ジャパニーズボブテイルの性格は?特徴と飼い方のポイント・値段を解説

雑種なども含めるととにかく種類が多い猫ですが、ジャパニーズボブテイルという日本の猫が世界中で愛されているということです。そこで、ジャパニーズボブテイルの特徴や猫の歴史などを詳しく見て行くとともに、飼い方などもチェックしていきましょう。

ジャパニーズボブテイルの性格は?特徴と飼い方のポイント・値段を解説

目次

  1. ジャパニーズボブテイルについて紹介
  2. ジャパニーズボブテイルの特徴
  3. ジャパニーズボブテイルの性格
  4. ジャパニーズボブテイルの飼い方
  5. 純血種って何のこと?雑種との違いは?
  6. ジャパニーズボブテイルと暮らそう

ジャパニーズボブテイルについて紹介

猫カフェやペットショップでも見かけるように、日本で飼われている猫はとにかく種類が多く、中には見たことのない猫もいると感じたことがある人も多いのではないのでしょうか。今回は猫の種類の中でもジャパニーズボブテイルという種類の猫について歴史なども含めて詳しく見て行くことにしましょう。

ジャパニーズボブテイルの歴史

まずはジャパニーズボブテイルの歴史についてからです。この猫の名前はあまり聞いたことがないという人もいるかもしれません。名前に「ジャパニーズ」と付くくらいですから、日本発祥の猫なのではないか、ということは想像できるでしょう。ジャパニーズボブテイルは昔から日本で生息していた日本の猫がルーツとなっている猫だそうで、古い歴史がある猫なのです。

さらには、招き猫や、今や世界中で愛されているキャラクターであるハローキティのモデルになっていると言われています。その詳しい歴史についてですが、その昔、アメリカから猫の審査員が来日した際、たまたましっぽの短い猫を見かけ、興味を持ったことがジャパニーズボブテイルの歴史の始まりのようです。

その後、しっぽの短い猫をアメリカに持ち帰り繁殖計画が開始され、1976年に正式に純血種としてジャパニーズボブテイルが認められることになったということです。それによって、ジャパニーズボブテイルは世界中で愛されている日本の純血種となったのです。

日本唯一の「純血種」

日本で買われている猫の多くは雑種だそうで、毛並みから毛色などが猫によって異なります。今回紹介するジャパニーズボブテイルという猫は、「純血種の日本猫」ということが世界でも認められています。また、純血種として認められている唯一認められている日本の猫もジャパニーズボブテイルだけなのです。

Thumb猫のしっぽが現す気持ちのパターン図解!実は豊かな感情表現? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

ジャパニーズボブテイルの特徴

次に、ジャパニーズボブテイルにはどのような特徴があるのかを見て行きましょう。うちの猫は雑種、と思い込んでいいた人も、ジャパニーズボブテイルの特徴をしっかり満たしていれば、「ジャパニーズボブテイルである」と認定され、もしかしたら血統書付きの猫ということになりうるかもしれません。

筋肉質で丈夫な体

まずジャパニーズボブテイルの体格についてです。猫の体格は猫それぞれで異なることが多く、特に日本で飼われている猫は丸々とした猫が多い場合があります。ジャパニーズボブテイルの基本的な体格としては、とても美しい体つきをしているそうです。細すぎず太すぎずちょうど良く、それでいて筋肉が程よく全体に付いているのが特徴と言えます。

体重で言うと、成猫になると3キロから4.5キロほどです。胴体からまっすぐ伸びている足も特徴で、横から見た時にシルエットが四角くく、そこもまた美しいポイントです。足の長さは前と後ろで異なり、後ろ脚の方が少し長めです。そのため、運動神経も良いそうです。

短いしっぽ

ジャパニーズボブテイルの一番わかりやすい特徴というのが短いしっぽです。これは劣性遺伝によるものなのですが、日本にはしっぽの短い猫が多いので、決して珍しくは感じないでしょう。しかし、海外ではあまりしっぽの短い猫は見かけないそうなので、とても魅力的に感じられるということです。しっぽは短いだけでなくポンポンのような丸みを帯びた形をしています。

鳴く回数が多い品種

猫は犬に比べてあまり鳴かないイメージがあるでしょう。そのため集合住宅などの場合は、猫を飼っていても周囲に気づかれないということもあるようです。しかし、ジャパニーズボブテイルは、他の猫種と比べるとなく頻度が多いということです。鳴き声自体が大きいわけではないので、そこまで気にならないかもしれません。

種類が豊富な毛色

ジャパニーズボブテイルの毛も色々なパターンがあるそうで、長さも短い毛の猫と長い毛の猫といるそうです。そして毛色についてですが、黒や白を始め、赤・青・クリーム色などとにかく種類が豊富です。しかも、単色の猫も要れば色々な色が混ざったパーティーカラーの猫もいるということで、とにかくバラエティに富んでいるのが特徴です。

日本では三色の三毛猫が人気ですし馴染みがありますが、海外では三毛はとても珍しいそうです。そのため、三毛のジャパニーズボブテイルは、ジャパニーズボブテイルの中でも特に強い人気があると言われています。ジャパニーズボブテイル自体が珍しい猫ですから、その三毛タイプとなればさらに珍しく希少価値が高いと言えるでしょう。

値段や出会える場所

ジャパニーズボブテイルを飼いたい!と思った人はまず値段が気になるところでしょう。ジャパニーズボブテイルの値段は子猫で17万円くらいだと言われています。ただ、日本のペットショップなどでジャパニーズボブテイルを見かけることはほとんどありません。日本原産の猫ではあるのですが、手に入れるのはとても困難だと言われています。

