豆柴カフェで癒されよう!東京の人気店舗を紹介【料金・システム】

猫カフェや犬カフェなど動物に触れあえるカフェが話題ですが、中でも癒し度の高い人気カフェが豆柴カフェです。東京には豆柴専門のカフェがいくつかありますが、今回はその中でも人気の原宿と浅草の店舗について料金やシステムを中心にご紹介します。

豆柴カフェで癒されよう!東京の人気店舗を紹介【料金・システム】

目次

  1. 東京で話題の豆柴カフェを紹介
  2. 人気店舗①原宿乃豆柴カフェ
  3. 人気店舗②浅草の豆柴カフェ
  4. 豆柴の種類
  5. 豆柴カフェに癒されに行こう!

東京で話題の豆柴カフェを紹介

犬には色々な犬種がありますが、ここ数年は日本犬がブームとなっています。その中でも特に人気が高いのが、「豆柴」です。豆柴とは日本に古くからいる柴犬を現代の生活環境に順応させるため、体型の小さい柴犬を選んで交配を繰り返して生まれた犬です。そんな豆柴は、ちょこんとした姿と凛々しい顔つきが魅力のようです。

東京都内にはそんなかわいい豆柴を専門にした犬カフェが、数店舗あり最近SNSなどを中心にとても話題になっているそうです。そこで今回は東京都内にある人気の豆柴カフェについて、そのシステムや料金体系、おすすめのポイントなど気になるところを調査しました。

いま豆柴カフェが大人気!

今話題の豆柴カフェですが、テレビや雑誌などのメディアにもよく取り上げられています。またtwitterで豆柴カフェとハッシュタグをつけて検索すれば沢山の投稿がヒットしますので、そこからも豆柴カフェの人気がうかがえます。今回はそんな豆柴カフェの中でも特に人気の原宿と浅草の2店舗について、詳しくご紹介しています。

Thumb東京の犬カフェ17選!愛犬同伴OK・保護犬のいるお店も紹介! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

人気店舗①原宿乃豆柴カフェ

まずご紹介する東京で人気の豆柴カフェは、原宿にある「原宿乃豆柴カフェ」です。原宿乃豆柴カフェは豆柴と一緒に遊んだり写真撮影をしたり出来るカフェで、女性同士やカップルから絶大な支持を得ています。しかも海外からの観光客も多く、週末にはなんと3時間待ちになる日もあるそう。まずはそんな原宿乃豆柴カフェについて、ご紹介したいと思います。

料金・システム

原宿乃豆柴カフェの料金やシステムについてですが、原宿乃豆柴カフェでは豆柴たちと遊ぶチケットを購入するシステムになっています。来店してまずは受付でチケットを購入します。チケットは1枚880円で、1枚につき30分お店で豆柴たちと遊べます。チケットは予約はできず、先着順で当日店頭でのみ購入が可能となっています。

チケットを購入した後はスタッフさんに入場できる時間を聞き、時間が来るまで待ちましょう。店内で時間になるまで待っても良いですが、原宿でショッピングをしたりご飯を食べたり散策をしたりして過ごしてもOKです。また、チケットには1ドリンクがついているので、わんこたちと遊び疲れたら店内の自動販売機でドリンクを購入することが出来ます。

営業時間・定休日

原宿乃豆柴カフェの定休日はあるのでしょうか。原宿乃豆柴カフェには、決まった休みはありません。基本的に年中無休ですが、不定期にクローズすることもあります。原宿乃豆柴カフェの営業時間は月曜日から金曜日は11:00~19:00、土曜日曜祝日は10:30~19:30となっています。

アクセス

原宿乃豆柴カフェへ行くには、まずJR原宿駅を目指します。原宿乃豆柴カフェは、JR原宿駅の竹下口から徒歩5分ほど歩いたところにあります。ただし土曜日や日曜日など原宿周辺はとても混みあいます。ですのでなかなかスムーズにお店にたどり着かないこともあります。時間には余裕を持って、出かけましょう。

おすすめポイント

原宿乃豆柴カフェには、14頭ほどの豆柴がいます。原宿乃豆柴カフェの店内は豆柴が日本犬ということで、和をイメージした内装になっており、畳敷きのスペースで靴を脱いで豆柴たちと戯れることが出来ます。昭和をイメージしたブラウン管のテレビやレトロな家具も置かれており、豆柴たちのバンダナも和風のものを付けていてとてもかわいいです。

また店内には豆柴をモチーフにしたぬいぐるみやグッズなど、かわいいお土産も豊富に揃っていますのでお買い物も楽しめます。原宿乃豆柴カフェでは海外からのお客さんが半分以上ということで、英語を話せるスタッフもいます。そのため海外から東京へ遊びに来たお友達を連れていくのも、おすすめです。

