戸崎圭太騎手が落馬で救急搬送!気になる症状や今後のレースは?【動画】

11月4日に行われていたレースで戸崎圭太騎手が落馬する事故が起き心配の声が多く届いています。戸崎圭太騎手は、開放骨折の疑いがあるとされ救急搬送されたのですが、その落馬の状況と、今後についてや現在の戸崎圭太騎手の分かっている状況を画像とともにまとめていきます。

戸崎圭太騎手が落馬で救急搬送!気になる症状や今後のレースは?【動画】

目次

  1. 騎手の戸崎圭太が落馬!救急搬送の詳細に迫る
  2. 競馬・ジョッキーの戸崎圭太騎手の経歴
  3. 戸崎圭太騎手が落馬で救急搬送!現在の様子は?
  4. 今後の復帰は叶う?戸崎圭太騎手の開放骨折の経過は?
  5. 開放骨折で員急搬送の戸崎圭太に世間の声は?
  6. 今後の戸崎圭太の復帰はどうなるのか回復を待とう

騎手の戸崎圭太が落馬!救急搬送の詳細に迫る

競馬で落馬事故!開放骨折の疑いの戸崎圭太騎手のその後は?

11月4日に行われていた浦和競馬場でのJBCレディスクラシックで、騎手の戸崎圭太(とさきけいた)が騎乗していたモンペルデュから落馬するという事故が起きてしまいました。レースのスタート直後に、隣を走っていた馬がよってきたことにより、スペースが狭くなったことで起きた落馬事故でしたが、その後の戸崎圭太騎手は開放骨折の疑いがあると救急搬送されました。

また、すでに開放骨折だと言われていた怪我の手術は終了しており、戸崎圭太騎手からメッセージコメントも出ていました。その気になる内容も後半でまとめていきます。ここの所、JRAに移籍後はかなり順調に騎手として活躍していた戸崎圭太でしたが、落馬事故は大きな痛手となりました。ですが、そのコメントは人柄の良さも分かる内容でファンも増えたようです。

1番内枠(内ラチ沿い)を走っていた戸崎圭太騎手だからこそ起きてしまった事故であり、この落馬事故が無ければ優位な走りができる場所でもありました。落馬時の映像も存在しており、また会場で落馬を見ていた人や撮影していた人もいて、戸崎圭太騎手に対し心配の声が多数上がっています。事故から数日経過し、現在の戸崎圭太騎手の様子がどうなのか今後についてもまとめていきます。

戸崎圭太のプロフィール

愛称:???
本名:戸﨑啓太(とさきけいた)
生年月日:1980年7月8日
現在年齢:39歳
出身地:栃木県下都賀郡壬生町
血液型:B型
身長:161㎝
体重:50Kg
活動内容:騎手
所属グループ:日本中央競馬会(JRA)所属
事務所:???
家族構成:???

競馬・ジョッキーの戸崎圭太騎手の経歴

人柄も良いと評判の戸崎圭太騎手とは?

それではまずは、落馬してしまった戸崎圭太(とさきけいた)騎手の経歴についてみていきましょう。戸崎圭太騎手は、本名の戸籍上の表記は戸﨑圭太と書きます。1980年7月8日に栃木県下都賀郡壬生町で生まれ育った現在39歳です。日本中央競馬会(JRA)所属の騎手で、勝負服は青地に胴赤散らしです。青は先輩の内田博幸から、銅赤散らしは的場文男からきているということです。

そんな戸崎圭太の中学生時代は、野球部だったようで今でも野球が得意と言われています。騎手を目指した時には中央競馬という存在を知らなかったという戸崎圭太は、地元である栃木県那須塩原の地方競馬教養センターを受験します。そして18歳の1998年に騎手課程を卒業し、騎手免許を取得しています。その後は大井競馬場の香取和孝厩舎(きゅうしゃ)に所属しました。

同じ年の4月には、ミヤサンヤシマと言う馬に乗り、大井競馬第3競走を初騎乗・初勝利で収めました。2005年には、福島競馬場で行われた3歳未勝利戦でスプリングラゴスに乗り、13番人気だったにもかかわらず10位着という成績を収めています。その後もトゥインクルレディー賞を8番人気だったコウエイソフィアで重賞初勝利を飾り注目となりました。

同じ年の2005年には、初めてJRA(中央競馬)の新規騎免許試験を受けましたが、一次試験で不合格となってしまいます。それから2011年に2回目の受験をしましたが、やはり不合格となります。そして3度目となる2012年の10月に、一発合格を果たしました。二次試験にも合格し、腫れて2013年の3月1日付で、戸崎桁騎手はJRAの騎手となりました。

JRAの所属している現在の戸崎圭太騎手は、美浦の田島俊明厩舎に所属し、数々の優勝を制覇してきています。2019年の6月29日には、史上35人目となる現役騎手18人目でのJRA通産1000勝を達成し話題となったところでした。地方競馬出身者では4人目の快挙です。爽やかなルックスと笑顔から人気の高いジョッキーの1人であり、落馬事故が無ければさらなる勝利が期待されていました。

戸崎圭太騎手が落馬で救急搬送!現在の様子は?

戸崎圭太が救急搬送となった開放骨折とはどんなもの?