扱っているブリーダーもかなり少ないということですが、まずはコンタクトを取ってみるのも良いかもしれません。もう1つは海外から輸入するという方法です。ただし、ジャパニーズボブテイルは繁殖が難しい品種でもあるので、海外でも出会える可能性は低いそうです。とはいえ可能性がゼロであるわけではないので、調べてみると良いかもしれません。

ペットショップなどで見かける猫たちの値段も、10数万円くらいが多いですから、ジャパニーズボブテイルの値段は他の猫と比較して特別高いということではありませんが、猫自体が珍しい猫なので、そういったことを踏まえると、17万円ほどの値段で買えるということは、もしかしたら値段的には安いのかもしれません。

Thumbジャバニーズってどんな猫?値段や性格・飼い方まとめ!【画像あり】 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

ジャパニーズボブテイルの性格

次にジャパニーズボブテイルの性格について見て行きましょう。猫の種類によって性格が色々異なりますが、ジャパニーズボブテイルはどのような性格の猫なのでしょうか。猫を飼うにあたっては猫の性格はかなり重要視すべきポイントでしょう。

なつきやすい

一言で言えばとても懐きやすい性格であることが言えます。よく懐いてくれる猫であれば、初めて飼う猫であっても飼いやすいでしょう。人間に対してだけでなく同じ猫の仲間に対してもそうで、相手の猫を攻撃したりちょっかいを出したりということは少ないということです。とにかく社交的なので、いろんな人や猫と関わろうとするそうです。

温和で賢い

猫よりも犬が賢いなどと言われることが多いようですが、ジャパニーズボブテイルに関してはとても賢い猫のようですし、性格も温和だということです。温和で賢い性格というのは、まるで日本人のような性格であるとも言えるでしょう。このような性格であることも、飼いやすいと感じられるポイントの1つです。

ジャパニーズボブテイルの飼い方

ジャパニーズボブテイルの歴史や特徴、そして性格をチェックしたところで、実際ジャパニーズボブテイルを飼う際にはしっかり把握しておくべき飼い方を見て行きましょう。猫の飼い方は基本的にはどの猫にも共通して言えることですが、やはり猫の種類によって性格や特徴が異なりますから、その性格や特徴に見合った飼い方をすることが大切です。

一緒に遊ぶ時間を確保する

ジャパニーズボブテイルは懐っこくて遊ぶのが大好きな猫なので、一緒に遊んであげる時間をたっぷりと確保するようにしてあげましょう。性格の所でも触れましたが、ジャパニーズボブテイルは懐っこく社交的な性格なので、飼い主さんと関わり合いを持ちたいと思っています。猫としっかり遊んであげられるような飼い方が出来る人におすすめです。

安心して暮らせる環境を整える

猫に関しては室内飼いしている人が多いと思われます。室内の方が猫にとっても安全に暮らすことが出来るのおすすめです。ただ、室内と言っても人間が暮らしている家になりますから、猫にとっては危険な物が沢山あります。誤飲してしまうような小さな物などは、目の付くところに置かないように気を付けましょう。

また、日中寝ることが多いので、昼間であっても猫が安心してぐっすり眠れるような寝床を作ってあげることも大切です。昼間しっかり寝られることによって、活動時間である夜に活発に行動することが出来るのです。毎日決まったところで寝られるように、安全で安心出来るようなスペースがあると良いです。

食事にも気を配る

飼い方においては食事もとても大事です。猫のエサは「総合栄養食」と餌のパッケージに書かれている物を選べば大丈夫です。これであれば、しっかりと栄養バランスを取ることが出来ます。食事量については、猫の体格や成長段階に合わせた量にする必要があります。ただ、太りやすいので食べさせ過ぎには気を付けるようにしましょう。

気にかけるべき病気

基本的にジャパニーズボブテイルは丈夫な猫とは言われているのですが、全く病気にならないというわけではありません。猫は水分を摂らなくても大丈夫な構造になっているのですが、実際水分を摂らないと尿路結石や腎臓疾患を引き起こしてしまう可能性があります。水分を多めに摂らせるように心がけましょう。

純血種って何のこと?雑種との違いは?

さて、冒頭の辺りでも書いたようにジャパニーズボブテイルの日本で唯一の純血種です。しかし、そもそも「純血種」とは具体的にどのような物を指すのでしょうか。日本の猫はほとんど雑種だと言われていますが、その「雑種」と「純血種」とはどのような違いがあるのでしょうか。

純血種とは

純血種の猫とは、特定の種類の猫の要素を引き継いでいく目的で同じ種類同士を交配させて生まれてきた猫のことです。猫を飼う際、ブリーダーさんから買うのか里親として引き取るのかなどいくつかの選択肢があります。ブリーダーさんは血統を守るために交配させるのが仕事なので、ブリーダーさんから買った場合は純血種になります。

雑種とは

日本に多いとされる雑種は、純血種とは異なり、色々な種類の猫の要素が混ざっている猫のことを指します。最近人気が高いのは、純血種の異なるもの同士を組み合わせた雑種です。雑種は色んな血を引き継いでいることになるので、純血種と比べると比較的体が丈夫だということも言われています。

Thumb日本猫の種類まとめ!性格や特徴や可愛くって癒される画像まとめ | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

ジャパニーズボブテイルと暮らそう

日本で唯一の純血種であるジャパニーズボブテイルはとても懐きやすく飼いやすい性格の猫です。ただ、調べたところによるとそもそも珍しい猫種なので、手に入れるまでには大変であることが予想されます。情報収集をして手にいられた暁には、ジャパニーズボブテイルの特徴と性格に合った飼い方をして楽しく暮らしましょう。

Thumb美人猫ちゃんの画像まとめ!かわいいネコや綺麗なねこが大集合 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2019-11-13 時点

新着一覧