ネベロングの特徴と性格・飼い方とは?値段の相場や歴史も紹介!

ネベロングという猫を知っていますか?日本ではあまり見かけない猫のようなのですが、体型も毛並みもとても美しく魅力的な猫だということです。そこで、ネベロングという猫の誕生の歴史やその特徴、さらには飼い方などを詳しくチェックしていきましょう。

ネベロングの特徴と性格・飼い方とは?値段の相場や歴史も紹介!

目次

  1. ネベロングの特徴や性格を徹底解説!
  2. ネベロングの基本情報と特徴
  3. ネベロングの性格の特徴
  4. ネベロングの飼い方と注意点
  5. ネベロングを似ている猫を紹介!
  6. 猫の飼育にかかる費用
  7. 美しい被毛を持ったネベロングと暮らそう

ネベロングの特徴や性格を徹底解説!

猫にはたくさんの種類がおり、そのすべての種類を把握している人は決して多くはないのではないでしょうか。ここでは、数ある猫の中からネベロングという種類の猫について詳しく見て行くことにしましょう。ネベロングという名前すら聞いたことがないという人もいるかもしれません。こちらを見れば、ネベロングについて詳しくなれるでしょう。

歴史や飼い方もチェック!

猫は種類によってそれぞれの歴史や特徴があります。また、飼い方はどの猫も同じ!と思っている人もいるかもしれませんが、基本的な飼い方は同じであっても細かい部分に関しては、猫の性格や特徴などを踏まえた飼い方をする必要があるので、種類ごとの飼い方も知っておく必要があります。ネベロングの歴史や飼い方も詳しく見て行くことにしましょう。

ネベロングの基本情報と特徴

まずはネベロングの基本的な情報からチェックしていきましょう。ネベロングの原産国、体格、ペットショップなどで買う場合の値段など、猫を飼う前には必ずチェックしておきたい必須項目になるので、しっかりと押さえておくことが大事です。また、ネベロングがどのような猫なのか、分かりやすい特徴についても紹介します。

アメリカ原産の猫

まずはネベロングの歴史についてです。ネベロングの歴史は1984年まで遡ります。アメリカコロラド州に住んでいた女性が飼っていた猫と猫の間に生まれた子猫の中に青色の長毛の猫がおり、さらにその後別の猫との間にもまた同じような青色の長い毛並みの猫が生まれました。

2度目に生まれた青い毛並みの猫は1度目の猫よりも色味が淡かったそうで、今度はその青色の毛並みの猫同士を掛け合わせたところ、長い体に美しい毛並みの猫が誕生したと言います。そしてその猫を新たな品種として登録することになり、長毛タイプのロシアンブルーとしてネベロングが公認されたのです。これがネベロング誕生の歴史です。

歴史を遡ると、1984年以前は毛並みの長いロシアンブルーは猫として認められてすらいなかったそうです。しかし、アメリカに住む女性が新種としてネベロングを登録したことがきっかけとなり、毛並みの長いロシアンブルーの開発が進み、そこからネベロングの歴史が始まることになったのです。

体重は平均3~6kg程度

次にネベロングの体重についてです。体重はオスとメスとで若干異なるのですが、ネベロングのオスの場合は5キロから6キロくらい、ネベロングのメスの場合はオスよりも少なく3キロから4.5キロほどだそうです。この体重からも分かるように、ネベロングの体格は猫の中でも細身の方であるということが言えるでしょう。

身体については、胴体と尻尾が長く頭が小さくて耳が大きいと言った身体的特徴があります。胴体が細長いために、スラリとしたシルエットに見られるのでしょう。体型としては、ロシアンブルーよりも一回りくらい大きいという風に考えればイメージしやすいのではないでしょうか。

値段は平均15~30万円

ネベロングを飼うにあたって、まず気になるのは買う際の値段でしょう。ペットショップなどを見ると分かりますが、売られている猫たちは、10万円台~30万円台くらいの値段設定がされています。決して値段は安くはないので慎重に猫を選びたいところです。ネベロングは冒頭でも書いたように毛並みの長いロシアンブルーということもあって、希少価値が高い猫です。

そのため普通の猫よりも少し値段が高めになるそうで、子猫であれば値段は15万円から30万円だそうです。成猫になると値段はかなり下がり、5万円台から10万円台の値段で買えるということです。希少価値が高い割にはそこまで値段が高くないように思われますが、それはネベロングという種類があまり知られていないために需要が少ないことが理由のようです。

ただし、入手方法が比較的困難で、日本国内ではそもそも飼育されている数が少ないので、ペットショップなどではまず見かけません。そのため、一番入手しやすい方法としては、原産国であるアメリカからの輸入になります。アメリカからの輸入となると輸送費などの諸経費が加算されるため、40万円から60万円ほどかかると考えておいた方が良いでしょう。