それでは、戸崎圭太騎手が落馬することとなってしまったレースや、怪我をした状況についてみていきましょう。まず、冒頭でも少し触れましたが、この落馬してしまったレースは、11月4日に浦和競馬場で行われたJCBレディスクラシックというレースで、交流のG1戦でした。ダートグレード競走という地方・中央競馬のそ族関係なしに参加できるレースでG1というグレードです。

戸崎圭太騎手は、このレースで1番内側の内ラチ沿いを走っていました。スタート直後、すぐ隣を走っていた大井の後輩騎手で2番の矢野貴之が乗った馬が迫ってきたことで、戸崎圭太の進路上にスペースが無くなり、まるで吸い寄せられるようにラチのバーにぶつかってしまいます。バーにもぶつかり馬にもぶつかり、落馬の際に肘を強打し、戸崎圭太は動けず座りこんでいました。

落馬後、すぐに浦和競馬場内の医務室に運ばれた戸崎圭太でしたが、右肘の開放骨折の疑いがあるとされ、さいたま市内の病院へ救急搬送されました。この時、戸崎圭太騎手の意識はしっかりしていたということです。また、騎手を失ったモンペルデュも、しばらくは外傷はあったようですが、騎馬の命とも言える足元の怪我は無かったということが分かっています。

戸崎圭太騎手の開放骨折とは?

さて、開放骨折の疑いがあると発表されていましたが、その症状はどんなものなのか少し触れておきましょう。場所は右肘ということでしたが、骨折部分の皮膚が傷つき、皮膚の傷口から骨折部分が飛び出ている状況を開放骨折というようです。皮膚に損傷がない場合は、逆に閉鎖骨折という呼び方になります。戸崎圭太騎手の場合は空気と触れるので感染の恐れも起きるということです。

今後の復帰は叶う?戸崎圭太騎手の開放骨折の経過は?

現在の戸崎圭太騎手は手術も無事に完了

落馬時、怪我の状況もその後の経過も詳細は明かされていなかった戸崎圭太騎手でしたが、11月4日の落馬事故から数日後の6日、救急搬送されたさいたま市内の病院で、無事に手術は終えているという情報が入ってきました。その情報は、7日の朝に騎乗仲介者の中村剛士から説明がありました。あわせて近日中には退院となり、今後しばらくはリハビリに専念すると語っていました。

「競馬ラボ」で戸崎圭太本人のコメントも!

ファンの皆さんにもご心配をおかけして申し訳ありません。6日には手術も終わり、もう近日中には退院する予定です。ただ、すぐに復帰できる状況ではないですし、時間がかかると思いますが、じっくり治して戻ろうと思います。

怪我の状態も心配されている戸崎圭太ですが、11月8日には「競馬ラボ」というサイトで、本人からのメッセージが掲載されていました。一部ではありますが引用でそのコメントをご紹介します。この内容にあるように、やはり近日中には退院となるようです。そして、開放骨折だったかどうかは若かりませんが、完治には時間がかかるということも書かれています。

今回の落馬で大井の後輩の矢野(貴之騎手)が騎乗停止の制裁を受けてはいますが、こうなったのも自分の中途半端な判断や、レースをしてしまったことによる結果とは重々承知しています。矢野もスタートの上手いジョッキーですし、スタートが重要な浦和競馬場だったりと悪い方に条件が重なってしまい、起きてしまった事故です。決して矢野だけが悪いわけではありません。下を向いてもしょうがないので前向きに頑張っていきたいと思います。

また、今回の落馬により、2番を走っていた矢野貴之騎手には、騎乗停止という制裁が下ってしまいました。競馬ファンや戸崎圭太騎手のファンからは、様々な意見があり、矢野騎手に対しても悪く言う人が多くいます。それでも、戸崎圭太騎手は、上のように悪いのは自分にも責任があると述べています。元から人柄が良いと人気があった戸崎騎手でしたが、さらに注目され人気が出ています。

開放骨折で員急搬送の戸崎圭太に世間の声は?

戸崎騎手の早い復帰を願うコメントが多い!

最後にまとめていくのは、戸崎圭太騎手の落馬を知った競馬ファンや戸崎騎手のファンなどの声です。もちろん、レース会場で直接落馬事故を目撃した人のコメントも多くありましたが、それよりも何よりも、早く戸崎圭太騎手の怪我が完治することを願う声が多くありました。起きてしまったことは仕方がなく、誰かをせめても何も解決しないという声もあります。

ここから始まるリハビリが、長いものになるかもしれない懸念の声もありましたが、それでも、この怪我は、力を蓄えたり今までの疲れをいやす時期と捉えてゆっくり休んでほしいという人もいました。今後の復帰時期などは今は分かっていませんが、「競馬ラボ」では戸崎騎手の目線から見たコラムも始まるようなので、快復するまで楽しむのも良いかもしれません。

また、この怪我を知って生まれて初めてファンレターを書いたという人もいました。人柄の良さも分かることとなったこの落馬事故でしたが、レース後に矢野騎手に声をかけていた場面を見て、ますますファンになったという人も多いです。さらに好きになったという元からのファンもいます。戸崎騎手を見まもりながらの復帰を待ちましょう。

今後の戸崎圭太の復帰はどうなるのか回復を待とう

11月4日に行われた浦和競馬場のレースで、戸崎圭太騎手が落馬し救急搬送されたその内容についてまとめてきました。一時、開放骨折の疑いがあると報道されていましたが、その詳細は分かっていません。そして、すでに6日にはさいたま市内の病院で手術も無事に終わっています。近日中に退院予定でもあるようです。

戸崎圭太騎手の今後については、まだ何も分かっていない状況ではありますが、本人からのコメントもあり、リハビリしていくということが分かっています。復帰時期など気になるところですが、今は少し休んで、快復の後また素晴らしい走りを見せてくれることを祈りましょう。

その他の落馬に関する記事はこちら

Thumb福永祐一は落馬・怪我多い!私生活に問題が?嫁は松尾翠元アナ! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb三浦皇成が落馬!離婚の噂もある妻・ほしのあきのコメントは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb武豊が勝てない!その理由は落馬が起因?引退危機が迫っている? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-12 時点

新着一覧