入手する時に気をつけておきたいのが悪質なブリーダーです。優良なブリーダーがいる一方で、悪質なブリーダーが存在しているのも事実。悪質なブリーダーは、人気のマンチカンを多く繁殖させるために無理な交配をしていたり、生育環境が良くなかったりといった場合があります。ブリーダーを選ぶ場合は評判をチェックしておくのがおすすめ。

ブリーダーの評判は悪くないか、どういった環境で繁殖を行っているのかなどを事前に情報収集すると心配がありません。きちんと情報を見極めた上で、優良なブリーダーからマンチカンを入手する事が大切になります。優良なブリーダーであれば、サポートも手厚く行ってくれるので厳選してみてください。信頼できるブリーダーからマンチカンを入手しましょう。

マンチカンの入手方法③里親

マンチカンを入手する時の選択肢としては、里親も挙げられます。何らかの事情で飼う事ができなくなった猫や野良猫の飼い主になる事が里親。ペットショップやブリーダーとは異なり、子猫から成猫まで幅広い猫が揃っています。猫の里親探しは各所で開催されており、ネットを通じて情報収拾する事も可能。里親の譲渡会に参加すれば、実際に猫と触れ合う事ができます。

値段はケースによりけり

里親になる場合、猫自体の値段はかかりません。子猫も大人の猫の場合は無償であることが多く、値段が高い猫を入手するのが困難という場合にも里親が最適です。ただし、すでに打ったワクチン代や去勢手術を支払うケースもあるので、里親になる上でどのくらいの値段がかかるのかを聞いておきましょう。ケースによって値段が変わってくるので、それに合わせて決めてください。

猫の命を救うことができる

里親になる大きなメリットは猫の命を救えるという事です。里親を募集している保護猫は、保健所に連れていかれると殺処分になる可能性が高くなります。里親になる事でそうした猫を救えるという事は、大きなメリットと言えるのではないでしょうか。1匹でも多くの猫の命を救うために、里親になる事を検討してみてはどうでしょうか。

里親を募集している猫は、保護されるまで辛い環境にいた猫も多いです。それまで大変な思いをしてきたからこそ、里親になって幸せな暮らしを提供してあげるのも大切。里親募集を通して出会う事ができた猫は、きっと家族の大切な一員になってくれるはずです。猫がいつまでも幸せに暮らす事ができるような里親になっていきましょう。

里親には厳しい条件が設けられている

猫の里親になる場合は、厳しい条件が設定されている事が多数。里親と称して虐待目的で猫と譲り受ける人や、経済的な環境が整っていないのに無理をして猫を飼おうとする人がいるため、条件を設定しています。保護された猫が里親の家族の元へ行った後も幸せに暮らす事ができるようにという配慮です。里親になる時は、必要となる条件もチェックしておきましょう。

家族構成や経済状況、家の環境など様々な条件をクリアして初めて猫の里親になる事ができます。里親になるために必要な事をきちんと整えた上で、マンチカンを迎え入れてあげましょう。ただし、里親募集は雑種である事が多く、純血のマンチカンには出会う事ができない可能性があります。マンチカンにこだわりたいという方はブリーダーやペットショップがおすすめです。

Thumbマンチカンの性格と特徴を解説!寿命や毛色など基本情報の完全版! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

マンチカンは個体によって値段差がある?

同じマンチカンであったとしても、個体によって値段に差があります。どういった違いによってマンチカンの値段が変わってくるのかも見ていきましょう。マンチカンは一般的に短足と長足の2種類に分けられます。2種類の値段の違いをマンチカンを入手する時の参考にしてみてください。

短足マンチカンの相場は15~40万円

短足のマンチカンの値段相場は15万円〜40万円になります。短足のマンチカンはとても人気があり、希少価値もあるために値段相場が高くなるのが特徴。短足のマンチカンは全体の2〜3割程度と言われています。短足のマンチカンはあまり生まれないからこそ、値段相場が高めになるので気をつけましょう。

長足マンチカンの相場は5~10万円

長足のマンチカンの値段相場は5万円〜10万円になります。短足のマンチカンと比べると、値段相場がかなり安い事がわかるのではないでしょうか。短足のマンチカンの方が人気・希少性ともに高いために長足のマンチカンの値段は安くなります。

マンチカンの特徴や性格を知ろう

マンチカンを飼う時は、値段だけでなく特徴や性格について把握しておく事も大切。マンチカンにはどういった特徴があるのか、性格はどうなっているのかなど基本的な情報をチェックする事でマンチカンと一緒に暮らす準備を整える事ができます。マンチカンの特徴・性格について見ていきましょう。

体重は2~4kg程度

マンチカンの体重は、2〜4kgが平均となっています。猫全体の平均体重が3.5〜4.5kgである事を考えると、マンチカンは少し小さめの猫種と言えるでしょう。片手でも持ち上げる事ができるくらいのサイズなのが特徴です。小さくて可愛い猫が欲しい時は、マンチカンが最適。短足のマンチカンなら愛らしさが倍増します。