人気店舗②浅草の豆柴カフェ

続いてもう1店舗、東京都内で人気の豆柴カフェの店舗をご紹介します。「浅草の豆柴カフェ」は、先ほどご紹介した原宿の豆柴カフェの東京2号店としてオープンしたお店で、原宿店の豆柴カフェを更にパワーアップしたシステムが大人気となっています。原宿と同じくらい人気の浅草の豆柴カフェについて、詳しくご紹介しています。

料金・システム

浅草の豆柴カフェの料金体系やシステムについては、先ほどご紹介した原宿乃豆柴カフェと同じになります。まずは、受付でチケットを購入します。原宿店と同じく30分880円で、予約はできず当日店頭販売のみとなります。880円のチケットには1ドリンクの料金が含まれているので、豆柴と遊びながらドリンクをいただけます。

営業時間・定休日

浅草の豆柴カフェの営業時間や定休日について、お知らせします。浅草の豆柴カフェの定休日はなく、不定休になります。営業時間は平日が11:00~18:30、土曜日日曜日祝日が11:00~19:00となっています。週末はかなり混みあいますが、平日の日中であれば比較的空いている時間帯もあり穴場になります。

アクセス

浅草の豆柴カフェへのアクセスですが、最寄り駅は東京メトロ銀座浅草線、東武スカイツリーラインの浅草駅です。浅草駅から直通で行ける松屋の1F正面口へ抜けて、新仲通り入り口をまっすぐ進むと5分ほどで到着します。距離的には近いのですが、途中浅草寺の仲見世通りを横切りますので人混みには注意しましょう。

おすすめポイント

浅草の豆柴カフェのおすすめポイントとしては、浅草寺に近い場所にあるので浅草観光ついでに立ち寄れる点があります。浅草の豆柴カフェには約10匹の豆柴がおり、引き戸を開けるとじゃれついてきてくれるほど元気です。特に開店直後の時間であれば豆柴たちも元気いっぱいなので、おすすめは早い時間に訪れることでしょう。

また豆柴カフェの各店舗では、LINEポイントカードを導入しており登録すると次回からの利用料金が100円引きになります。さらにポイントカードを貯めていくと、最大200円引きで豆柴カフェを楽しめます。全国の店舗で利用できるので、ぜひ登録していくことをおすすめします。

豆柴の種類

豆柴には体の毛の色によって、いくつかの種類があるのを知っていますか?豆柴は大きく、白・赤・黒・胡麻の4つの毛の色に分けられます。豆柴カフェには色々な種類の豆柴がいますので、ここでは豆柴カフェでもっと楽しんでもらえるように豆柴の種類をご紹介したいと思います。

白色

まずご紹介するのは、毛色が白色の豆柴です。白色の豆柴はとても数が少なく、貴重です。生まれた時から毛色が真っ白で、中には成長するにつれて赤になっていくものもあります。毛色が白いのは遺伝的な問題で、赤の豆柴を交配していくと5%くらいの確率で白い豆柴が生まれます。白色の豆柴は表情がとてもやさしく見え、珍しいということもあり人気の高い種類です。

赤色

豆柴や柴犬の約8割を占めるのが、赤色の毛色の豆柴です。柴犬と言えば、毛色の赤いものイメージする人も少なくないでしょう。赤色の豆柴は体全体がキツネのような明るい茶色の毛で、目の周りや胸、眉、耳などの体の内側に白い毛が生えているものが多いようです。同じ赤の毛色でもトーンが明るいものや暗いもの、白い毛の部分には個体差があります。

黒色

黒色の豆柴は、とても人気の高い犬種です。黒色の毛の豆柴は豆柴全体で約1割しかいないと言われているので、その珍しさから販売価格も赤に比べるとやや割高になります。体の全体はが黒い毛で覆われており、頬や目の周り、胸や耳、お腹などの体の内側部分には白や薄茶色の毛がある個体が多いです。顔の麻呂眉が目立つので、愛らしい表情も人気の秘密です。

胡麻色

最後にごg紹介するのは、胡麻色の豆柴です。胡麻色とは赤、白、黒が混ざった毛色のことでとても珍しい毛色になります。全体の数%しかおらず、まだ見たことがないという人も多いのではないでしょうか。赤が多めのトーンなら赤胡麻、黒が多いトーンなら黒胡麻と呼ばれます。しかも成長によって毛色も変化するため、大人まで胡麻色である確率はとても少ないそうです。

豆柴カフェに癒されに行こう!

今回は犬カフェの中でも特に癒し効果が高いとして人気の豆柴カフェについて、原宿と浅草の2つの店舗をご紹介しました。豆柴カフェでは和の空間で思いっきり遊ぶことが出来、価格もリーズナブルなのがうれしいところです。原宿や浅草の豆柴カフェに行って、かわいいワンコと戯れて毎日の疲れを癒してもらいましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-13 時点

新着一覧