寿命は平均15~18歳程度

命あるものはいつか必ず終わりが訪れます。猫を飼う前に命が尽きることなど考えたくはありませんが、命あるものを飼うということは、寿命についてもしっかりと把握しておく必要があります。ネベロングの平均的な寿命は、オスもメスも15歳~18歳くらいだということです。平均寿命が13歳のロシアンブルーよりは少し長生きするようです。

ネベロングがかかりやすい病気に関しては、まだ明確になっていない部分があるようなのですが、猫全般的に言えることとしては、膀胱炎など泌尿器系の病気にかかりやすいと言えます。猫のトイレがあまりきれいになっていないと、おしっこを我慢してしまい、それによって膀胱炎になってしまうようです。

ブルーの美しい被毛が特徴

ネベロングの体で一番大きな特徴が、美しくて長い被毛です。ロシアンブルーという猫については知っている人が多いかと思われますが、ロシアンブルー自体は毛が短い物のとても美しい色の毛をしています。その毛が長くなったものがネベロングになりますから、どれほど美しいかということは容易に想像できるのではないでしょうか。

ネベロングの性格の特徴

ネベロング誕生の歴史や特徴が分かったとこで、次にネベロングの性格について見て行きましょう。猫も人間と同じで猫によって性格が異なるものですが、大きく分類すると種類によって性格に違いが見られます。猫の性格によって、その猫が飼いやすいか飼いにくいかということも決まってきますから、猫の性格もしっかり把握するようにしましょう。

飼い主への忠誠心が強い

ネベロングはとても飼いやすい猫だと言われています。それは、忠誠心が強いという性格が理由の1つです。その強さは犬レベルとも言われているほどで、飼い主さんにはとにかく懐いてくれるということです。飼い主の後をついて来たりするそうなので、一般的に気まぐれだと言われている猫からは考えられない行動をとることもあるかもしれません。

ネベロングは飼い主さんをとにかく信頼してくれていますし、とにかく賢い猫なので、しつけをしやすいという特徴もあるようです。ネベロングをしつける際は、言葉で話して覚えさせるというよりは、ネベロングの目を見つめてコンタクトを取りながら、静かにしつける方法がおすすめです。

人見知りで落ち着きがある

人に懐きやすい特徴があるということを上で書きましたが、その一方でネベロングは人見知りであるという点もあるそうです。ネベロングは誰にでも人懐っこい八方美人タイプではなく、飼い主などの特定の人や自分が気に入った人にだけ懐くという傾向があるようで、一見人見知りするようにも見えます。

しかし、人見知りこそするものの飼う分においてはそこは問題はありません。上でも書いたように特定の人にはしっかり心を開いてくれますし、何より大人しくて落ち着いているので、とても飼いやすいのです。人見知りというと、あまり良いイメージがないかもしれませんが、ネベロングに関しては良い意味で捉えると良いでしょう。

ネベロングの飼い方と注意点

次に、実際ネベロングを飼うとなった場合の飼い方や、飼い方の注意点などを見て行きましょう。冒頭でも書きましたが、猫の基本的な飼い方に関しては共通した部分があるのですが、それぞれの種類の猫の性格や特徴に合わせた飼い方をする必要があるので、ネベロングを買う際も、ネベロングの性格・特徴を考えた上での飼い方が必要になってきます。

静かな環境を作る

ネベロングの性格の所でも書きましたが、ネベロングは大人しくて落ち着きのある性格の猫です。そのため、静かな所で過ごすことが好きで、そのような環境にいることで落ち着けるのです。ですから、家でネベロングを飼う際には、ネベロングのための静かな環境を作ってあげるようにしましょう。また、何匹もの猫を飼うのもネベロングにはあまり向いていません。

例えば、小さい子供がいる家庭の場合は、子供たちが騒いだり遊んだりして賑やかなことが多いです。「静かにして」と子供に言い聞かせたとしても、静かに出来ないのが子供なのでそれは仕方ありません。そのような環境ではネベロングはと落ち着いて過ごすことが出来ませんから、子供が小さいうちはネベロングを飼うのは控えた方が良いかもしれません。

生活スペースを清潔に保つ

ネベロングは、ちょっと神経質な一面もあり、とにかくきれい好きだということです。先ほどネベロングの寿命の所でも少し書いたのですが、きれい好きであるあまり、トイレが清潔に保たれていないとそこでおしっこをしようとしてくれません。それによって膀胱炎などの病気を引き起こしてしまいかねないので、トイレを含め生活スペースは綺麗にしておきましょう。

こまめにブラッシングをする

ネベロングは毛並みの長いロシアンブルーです。毛の長い猫の場合は、こまめにブラッシングをしてあげる必要があります。ブラッシングが必要な理由についてはいくつかあります。まずは抜け毛防止です。猫がいると、ソファや洋服などあらゆるところに猫の毛が付いてしまいます。ブラッシングすることによって、抜け毛を抑えることが出来るのです。