マンチカンを飼う時は、このくらいの体重になるように体重管理をしてあげましょう。食事の量や運動量を管理する事で、理想の体重をキープする事ができます。体重が増えすぎると体に負担がかかるので要注意。特に短足のマンチカンの場合は体重が増える事で腰や関節に負担がかかり、病気の原因になります。

毛色のバリエーションが多い

マンチカンは毛色の種類が豊富なのも特徴になります。茶トラや三毛、白などバリエーション豊かな毛色が揃っているのがポイント。様々なタイプマンチカンと出会う事ができます。どういった毛色が好みなのかも考えながらマンチカンを選んでみましょう。マンチカンの値段は毛色によっても変わってくるので、その点にも注目してみてください。

一般的に流通している事が多いクリームやブラウン系のマンチカンと比べて、希少価値の高いグレーやブラックといった毛色のマンチカンは値段が高くなります。また、白一色のマンチカンも値段が高くなる傾向にあるのが特徴。毛色にこだわりたい場合は、こうした事もチェックしてお気に入りのマンチカンを見つけてみてください。

明るく甘えん坊な性格

マンチカンは、明るく甘えん坊な性格で知られています。猫と言うとマイペースで自由気ままというイメージがあるかもしれませんが、マンチカンは飼い主に甘えてくる事が多く、それが大きな魅力と言えるでしょう。初めて猫を飼う方もマンチカンは最適と言われています。人に親しみやすく、甘えん坊なマンチカンと楽しい時間を過ごす事ができます。

マンチカンによっては警戒心が強い場合があるので、その点には注意しましょう。子猫から飼っていれば飼い主に警戒心を持つ事は無くなりますが、お客さんに対して警戒心をむき出しにする事があるかもしれません。お客さんが頻繁に訪れる家の場合は、マンチカンが1匹で落ち着いて過ごせる場所を確保してあげてください。

マンチカンを迎え入れる前の心構え

マンチカンを家族として迎え入れるためには、環境を整えておく事が大切になります。猫と暮らすための環境が整っていないとストレスを感じる原因になるので気をつけましょう。マンチカンを飼うために必要な物を準備し、過ごしやすい環境に整えてください。

猫を飼うという事は、飼い主に様々な責任が出てきます。ポイントを押さえておけば、マンチカンが快適に過ごす事ができるようになるのではないでしょうか。マンチカンに幸せになってもらうためにもこだわりましょう。

猫を飼育するにはお金がかかる

まず知っておきたいのが、マンチカンに限らず猫を飼うのにはお金がかかるという事です。ケージや食器、おもちゃと、キャットタワーいった基本的なアイテムから医療費まで、様々な面でお金がかかる事を考えておきましょう。猫のために環境を整えるのにこだわればこだわるほど、お金はかかります。経済的な余裕がある場合のみ猫を飼うようにしてください。

猫は人間よりも先に歳をとります。子猫だった時期を過ぎて、大人の猫になると病気のリスクも高まってくる事を意識しましょう。1年に1回以上の健康診断、ワクチン接種など動物病院関連の出費も多くなります。突然の病気で手術をする事になるなど、突然の出費もあるので注意が必要。病院関連の出費に関しては動物保険に入って備えておくのもおすすめの方法です。

こまめな掃除が必須

猫は清潔好きな動物です。不衛生な環境ではストレスがたまってしまうので、こまめに掃除をしていきましょう。猫を飼っていると抜け毛などによって部屋が汚れやすくなります。掃除機をかけるなどして掃除をして、綺麗な状態を保つ事が大切。こまめに掃除をしておけば、猫による汚れも気にならなくなります。猫のニオイ対策のために消臭剤や空気清浄機を使うのも良いでしょう。

猫のトイレも1日に1回は必ず掃除してください。トイレの掃除を怠ると、「汚いトイレを使いたくない」と猫が思って、全く違う場所で粗相をしてしまうかもしれません。多頭飼いの場合は、状況に応じて1日1回以上掃除をするようにしてください。衛生的な環境を整える事で、猫も人間も快適に過ごす事ができるようになります。

壁や家具に傷がついてしまうことも

猫を飼うと、壁や家具に傷がついてしまう事も念頭に置いてください。猫が走り回ったり、爪研ぎをする事で知らない間に家具が傷ついていた、という事はよくあります。猫を飼う時は、こうした事に対しても寛容にになる事が大切なポイント。壁や家具が傷ついたからと言って常に怒っていては、人間も猫も楽しく過ごす事ができません。

猫が過ごす部屋は傷がついても良い家具にする、大切な物が置いてある部屋には入らせないといったように工夫をする事で安心して過ごす事ができます。猫に合わせてインテリアを変えていく事も重要。猫にとって障害物になるような物を置かないなど、環境作りにこだわってください。そうする事で、人間と猫が共存しやすくなります。

値段や注意点を踏まえて入手方法を考えよう

マンチカンはペットショップ・ブリーダー・里親といった方法で入手する事ができます。それぞれの値段の違いや注意点を踏まえた上で、マンチカンを入手するようにしましょう。可愛いマンチカンとの生活を楽しんでください。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-09-24 時点

新着一覧