猫は自分で毛づくろいをしますが、それによって毛玉がお腹の中に溜まってしまいます。毛玉を吐き出すのが上手な猫もいれば、うまく吐き出せない猫もおり、そのような猫は腸閉塞などの病気を引き起こしてしまう可能性があるのです。ブラッシングすることによって、毛玉の発生も防ぐ効果があります。

ブラッシングの頻度ですが、1日1回はブラッシングしてあげるようにしましょう。ブラッシングすることで、ネベロングとスキンシップをはかることができ、猫のストレス解消にもあるそうです。ブラッシングに加えてコーミングも週に2、3回してあげるとなお良いでしょう。

ネベロングを似ている猫を紹介!

次に、ネベロングに似た猫の種類についても見て行きましょう。猫の種類はとにかく多いですが、中には似たような種類の猫もおり、その違いがよく分からないという人も多いでしょう。ネベロングに似た雰囲気の猫もいますから、ネベロングとの違いを見て行きましょう。

ブリティッシュショートヘア

ブリティッシュショートヘアはパッと見た感じネベロングに似ていると感じる人も多い猫種です。特に毛の色が似ていて美しいという点が共通しているでしょう。しかし、ネベロングとの明らかな違いは毛の長さです。ネベロングは毛が長いのに対し、ブリティッシュショートヘアはその名前を見ても分かるように毛の短い猫です。手触りは高級絨毯のようだということです。

ラグドール

ラグドールもネベロングと似た猫種と言われています。ラグドールはとにかく毛並みが美しい猫で、手触りがかなり柔らかく、まるでシルクを触っているかのような印象を受けるそうです。毛が柔らかいので、猫の動きに合わせて毛もふわふわと動きます。ネベロングとの違いは、身体の大きさです。ネベロングは細身であるのに対し、ラグドールは約8キロの大型の猫です。

ラグドールのネベロングは体型の違いだけでなく、瞳にも違いがあります。ラグドールの瞳は青いのに対し、ネベロングは緑色をしています。体型や毛では判別がつかないという場合は、瞳の色で判別するのもおすすめですし、確実に判別できるでしょう。

ロシアンブルー

最後にロシアンブルーとの違いです。ロシアンブルーの大きな特徴は、まるで宝石のように輝いている美しい青い瞳でしょう。その美しさに吸い込まれそうになるほどです。また、耳が横に突き出しているように見えるのも特徴の1つでしょう。ネベロングとの違いは、毛の長さです。ロシアンブルーは毛の短い猫ですが、ネベロングは毛が長いです。

しかし、中には毛の長いロシアンブルーもいるということなので、そうなるとロシアンブルーとネベロングの判別が難しくなってきてしまいます。ネベロングの方がロシアンブルーよりも体は大きいのですが、個体差があるので体の大きさでの判断も難しいです。

猫の飼育にかかる費用

最後に、猫を飼うにあたって必要な費用について見て行きましょう。猫を1匹飼うということは、根こその物を飼う費用に加えて、色々な経費が掛かってきます。動物を飼うということはそれだけ費用がかかるということですから、事前にどれくらいの費用がかかるのかということをしっかり把握しておきましょう。

グッズを揃える費用

まずは、猫を迎え入れるにあたって環境を整えたりする必要があるので、そのためのグッズを揃えるのに費用がかかります。猫に必要な最低限のグッズとしては、猫のベッド・食器・トイレ・爪とぎ・お手入れ道具・キャリーバッグなどです。それぞれのグッズの値段はメーカーなどによってまちまちではありますが、全部で5万円~6万円はかかると思っておきましょう。

予防接種等の医療費

猫は人間と同じように病気になったりしますし、定期的に予防接種を打ったりもしなくてはいけません。子猫の場合初診で500円~4000円ほどかかります。また予防接種に関しては、5000円~12000円くらいかかりますし、それに加えて定期的に健康診断をするとなるとさらに数千円から数万円はかかります。

毎月の飼育費

猫を飼う場合平均的に毎月どれぐらいの費用がかかるのかが一番気になるかもしれません。猫の餌に関しては、毎月2000円~5000円ほどかかり、トイレ用の砂も1か月で1500円ほどかかります。月の固定飼育費としては、3500円~6500円ほどと思っておくと良いでしょう。

美しい被毛を持ったネベロングと暮らそう

ネベロングは毛がとにかく美しく、さらには賢くて大人しい性格の猫ということもありとても飼いやすい猫です。また、誕生までの歴史も面白いエピソードでした。中でも書いたように入手困難な猫なので、日本でネベロングを飼うとなった場合は、大変な面もありますが、念願叶ってネベロングを飼えるようになった際には、正しい飼い方で楽しく暮らしましょう!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-13 時点

新着一覧